2017年05月16日

きゃりこの戀(47) くれなゐ 雁井理香  

V講  くれなゐ

きゃりこ:
 ちょっといい歌見つけた。意味が全然分からないけど、なんか口調がいいんだ。
  「くれなゐに涙の色のなりゆくをいくしほまでと君に問はばや」
 「くれなゐ」って、紅色(べにいろ)のことだろ。
 涙の色が紅色になるって、なんぢや。
オスカー:
 あんまり泣いたために、血の涙が出て來たことをいふんですよ。
きゃりこ:
 和歌で「涙」と言つたら戀の涙のことだと教はりました。戀の涙が血の涙になるつて、大袈裟すぎて嘘っぽい。
 最後の「君に問はばや」は「あなたに質問してみたい」だね。でも、その前の「いくしほまでと」がちんぷんかんぷんだ。
オスカー:
 漢字で書けば、「幾入までと」。
きゃりこ:
 「入」を「しほ」って讀むの。
オスカー:
 「嬉しさも一入(ひとしほ)だ」って言ふぢやない。染色の言葉なのです。染色液の中に入れるのを「入(しほ)」と言ひます。語源的には「潮が満ちて來て、また引いて行く」ことになぞらへて「しほ」といふ言葉が出来たのでせうけど。「嬉しさも一入だ」は、「もう一回染色液に浸(つ)けて、色が濃くなるやうに、嬉しさが一層増して来る」といふ意味です。
 語源的に考へると「一潮」と書いてもいいと思ひますが、「入」を「しほ」と讀むやうな無茶苦茶な讀み方を見ると、「日本語っていいな」と思ひますよ。世界中で、こんな無茶できるの日本人だけですからね。でも、染色液の中に「入れる」んだから、この字を使つてもをかしくないんだ。
きゃりこ:
 ヘンな外人。よつぽど日本が好きなのね。私がゐるからかな。
オスカー:
 この歌では、袖が涙の色で赤くなるのを染色に譬へてゐます。
きゃりこ:
 分かつて來たよ。「君」といふのは冷たい彼女のことだ。あれッ。彼のことかも知れないね。「あんたの冷たさのおかげで、涙の色が濃い赤になつて來た。あと何回染めさせれば氣がすむのか」 これからもまだ冷たくして、涙の赤い色をもつと濃くさせるつもりなのか、といふ恨みの歌だね。
オスカー:
 見事です。凄い実力になつて來ましたね。
きゃりこ:
 作者は誰?
オスカー:
 道因法師。百人一首に、「思ひわびさても命はあるものを憂きにたへぬは涙なりけり」が入つてゐる人。
きゃりこ:
 「法師」って、坊さんでせう。坊さんが戀の歌を作るの? いやだ。
オスカー:
 坊さんだつて戀をしてもいいぢやないですか。それに、和歌といふのは、藝術のつもりで作るのだから、戀をしなくても戀の歌は作れるのです。
きゃりこ:
 感情の籠らない歌になつてしまはない?
オスカー:
 思つたままを歌にするといふのは、日本の自然主義の考へ過ぎの思想なの。藝術といふのは創造なんですから、現実には一致してゐなくていいのです。男が女の身になつた戀の歌を作る。京都にゐて白河の関の歌を作る。いいぢやないですか。
きゃりこ:
 さう言はれればそれが正しいやうにも思へる。
 ところで、「べに」と「くれなゐ」とは違ふの?
オスカー:
 まあ、同じ色を指すと言つていいでせう。「あか」はちよつと違ふやうだけど、その違ひは説明できません。
 もともとは、「丹(に)」が赤い色を指しました。その丹を延ばして、布に付けたり、脣に塗る(延べる)ことから、「延べ丹」といふやうになり、縮めて「べに」になりました。
 「赤」の語源は「明るい」と同じ。眼を瞑つて太陽のはうを見ると、赤く見えるぢやないですか。「あかい」と「あかるい」は同じだつたのです。ついでに、「黒」は「暗(くらし)」、「白」は「著(いちじるし・しるし)」から来てゐます。
 もう一つついでに、「緑」は「みづみづしい」と関係があります。
きゃりこ:
 ぢやあ、「くれなゐ」は?
オスカー:
 「呉(くれ)」の「藍(あゐ)」。
 「藍」といふのは色の名前ですが、同時に染色のことをも言ひました。もともとは染色と言へば藍色に決つてゐたから。やがて、中國から紅色の染色法が傳はりました。そこで、紅色の染色のことを、「呉の藍」といふことで、「くれのあゐ」。古代には、母音の連続を避ける傾向があつたので、kurenoawiのoが脱落して、kurenawiといふ言葉ができたのです。
きゃりこ:
 「くれ」って、中國の地名なの?
オスカー:
 「呉」は「ご」といふ中國の地名なのですが、無理矢理「くれ」と《訓讀み》したのです。しかも、本當に呉の地方から傳はつて來たのではなく、單に中國のことを「呉」だと考へたやうですね。昔のことですから、大らかでいいぢやないですか。
きゃりこ:
 なるほど。それが戀の涙にまで使はれるとは日本語って凄いですね。
オスカー:
 さうですよ。日本は「言靈(ことだま)の國」と言はれますが、本當に日本語って神秘的だ。「神の國」と言つてもいいと思ひますよ。
きゃりこ:
 外人からそんなことを言はれると戸惑つてしまふね。
オスカー:
 日本人は戰爭に負けてから、プライドも自信もなくしてしまつたのです。もつと胸を張つて下さい。中國人だつて、中國のことを「神の國」と言つてゐるんだから。
きゃりこ:
 ほんと??
オスカー:
 本當ですよ。日本では戦前は日本のことを「神洲」と言ひましたが、中國では、今でも中國のことを「神洲」と言ふんですよ。どこの国でも自分の国のことは特別だと思つてゐるのに、日本人だけ、特別だと思つてはいけないといふ国際主義が強すぎるのです。
 中国では、人工衛星に「神舟」といふ名を附けましたが、「しんしう」だから、「神洲」をもじつたのです。
きゃりこ:
 中国語では違ふ発音なんぢやないの?
オスカー:
 中國語でも、どちらもshenzhouといふ同じ発音です。

posted by 國語問題協議會 at 18:45| Comment(0) | 雁井理香