2016年04月25日

撞着ことば 中谷信男


對義結合の單語はオクシモロンと呼ばれますが、これが句になつてゐることばも多いものです。

醫者の不養生
醫者は人間の健康にかかはる知識を豐富に持つてゐるので、他人には養生を獎めるが、自分のこととなるとそれが實行できないでゐることが多いものです。良くいへば、患者のことにかかりきりで、自分に割く時間がない、そのため名醫であるといふこともあります。
しかしそれだけ實質の勤務時間が長いため、無理を強ひられます。
齒醫者で氣になるのは、自分の齒の病氣は誰に直してもらふのかです。同業者には頼みにくいことが察せられます。また同樣に、醫者の病氣は同業者の間では守祕義務が守られにくいさうです。
この撞着ことばは、「りっぱなことを口では言ふが、實行を伴はないではないか」といふ意味にも使はれますが、醫者のばあひには、それなりの、不養生ならざるをえない、まつたうな意味もあることになります。

坊主の不信心
この句も醫者の不養生と共に、すでに江戸中期の奇人平賀源内が言ひだしたことださうです。源内の友人だつた「解體新書」の筆者杉田玄白が源内を悼んで碑文を書いてゐます。「嗟(ああ)非常の人、非常の事を好み、行ひ是れ非常、何ぞ死せるや非常に 」 非常の人なればこそ、坊主の不信心がよく見えたのでせう。
なぜか江戸時代から醫者と坊主が一對として登場し、「醫者の若死に出家の地獄」といふ諺もあります。出家、すなはち僧侶は墮落しがちで、地獄に落ちるものが多いといふおぞましい意味合ひです。佛教の法事では戒名とか御布施などかなり高額な金額を要求されることが多いための、腹いせのことわざとも思へます。しかし最近は、宅配同樣の「御坊さん便」なる方式ができたりして、頼むはうからすれば、どの宗派の御坊さんでも、安い金額で御經を讀んでもらへることになつてきてゐます。一方、貧乏をしてゐる御寺では助かつてゐるとか。
今度は逆にこの方式が一部の寺院では「地獄で佛」といふことにもなります。

易者身の上知らず
易者とは人間の將來や運命を或る筋立てで豫想する人のことを言ひ、いはゆる「うらなひ」を職業とする者のことです。誰でも自分の未來のありやうは知りたいもので、それを教へてくれれば有難い氣持になります。かなり確率高く當てる者もゐますが、易者本人は他人の身の上は占へても、自分の身の上はわからないもので、そのことをあざけつて言つてゐる言葉です。
占ひの「うら」はでもあつて、のやうに陸地から凹んだ形、姿といつたイメイジをもつてゐます。それを人間にあてはめると「心のうち」の、意識しなくても自然に外にはあらはれない、隱れた心となります。「なふ」は接續語で、心の奧を「現はす」ことが「うらなふ」となります。他人の心の内は隱れてゐるやうでも、樣々なきざし、氣配から讀み取れることは、フロイトやユンクの業績からも伺へますし、古代印度人の見つけた末那識、阿頼耶識の認識からもわかります。自分の心は自分にはわからない。そこで易者とは、わからないのではない、自分の將來を占つてはならない職業なのです。
posted by 國語問題協議會 at 19:13| Comment(0) | 中谷信男

2016年04月12日

きゃりこの戀(20)   黒田節  雁井理香(かりゐりか)

きゃりこ:
 「くろだぶし」つて歌があるけど、「黒田武士」なの。それとも「黒田節」なの?
オスカー:
 「難波節」とか「炭坑節」とか、日本の古い歌には「節」をつけることがあります。「くろだぶし」はその「黒田節」を「黒田藩の侍」といふ意味の「黒田武士」と掛詞にしたのです。甲斐武田家の「武田節」も同じです。
きゃりこ:
 黒田藩つて、黒田官兵衛と関係があるの?
オスカー:
 関が原の戦ひのときに、黒田官兵衛はもう隠居してゐましたが、その息子の長政が家康について戰つて、その戰功で福岡で五十二万石をもらつたといふわけです。
きゃりこ:
 この歌、「酒は呑め呑め」で始まるでせう。酒を讃める歌つてよく聞くけど、意味の分からない歌よね。
オスカー:
  酒は呑め呑め 呑むならば
  日の本一の この槍を
  呑み取るほどに 呑むならば
  これぞまことの 黒田武士
きゃりこ:
 「槍を呑み取る」つて、どういふこと? 槍を呑んでしまふほどに酒を呑み尽せと言つてゐるのかしら。
オスカー:
 これには背景になるお話があるのです。黒田長政に仕へた武士に母里太兵衛(もりたへゑ)といふ豪傑がゐました。この人は、剣術が強くて長政に重用されてゐたのですが、一方では酒が強いことでも有名でした。
きゃりこ:
 酒が強いと威張れるつて馬鹿みたい。
オスカー:
 まあ、酒と剣と両方が強いといふのが一番の自慢のタネだつたのです。もともとは中国の伝統でせうね。酒が強くて、剣が弱かつたら、笑ひ物ですけどね。
 長政の友達の福島正則が、その話を聞いて、「貴公の家来の母里太兵衛といふのに會つてみたいから、一度俺の所に寄越してくれないか」と頼みました。
 太兵衛が訪ねて行きますと、正則は、直系一尺もある大きな盃になみなみと酒を注いで、「これを呑んでみせてくれ」と言ひました。
 太兵衛は、ちやうど酒の上で失敗をして、長政から、「当分酒を呑んではならん」と言ひ渡されてゐました。そのことを告げて、「今回は御容赦を」と辞退しました。
すると、正則は、「見事呑んだら、壁に立てかけてあるあの槍をやるぞ」とまでもちかけるのです。
 それでも、太兵衛は、「主人の命令ですから」と拒みました。
 すると、正則は嘲笑して、「なんだ。情けない奴だ。黒田藩には男はゐないのか」と侮辱しました。
 太兵衛はカッとなつて、大盃一杯の酒を一気に飲み乾し、壁に駆け寄ると、槍を奪ひ、そのまま挨拶もせずに走り出て行きました。
きゃりこ:
 なるほど。そんな話があつたのか。よつぽど見事な槍だつたのでせうね。
オスカー:
 今も福岡市美術館に保存されてゐますが、名前からして「日本号」。
きゃりこ:
 だから、「日の本一のこの槍」といふのですね。
オスカー:
 もともとは正則が秀吉からもらつた槍だといふことです。
きゃりこ:
 黒田節つて、一番だけしかないのかしら。
オスカー:
 二番もありますが、一番とは全然関係のない歌詞です。
   嶺の嵐か 松風か 
尋ぬる人の 琴の音か
   駒引き止めて 立ち寄れば 
爪音著(しる)き 想夫恋(さうふれん)
きゃりこ:
 何のこと? これもまたお話がついてゐるのかな。
オスカー:
 平家物語の故事から取つたのです。高倉天皇つて分かりますか?
きゃりこ:
 知りません。
オスカー:
 平清盛は?
きゃりこ:
 そのへんだと私でも知つてゐるんだよね。
オスカー:
 清盛の娘の徳子が、高倉天皇の中宮になつて、生まれたのが安徳天皇。
きゃりこ:
 それも知つてゐる。壇の浦で海に沈んだ子供の天皇ね。
オスカー:
 ところで、昔の女性の「性格がいい」ための一番の条件は、「嫉妬をしない」といふことだつたのです。
きゃりこ:
 そんな無茶な。夫が浮気しても我慢してろつてことなの? 先生、一発殴らせて下さる?
オスカー:
 僕が言つてゐるわけぢやない。昔の人はさう思つてゐたと言つてゐるだけ。そして、理想の妻といふのは、夫のために美女を探してきてくれる妻。
きゃりこ:
 現実にそんな妻がゐたのかしら。
オスカー:
 お話によると、徳子がそれだつたの。
 ある日、徳子は、天皇の御様子を見てゐて、かう考へました。「どうして御上(おかみ)はこのごろ塞いだ御様子なのかしら。------------------さうだ。私の侍女の小督(こごう)は天下一の美女と言はれるほどの女だ。あの女を御上に差上げたら、お元気になられるに違ひない」
きゃりこ:
 荒唐無稽つて、かういふときに使ふ言葉かしら。まさか、実行したわけぢやありませんよね。
オスカー:
 実行したのです。そのとき、高倉天皇は十六歳。
きゃりこ:
 高校二年生だつたの?!
オスカー:
 数へ年十六歳だから、高校一年生でせうね。
きゃりこ:
 それで妻の外に女がゐるんだ。徳子と小督は中学生だつたりして。
オスカー:
 徳子は二十歳。小督は二十二歳だつたと言はれます。
きゃりこ:
 男が一番下なの!! 小督が一番上だとは思はなかつたよ。
オスカー:
 昔はさういふこともあつたでせうよ。
 先に言つておきますけど、全部嘘ですよ。
きゃりこ:
 えッ?? 私をからかつてゐるの?
オスカー:
 さうぢやなくて、平家物語にはさういふお話が出てゐるんだけど、みんな作つたお話だといふこと。でも、みんなそれが歴史だと思つてゐたんだから、それはそれでいいぢやないですか。
きゃりこ:
 それでどうなつたの?
オスカー:
 天皇は元気を回復なさいました。そして、徳子もよかつたよかつたと思つてゐたのですが、怒つたのが清盛。娘の敵(かたき)を取つてやらうとしゃしゃり出てきました。
きゃりこ:
 娘が自分でやつたことなのに、親が娘のかたき討ちといふわけね。
オスカー:
 清盛がいやがらせをするので、小督は嵯峨野の奧に逃げました。すると、高倉天皇は、源仲國といふ侍に命じて探しに行かせました。
 この黒田節の二番は、そのときの光景を描いてゐるのです。「嶺の嵐か松風か 尋ぬる人の琴の音か」なんていふところは、平家物語の文言をそのまま借りてゐます。
きゃりこ:
 小督の弾く琴の音が嵐や松風と聞き分けにくかつたのね。馬を止めて耳を傾けたら、どうかしたのね。「爪音著き想夫恋」つてなんだらう。「琴を弾く爪の音がはつきりしてゐる」といふことでせうけど、「想夫恋」つて何ですか。
オスカー:
 文字どほり、「夫を想ふ恋」なんですが、それが琴の曲の名前になつてゐるの。この曲を聞いた仲國は、小督の天皇を思ふ気持に打たれて、小督を天皇のもとに連れ歸るのです。
 そのあと、また不幸になつてしまふのですが、まあ、それは省略しませう。
 「想夫恋」、もともとは、「相府蓮」で、蓮の花を讃へる歌だつたの。それが、「想夫恋」といふ漢字を宛てられるために、恋の歌に変つたといふわけ。
 「相府」といふのは宰相の屋敷のこと。そこに見事な蓮が咲いているのを愛でた歌だつたのです。
きゃりこ:
 どつちにしても嘘のお話なのね。
 黒田節には三番もあるの?
オスカー:
 ふつうは二番まで。でも、戦前の陸海軍の軍人が酒を呑むときには、三番を付けて歌ひました。
   皇御国(すめらみくに)の 武士(もののふ)は
   いかなることをか 努むべき
   ただ身に持てる まごころを
   君と親とに 盡(つく)すまで
 この歌は、黒田藩のあつた筑前の今様で、「皇御國」といふタイトルです。筑前の歌なので、黒田節と一緒に歌はれるやうになりました。
 これは、意味は分かりやすいですね。
posted by 國語問題協議會 at 10:22| Comment(0) | 雁井理香

2016年04月04日

歴史的假名遣事始め (十六) 市川 浩

先月のクイズ解答
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

「現代仮名遣い」や「常用漢字」に問題がないとはいえないにしても、少くとも内閣告示となった以上は、国民として従う義務がある。徒らに自説を主張して告示に従わないのは順法の精神に欠けるといわざるを得ない。

この主張に對する反論の一例を擧げます。

「現代かなづかい」及び「當用漢字」は昭和二十一年十一月十六日に「内閣告示」として告示され、その後「現代仮名遣い」が同六十一年七月一日、「常用漢字」が平成二十二年十一月三十日に夫々改訂告示となつたものが今日有效となつてゐます。これ等の日附はすべて現行憲法公布(同二十一年十一月三日)の後であることに注目して下さい。さう、現行憲法は「正字・正かな」表記なのですが、「護憲派」の方々はこれを全く無視してゐます。
内閣告示はあくまでも内閣の所管である國の各行政機關に對するものであり、その實施に就いては「内閣訓令」によります。しかし告示の性格を規定する「前書き」第一項では適用對象分野として「法令、公用文書、新聞、雜誌、放送など一般の社會生活において現代の國語を書き表す」ためとなつてゐて、「教育、出版」を除外してゐるのは當然として、「新聞、雜誌、放送」など本來「行政機關」から獨立の分野にまで適用對象を廣げてゐます。特にこの三分野は行政の介入を何よりも嫌ふのに、不思議なことに一言の異義申立もないどころか、鞠躬如として最も嚴密忠實に從つてをり、正字・正かなの論文などは絶對に受附けません。
さて同第二又は三項には「この假名遣は、科學、技術、藝術その他の各種專門分野や個々人の表記にまで及ぼさうとするものではない」と明記してあるのですが、上記の三分野を始め、民間では殆ど無視してゐるのが實態です。この現實を踏へ、告示に對する官府の公式見解は「内閣に對してのみ強制力を有するが、他の分野で之を適用することを妨げない」となつてゐます。從つて「他の分野で適用しない」ことも容認してゐるのです。正字・正假名實踐は法律的に何の問題もないのです。
練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

字音仮名遣いは漢土の発音に準拠しており、日本語とは関係がない筈である。それを然も「む」と「ん」、「き(ぎ)」と「くゐ(ぐゐ)」、「け(げ)」と「くゑ(ぐゑ)」の書分けを強制するのは戦後の「国語簡素化」の趣旨にも反する。
posted by 國語問題協議會 at 14:41| Comment(0) | 市川浩