2017年10月15日

數學における言語(17) 河田直樹

「西欧精神」について[U](17)

 前回、福田恒存が「日本と西歐の近代の違ひを中世の在り方」に見て、「その中世のちがひの根底は、宗教といふことにあります」と指摘してゐることを述べましたが、これに關連して思ひ出すのが、『徒然草』の兼好法師(1283年頃〜1352年頃)とあの『神学大全』のトマス・アキナス(1225年〜1274年)です。この二人はほぼ同時代を生きたと言つてもさほど大きな誤りではありませんが、なぜこの二人なのか?結論を先に述べれば、この二人の「世界に対する第一原因の問ひ方、答へ方の違ひ」に「中世における宗教の根源的な違ひ」を見る思ひがするからです。少し長くなりますが、これについて私の拙い‘感想’を述べてみます。
 吉田兼好の『徒然草』は「古文」の入門教材として誰もが知つてゐますが、兼好の生没年は定かではなく、誕生の年は一応弘安6年の頃とされてゐます。蒙古の二度目の襲來、未曾有の「国難」ゆえに「鎌倉男子」が「正義武斷の名」を「一喝して世に示し」た「弘安4年夏の頃」から2年ばかり經つたころです。そして『徒然草』は、兼好48、9歳當時に書かれたと言はれ、その最終段(=243段)では「佛さまの第一原因」を少年兼好が父に問ひ詰める次のようなエピソードが語られます。

  八つになりし年、父に問ひて云はく、「佛は如何なるものにか候ふらん」といふ。父が云はく、「佛には人のなりたるなり」と。また問ふ、「人は何として佛には成り候ふやらん」と。父また、「佛のをしへによりてなるなり」と。またとふ、「教へ候ひける佛をば、なにがをしへ候ひける」と。また答ふ。「それもまた、さきの佛のをしへによりて成り給ひける」と。またとふ。「その教へはじめ候ひける第一の佛は、如何なる佛にか候ひける」といふ時、父、「空よりやふりけん、土よりやわきけん」といひて、笑ふ。「問ひつめられて、え答へずなり侍りつ」と、諸人にかたりて興じき。

 なるほど、これは誰もが身につまされる話で、幼い頃同じやうな質問で父母を困らせた記憶をお持ちの方も多いのでは、と思はれます。
 鷗外の子供もさうであつたらしく、鷗外は「附寒山拾得縁起」でこの243段に觸れ、「子供に物を問はれて困ることは度々ある。中にも宗教上のことは答に窮することが多い」と書いてゐます。
 それはともかく、實は若かりし頃この箇所を讀んで、私はひどくがつかりしました。14段で語られるやうに「和歌こそ、なほをかしきものなれ」や「梁塵秘抄の郢曲の言葉こそ、また、あはれなる事は多かれめ」といふ兼好の感慨に耳を傾けたくない、といふのではありません。そうではなく、この243段の問に對して、49歳の兼好自身がどう考へ、どう推論したのか、數學の公理的論証にすつかり心を奪われてゐた高校生の私は、それをこそ知りたいと思つたのです。しかし、それは『徒然草』のどこにも書いてはありませんでした。兼好自身が「空よりやふりけん、土よりやわきけん」と考へてゐたのであれば、なぜ兼好はあの古代希臘の自然哲学たちのやうに「萬物の根源は何か」と問はなかつたのでせうか、私はそれを訝り、またそれを非常に不滿に感じたのです。あの村上一郎は「日本人は知ることよりも感じること、計ることよりは想ふことを、われわれの價値としてきた」と語つてゐますが、正にこの價値観こそ、數學少年の私には承服し難いものでした。
 243段が『徒然草』のおしまひではなく、第1段に書かれてゐたなら、とそんな荒唐無稽なことを、私は無想したことがあります。もし、243段が第1段に置かれ、兼好がこの問ひに對して大眞面目に議論し、「第○○段」の代はりに「定理○○番」といつた具合に推論を重ねてゐたなら、ひよつとすれば、トマス・アキナスの『神学大全(Summa theologia)』(あるいは、スピノザの『エチカ』)に相當するやうなものが我が國にも残されてゐたかもしれません。
。                  (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 10:39| Comment(0) | 市川浩

2017年10月06日

きゃりこの戀(51) 教育敕語(一) 雁井 理香

51講  教育敕語(一)

オスカー:
 今回と次回は、二回に分けて、「教育敕語」を勉強しませう。
きゃりこ:
 ひやああ、右翼外人がとんでもないこと言ひ出した。でも、外人が右翼といふのは、ふつうは自分の国の伝統を守らうといふことになりさうなのに、オスカー先生の場合は、外人なのに日本右翼なんだよね。不思議。あるいはそんな人ゐないのに、雁井さんが無理矢理作つたのかな。
オスカー:
 アメリカ人で、日本の伝統が好きだといふ人は結構ゐますよ。ドナルド・キーンさんは、「日本文化史」「明治天皇」なんていふ著書がありますし、サイデンステッカーさんは、「源氏物語」の翻訳で有名です。
 キーンさんは、日本に歸化して、「鬼怒鳴門」といふ漢字の名前にしました。これで、「ドナルド・キーン」と讀みます。
きゃりこ:
 「怒鳴」が「ドナル」か。あ、さうか。「鬼」が「き」だから、これだけで「キーン」のつもりだね。日本式に「キーン・ドナルド」なのか。「門」は何?
オスカー:
 「門」が最後の「ド」。「長門」が「ながと」なんだからいいぢやない。
きゃりこ:
 相当無理してない?
オスカー:
 無理してません。「門」は「戸」と同じやうなものだから、「と」と讀めるの。「雨戸」なんて複合語になると、「と」が濁つて「ど」になるから、「門」が「ど」でもかまひません。
きゃりこ:
 半分納得。
 教育敕語って、右翼の人たちが復活しろとか言つてゐるのを聞いたことがあるけど、そもそもどんなものなの?
オスカー:
 明治二十三(1890)年に、教育全般の方針を、明治天皇が国民に宣言したものです。この年は大日本帝国憲法が発效した年です(発布は前年)。その後、学校では一年に三回の「三大節」には必ず朗読されました。
きゃりこ:
 「三大節」って?
オスカー:
 「紀元節」「天長節」「明治節」の三つです。
きやりこ:
 なんぢやそれ。どれも知らないよ。
オスカー:
 「紀元節」は「建国記念の日」のこと。紀元前六六〇年元日に神武天皇が大和橿原宮(かしはらのみや)で第一代天皇として即位したことを記念してゐます。
きゃりこ:
 元日だつたの? 二月十一日ぢやないの?
オスカー:
 旧暦(陰暦)では元日。それを新暦(太陽暦)に換算すると二月十一日になるのです。日本では、明治六(1873)年から太陽暦を採用してゐますから、紀元節も二月十一日になつたの。因みに、大日本帝国憲法が発布されたのは、明治二十二(1889)年二月十一日。
きゃりこ:
 「天長節」は何のこと?
オスカー:
 天皇誕生日のことです。白居易(白楽天)が、唐代の玄宗皇帝と楊貴妃の悲戀を歌つた「長恨歌(ちやうごんか)」の最後に、「天長地久有事盡 此恨緜緜無絶期」(天長く地久しきは時有つて盡きなんとも、此の恨みは緜緜として絶ゆるの期無けん)とあるのから取りました。ついでに、皇后誕生日を「地久節」と言ひます。
きゃりこ:
 どんな意味なのか、さっぱり分からない。
オスカー:
 天も地もいづれ亡びることが来るだらうが、二人の悲しい恋の物語の悲しみは、消えてしまふことがないだらう。
きゃりこ:
 あ、思ひ出した。「盡」は「尽」の旧字体ね。「緜緜」は?
オスカー:
 「めんめん」です。「綿綿」と書いてもいいです。
きゃりこ:
 例の異体字といふわけね。面倒な話。でも、左右引つ繰り返しただけぢやない。
オスカー:
 最後に「明治節」は「明治天皇誕生日」。特に偉大だからといふことで、明治時代の天長節を「明治節」といふ名前で殘したの。十一月三日です。
きゃりこ:
 文化の日ぢやないですか。
オスカー:
 占領軍が明治節を殘してはいけないと命令したから、名前を變へてでも殘させてくれといふことで、「文化の日」になつたのです。
 今、「明治の日」といふ名前に變へようといふ運動が進んでゐます。
きゃりこ: 昭和の日本人も苦労したんだね。
オスカー:
 さて、教育勅語の全文を御紹介しませう。
朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭倹己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ学ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓発シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
是(カク)ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風を顕彰スルニ足ラン
斯(コ)ノ道ハ実ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶(トモ)ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス
朕爾臣民ト倶ニ拳(ケン)拳(ケン)服膺(フクヨウ)シテ咸(ミナ)其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
きゃりこ:
 えッ。暗記してるの? イケメンのくせにオタクなんだね。
オスカー:
 戦前の日本人はみんな暗記してたんですよ。
きゃりこ:
 今はそんな日本人ゐませんよ。
オスカー:
 ゐますよ。優ちゃんには、僕が暗記させました。
きゃりこ:
 私の優ちゃんに變なことさせないで。

posted by 國語問題協議會 at 22:51| Comment(0) | 雁井理香

2017年10月03日

歴史的假名遣事始め (三十四) 市川 浩

クイズで遊ぶ歴史的假名遣(三十四) 平成二十九年十月一日
先月のクイズ解答
問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

現代仮名遣いでなければ口語文でないとか、歴史的仮名遣でなければ文語文とはいわない、というようなものではない。(中略)おなじ理屈で、文語文が現代仮名遣いで書かれたとしても、どこにも不都合はない。(中略)むしろ、われわれは文語文を現代音で読んでいるのだから、現代仮名遣いで表記する方が理にかなっているかもしれない。(中略)
そもそも万葉集の歌には,仮名で表記できない音節があつた。仮名の誕生前に消滅した音節である。奈良時代の万葉集を歴史的仮名遣で表記するということは、平安時代初期の「
現代仮名遣い」で書いていることを意味する。ならば、二〇世紀の現代仮名遣をつかって万葉集を書いて、どこが間違っているというのか。(「かなづかい入門」1182〜183頁)

この主張に對する反論の一例を擧げます。

此處で明らかに讀取れるのは、將來の文語の現代假名遣い化を視野に入れてゐることです。昭和二十三年及び同六十一年の二囘の内閣告示にも共通する「この假名遣は、主として現代文のうち口語體のものに適用する(表記は地の文の統一、以下同じ)」の「主として」を根據として文語現代假名遣い化を正當化する論の非妥當性は、繰返しになりますが、上記の規定中、「この假名遣」を「死刑」に、「現代文」を「殺人罪」に、「口語體」を「兇惡性の高い」と置換へて、「死刑」が、「殺人罪以外」の犯罪に簡單に適用できるかどうかを考ふれば明らかでせう。本書ではこの章以外でも「新假名遣が口語文體のためのものであることが強調されてゐるとの印象がある。新假名遣の制定者ともあらう人たちが、自分達の作つた假名遣が文語文には適用できないと考へてゐた譯ではない」(同136頁)と記すなど、文部科學省が文語の現代假名遣い化を意圖してゐると考へざるを得ません。本書の刊行と同年直後には、自衞隊の幹部が防衞廳の方針に反する論文を發表したとして罷免されてゐます。ただ、この問題を文語現代假名遣い化贊成か反對かと二極分斷すべきではなく、肅々と「文語の表記は歴史的假名遣に決つてゐる」とするのが現實的な正解です。
練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

歴史的仮名遣も現代仮名遣も時間の経過とともに、個々の語のレベルで規則をすこしずつ変えざるをえないという宿命を持っている。一方は学問研究の進展を因とし、一方は発音と語源意識の変化を因とする。そして、前者の変更は、タイムマシンにでも乗らないかぎり、現代語の運用者であるわれわれが、この目とこの耳で正解を確認できない。それに対し、後者は、現代語の運用者であるわれわれが身近に正解を感得できる変更である。現代人の言語生活において、どちらが合理的な(すなわち科学的な)表記法であるかは、もはや言うまでもないであろう。(「かなづかい入門」213頁)
posted by 國語問題協議會 at 10:10| Comment(0) | 市川浩