2017年02月14日

きゃりこの戀(41) 敕撰集  雁井理香(かりゐりか)

オスカー:
 やあ、今日は寧々さんも來て下さつたのですね。
きゃりこ:
 難しいお話だから、あたしが賢いこと言ふと現実感がなくなるの。だから、雁井さんが派遣なさつたの。
 そこで、今日のお話ですが、和歌の「三大集」って、「萬葉集」「古今集」「新古今集」のことですよね。
オスカー:
 それは受験参考書業界が作り出した言ひ方なの。受験の古文の和歌はたいていこの三つから出ますからね。
 「三大集」ではなく、「三代集」といふのがあつて、「古今集」「後撰集」「拾遺集」のことです。
寧々:
 それは知つてゐたけど、「三大集」が受験参考書業界が附けた名前だとは知らなかつた。
きゃりこ:
 おねえちゃんが知らないなら、あたしが知つてるわけないね。それにしても、「三代集」って「萬葉集」も「新古今集」も入つてゐないの?!
オスカー:
 「三代」といふのは、三人の天皇の御代といふ意味ですから、「三代集」は「三代の敕撰集」を指します。「萬葉集」は敕撰集ではないから入つてゐないのです。
きゃりこ:
 あ、漢字が間違つてゐる。「敕」でなくて「勅」でせうが。やつぱり外人ね。
オスカー:
 正漢字は「敕」。「勅」は略字です。略字といふことは、間違つてゐるといつてもいいくらゐです。……………あれ、なんで泣きさうな顔してるの?
きゃりこ:
 「やつぱり外人ね」って言つたのが恥づかしいの。日本人で一番おバカな私が、外人で一番賢い人のこと馬鹿にして、結局あたしが間違つてゐたんだから、寧々に聞かれたら殴られるよ。わッ、聞いてるんだ。
寧々:
 ほほほ、きゃりこ。人聞きの悪いこと言はないのよ。
オスカー:
 きゃりこさんつて、素直な所がいいですよね。
 「効果」の「効」も正字は「效」ですからね。「収」も「收」。
きゃりこ:
 でも一つ言はせてね。この「きゃりこの戀」は、漢字が、正漢字と略字(新漢字)と混ぜ混ぜになつてゐるぢやありませんか。七行上の「殴」は「毆」が正字だと思ひますけど。
オスカー:
 そのとほりです。でもね、全部正漢字にすると、慣れてゐない人は讀みにくくて仕方がないといふことがあるのです。そこで、雁井さんは、わざと混ぜ混ぜにして、少しづつ読者になれていただかうといふ方針なんです。美女なのに謙虚な方なのです。あれッ、またお世辞言はされちやつた。
 そのかはり、假名遣は完全な歴史的假名遣を使つてゐます。これも讀みにくいといふ若者がゐますが、そこまでは妥協できないといふのが雁井さんの立場です。
 うんと売れたら、「現代仮名遣版」を出さうかとおつしやつてゐますが。
寧々:
 うんと売れたら、そんなもん出す必要なくなるんぢやありませんか。
オスカー:
 そこが「美人のジレンマ」なんですよね。
きゃりこ:
 「ジレンマ」は分かる。美人なのとは関係ないやうに思ふけど。グラビア載せるわけぢやあるまいし。まあ、お世辭なんだから、何とでも言ひな。
 でも、一応納得。ところで、「勅撰集」って、たくさんありましたよね。
オスカー:
 全部で二十一。あはせて「二十一代集」と言ひます。そのうち、鎌倉初期までに完成した八つを「八代集」(最後が「新古今集」)と言ひます。その後の「十三代集」は、和歌の時代が終つてしまつた後なので、餘り評価されてゐません。
 平安時代の中頃、まだ勅撰集が三つしかなかつた時代に「三代集」といふ言葉が出来ました。その後、四つ五つと殖えても「四代集」「五代集」とは言はないやうになつたのです。
きゃりこ:
 「山家(さんか)集」「金槐(きんくわい)集」つて、この前習つたよ。
オスカー:
 ああ、それは二つとも「しかしふ」ですから、「勅撰集」には入つてゐません。
きゃりこ:
 なになに、また厄介な言葉が出て來たね。「しかしふ」?「鹿死譜」? 鹿が死んだのを悲しんでる歌かな。それとも、「しかし不思議だな」の頭を取つたのかな。
寧々:
 「しふ」と書いて「しゅう」と讀むの。「私家集」。
オスカー:
 歌人が自分の作つた歌を集めたのが「私家集」。そのうち、西行のものが「山家集」、鎌倉三代將軍源實朝のものが「金槐集」。
きゃりこ:
 「槐」って、「かたまり」? 「金のかまたり」って、インゴットのことかな。あれッ、漢字なら「鎌足」だよね。
オスカー:
 「かたまり」は「塊」ですよ。「槐」は木の名前で「ゑんじゆ」のこと。街路樹によく使はれる木です。
きゃりこ:
 「金の槐」って、何のことだらう。
オスカー:
 「槐」は中國では「大臣」のこと。実朝は右大臣になつたから、この字を使つたの。「金」は「鎌倉」の「鎌」の「カネ偏」。だから、「鎌倉右大臣歌集」とも言ふの。
寧々:
 実朝って、右大臣になつてすぐに暗殺されたんぢやなかつたかしら。
オスカー:
 大臣になる五年前に作つた歌集です。最初から「金槐集」と呼んでゐたかどうか、はつきりしないのです。暗殺された後で、他の人が名付けたのかも知れない。
寧々:
 百人一首は、全部勅撰集から撰んだと言はれますが、定家の時代に存在してゐた勅撰集だから、八代集のことですね。その後の勅撰集からは選ばれてないのね。
オスカー:
 百人一首の成立は、十三世紀の前半と言はれてゐますから、新古今の成立(1205年)より後なのは勿論ですが、百人一首には、「新勅撰集」(1232年)からもかなり採用されてゐます。だから、それよりも後に成立したといふことが分かります。
きゃりこ:
 やあい、おねえちゃん、間違へた。
寧々:
 「新勅撰集」つて、ヘンな名前ですね。
きゃりこ:
 「古今集」があつて、「新古今集」があるんだから、「勅撰集」があつて「新勅撰集」があつても、何もをかしくないぢやない。
オスカー:
 さうぢやなくて、寧々さんの言ひたいことは、「古今集も新古今集も固有名詞。それに対して、『勅撰集』は(いはば)普通名詞なのに、『新勅撰集』は固有名詞なのがをかしい」といふ意味なんですよ。
きゃりこ:
 やつぱり私は馬鹿なんですね。親を怨むよ。
寧々:
 でも、オスカー先生。きゃりこって、かはいいでせう。
きゃりこ:
 オスカー先生。おねえちゃん、ここでは優しい姉を気取つてゐるけど、この前、あたしのこと「ウスバカ」つて言ふんだよ。「うすら馬鹿」のことかな、と思つたら、「ブスバカ」なんだつて。こんな意地悪な人と結婚したら大変だよ。アッ、痛い。
オスカー:
 はいはい。確かに「新勅撰集」つてをかしな名前ですね。でも、新たな勅撰集を作つてやらうといふ意気込みが感じられるぢやないですか。さきほど八代集で和歌の時代は終りだと言ひましたが、實は、そのすぐ後の「新勅撰集」は相当に評価されてゐます。藤原定家が一人で選んだので、定家の特色がよく出てゐて、學者によつては、勅撰集の中で一番いいといふ人もゐます。
 実朝の「世の中は常にもがもな渚漕ぐ海人の小船(をぶね)の綱手(つなで)悲しも」は「新勅撰集」から取つたのです。
寧々:
 「新古今」には実朝の歌は入つてゐないのですか。
オスカー:
 入つてゐません。「新古今」が成立したとき、実朝はまだ十四歳だつたのです。

posted by 國語問題協議會 at 09:58| Comment(0) | 雁井理香