2016年08月22日

ブックセラピー(1) 胎内進化のつづき、母語、ひらがな。     原山建カ


NHKの番組、クローズアップ現代(平成二十五年六月一一日)で「オノマトペ」特集が放送された。同番組では、コンビニ商品の「おいしいを感じる言葉」ランキングで、説明調の「コシ(腰)のある」「舌触りのよい」に代はり、短く直感的に伝はる「もちもち」「もつちり」など、オノマトペ(擬音語、擬声語、擬態語)たちが急上昇し、商品の売上が五倍も伸びてゐることが紹介されてゐた。
これまで「幼児ことば」、「舌つ足らず」と揶揄され、軽視されてきたオノマトペのマーケティング手法による復権だが、注目すべきは、これらがすべて「ひらがな(カタカナ)」で表記されてゐることである。

上古代の日本人は、中国の漢字が朝鮮半島を経由して伝はる五世紀まで、文字をもたななかつた。いや、書かれた文字よりも、豊かなオノマトペによつて彩られた「口承文化」が美しいことばを紡いでゐた。それが「やまとことば」と呼ばれる原日本語(和語)である。
最古の歌集である万葉集には、漢字の音を借りて表記された万葉仮名が登場する。「やまとことば(万葉仮名)」はその後の千三百年あまりを「変体仮名(江戸かな)」として生きつづけ、明治三十三年、一字一音の「ひらがな」に統一されたあとも、なほ日本人の心性をあらはすことばとして輝いてゐる。
よく、「(ものの)あはれ」の『源氏物語』、「をかし」の『枕草子』といふが、これを漢字で書いたら、哀れ(憐れ)で可笑しなことになつてしまふ。

ここ半年ほど、「ひらがなのちから」を研究してゐるが、先日、風の谷保育園(川副孝夫園長)で、保護者対象の「ひらがな育児」講座と、その前日に保育スタッフ対象の「ひらがな保育」研修を行ふ機会があつた。
前日に研修を行つたのは、講座を受講する保護者を上回るレベルでの予習であり、当日は講座に出られない託児担当のスタッフも参加してもらふ、そして何よりも、「ひらがなのちから(育児・保育)」を保護者と保育者が共感・共有しながら、子どもたちの「楽しいからだ」「うれしいからだ」を育ててほしいと思つたからである。

「ひらがな育児」講座では、「胎内進化」と「母語」といふ二つのキーワードを用ゐた。
「胎内進化」とは、受胎から出産まで約二八〇日の妊娠期間に、ヒトの胎児は母胎といふ「いのちの揺り籠」のなかで、生命誕生三十五億年の進化の過程を〈魚類・両生類・爬虫類・哺乳類・ヒト〉といふ系統発生の順序で体験することをいふ。
とくに受胎後三十二〜三十八日目には、海中でエラ呼吸してゐた魚類が陸上で肺呼吸する両生類に進化する過程での胎児の苦労を、母親は「つはり」といふかたちで体験を共有する。
さらに、ヒトは未熟児で生まれ、約二歳の幼児までは「胎内進化」のつづきであるといふことを紹介した。
ある母親は「つはりはいやなものと思つてゐたが、お腹の子も苦労してゐると考へて、いつしよに頑張らうと思つた」と述懐した。〇歳児を担当する保育士は「小さな赤ん坊を預かつてゐるといふ意識から、まだ胎内進化のつづきだといふ認識に変はつた」と語つてくれた。

「母語」とは、幼少期から自然に習得することば、つまり人生の最初に出会ふことば。たとへば、妊婦が心から「ありがたう」と言うと、「ありがたう」の音声の母胎振動と、母胎の満ち足りた気持ちのバイタルサイン(呼吸や脈拍の回数や強弱の変化、母胎に送り込まれる血液などの変化)を、胎児は文字どほり全身で感じとる。
母親の「ありがたう」といふ発音体感は母胎共鳴を介して、漢字の「有難う」ではなく、ひらがなの「ありがたう」として胎児に届く。 以上

『出版ニュース』誌のコラム「Book Therapy」no.20(2013年8月)
<文字遣ひは歴史的假名遣に直し、漢字は雜誌揭載(新字體)のままとしてゐます>

posted by 國語問題協議會 at 10:34| Comment(0) | 原山建郎