2016年08月01日

歴史的假名遣事始め (二十) 市川 浩

先月のクイズ解答
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

嘗てソ連崩壊で独立を回復したモンゴルでは、それまでのキリル文字を改めて、古来の国字モンゴル文字を復活させたが、結局民衆はそれを読めず、旧へ戻つた。正字・正かなを復活出来たとしても、一般民衆はもはや読み書き出来ない。

この主張に對する反論の一例を擧げます。

モンゴルでのことは殘念ですが、學校でモンゴル語での授業を受けた世代に望みを托したいと思ひます。
さて日本の正字・正かな教育をどのやうに進めるかですが、一つの例を御話しませう。私は特定非營利活動法人文語の苑での活動として、文語の讀み書きを御案内してをりまするが、文語作文の場合、受講者は御高齡の方が多いと言ひましても、既に現代假名遣で教育を受けた世代です。當然最初は歴史的假名遣が十分に遣へませんが、その都度説明添削することで、暫くすると殆ど間違はなくなります。
國語學の泰斗故大野晉博士最晩年の述懷に生徒に作文を書かせ、家に持ち歸つて誤字を訂正し、批評を加へる。さういふ先生を増やすことに、僕はもつと時間とエネルギーを使ふべきであつた。さうしておけば、日本もこんなひどい國にならなくてすんだかもしれない。(川村二郎「孤高」)
とあります。正字・正かなの教科書を音讀させ、作文を添削する、この正統國語教育の復活こそが「日本を取り戻す」鍵なのです。

練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

現代仮名遣いは「主として現代文のうち口語体のものに適用する」とあり、「主として」だから「現代文のうち口語体のもの」以外にも適用可能であり、既に和歌では普通のことであり、古典を含め文語文の現代仮名遣い表記も文部科学省主任教科書調査官の著書で容認している
posted by 國語問題協議會 at 12:47| Comment(0) | 市川浩