2016年02月29日

きゃりこの戀(19) 白虎隊  雁井理香(かりゐりか)

オスカー:
  戰雲暗く日は落ちて
  孤城に冴ゆる月の影
  誰が吹く笛の音も悲し
  今宵名残の白虎隊
    (若干違ふ歌詞のバージョンもあります)
きゃりこ:
 先生、歌うまいですね。外人が演歌歌へるとは思はなかつた。
 「白虎隊」つて、名前は知つてゐるけど、どんな人たちだつたの。
オスカー:
 戊辰(ぼしん)戰爭(維新戰爭)のときに、会津藩は「朝敵」といふことにされて、薩摩と長州の軍隊に攻められたのです。
きゃりこ:
 会津藩つて、イケメンの松平容保が殿様をやつてゐた所ですよね。
オスカー:
 欠席裁判で、殿様に死刑が言ひ渡されたから、藩士たちは、殿様のために死なうと決心して、籠城しました。一箇月の籠城だつたのですが、その間に改元があつたので、立てこもつた八月は慶応四年、降伏した九月は明治元年になつてゐました。
 籠城の直前の八月下旬に、迫つて來る官軍に對して、決戦を挑みました。会津藩は年齢別の部隊を組織しました。そのうちの十六歳・十七歳の少年たちだけで組織したのが白虎隊でした。
 夕刻、草原で戰鬪が行はれましたが、会津側は負けて、白虎隊の兵士は三十七人だつたのが、十九人にまで減つてゐました。その十九人が、明け方になつて、飯盛山の頂上にまで辿り着きました。そして、会津若松城が燃えてゐるのを見て、全員で切腹したのです。
きゃりこ:
 わあ。かはいさう。でも、死なないでもよかつたのにね。
オスカー:
 死ななくてよい所で死ぬからこそ潔(いさぎよ)いんですよ。さういふ凛々しい男たちに戀をすればいいのに、近頃の女性は、調子のいいイケメンか、粗暴なヤンキーが一番いいと思つてゐるんですよね。
きゃりこ:
 優ちやんつて、ちよつと凛々しい所があるから、先生、好きなんでせう。
オスカー:
 さうですね。優ちやんは別として、日本の凛々しい男は、白虎隊で生れて、特攻隊が終つたときに絶滅してしまつたのです。
きゃりこ:
 江戸時代はどうだつたの?
オスカー:
 江戸時代は今と同じで、なよなよした美少年と、やくざみたいな旗本奴、町奴が人氣があつたんですね。
 今歌つたのは一番ですが、二番がまたいいですよ。
  紅顔可憐の少年が
  死を以て守るこの砦
  瀧澤村の血の雨に
濡らす白刃の白虎隊
きゃりこ:
 「死を以て守る」とか「血の雨」とか、凄まじい歌詞ですね。
オスカー:
 戰後暫くは、凄まじさを避けるために、「瀧澤村の決戦に 散らす白刃の白虎隊」と言ひ換へをしてゐました。
きゃりこ:
 その大人しい歌詞は、ちよつと詰らないですね。やつぱり、かういふのは凄まじい方がいい。先生の話を聞いてゐると、美少年の切腹つて綺麗だらうなと思ひますね。
オスカー:
 ぢやあ、三番だ。
  飯盛山の秋深く
  松籟肌に寒けれど
  忠烈永遠に香を残す
  花も会津の白虎隊
きゃりこ:
 これはまた、難しいね。「松籟」つて何。だいたいどう読むの? 先生の歌つたのを聞いてゐたんだから、漢字が分つて、読みが分からないといふことはありえないんだけど、そこは雁井さんの責任ですよ。
オスカー:
 「しようらい」。「籟」は笛のことだから、「松の笛」といふこと。風が松の葉の間を通り抜けると、笛みたいな音がする。そのことから、松風のことを「松籟」といふのです。まあ、この時期だから、秋風といふことになりますが。
きゃりこ:
 なんで、八月なのに肌寒い秋風が吹くの?
オスカー:
 旧暦の八月下旬だから、今の十月初めなんですよ。
きゃりこ:
 なるほど、暦も今とは違ふんだ。
 その後の、「ちゅうれつえいえんにかおりをのこす」つて、なんだらう。
 オスカー:
 それぢやあ、七五調にならないぢやないですか。
きゃりこ:
 和歌ぢやないのに、七五調にするの?
オスカー:
 すごいこと言ふ日本人だね。「ちゆうれつとはに、かをのこす」つて読んでね。
 「忠烈」は、忠義の爲に死なうといふ気持。「忠勇」とほぼ同じ。その美しい忠義が、永遠に歴史に香り高い名を残すといふことです。
きゃりこ:
 「永遠」を「とは(とわ)」つて読むのね。殿様の為に死ぬつて、馬鹿馬鹿しいといへば馬鹿馬鹿しいけど、何か美しいといふ氣はするね。この歌、いつごろの歌なの。
オスカー:
 歌詞自体は明治時代に作られたやうだけど、昭和十二年に藤島一郎がレコードを出して有名になつた。戰後はいろんな歌手が歌つてゐるが、僕は三橋美智也が好きですね。
きゃりこ:
 知らない、そんな人。
オスカー:
 三橋美智也は、流行歌手の中では、一番歌のうまい人だと言はれてゐて、その演歌獨特の歌ひ方は、外國の音楽家が研究に來るほどだつたのですよ。
 この「白虎隊」は、二番と三番の間に詩吟が入つてゐて、三橋美智也はこれがまたうまかつた。ところが、この人の「白虎隊」はインターネットでも見つからない。僕は、古いSPを専門家に聞かせてもらつたのです。
きゃりこ:
 SPつて、佳子内親王殿下をお守りする人?
オスカー:
 古いレコード。EP(分速45回転)やLP(33回転)の前に存在してゐた78回転のものです。昭和四十年頃まで使はれましたが、今ではもう、専門家しか持つてゐません。
 その詩吟も紹介しませう。

  南望鶴城砲焰颺
  みなみつるがじやうのぞめば、はうえむあがる
  痛哭飲涙且彷徨
  つうこくなみだをのんで、かつはうくわうす
  宗社亡兮我事畢
  そうしやほろびぬ、わがことをはる
  十有九人屠腹僵
  じふいうきうにん、とふくしてたふる
きゃりこ:
 今ではもう、詩吟の専門家なんかゐないのでせう?
オスカー:
 ゐますよ。僕の好きなのは、演歌歌手の三大美人の一人と言はれる石原詢子(じゆんこ)さん。この人も「白虎隊」を歌つてゐますが、女性なのに声量が豊かで、三橋美智也を彷彿とさせますね。
 この人の笑窪(ゑくぼ)が好きだ。
きゃりこ:
 はッはッはッはッは。
 先生が馬鹿なことをおつしやつたから、初めて優位に立てたやうな氣がする。
 詩吟の上手・下手つて、どうやつて決まるの?
オスカー:
 詩吟は、音程はあまり関係がなくて、発声が問題だから、上手と下手がよく分かります。
 石原さんの詩吟の特徴は、たとへば冒頭の「みなみいいいいいいいい」と伸ばす所が他の人よりずつと長い。それが、本當に発声がいいから、綺麗に聞えるのです。
きゃりこ:
 「砲焰」は「砲煙」ぢやないんですか。
オスカー:
 最近はさう書いてある資料もあるけど、ただの煙では、城が落ちたとは思ひませんよ。火が出てゐるんだから、「焰」でないといけない。
 「宗社」は、「お家」のこと。会津の松平家が城が焼けて亡んでしまつたといふのです。
 「彷徨」はさまよひあるくこと。
 面白いことに、その前の、「且」を、歌手によつて、「かつ」と讀む人と「しばらく」と讀む人がゐます。「且」の字は「しばらく」といふ意味もあるのです。考へてみると、この文脈では、「かつ」でも「しばらく」でもあまり意味が違ひませんものね。
 「十有六人」をこれも歌手によつて「じふいうろくし」と讀む人がゐます。「十有六士」のつもりでせう。
きゃりこ:
 「十有六士」の方が格好いいですね。漢詩の作者も初めからさうすればよかつたのに。
オスカー:
 この「人」の位置に「士」を入れることはできません。漢詩には、平仄(ひやうそく)といふものがあつて、声調(アクセント)の具合によつて、ここにはこの字は駄目といふのが多いのです。
きゃりこ:
 つまらない規則ね。規則だらけで縛らないで、自由に歌へばいいのに。
オスカー:
 さうではありません。詩の規則といふのは、昔の人たちが、どうやつたら美しく聞えるかを研究した結果、出来てきたものですから、馬鹿にしてはいけないのです。美しい日本語を作るやうに努力したいものです。
posted by 國語問題協議會 at 11:29| Comment(0) | 雁井理香

2016年02月25日

させていただきます 中谷信男

敬意逓減
誰が言ひ出したか「敬意逓減の法則」といふ言葉があります。低減ではなく逓減、つまり少しづつ減るといふ意味をもたせてゐる點は買へるのですが、敬意は必ず下つてゆくものだと斷定する「法則」なる語は行過ぎです。言葉は生き物、Will you 〜?よりはWould you 〜? は丁寧な言ひ方ですが、單純な言ひ方をする米國のほうが今では英國よりこの言ひ方の使用頻度が高いさうで、そのやうなところからも敬意表現に法則などあり得さうもありません。庶民の年收の二倍ほどを毎月の御小遣ひとして税拔きで母親からもらつてゐた首相がゐましたが、この人物、やたらと「〜させていただきます。」を語尾につけ、「させていただく症候群」と皮肉られてゐました。このことばは人によると敬意低減の現象によるものだとしてゐます。
夏目漱石は現代文を自在に操つた用例を數多く作つてゐますが、「敬意」の使ひ方も複雜です。。
・ 「御前か、健康診断をして貰ふのは」この語勢には、馬に對しても、犬に對しても、是非腹の内で云ふべきほどの敬意が籠こもつてゐた。(坑夫)
・重吉のお静さんに對する敬意は、この過去三か月間において、すでに三圓がた缺乏してゐるといはなければならない。將來の敬意に至つてはむろん疑問である。(手紙)

かみさん
この語、元々は神樣であつたやうで、それが淨瑠璃あたりになると「主人の母」、つまり老婆を敬つて呼んだ人に對するものとなり、さらに時代がくだると「商人や職人の妻」の呼稱になります。樋口一葉も「女房」をかみさんと訓じてをり、自分の妻を「うちのかみさん」と、これは筆者もよく使ふことばで、それと聞いたかみさんは嫌な顏をします。
「御上」も天皇を敬つて言ふ語ですが、政治を司る機關を「おかみ」とは多少の皮肉を籠めた意味で今もつかはれ、更に敬意が親密さにかはつて御内儀とか女將とが「おかみさん」と呼ばれます。

先生
金一圓で株式會社が作れる時代、社長といつても資本金一圓の會社も數億圓の會社も社長は社長です。その落差を利用して酒場のおかみさんなどは誰に對しても社長、社長を連發します。
それ以上に大きな落差をもつて使はれるのが先生、耳に胼胝ができるほどの言葉です。原義は、文字通り「自分より先に生れた年長者」で敬意の對象になることばですが、學藝や專門知識に堪能な人を指すやうになると共に、それが敬意遞減して樣々な人物に時には親しみをこめての呼稱となります。漱石の坊ちやんは「天麩羅先生」と落書きされ、『吾輩は猫である』となると「先生」のオンパレイドとなります。迷亭先生、寒月先生、東風先生、独仙先生、長範先生といつた具合です。雪隱で謠をうたふ苦沙彌先生の綽名は、「後架先生」です。先生といふ呼稱は人間ばかりではありません。
・三毛子だけは尊敬して先生先生といつてくれる。吾輩も先生と云はれて滿更惡い心持もしないから・・・

御前・てめえ
「敬意遞減の法則」の用例で必ずといつてよいほど使はれるのが「御前」です。元々が神佛や貴人の前を敬つてのことで、御前にゐる者と一人稱となるべきところを、直接呼ぶことを憚つて貴人を指したものです。最高の敬語だつたこの御前が江戸も後期になると庶民の女房が「おまへさん」等と亭主を呼ぶことばとなり、それが男性の使ふ二人稱として「おまへ」と變化し、明治では、同等か目下の者を指すやうに代りました。女性が相手を「おまへ」と呼ぶことはなく、それ以上に、自分が「おまへ」と呼ばれることには大きな抵抗を感じてゐます。似たやうなことばに「手前」があります。これも「てまへどもは」といつた自稱にもなり、一段とぞんざいな「てめえには云つておきたいことがある」などと使つて、對稱にもなるといふ不思議なことばです。

マンション
戰後の住宅不足を補ふために生れたのが「公團住宅」といふ數階建ての集團住宅ですが、その後に公團住宅とは一線を劃して高級感をただよはせた、民間による集合住宅が作られるやうになりましたが、それに名前をつけたのが「マンション」といふことばです。その建物を始めて見たときの違和感は、今も變つてはゐません。英語でMANSIONといへば何十部屋もあり車寄せなどもある豪壯な邸宅をさしてゐると習ひ、寫眞などを見て納得してゐたものです。それに比べ日本の今出來マンションの何とまづしい集團住宅群であることか。最近も基礎杭の不備で建物に段差が見つかつたとか。そのやうな建物をマンションと呼び、得々としてゐる神經が不可解です。敬意の低減は人間關係ばかりではありません。日本人が「マンション」といふ夢のある言葉に對する敬意を低めて使つてしまつた。殘念と言ふより、情けないといはざるを得ません。

敬意(けいい)と敬畏(けいゐ)
・三四郎がはじめて教室へはいって、ほかの學生といっしょに先生の來るのを待つてゐた時の心持ちはじつに殊勝なものであった。神主が裝束を着けて、これから祭典でも行なはうとするまぎわには、かういふ気分がするだらうと、三四郎は自分で自分の了見を推定した。じつさい學問の威嚴に打たれたに違ひない。それのみならず、先生がベルが鳴つて十五分立つても出て来ないのでますます豫期から生ずる敬畏の念を増した。その次には文学論の講義に出た。この先生は教室にはいって、ちょっと黒板ボールドをながめていたが、黒板の上に書いてある Geschehenという字と Nachbildという字を見て、はあドイツ語かと言つて、笑ひながらさつさと消してしまつた。三四郎はこれがためにドイツ語に對する敬意を少し失つたやうに感じた。(三四郎)
ここには「敬意」と「敬畏」の違ひが端的に表はされてゐます。相手に對する尊敬の氣持が敬意ですが、敬畏はそれに加へて「つつしみ畏れる」感情が加はります。この世以上のもの、神や佛などに向ふとき、豫期できない出來事等に對する氣持です。近頃は皇室に對する敬語がそれはひどいものになつてゐますが、かなりの人達が時代を超えて存在する皇室への敬畏の念を缺くやうになつたからではないでせうか。

posted by 國語問題協議會 at 11:47| Comment(0) | 中谷信男

2016年02月13日

きゃりこの戀(18) 女性専用車  雁井理香(かりゐりか)


オスカー:
 JRの中に、こんな貼紙がありました。
「女性専用車は、小学生以下の男の子、お身体の不自由な方とその介助者の男性にもご利用いただけます」
きゃりこ:
 いやだ。女性専用車に乗つたの? 変態。イケメンだから許されると思つたんだね。
オスカー:
変な疑ひかけないで。昼間のことだよ。男が乗つちやいけないのは朝と夜だけでしょ。
 この貼紙、意味が解りにくいところがありますよね。
きゃりこ:
 そうだね。「小学生以下」というのが、小学生を含めるかどうか解らない。
オスカー:
 ほかには?
きゃりこ:
 「お身体の不自由な方」の「方」が、男だけなのか、女も含めるのか。あるいは女だけなのか。
オスカー:
 その下に英語の説明がありました。
 Boys of primary-school age and below, handicapped men and men who are helping handicapped persons may also ride in women-only cars.
 これならよく解るでしょ。
きゃりこ:
 あたし、英語苦手なんだよ。-------------------ああ、でも少し解る。and below があるから、「小学生全部」と「それよりも下」。小学校六年までは、男でも、女性専用車に乗つていいんだね。でも、このごろの六年生つて、悪い奴はワルだよ。痴漢しかねない。
オスカー:
 handicapped menとあるから、「お身体の不自由な方」は男だけ。
きゃりこ:
 えッ。「お身体の不自由な女性」は、女性専用車に乗つちやいけないの?
オスカー:
 さうぢやないよ。女性なら誰でも乗つていいんだから、わざわざそれは書かないで、男性の中で、乗つていい人だけを列挙してゐるのです。ここで、handicapped persons と書いたら、handicapped women は handicapped persons とwomenの両方に含まれて、重複が生じることになります。
きゃりこ:
 後に、別に、handicapped persons があるね。
オスカー:
 ここは「介助者の男性」も乗つていいと言つてゐます。「介助者の女性」は乗つていいに決つてゐる「女性」に含まれるから、もう言及する必要がありません。だから、ここでは、「介助者の人」とは言はずに、「介助者の男性」と言つたのです。一方、介助されてゐる人は、男でも女でもかまはないわけですから、handicapped men でも、handicapped women でもなく、handicapped persons とするのが適切でせう。ここで、handicapped men を使つたら、「お身体の不自由な女性を介助してゐる男性」は乗つてはいけないことになつてしまふ。
きゃりこ:
 英語だと正確に言へるんだね。英語の方が日本語より論理的なのかな。
オスカー:
 さう思ふ人がゐるから困るのです。英語の方が日本語より論理的なわけではなく、この英文を書いた人が和文を書いた人より論理的だつたといふに過ぎません。
 「小学生およびそれ以下の男の子、お身体の不自由な男性、お身体の不自由な方を介助なさる男性」とすればいいんですよ。
きゃりこ:
 なるほど。先生、日本語上手ですね。それとも、アメリカ人だから、日本人より頭がいいといふだけかな。
オスカー:
 そんなことを言つてはいけません。日本人の頭のいい人は、ものすごくいいですよ。たとへば、----------------。
きゃりこ:
 「たとへばねねさん」なんて言つたら、鉄拳が飛ぶよ。要するに、あたしだけがおばかといふわけだね。
オスカー:
 最初のところ、「介助者の男性にもご利用いただけます」の「にも」がをかしくない?
きゃりこ:
 ほんとだ。「介助者の男性もご利用いただけます」の方が綺麗だね。
オスカー:
 「女性専用車は」と言ひ出したから、女性専用車が主語のやうな錯覚が生じて、「AはBにもCしていただけます」と型通りの文法を守つたのでせう。でも、この文みたいに、「女性専用車」と「ご利用いただけます」の間が長くなつてゐる場合には、そんな理窟にこだはるよりも、語呂のいい方を選べばいいんですよ。
きゃりこ:
 先生のお話聞いてゐると、日本語を愛してゐるやうな所がありますね。
オスカー:
 うん。日本語大好きなんですよ。日本語をもつと美しく育てたいと思ひます。
きゃりこ:
 日本人つて、あんまり母語を愛してゐないみたいですね。
posted by 國語問題協議會 at 17:12| Comment(0) | 雁井理香