2017年04月28日

きゃりこの戀(46)

オスカー:
 []遠き別れに堪へかねて この高樓(たかどの)に昇るかな
  悲しむなかれ我が姉よ 旅の衣を調(ととの)へよ
きゃりこ:
 聞いたことあるけど、綺麗な歌だね
 でも「悲しむなかれ我が友よ」だつたと思ふんだけど。「姉」ぢやなくて。
オスカー:
 「惜別の歌」といふのですが、もともとは、島崎藤村の詩なのです。タイトルも「高樓(たかどの)」で、全部で八聯。内容も、姉が嫁いで行くのを妹が悲しんで送る歌なのです。それを、戦時中に中央大学の学生が、学徒出陣に出て行く友人を送る歌にして曲を附け、「惜別の歌」といふタイトルに變へました。そのとき、歌詞も「我が姉よ」も「我が友よ」になつてしまひました。僕は藤村が好きだから、原文で歌つてゐます。
 歌ふときの歌詞は「惜別の歌」としては、三番または四番までだといふことになつてゐますが、「高樓」としては、原文どほり八番まで歌つてもいいでせう。
 さて、二番です。
 []別れといへば昔より 此の人の世の常なるを
  流るる水を眺むれば 夢恥づかしき涙かな
きゃりこ:
 確かに、出陣の餞(はなむけ)といふには餘りにも女性的な歌詞だね。
 なるほど、なるほど、雁井さんのおかげで、おバカでも意味が分かる。
 「昔から愛する人と別れなければならなくなる例はいくらでもある。水が流れるやうに世の中は移つて行くのだ。それを考へると、お姉ちゃんとの別れに涙を流すのは恥づかしいことなんだ」
 うううん。寧々みたいな鬼姉でも、別れるとなると悲しいんだらうな。それにしても、現代では、嫁いだつていつでも會へるんだから、そもそも嫁ぐのと別れるのと關係がないんだね。寧々、早く嫁に行つてしまへ。
 ところで、「夢恥づかしき」の「夢」つて何?
オスカー:
 「ゆめ忘るるなかれ」といへば「決して忘れてはいけない」。「夢にも」といふことから來てゐるのですが、副詞として使はれるやうになりました。否定文に附いて、「決して〜ない」の意味ですが、藤村はこれを「決して泣いてはいけないのに泣いてしまつたのだから恥づかしい」といふ意味で肯定の文に轉用したのです。
きゃりこ:
 そんなに勝手に轉用してもいいの?
オスカー:
 藤村くらゐ偉くなると何をしてもいいのです。芭蕉も文法的な間違ひをしてゐますが、芭蕉が間違へたために、それが正しい用法となつてしまつたといふ例があります。
きゃりこ:
 ずゐぶんいい加減だね。
オスカー:
 国語といふのは文学者のリーダーシップで作り上げられて行くのですから、それはかまはないのです。それよりも、戦後の国語改革で、文部省や学者たちが、「副詞は假名で書くのを原則とする」などといふ規則を勝手に作つてしまつたことのはうがずつとひどい國語破壊なんですよ。
きゃりこ:
 なるほどね。政府主導で規制されたために、日本語は崩れて來たんだ。それに追従した学者たちも情ない連中だね。
 「夢恥づかしき」も文部科学省の命令では「ゆめ恥づかしき」としなきやいけないことになる。「夢恥づかしき」と書いたら、犯罪を犯してることになるんだ。
オスカー:
 []君がさやけき目の色も 君紅(くれなゐ)の脣も
  君がみどりの黒髪も またいつか見むこの別れ
きゃりこ:
 三番になると、もう完全に女との別れになつてゐるぢやない。出陣を送る歌ではないね。男の脣が紅だつたら気持悪い。美少年だつたらいいけど。
オスカー:
 一説によると、作曲者が勤労動員で工場で働かされてゐたときは、女学校の生徒もいっしょにゐたりしてたので、実感が籠つてゐたとも言ひます。
 この歌、いろんな歌手が歌つてゐます。インタネットで見ると、小林旭が歌つてゐるのがやたらにたくさん出て來ます。その中で「惜別の歌 小林旭 リメイク 動画」で検索すると、山の頂上の映つた画面が出て來ます。これが背景の絵が一番美しいので僕は好きです。
 山の頂上にある城跡の写真です。お城は廃却されてしまつたのですが、石垣がかなり完全な形で殘つてゐる。兵庫縣朝來(あさご)市和田山町にある「竹田城」の古跡なのですが、山の上にあるので、「天空の城」と呼ばれてゐます。雲海が城の下の方に見えるのですから、そのロマンティックなことは譬へやうもありません。今度訪ねて行つてみようと思つてゐます。
きゃりこ:
 そんな素敵な所がなんでもつと有名にならないのかしら。
 ちょっと、PC貸してね。インタネット見てみるから。「リメイク」って何だ。意味分からないけど、remakeのことだらうね。
 あ、これか。ひゃああ、綺麗な石垣だね。歌聞かせてね。
オスカー:
 一番二番が城跡だけど、三番の背景の絵がまたいいですよ。
きゃりこ:
 んみゃんみゃんみゃ。凄い美人の絵が出て來たね。オスカー先生の好きなのはこれだつたのか。「君がさやけき目の色は」では目を映し、「くれなゐの脣」では脣だ。リップスティック持つてる絵だ。いやあ、色っぽい女性だね。
 あんまり美人だから絵かと思つたら、やつぱり寫眞だね。知らない顔だから、藝能人ぢやないよ。
オスカー:
 実はこの女性が雁井さんにそっくりなんですよ。
きゃりこ:
 ぱみゅぱみゅぱみゅぱみゅ。この人二十代前半だよ。雁井さんっていくつなの? お世辞言はされる可哀想なオスカー先生。
オスカー:
 雁井さんに逆つたら、僕もきゃりこさんも消されてしまふ運命なのですよ。そしたら、次からは、寧々さんと優ちゃんの對談になつて、二人の間に愛が芽生えることになるでせうね。
きゃりこ:
 いやだあああああ。私も雁井さんにお世辞言ふよ。





posted by 國語問題協議會 at 21:04| Comment(0) | 雁井理香

2017年04月22日

訓讀 原山健郎

武蔵野大學佛教文化研究所の定例研究会で、『ひらがなが啓(ひら)く「ほとけ」の世界』と題する研究發表を行つた。
この發表は、六世紀半ば、中國から朝鮮半島を經由して、わが國に傳來した佛教の経典にある「佛陀(ぶつだ)(<覺者>を意味するサンスクリット語buddhaの音寫)」を、日本では音讀の「ブつダ(呉音)」だけでなく、なぜ早くから和語で「ほとけ」と訓讀したのかを明らかにし、さらに上代日本(倭國)の多神教的な原始信仰に代表される習俗が外來宗教である佛教を比較的穏やかに受け入れた理由のひとつに、インド發中國経由の<覺者(佛陀)>といふ宗教的概念と「ほとけ」といふ和語の發音体感(習俗としての言語的感性)が時空を超えたシンクロニシティを起こし、わが國に佛教的パラダイムシフト(日本的習俗の佛教化)をもたらした、と主張するものである。

中國における「buddha」の音寫には、「佛陀」以前にも「浮屠(フト)・浮圖(フト)・佛圖(ブト)」などの用例があり、日本で「フト(ブト)」がなまつて「ほとけ」と転用されたといふ説もあるが、それだけでは和語である「ほとけ」の民俗學的なアウトラインがいまひとつスッキリしない。
そこで、それまで話しことば(口承)であつた和語を、漢字を假借した萬葉假名で表記することに成功し、千五百年以上經つた現在も用ゐられてゐる「ひらがな」が、上代日本人のメンタリティーを今に傳へてゐるといふ假説を立てた。

「ほとけ」といふひらがなのイメージには、<とく/とける>、<ほどく/ほどける>、あるいは<ゆるす/ゆるめる>など、さまざまなしばり(呪縛)やこだわり(執着)、こわばり(緊張)から心身を<ときはなつ(解き放つ)>佛教的な救濟思想につながるものがある。
野口三千三さんは、『野口体操 おもさに貞(き)く』(柏樹社、一九七九年)で、和語の「ほ」の身体感覚、なかでもとくに「ほどき」の自動詞形である「ほどけ」に注目してゐる。
【「ほぐし」は「ほどき・ほごし」と同じコトバである。「ほどき」はもともと「ほとき」と同音で、「ほ」の状態になるやうに解くことである。(中略)「ほどき」の自動詞形は「ほどけ」で、もともとは「ほとけ」であつたこの「ほとけ」こそ、実は「佛」の語源なのである。そこで私は「からだをほぐすことを手掛かりとして、佛とは何かを探り求める營みを体操といふ」と本氣で考へ、いろいろの動きを探り検(ため)してゐる。】
(同書八三〜八四ページ)

他動詞の「とく・ほどく」には、靴の紐(ひも)を自分で意識的にほどくといふ努力(自力)のニュアンスがあり、自動詞の「とける・ほどけ(る)」には、紐が自然にほどけたといふ無意識(他力)のイメージがある。
ひらがなの發音体感を分析すると、<ほとけ>の「ほ」音には、漢字の「炎/穂/帆/火/峯/誇(ほこ)る/賞(ほ)める/惚(ほ)れる」、ひらがなの「ほかほか/ほくほく/ほのぼの/ほれぼれ/ほやほや/ほんわか/ほんのり/ほのか/ほのめく」など、天に向かつて展(ひら)き伸び、押し上げられる、気体的な陽(ひ)だまりの暖かさがあり、<ゆるむ>の「ゆ」音には、漢字の「湯/油/愈/悠/湧/豊/夢/悠々/勇気/愉快(ゆくゎい)/寛(ゆる)やか/許(ゆる)す/緩(ゆる)める」、ひらがなの「ゆるゆる/ゆつたり/ゆらゆら/ゆらす/ゆるむ/ゆるす/ゆらぎ」など、内在の生命が浮き出て、豊かに湧き出る、液体的なお湯の温(ぬく)もりがある。

ここで、なぞかけをひとつ。
インド發中國經由の漢字「佛陀」とかけて、ひらがなの「ほとけ」と解く。その心は、わが國(日本)では「ごく(極)らく(楽)」になる。お後(あと)がよろしいやうで。
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy no.31)
posted by 國語問題協議會 at 21:33| Comment(0) | 原山建郎

2017年04月15日

三種神器の起源(45) 雁井理香

オスカー:
 今日は三種神器の話をしませう。
きゃりこ:
 ふつう「さんしゅのじんぎ」って言はない? なんで「さんしゅじんぎ」って言ふの?
オスカー:
 「さんしゅのじんぎ」って言ひましたよ。
きゃりこ:
 上に「三種神器」って、書いてあるぢやない。
オスカー:
 「の」がなくても、自然に「の」を入れて読むのが日本語のよく出來た所なの。「隱岐島」で「おきのしま」。「平清盛」で「たひらのきよもり」。これが日本の文化だつて、前に言つたぢやないですか。
きゃりこ:
 さて、三種神器って、「鏡」と「劒」と「勾玉」だといふことは知つてゐるんですが。いつごろどこで出来たのですか。
オスカー:
 天孫降臨の時に持つて降りて來たんだから、それよりも前ですよ。
きゃりこ:
 なに。それ。
オスカー:
 天津彦(あまつひこ)彦火(ひこほの)瓊瓊(にに)杵(ぎの)尊(みこと)が天から降りて來たことです。
きゃりこ:
 わたし、歴史の話を訊いてるつもりなんですが。
オスカー:
 だから、天照大神の孫のニニギノミコトが天から降りて來て、日本の歴史が始まつたんですよ。
きゃりこ:
 外人のくせに右翼なのね。史実と神話を混同しないでね。
 まあいい。その天孫降臨は今から何年前のことなのですか。さうだ! 紀元二六〇〇年とかいふから、そのくらゐの昔かな。
オスカー:
 それは、神武天皇の即位のこと。平成二十八(2017)年は紀元二六七七年なんです。紀元は「日本紀元」とも「皇紀」とも言ひます。下一桁(七)が西暦と同じだからヒントになります。
 因みに、昭和の大横綱・大鵬幸喜(かうき)は、昭和十五(1940)年つまり紀元二千六百年ちやうどの生れなので、「皇紀」と同じ発音の「幸喜」といふ名前を附けられたのです。
 天孫降臨でニニギノミコトが日向の「高千穂の嶺」に降りて來て、三代の間、そこで暮らしました。これを「日向三代」と言ひます。ニニギノミコトの息子が彦(ヒコ)火(ホ)火(ホ)出(デ)見(ミノ)尊(ミコト)。この人は「海彦・山彦」の「山彦」です。
きゃりこ:
 えッ。「海彦・山彦」って、童話ぢやないの?
オスカー:
 皇室の先祖なんですよ。古事記のお話が童話になつたのです。その山彦の息子が、日子(ひこ)波限(なぎさ)建鵜(たけう)葺(が)草葺(やふき)不合(あへずの)命(みこと)。そのまた息子が神武天皇なのです。
きゃりこ:
 ぢやあ、天孫降臨は神武天皇の三代前なんだから、せいぜい今から三千年前の出来事なのね。
オスカー:
 天孫降臨から神武即位まで、約百八十万年。正確に言へば、1792470年。今から何年前かを数へれば、1792470+660+2017=1795147となつて、今から百七十九万五千百四十七年前のことです。
 あ、660といふのは、神武天皇の即位が紀元前六六〇年だからです。660+2017がさっき出て來た2677になります。
きゃりこ:
 そんな端数まで分かつてゐるの?! 百八十万年前つていへば、まだ人類なんかゐなかつたぢやない。
オスカー:
 人類はゐませんでした。だから神だつたの。何の不思議もありません。神武天皇の曽祖父(ニニギ)も、祖父も、父親も神だつたのですから、何十万年も生きたのです。
 神武天皇からは人間なので、「人(にん)皇(わう)」と言ふことがあります。今上天皇は「人皇第百二十五代」です。「にんわう」と書いても、「ニンノウ」と發音してね。
きゃりこ:
 どうして、外人がそんな神がかったこと言ふの?
オスカー:
 「天の岩戸」の話は知つてゐますか?
きゃりこ:
 天照大神が岩に隠れた話でせう。
オスカー:
 弟の素戔嗚(すさのをの)尊(みこと)が暴れたので、怒つて洞窟に石の蓋をして、その中に隠れてしまつたのです。そこで~樣たちが相談して、蓋(扉)の隙間から鏡を差し出して、大神がなんだらうと思つてちょっと首を出した所を、腕を摑んで引きずりだしました。
 その鏡が三種神器の鏡なのです。
きゃりこ:
 馬鹿馬鹿しい。その鏡が今皇居にあるとでも言ひたいの?
オスカー:
 皇居ではありません。伊勢神宮にあるのです。
きゃりこ:
 えッ。三種神器って、皇居にあるんぢやないの?
オスカー:
 二セットあるのです。鏡のオリジナルは伊勢神宮にあるの。
きゃりこ:
 嘘。嘘。嘘。嘘。嘘。そんな話、聞いたこともない。外人が日本の美女騙すのに、そんな子供騙し使ふのやめて。
オスカー:
 聞いたことのないのはきゃりこさんだけですよ。
きゃりこ:
 む、む、む、む。さう言はれるとそんな氣がして來た。
オスカー:
 では、この続きはまたいつか機会があつたらといふことで、これでおしまひ。次回は別の話に行きます。






posted by 國語問題協議會 at 14:51| Comment(0) | 雁井理香