2017年03月12日

數學における言葉(その10) 西洋への憬れと誤解

數學における言葉(その10) 西洋への憬れと誤解

 福沢諭吉は『文明論之概略』で、「苟も一國文明の進歩を謀るものは、歐羅巴(ヨーロッパ)の文明を目的として議論の本位を定め、この本位に據りて事物の利害得失を談ぜざる可からず」と警鐘を鳴らしてゐますが、日本は明治以來「脱亞入歐」を國是とし、「西洋に追ひつけ、追ひ越せ」と、歐羅巴の「文物や科學技術」を取り入れるのに急であつたことは、今さら確認するまでもないことでせう。
 さうした時代の流れを反映して、明治、大正期の多くの知識人たちが、歐羅巴に憧れ、また實際に洋行してかの地の現實に直接触れてきたこともよく知られてゐます。若き日にボードレール、ワイルド、ポオなどから影響を受けた谷崎潤一郎、亞米利加、佛蘭西に遊び『あめりか物語』『ふらんす物語』を殘した永井荷風、山本夏彦の『無想庵物語』(この小説には抽象代數學者園正造も登場する)の主人公武林盤雄などもその代表選手です。また「ふらんすへ行きたしと思へども/ふらんすはあまりに遠し」という佛蘭西へのあられもない憧憬を詠つた萩原朔太郎もさうした一人でした。かうした人たちは、おそらく當時の平均的な庶民の羨望の的であり、それはそのまま庶民たちの「便利で豊かな西洋文明」への憧れに繋がつてゐたに違ひありません。
 しかし、ここで少し考へてみたいことは、多くの洋行者たちが歐米から何を得、何を持ちかへつてきたのか、といふ問題です。少々荒つぽいことを言へば、それは幕末以來、その表面的な華やかさで日本人を幻惑し續けた「洋才」だけだつたのではないか、すなはち「すぐに役に立つ(今もこの言葉は本のタイトルなどで亂用されてゐる)」功利的實利的學問のみではなかつたのか、といふことです。もちろんそれが一概に惡いことだとは私も思つてゐませんし、さうしなければ、日本は歐米列強の餌食にされてゐたことでせう。
しかし、私は、多くの知識人たちは歐羅巴文明あるいは文化の根底に潜む精神や魂の「役に立たない」淵源について長い間語つてこなかつたやうな氣がしてゐます。イタリアのイエズス会の宣教師マテオ=リッチのユークリッドの「幾何学原論」の飜譯は、享保年間にはすでに我が國に入つていましたが、和算家たちはユークリッド流の嚴密な論理による証明法にはほとんど關心を示してゐませんし、また志筑忠雄の『歴象新書』でニュートン力學の形で紹介された西洋數學にも、注意を拂つてゐません。おそらく「すぐに役立つ」と考へなかつたからでせうが、歐羅巴の知識人たち(サッケリーもその一人)が、原論の第5公理(平行線の公理)を、2000年以上に亘つて考へ續け、つひに「非ユークリッド幾何學」を創出するに至るなど夢想だにしなかつたでせう。「役に立たない」問題を千年、二千年に亘って考へ續ける、ここに歐羅巴文化の淵源と精髄、そして魂があることを、私たちは忘れてはなりますまい。
「欧米に追ひつけ、追ひ越せ」といふスローガンは、私が子供の頃の昭和30年代においてもよく言はれてゐたことですが、その一方で佐久間象山以來の「和魂洋才」といふ言葉もしばしば耳にしたものです。「魂は東洋、技術は西洋」といふわけです。しかし、なぜこんなことを言ふ必要があつたのでせうか?もちろん「和魂」には和魂の素晴らしさがありますが、歐羅巴の魂が多少でも理解されてゐれば、こんな夜郎自大的な言擧げはしなかつたはずです
 アメリカ、フランスに遊んだ荷風は結局江戸趣味に引きこもり、ポオに親しんだ大谷崎も日本の古典美に囘歸するほかはありませんでした。谷崎はポオとは異なり「無限はある観念ではなく、ある観念への努力を表現するものである。(中略)。人はこの努力に名を與へることを必要としたので、『無限』といふ言葉が生まれた」(『ユリイカ』谷崎精二譯)といつたやうな「形而上的、抽象的、普遍的」な言葉は決して書き殘さなかつたのです。ちなみに、私は、西洋文化の普遍的精神のその淵源を眞に了解してゐた我が國の例外的知識人は、福田恆存ただ一人ではなかつたか、といふ氣がしてゐます。     (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 23:07| Comment(0) | 河田直樹

2017年03月09日

歴史的假名遣事始め (二十七) 市川 浩

クイズで遊ぶ歴史的假名遣(二十七)

先月のクイズ解答
問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

いよいよ小学校での英語の必修が本格化し、中学入試の対象にもなる。グローバル化の流れは止められない中で、子供たちは必死に頑張つている。そこへ漢字だ、仮名遣いだと余計な負担をかけて、結局どれも中途半端に終ってしまったら、正字・正かな屋はどう責任をとってくれるのか。

この主張に對する反論の一例を擧げます。

九年間といふ時間的に制限のある義務教育に何を求めるか、意見はいろいろありますが、小中學校といふ人生始めて學ぶ學校がどのやうな役割を擔ふべきかを先づ考ふべきです。
則ち學校は「學問」の基礎として古典を「讀み」、「暗唱」させることが無ければなりません。其れは例へば、幼兒用の「音樂教室」では、發聲や音感など「基礎」を、「體操教室」では正しい姿勢や身體の動かし方など「基礎」を「身體で」覺えさせるのと同じです。
一方、學習指導要領では先づ「話すこと・聞くこと」により「議論」の「基礎」を教へよとしてゐますが、こんなことは「國語」以外の「算數」、「理科」、「社會」、更には「道徳」等の教科でも十分訓練可能なのです。でも學校の學校たる所以である「古典の讀みと暗唱」を學ばせることができるのは「國語」しかなく、茲に「國語」の教科としての重要性があるのです。
その「古典」と現代文とで表記が違ふといふ、それも單なる行政の都合で、不便な條件を強ひられてゐる子供達を見殺しに出來ないからこそ、口語體、文語體に共用可能な正字・正かなを主張してゐるのです。

そこで此の問題を契機に「現代仮名遣い」側論者の代表的著作ともいふべき白石良夫著「かなづかい入門」の所論を吟味してみたいと思ひます。

練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。
歴史的仮名遣と現代人
歴史的仮名遣を守ったひとたちは、大きく二のタイプに分けられる。一つは、染み付いてしまった習慣をいまさら変えられないというひとたちである。(中略)もう一つは、現代仮名遣よりも歴史的仮名遣のほうが優れていると確信しているひとたち、あるいはなんとなくそう思っているひとたちである。(中略)かれらの確信の最大の根拠は何かといえば、それは学問的合理性である。(以下略)
学問的合理性は規範の必要条件か
「歴史的仮名遣には学問的合理性があった」と言うのは、わたしではない。歴史的仮名遣のほうが現代仮名遣より優れていると信じしているひとたちが、そう言うのである。
はたして、そうだろうか。
(「かなづかい入門」10〜11頁)

posted by 國語問題協議會 at 18:07| Comment(0) | 市川浩

2017年03月02日

きゃりこの戀(その42) 百人秀歌

オスカー:
 今回は前回の続きなので、また寧々さんにも來てもらひました。
寧々:
 前回のお話で、ちょっと疑問を感じました。藤原定家は幕府寄りで、後鳥羽院に對してはあまり忠実ではなかつたと聞いてゐます。そして、後鳥羽院は1221年の「承久の變」で幕府に逆つて、隠岐に流されてしまつたんですよね。「新勅撰集」(1232年)よりも後だから、幕府を憚つてゐたはずなのに、後鳥羽院とその共犯者といへる順徳院の歌をよく入れることができましたね。
オスカー:
 それはいい質問です。
 定家は百人一首とほとんど同じ「百人秀歌」といふものを撰んでゐます。百人一首より前か後かも分からない。内容はほとんど同じ。ただ、全部で百一首。百人一首より一首多いのですが、二人の歌を棄てて、新たに別の三人の歌を入れてゐます。
寧々:
 さうか。その外された二人が後鳥羽院と順徳院なのですね。
オスカー:
 さうなのです。百人一首が先だといふ説では、最初はこの二人を入れたんだけど、後になつて、やつぱり幕府が怖いといふことで外したといふことになります。逆に、百人秀歌が前だといふ説に拠ると、最初は幕府を憚つたんだけど、後で、ほとぼりが冷めた頃になつて二人を入れたといふわけです。
 外に、作者は同じでも、歌が違つてゐるのもあります。
きゃりこ:
 定家つて、テレビドラマに出て來たのを見てたら、ずるい人みたいでしたよ。
オスカー:
 テレビドラマはみんないい加減だから、それを見てそんなこと言つては定家がかはいさうですが、後鳥羽院とはいろんな確執があつたので、あんまり誠実にはなれなかつたやうです。
きゃりこ:
 後鳥羽院が流されたのを見て、「いい気味だ」と思つたのかな。
オスカー:
 ははは。さういふことはあるかも知れない。何しろ、その前に後鳥羽院と衝突して、「今後公(おほやけ)の歌の席に定家を召してはならない」といふお触れを出されてしまつたのですから、後鳥羽院が京都にをられたら、定家の歌人としての生命は終つてゐたかも知れません。
寧々:
 家隆は誠實な人だつたんですね。
きゃりこ:
 それ、誰?
オスカー:
 定家と一緒に「新古今集」を撰んだ撰者の一人、藤原家隆です。家隆は、後鳥羽院をお慰めするために、隱岐まで訪ねて行つたのです。
きゃりこ:
 すごい。京都から隱岐島まで旅行するつて、大変なことだつたでせうね。流されるのなら、仕方がないけど、わざわざ自分から訪ねて行つたのね。
寧々:
 幕府に睨まれるのを覚悟して後鳥羽院を慕つて行つたのよ。
きゃりこ:
 若い家隆が、父親のやうな後鳥羽院を慕ふ麗しい忠義の物語ね。
オスカー:
 ところが、隠岐に流されたとき、後鳥羽院は四十二歳。家驍ヘ六十歳。定家は五十六歳になつてゐたのです。
寧々:
 さういふのが、歴史の「常識とは違ふ意外性」ですね。鎌倉時代に六十歳で旅行するって、大變だつだでせうね
オスカー:
 さて、百人秀歌で附け加へられた三人の歌のうち、僕の好きなのをご紹介しませう。
 一条院皇后宮。
きゃりこ:
 なんだそれ。
寧々:
 「いちじやうゐんくわうごうのみや」と読んでね。
きゃりこ:
 漢字ばつかりなのに、なんでおねえちゃん讀めるの。同じ兩親から生れたとは思へない。あたし、お母さんが不倫して作つた子かな。あ。お母さんに言はないでね。
寧々:
 お父さんが餘所(よそ)で作つた子をお母さんが育ててくれたんだよ。
 ところで、一条院皇后って、定子(ていし)か彰(しやう)子(し)かどつちかですね。さうか、歌のうまいのは定子だ。
オスカー:
 そのとほり。定子は道長の兄道隆の娘。彰子は道長の娘。定子は父が死んだ後、叔父の道長に迫害されるのですが、彰子は定子と仲がよくて、父親に抗議して、定子いぢめをやめさせようとしました。
 さて、百人秀歌の定子の歌は、かうです。
  「よもすがら契りしことを忘れずは戀ひむ涙の色ぞゆかしき」
寧々:
 ひよつとしたら辞世の歌かな。
オスカー:
 さすが。寧々さん。
きゃりこ:
 さすが寧々さん。きゃりことは違ふって言ひたいのね。
オスカー:
 そんなことはありませんよ。賢い姉妹だなって感心したの。
きゃりこ:
 歯の浮くやうなこと言ふと毆るよ。
オスカー:
 ところで、寧々さん、「ていし」と読んだけど、僕は「さだこ」でいいと思ふのです。昔の女性の名前は、読み方が分からないことが多いのです。そこで、学者は、《訓讀み》すると間違つてゐるかも知れない。《音讀み》だとそれなりに間違ひではないだらうといふことで、「ていし」と讀んでゐるのですが、おそらく親兄弟からは、「さだこ」「あきこ」と呼ばれてゐたと思はれるのです。ついでに、式子内親王も「しきし」でも「しょくし」でもなく、「のりこ」。
 でも、この歌は分かりやすいでせう。
きゃりこ:
 全然分かんないよ。
寧々:
 一晩中ささやいて下さつた愛の言葉をお忘れにならなかつたら、きつと私が死んだ後、泣いて下さることでせう。その涙の色が見たいものです。
きゃりこ:
 おねえちゃん、初めて聞いた歌なんでせう。どうしてすぐに意味が分かるの?
オスカー:
 定子は二十四歳で夭折したのです。そこで、一条天皇のために辞世を遺しました。
 定子の辞世の歌は三首あります。もう一つ紹介しませう。
  煙とも雲ともならぬ身なりとも草葉の露をそれと眺めよ
 死ぬときの遺言が、火葬にしないで土葬にしてくれといふこと。土葬だと火で焼かれないから、煙にも雲にもなれない。此の世に殘つてゐますから、草葉の露を見たら、私だと思つて下さいね。
きゃりこ:
 よく分からないけど、涙を誘ふ歌だね。
オスカー:
 一条天皇はその十一年後に亡くなつたのですが、その時の辞世の歌が面白い。
  「露の身の草の宿りに君を置きて塵を出でぬることをこそ思へ」
寧々:
 定子の歌を念頭に置いてますね。定子は死んでも露になつて此の世に殘つてゐる。自分は火葬されるから煙になつて天に昇つてしまふ。あなたを置いて天に昇るのが気がかりだ。
きゃりこ:
 ひゃああああ。またまたショック。たうてい姉妹とは思へないよ。あたしの本當のお母さん、誰なのかな。さうだ。美恵子叔母さんだ。美人だけどパーだから。やけにかはいがつてくれると思つてゐたんだ。
寧々:
 馬鹿だね。美恵子叔母さんはお父さんの妹だよ。
きゃりこ:
 兄妹であやまちを犯してしまつたんだよ。あ、痛ッ。やめてよ。
オスカー:
 あはは。面白いけど、寧々さん、もつと打擲(ちやうちやく)していいと思ひますよ。
 ところで、この歌。天皇が死の床で口述して、彰子に書き取らせたのです。
きゃりこ:
 それってひどくない? ライバル同士の二人の妻なのに、一人のことを詠んだ歌をもう一人に書き取らせるって、そんなことしていいのかしら。
オスカー:
 彰子が定子を慕つてゐるのを天皇も知つてゐたから、信頼して書き取らせたんぢやないですかね。
きゃりこ:
 あたしが彰子だつたら、書き取つた後、ゴミ箱に棄てちやふよ。




posted by 國語問題協議會 at 21:58| Comment(0) | 雁井理香