2017年05月25日

ブックセラピー(その10) 母と子のメディア、繪本のちから。 原山 建郎

たとへば、わが子の「晝食弁當」には、前の晩から獻立を考へ、早起きして作る母の心がいつぱい詰まつてゐる。わが子は弁當箱のご飯やおかずを介して、母の心づかひをいただく。
マーシャル・マクルーハンの「メディアはメッセージそのものだ」を、この晝食弁當になぞらえると、弁當箱(容れ物)が「メディア(媒体)」で、ご飯やおかず(コンテンツ)に込めた母の思ひが「メッセージ」となる。母と子は日々の晝食弁當を介して、「召し上がれ」「いただきます」と、母と子のメッセージをやりとりする。
たとへば、幼少期のわが子に讀み聞かせた「繪本」もまた、やさしい母の聲で語られる「ひらがなの弁當箱」として、いまもなお、母と子を結ぶ最強のメディアでありつづけてゐる。
山口雅子さん(學習院女子大學非常勤講師)は、學生の課題レポートを軸にまとめた『絵本の記憶、子どもの気持ち』(福音館書店、二〇一四)の中で、いま幼少期の子ども、十五年ほど前に子どもだつた女子學生たち、二つの「子どもの気持ち」の乖離と回歸にふれてゐる。

「子どもが樂しんで讀みたいと思ふ繪本を選んでくる」といふ授業の課題で、女子學生が持つてきたのは「おとな好みのムードのある繪本」や「教訓やしつけの繪本」だつた。
さらに、子どもたちが大好きな繪本を何冊か讀ませ、グループごとに討議させて「みんながどのやうに思つたか」を發表させると、【「繪がかはいくない」「話の先がよめてしまつて、つまらない」「繰り返しが多く、あきてしまふ」といつた感想が次々と出て】きたといふ。

河合隼雄さんは、『子どもの宇宙』(岩波新書、一九八七)の中で、かつて「子ども」であつた「大人」が忘れつつある「子どもの宇宙」にふれてゐる。
【この宇宙のなかに子どもたちがゐる。これは誰でも知つてゐる。しかし、ひとりひとりの子どものなかに宇宙があることを、誰もが知つてゐるだらうか。(中略)大人たちは、子どもの姿の小ささに惑はされて、ついその廣大な宇宙の存在を忘れてしまふ。(中略)
私はふと、大人になるといふことは、子どもたちのもつこのやうな素晴らしい宇宙の存在を、少しづつ忘れ去つてゆく過程なのかなとさへ思ふ。】
(「はじめに」一ページ)

そこで、山口さんは、かつて存在したはずの「子どもの宇宙」を引き出さうと、「幼いころに好きだつた絵本、あるいは思ひ出に残つてゐる絵本について」といふ課題を出した。
最初、「思ひ出の繪本なんてない!」「小さいときのことなんて、全然覺えてません」と戸惑ひを見せた學生たちだつたが、一カ月後に提出されたレポートでは、全員が思ひ出した。
『繪本の記憶、子どもの氣持ち』に収められたレポートを紹介しよう。
【*私は、この繪本(『しづかなおはなし』)を讀むときの、母の讀み方が大好きでした。聲をひそめて、小さな小さな聲で讀むものですから、兄と私がギャアギャア騒いでゐたのでは、聞こえません。兄と一緒に息を殺して、静かに静かに≠オて聞いてゐました。
*夜寝るときに、ふとんの中で、母はこの繪本(『わたしのワンピース』)を讀んでもらつた。「ミシン カタカタ ミシン カタカタ」と、母が歌ふやうに讀んでくれたのが印象に殘つてゐる。その讀み方が好きで、今でもよく覺えてゐる。「ミシン カタカタ……」が耳に心地よかつた。】
(「聲と讀み方が好きだつた」三四ページ)

學生たちの「子どもの宇宙」は、「ひらがなの弁當箱」といふ最強メディア、絵本のページでよみがへる。
(武藏野大學非常勤講師 『出版ニュース』コラム Book Therapy no.32)


posted by 國語問題協議會 at 23:26| Comment(0) | 原山建郎

2017年05月16日

きゃりこの戀(47) くれなゐ 雁井理香  

V講  くれなゐ

きゃりこ:
 ちょっといい歌見つけた。意味が全然分からないけど、なんか口調がいいんだ。
  「くれなゐに涙の色のなりゆくをいくしほまでと君に問はばや」
 「くれなゐ」って、紅色(べにいろ)のことだろ。
 涙の色が紅色になるって、なんぢや。
オスカー:
 あんまり泣いたために、血の涙が出て來たことをいふんですよ。
きゃりこ:
 和歌で「涙」と言つたら戀の涙のことだと教はりました。戀の涙が血の涙になるつて、大袈裟すぎて嘘っぽい。
 最後の「君に問はばや」は「あなたに質問してみたい」だね。でも、その前の「いくしほまでと」がちんぷんかんぷんだ。
オスカー:
 漢字で書けば、「幾入までと」。
きゃりこ:
 「入」を「しほ」って讀むの。
オスカー:
 「嬉しさも一入(ひとしほ)だ」って言ふぢやない。染色の言葉なのです。染色液の中に入れるのを「入(しほ)」と言ひます。語源的には「潮が満ちて來て、また引いて行く」ことになぞらへて「しほ」といふ言葉が出来たのでせうけど。「嬉しさも一入だ」は、「もう一回染色液に浸(つ)けて、色が濃くなるやうに、嬉しさが一層増して来る」といふ意味です。
 語源的に考へると「一潮」と書いてもいいと思ひますが、「入」を「しほ」と讀むやうな無茶苦茶な讀み方を見ると、「日本語っていいな」と思ひますよ。世界中で、こんな無茶できるの日本人だけですからね。でも、染色液の中に「入れる」んだから、この字を使つてもをかしくないんだ。
きゃりこ:
 ヘンな外人。よつぽど日本が好きなのね。私がゐるからかな。
オスカー:
 この歌では、袖が涙の色で赤くなるのを染色に譬へてゐます。
きゃりこ:
 分かつて來たよ。「君」といふのは冷たい彼女のことだ。あれッ。彼のことかも知れないね。「あんたの冷たさのおかげで、涙の色が濃い赤になつて來た。あと何回染めさせれば氣がすむのか」 これからもまだ冷たくして、涙の赤い色をもつと濃くさせるつもりなのか、といふ恨みの歌だね。
オスカー:
 見事です。凄い実力になつて來ましたね。
きゃりこ:
 作者は誰?
オスカー:
 道因法師。百人一首に、「思ひわびさても命はあるものを憂きにたへぬは涙なりけり」が入つてゐる人。
きゃりこ:
 「法師」って、坊さんでせう。坊さんが戀の歌を作るの? いやだ。
オスカー:
 坊さんだつて戀をしてもいいぢやないですか。それに、和歌といふのは、藝術のつもりで作るのだから、戀をしなくても戀の歌は作れるのです。
きゃりこ:
 感情の籠らない歌になつてしまはない?
オスカー:
 思つたままを歌にするといふのは、日本の自然主義の考へ過ぎの思想なの。藝術といふのは創造なんですから、現実には一致してゐなくていいのです。男が女の身になつた戀の歌を作る。京都にゐて白河の関の歌を作る。いいぢやないですか。
きゃりこ:
 さう言はれればそれが正しいやうにも思へる。
 ところで、「べに」と「くれなゐ」とは違ふの?
オスカー:
 まあ、同じ色を指すと言つていいでせう。「あか」はちよつと違ふやうだけど、その違ひは説明できません。
 もともとは、「丹(に)」が赤い色を指しました。その丹を延ばして、布に付けたり、脣に塗る(延べる)ことから、「延べ丹」といふやうになり、縮めて「べに」になりました。
 「赤」の語源は「明るい」と同じ。眼を瞑つて太陽のはうを見ると、赤く見えるぢやないですか。「あかい」と「あかるい」は同じだつたのです。ついでに、「黒」は「暗(くらし)」、「白」は「著(いちじるし・しるし)」から来てゐます。
 もう一つついでに、「緑」は「みづみづしい」と関係があります。
きゃりこ:
 ぢやあ、「くれなゐ」は?
オスカー:
 「呉(くれ)」の「藍(あゐ)」。
 「藍」といふのは色の名前ですが、同時に染色のことをも言ひました。もともとは染色と言へば藍色に決つてゐたから。やがて、中國から紅色の染色法が傳はりました。そこで、紅色の染色のことを、「呉の藍」といふことで、「くれのあゐ」。古代には、母音の連続を避ける傾向があつたので、kurenoawiのoが脱落して、kurenawiといふ言葉ができたのです。
きゃりこ:
 「くれ」って、中國の地名なの?
オスカー:
 「呉」は「ご」といふ中國の地名なのですが、無理矢理「くれ」と《訓讀み》したのです。しかも、本當に呉の地方から傳はつて來たのではなく、單に中國のことを「呉」だと考へたやうですね。昔のことですから、大らかでいいぢやないですか。
きゃりこ:
 なるほど。それが戀の涙にまで使はれるとは日本語って凄いですね。
オスカー:
 さうですよ。日本は「言靈(ことだま)の國」と言はれますが、本當に日本語って神秘的だ。「神の國」と言つてもいいと思ひますよ。
きゃりこ:
 外人からそんなことを言はれると戸惑つてしまふね。
オスカー:
 日本人は戰爭に負けてから、プライドも自信もなくしてしまつたのです。もつと胸を張つて下さい。中國人だつて、中國のことを「神の國」と言つてゐるんだから。
きゃりこ:
 ほんと??
オスカー:
 本當ですよ。日本では戦前は日本のことを「神洲」と言ひましたが、中國では、今でも中國のことを「神洲」と言ふんですよ。どこの国でも自分の国のことは特別だと思つてゐるのに、日本人だけ、特別だと思つてはいけないといふ国際主義が強すぎるのです。
 中国では、人工衛星に「神舟」といふ名を附けましたが、「しんしう」だから、「神洲」をもじつたのです。
きゃりこ:
 中国語では違ふ発音なんぢやないの?
オスカー:
 中國語でも、どちらもshenzhouといふ同じ発音です。

posted by 國語問題協議會 at 18:45| Comment(0) | 雁井理香

2017年05月10日

數學における言語(その12) 數學と自然・社會

 前回は、數學とそれを取り巻く世界との關係の概觀圖を提示して、私自身は「數學」と「自然科學、社会科學、工學、醫學」などとの關はり方にはさほど興味はない、と申し上げました。しかし、これはもちろん少々言い過ぎで、數學言語が自然現象の解明に多大の寄與をしてきたことは、科學史を繙けば直ちに了解できることで、「古典力學、相對論、量子力學、熱力學、宇宙論」や「生命化學、遺傳子工學」など、極大世界から極小世界まで、その至るところに顔を出す「數學」は、まことに心躍らせるものがあります。
 たとえば、「フーリエ級数」の創始者フーリエ(1772〜1837)は、彼の有名な『熱の解析的理論』の序文で「熱は、重力と同様に、宇宙の全物質を貫く。その放射は空間のあらゆる部分を占める。われわれの著作の目的は、この熱といふ元が從ふ數學法則を明らかにすることである。この理論は、今後、一般物理學のもつとも重要な一分野となるであらう」(吉川敦著『フーリエ現代を担保するもの』)と述べてゐますが、熱現象を數學的に解明せんとする、フーリエの滿々たる野心の傳つてくる文章です。「フーリエ級数」によつて、私たちは様々な直線や曲線を「無限個の三角関数の和」で表現することが可能になりましたが、フーリエ解析は現代の「通信理論」にはもちろんのこと、私たちが日常的に利用してゐるCDの音楽やDVDの映像などにも不可欠のものとなつてゐます。
 のみならず、「數學的思考法」は法學にも顔を覗かせ、「國際法の祖」と言われるフーゴ・グロティウス(1583〜1645)は、『戦争および平和の法』の「諸論第58節」で次のように語つてゐます。

  あたかも數學者たちが、彼らの數學を具體的な實態から抽象されたものとして取り扱ふやうに、私は法を取り扱ふ場合に私の心をいかなる個別的な事實からも引き離してきてゐるといふことを、わたくしは、いささかも嘘僞ることもなく、確言する。

 まことに天晴なmanifestoですが、グロティウスは第39節では次のやうにも述べてゐます。―「わたくしが關心事としてきたのは、自然法にかかはる事物の證明を、疑問の餘地のないやうなある種の基本的な概念に向かつて求めるといふことである。さうすれば、誰も自分自身に背反することなしにはそれらの證明を否認することができなくなるからである」と。私は、その昔この箇所を讀んだとき、グロティウスとほぼ同時代人のデカルト(1596〜1650)の『方法序説』第2部の「數學の問題から得ようと期待したのは、私の精神がいつも真理を糧とし、僞りの推論には甘んじないといふ習慣を得るため」といふ言葉を直ちに想起しましたが、「法」と「數學」とのアナロジカルな思考法は、こんなところにも發見することができるのです。
 數學と自然科學、社會科學、人文科學との關係について考へゆくとそれこそ議論百出の様相を呈しますが、政治、經濟分野と數學に關しても、たとへばウィリアム・ぺティ(1622〜1687)の『政治算術』のやうな著作が思ひ浮かびます。これはオランダやフランスと自國イギリスとの國力比較のために書かれたもので、この本には「土地の大きさと價値、人民、建築物、農業、製造業、商業、漁業、工匠、海員、兵士、公収入、利子、租税、餘剩金利、登記制度、銀行、人間の評價、海員および民兵の増加、港、位置、船舶、海上權力などに關する論説」といふ、實に長い副題がつけられてゐます。かうした多くのテーマがすべて數學と關はつてゐるわけで、數學の射程の廣大さが思ひ遣られます。
 話が脱線しましたが、當日の講演では、私は上で少し述べてきたやうな問題には、一切觸れませんでした。なぜなら、私の子供時代からの數學への嘘僞りのない切實な關心は、前回の圖式の右列に掲げた「人間、精神、身體」との關はりにあつたからです。
                   (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 19:37| Comment(0) | 河田直樹