2016年12月09日

歴史的假名遣事始め (二十四) 市川 浩

クイズで遊ぶ歴史的假名遣(二十四)
先月のクイズ解答
練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。
「グローバル化」には言語の共通化が避けて通れない。嘗ては世界語としてエスペラントが唱えられたが、主として英語圏に於けるコンピュータソフトの開発がグローバル化して、今や英語または中国語が世界語になる趨勢にある。小学校での英語の必修が求められ、そのため国語の授業が減るのも止むを得ない。そんな時代に漢字や仮名遣いにこだわっていては日本が孤立化してしまうのではないか。

この主張に對する反論の一例を擧げます。

この主張は實は既に良心的な知識人や其の家庭がかなりの割合で共有してゐるやうなのです。我が國は多神教の國であり、宗教の多樣性を認める一方、「地球は皆兄弟」と謂はゆるグローバル化への憧れも強いことは事實です。しかしこの世界統一の最大の問題は既存の特定文化への統一が避けられず、其の場合當該文化を有しない民族又は國家が特別の重荷を擔ふ必要があることです。現にグローバル化が進んでゐる金融資本市場やIT分野では、既に其の分野での先進國が壓倒的に有利な竸爭を展開してゐます。「世界共通の言語」といへば耳に聞えはよいが、日本語がそれに當らない現状では寧ろ靜かに國語の洗煉に注力すべきなのです。表記を含め、書き言葉獨立の否定と敬語(特に皇室)の破壞といふ、戰後「國語改革」の傷跡を先づ瘉さなければならないからです。

練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

ルビは漢字の訓みを示す優れた方法であるが、これこそは表音式が相応しいのではないか。古例にこだわつて字音仮名遣いなどでルビを振つたのでは、ルビの用をなさない。今は旧かなの仮名に振つて効果を上げているではないか。
posted by 國語問題協議會 at 12:02| Comment(0) | 市川浩