2016年11月21日

横書きで書き、縦組みで讀む。  原山建郎(はらやま たつらう)


久しぶりに手紙を書かうと便箋を開き、筆を下ろす。ところが、「拜啓 初秋の候……」から先に、縱書きの筆が進まない。横書きの下書きはスラスラ書けたのに、縱書きでは漢字ひと文字書くのもぎこちない。
ふだんオートマチック車のドライバーが、久しぶりのマニュアル車運轉では、半クラッチをつなぐタイミングがつかめず、最初はエンジンを吹かしすぎる、そんな感じの違和感。

かつて、雜誌記者時代には二〇〇字詰めの原稿用紙、モンブランの萬年筆、ブルーブラックのインク、もちろん縱書き、締め切り時間との競爭だつた。毎夕の提出が義務だつたA5判の業務日誌では、罫線の餘白にも數行、縱書きで書いてゐた。
ただひとつの横書きは、取材用ノート。これは學生時代の講義ノートと同じ、心覺えのメモにすぎない。オフィシャルは、どこまでも縱書きの原稿用紙。

縱書き一筋の私が、電子文字(當時はOASYSのワープロ)と出會つたのは、デジタル入稿が始まつた一九八七年だつた。それまで、萬年筆の縱書き原稿は、まず約一〇〇字のひとまとまりを考へて書き、筆を走らせる頭の中で、次の一〇〇字を同時にイメージしながら書いた。
しかし、慣れないワープロの横書きは、單語やフレーズごとの變換となるので、表示された電子文字に目を奪はれ、次の二〇字を考へるだけで精一杯。
そこで、私は原稿用紙に書いた文章をワープロで清書といふ擧に出た。ある先輩記者は、畫面に縱書き原稿用紙の罫線を引き、紙の原稿と同じ感覺で書くといふ苦肉の策を講じた。
いま考へると、見當違ひもいいところだが、縱書きで原稿を書いてゐた世代には、大きなストレスになつてゐたのだ。
今夏、龍谷大學の集中授業では、「縱書きで書くか、横書きで書くか」をとりあげた。

まづ、縱書きの得意技から。
●縱書き(縱組み)思考では、「熟考力」が磨かれる。
@視線(思考)は、右上から斜め左下へ動く。/A一段落(一〇〇字程度)づつ書きながら、同時に次の一段落を考へる。四〇〇字詰め縱書き原稿用紙なら、一〇〇字=二〇字×五行が「ひと思考」の範圍だ。/B日本語(漢字・ひらがな・カタカナ)は、多くの場合、ストロークが左上から右下ないし眞下に抜けていく。これは日本語が縱向きに書かれてゐたころの名殘。/C縱組み(右開き)の册子體では、見開き二ページが同時に視野に入る。人間の目は横位置に二つ竝んでをり、水平方向が得意。/D斜め(飛ばし)讀み(右上から斜め左下へ、文字列のパターン認識)が可能。

横書きの得意技は、かうだ。
●横書き(横組み)思考は、「發信力」が身につく。
@視線(思考)は、左上から斜め右下へ動く。/A一センテンスが短く(四〇字程度)なる。とくにワード文書ではその傾向が強くなる。横書きの場合は、四〇字(一行)が、標準的なひと思考の單位となる。/B日本で横書きが始まつたのは、明治初期、本木昌造が正方形の活字を作るまでは、基本的に日本語は横向きに書かれることはなかつた。日本人は、「日本語が横にも書ける」といふことを、つい最近「發見」したことになる。/C横組み(左開き)の册子體では、まづ右ページ、次いで左ページと、一ページづつが視野に入る。一段落(ひとまとまり)ごとに集中して讀むことができる。

デジタル入稿から二十五年、いまでは、本コラムも縱書きでは書かない。原稿はもつぱら横書きだ。そのせゐか、縱書きの手紙がえらく億劫になつた。
ワード文書作成は「横書き」で書き、印刷された本誌は「縱組み」で讀む。
(武蔵野大学非常勤講師 『出版ニュース』誌のコラム Book Therapy no.7
posted by 國語問題協議會 at 21:12| Comment(0) | 原山建郎