2016年02月25日

させていただきます 中谷信男

敬意逓減
誰が言ひ出したか「敬意逓減の法則」といふ言葉があります。低減ではなく逓減、つまり少しづつ減るといふ意味をもたせてゐる點は買へるのですが、敬意は必ず下つてゆくものだと斷定する「法則」なる語は行過ぎです。言葉は生き物、Will you 〜?よりはWould you 〜? は丁寧な言ひ方ですが、單純な言ひ方をする米國のほうが今では英國よりこの言ひ方の使用頻度が高いさうで、そのやうなところからも敬意表現に法則などあり得さうもありません。庶民の年收の二倍ほどを毎月の御小遣ひとして税拔きで母親からもらつてゐた首相がゐましたが、この人物、やたらと「〜させていただきます。」を語尾につけ、「させていただく症候群」と皮肉られてゐました。このことばは人によると敬意低減の現象によるものだとしてゐます。
夏目漱石は現代文を自在に操つた用例を數多く作つてゐますが、「敬意」の使ひ方も複雜です。。
・ 「御前か、健康診断をして貰ふのは」この語勢には、馬に對しても、犬に對しても、是非腹の内で云ふべきほどの敬意が籠こもつてゐた。(坑夫)
・重吉のお静さんに對する敬意は、この過去三か月間において、すでに三圓がた缺乏してゐるといはなければならない。將來の敬意に至つてはむろん疑問である。(手紙)

かみさん
この語、元々は神樣であつたやうで、それが淨瑠璃あたりになると「主人の母」、つまり老婆を敬つて呼んだ人に對するものとなり、さらに時代がくだると「商人や職人の妻」の呼稱になります。樋口一葉も「女房」をかみさんと訓じてをり、自分の妻を「うちのかみさん」と、これは筆者もよく使ふことばで、それと聞いたかみさんは嫌な顏をします。
「御上」も天皇を敬つて言ふ語ですが、政治を司る機關を「おかみ」とは多少の皮肉を籠めた意味で今もつかはれ、更に敬意が親密さにかはつて御内儀とか女將とが「おかみさん」と呼ばれます。

先生
金一圓で株式會社が作れる時代、社長といつても資本金一圓の會社も數億圓の會社も社長は社長です。その落差を利用して酒場のおかみさんなどは誰に對しても社長、社長を連發します。
それ以上に大きな落差をもつて使はれるのが先生、耳に胼胝ができるほどの言葉です。原義は、文字通り「自分より先に生れた年長者」で敬意の對象になることばですが、學藝や專門知識に堪能な人を指すやうになると共に、それが敬意遞減して樣々な人物に時には親しみをこめての呼稱となります。漱石の坊ちやんは「天麩羅先生」と落書きされ、『吾輩は猫である』となると「先生」のオンパレイドとなります。迷亭先生、寒月先生、東風先生、独仙先生、長範先生といつた具合です。雪隱で謠をうたふ苦沙彌先生の綽名は、「後架先生」です。先生といふ呼稱は人間ばかりではありません。
・三毛子だけは尊敬して先生先生といつてくれる。吾輩も先生と云はれて滿更惡い心持もしないから・・・

御前・てめえ
「敬意遞減の法則」の用例で必ずといつてよいほど使はれるのが「御前」です。元々が神佛や貴人の前を敬つてのことで、御前にゐる者と一人稱となるべきところを、直接呼ぶことを憚つて貴人を指したものです。最高の敬語だつたこの御前が江戸も後期になると庶民の女房が「おまへさん」等と亭主を呼ぶことばとなり、それが男性の使ふ二人稱として「おまへ」と變化し、明治では、同等か目下の者を指すやうに代りました。女性が相手を「おまへ」と呼ぶことはなく、それ以上に、自分が「おまへ」と呼ばれることには大きな抵抗を感じてゐます。似たやうなことばに「手前」があります。これも「てまへどもは」といつた自稱にもなり、一段とぞんざいな「てめえには云つておきたいことがある」などと使つて、對稱にもなるといふ不思議なことばです。

マンション
戰後の住宅不足を補ふために生れたのが「公團住宅」といふ數階建ての集團住宅ですが、その後に公團住宅とは一線を劃して高級感をただよはせた、民間による集合住宅が作られるやうになりましたが、それに名前をつけたのが「マンション」といふことばです。その建物を始めて見たときの違和感は、今も變つてはゐません。英語でMANSIONといへば何十部屋もあり車寄せなどもある豪壯な邸宅をさしてゐると習ひ、寫眞などを見て納得してゐたものです。それに比べ日本の今出來マンションの何とまづしい集團住宅群であることか。最近も基礎杭の不備で建物に段差が見つかつたとか。そのやうな建物をマンションと呼び、得々としてゐる神經が不可解です。敬意の低減は人間關係ばかりではありません。日本人が「マンション」といふ夢のある言葉に對する敬意を低めて使つてしまつた。殘念と言ふより、情けないといはざるを得ません。

敬意(けいい)と敬畏(けいゐ)
・三四郎がはじめて教室へはいって、ほかの學生といっしょに先生の來るのを待つてゐた時の心持ちはじつに殊勝なものであった。神主が裝束を着けて、これから祭典でも行なはうとするまぎわには、かういふ気分がするだらうと、三四郎は自分で自分の了見を推定した。じつさい學問の威嚴に打たれたに違ひない。それのみならず、先生がベルが鳴つて十五分立つても出て来ないのでますます豫期から生ずる敬畏の念を増した。その次には文学論の講義に出た。この先生は教室にはいって、ちょっと黒板ボールドをながめていたが、黒板の上に書いてある Geschehenという字と Nachbildという字を見て、はあドイツ語かと言つて、笑ひながらさつさと消してしまつた。三四郎はこれがためにドイツ語に對する敬意を少し失つたやうに感じた。(三四郎)
ここには「敬意」と「敬畏」の違ひが端的に表はされてゐます。相手に對する尊敬の氣持が敬意ですが、敬畏はそれに加へて「つつしみ畏れる」感情が加はります。この世以上のもの、神や佛などに向ふとき、豫期できない出來事等に對する氣持です。近頃は皇室に對する敬語がそれはひどいものになつてゐますが、かなりの人達が時代を超えて存在する皇室への敬畏の念を缺くやうになつたからではないでせうか。

posted by 國語問題協議會 at 11:47| Comment(0) | 中谷信男