2017年12月13日

數學における言語(20) ジョン・ロックの知[T] 河田直樹

ジョン・ロックの知[T]
 ジョン・ロック(1632〜1704)といへば、高校の倫理・社會で習つた「tabula rasa(‘何も書かれてゐない石板’といふ意味で、この言葉はすでにトマス・アキナスが用ゐてゐる)」といふ言葉がすぐに想起されますが、要するに私たちの知識・観念は生得的なものではなく、これらはすべて「感覺的經驗」を通して獲得されていくのだ、といふ考へ方です。したがつて、ロックは「經驗」から「一般論」を導くといふ「歸納法(induction)」を重視しますが、その一方でこの方法による「一般論」はときにまちがつてゐる場合もあるので、常にそれを考慮しておかなければならない、とも指摘してゐます。つまり彼は、いはゆる「科學的知識」に數學と同じやうな絶對の確實性があるとは考へませんでした。
まことに穏當な考へ方で、ロックの哲學は言つてみれば「非プラトン的、非デカルト的」なのです。「非プラトン的」であることは、プラトンの對話編『メノン』や『パイドン』における「想起(=アナムネーシス)」を思ひ浮かべれば納得できるでせうし、「非デカルト的」であることは「演繹(deduction)」を重視して座標幾何學を創始したデカルトの「cogito ergo sum」といふ言葉を心に浮かべればよいでせう。村上一郎も指摘してゐるやうに、ロックは「デカルトのいふ意味の『知』をみとめつつ、これを批判して」もゐるのです。
小學から高校まで「數學」を「理系科目」として教育されてゐる私たち日本人は、「科學的知識」と「數學的知識」とを混同しがちですが、そもそもこの二つは異なるもので、その目指すところはロックが考へたように根本的に違つてゐます。ここでひと言付け加へておくと、「科學」は「サイエンス(sciene)」の譯訳語ですが、これはラテン語の「スキエンティア(scientia)」に由來し、元來「知ること、知識、學問」を意味します。とかく日本人は「科學」といふ言葉に弱く、世間ではこれが一種の‘魔語’として流通してゐるやうに思はれます。「科學的に檢證された」といふだけで、その結論を絶對的に正しいと勘違ひしてそれこそ「非科學的」にそれを絶對的な言説として信じてしまふのはよく見られることです。誤解を恐れずに少々皮肉を言へば、「數學的に檢證された」のではなく、「科學的に檢證された」にすぎない知見は、むしろロックに倣つて「そこに誤りがあるかもしれない」と考へるのが、正しい態度といふべきでせう。さらに、付け加へると「この世界についての知識が絶對ではない」といふ‘大人’の經驗をすると、「この世には絶對確実なんてないものはない」と斜に構へて嘆いてみせるのも私たち日本人の通弊ですが、はつきり言はせてもらふと、やはりこの世には「絶對」といふものがあるのです。「數學的知識」とは、正にそれを目指してゐる學問の一種(おそらく唯一の)とも言へます。
そもそも「數學的知識あるいは數學的言語とは何なのか」といふ問題は、いづれこの連載で論じてみたいと思つてゐますが、ロックの系譜に連なるジョージ・バークリ(1685〜1753)は『人知原理論』の「119」で「私たちはおそらく、このやうに思惟を高く天翔らせて抽象を事とすること(數學のことと考へておいてよい)を價値低く思ふであらうし、數に關する探究が實用に役立つて人生の福利を促進するものでないかぎり、さうした探究をもつてそれだけの小難しい遊びごとと見做すであらう」と、いかにも「經驗主義者」らしいことを書き記してゐます。また1734年に出版した『Analyst』といふ本(この本は、ニュートンの友人にして不信心な數學者エドモンド・ハレー(1656〜1743)に對して書かれた)では「微分(ニュートンの流率)」に關連して次のやうなことを述べてゐます―「流率とは何か?消滅する増分の速度である。そしてこれらの同じ消滅する増分とは何か?それらは有限な量でもなく、無限に小さな量でもなく、無でもない。それらは死んだ量の亡霊と呼んではいけないだろうか?」。「死んだ量の亡霊」とはなかなかうまいことを言つたものですが、バークリのこうした數學的知見への誤解は、むしろ愛すべきものかもしれません。  (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 18:16| Comment(0) | 河田直樹

2017年12月06日

歴史的假名遣事始め (三十六) 市川 浩

クイズで遊ぶ歴史的假名遣(三十六)

先月のクイズ解答
問題
本年一月から十一囘かけて白石良夫著「かなづかい入門」の批判を行つて來ました。全體を通しての感想、批判を纏めてみて下さい。

感想の一例を擧げます。

本書の著者白石良雄氏は御自身の信念もさることながら、結果として文部科學省主任教科書調査官の立場から、同省の政策推進の一貫として、現代假名遣の效用に學問的知識の衣を着せて本書を刊行したと考へられます。このことはそれらが私のやうな正規の國語學者にあらざる者でさへ容易に批判できたことからも明らかでありませう。
しかし重要なことは、言はば領土や國民の生命財産の專守防衞に徹することが國の政治の本質であるやうに、國語問題に於ても正字・正かなの實踐と傳承に徹することが本質であり、之に對する本書や之に類する「國語改革」論の攻撃があれば、即座に斷乎として正論を以て論破するための自衞戰力を、この十二囘に限らず其の前からもこの「日本語あやとり」の中で提示して來た積りです。
一方本格的論戰は福田恆存先生その他の御努力で、正かな派の勝利が確定してゐますが、現在は本書のやうに一見學術的な、但し「私の國語教室」は引用はをろか、參考文獻の一覽にさへも取上げてゐないといつた論法での正かな批判は寡くなり、寧ろ出版社の「賣れない」、SNSでの「難しい」、「讀めない」といつた感情論的攻撃が主流になつてゐます。
從つて我々は之に對する批判、反論を準備しなければなりません。來年の本欄ではこの問題に焦點を當てたいと思ひます。
posted by 國語問題協議會 at 22:24| Comment(0) | 市川浩

2017年12月03日

數學における言語(19)村上一郎と「文学情念論序説」河田直樹

 前回と前々回では、トマス・アキナスの『神学大全』と吉田兼好の『徒然草』との言葉を通して、「第一作出因」の探究の仕方の違ひについて述べ、「西欧精神」の真髄とも言ふべきものを少し考へてみました。これだけをみても「日本人は知ることよりも感じること、計ることよりも想ふことを価値としてきた」といふ、村上一郎が「文學情念論序説」で述べたことを了解してもらへるのではないかと思ひますが、彼は同評論で「日本にはあざといほどドラマチックな存在論が哲理として成らなかつた」とも記してゐます。そして、續けて以下のやうな感慨を述べます−「ギリシア以後、二千年をへて東洋に世界で二番目の海洋中心の文化をひらいた日本は(トインビーの所説參照)しかし奈良時代以前に植民地の開拓に失敗したため、インテリはギリシアのやうに海外で自由に考へるといふチャンスをもたず、几帳のかげにかくれた。知識と芸術はそこにのみあつた。その挫折感は、事實以上の挫折感として熟し、近代にいたる」と。奈良時代以前に植民地開拓に成功してゐたなら、日本のインテリは「几帳のかげ」に隠れることなく、古代希臘の哲學者のように自由にものを考へるチャンスをもつたかどうか、私には疑問です。むしろ、我が國の地政學的宿命と隣國シナの文化がそれを不可能にしたのでは、と考へますが、是非はともかく近代にいたるまで我が國では「あざといほどドラマチックな存在論」が成立しなかつたのは確かなことです。
 村上一郎は、この論考の後半で「ホつブズ、ロック、バークリ、ヒューム」等のいはゆる英國の「經驗主義哲學者」たちをとりあげ、「日本の情念」に對する「西歐の情念」について考察してゐますが、その論考は1965年當時の、輕薄な西洋カブレの「進歩的社會科學者やマスコミ論者」たちに對する烈しい怒りに満ちたものになつてゐます。
 ところで、ここで私がさらに取り上げてみたいのは、實は、ヨーロッパ近代に多大な影響を與へ、最高の自由主義者と言はれたジョン・ロックについてで、「ロックの知と數學における知」とを比較してみたいのですが、今回は少し脱線を許していただき、日本的絶對の探究者ともいふべき「村上一郎」についていま少し述べてみます。
 村上一郎は、評論「文學情念論」を書いてから10年後の1975年3月、日本刀で自死しています。詩人清水昶は詩集『新しい記憶の果實』の冒頭に「開花宣言(これは‘落花’宣言でもある)」といふ詩をおき、一郎につぎのやうな詩句を捧げてゐます―「開花宣言が發せられた その日/ひつそりと散る山間の櫻のやうに/だれにも知られずあなたはひとり/暗緑の春の水へと舞ひ落ちた/暖かな刀身を渡つた虚無のひかり/無言でのけぞる細長いあなたの影/潔癖な死には重量がない・・・」。何ともいたましい最期といふほかはありませんが、三島由紀夫は遺作となつた評論『小説とは何か』の悼尾で村上一郎の「廣瀬海軍中佐」といふ短編小説に觸れ、「氏の小説技巧は拙劣を極めたものだが、しかしこれほどの拙劣さは、現代に於て何事かを意味してゐる」と述べてゐます。さらに「この短編ほど、美しく死ぬことの幸福と、世間平凡の生きる幸福との對比を、二者擇一のやりきれぬ残酷さで鮮明に呈示してゐる作品は少ない」と續け、次のやうに締め括ります―「村上氏は、最も劇的な對立概念を、おそれげもなく、赤裸のまま投げ出して、氏のいはゆる『小説』に仕立てたのであつた」と。
 三島のこの言葉が村上一郎の自死の呼び水になつた、と即斷するのは早計過ぎるかもしれませんが、二人とも苛烈な自死といふ形で自分の人生にけりを付けたのはまちがひなく、良し悪しは措くとして、私は兼好とは別の形の「知ることよりも感じること、計ることよりも想ふことをよしとした」繊弱(ひわず)な日本文化の宿命を見る思ひがします。『小説家の休暇』で「斷乎として相對主義に踏み止まらねばならぬ。幸福な狂信を戒めねばならぬ」と書いた30歳の三島を思ふとき、彼らの自死は、私のやうな數學屋にとつては、ただただかなしいといふほかはありません。次回は、ロックについて考へてみます。     (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 21:11| Comment(0) | 市川浩