2017年06月24日

ブックセラピー(その11) 根に還る、寢に歸る。よみがへる。 原山建郎


先だつて、知人から苦情とも相談ともつかぬ話を聞いた。
「ある本に、アメリカの生物學者が行つた實驗で、三十數センチ四方、深さ五十センチの木箱で育てた一本のライ麦の根の長さが、總延長で一萬一千二百キロメートルに達した、これはシベリア鐵道の一・五倍ぐらゐになると書かれてゐた。
にはかには信じがたい數字なので、インターネットで調べたが、一つもヒットしない」
そこで、私も知人と同じキーワードで檢索してみたが、やはり引用元の文献は出てこない。

ところが、別のキーワード(ライムギ、根毛の長さ)で檢索をかけると、九州大學・和田信一郎教授がHPに公開中の教科書『土壤學』に、「いくつかの作物の根、根毛の長さ」の表=ディットマー(PDFの三六ページ)がヒットした。
この表は、面積一平方メートル、深さ一五センチメートルの表土あたりの量に換算した數字で、ライムギの根毛の長さは三四七〇キロメートル、同じくエンバクは一七〇〇キロメートル、ケンタッキーブルーグラス(芝草)は一一一〇〇キロメートルといふ数字が出てゐた。
先の實驗とは異なる計測法なので、單純に比較するわけにはいかないが、これらの作物の根毛の長さは驚嘆に値する。
そもそも、この本の著者は、いのちの實感をとりもどす手がかりとして、一本の苗のいのちを支へる根の長さを論じたわけなので、それがライムギであれ、芝草であれ、見えない根によつて生かされてゐるいのちの營みは尊く、そして重い。

「樹高千丈落葉歸根(じゅこうせんじょうらくようきこん)」といふ中國のことわざがある。「どんなに遠く離れてゐても、人は故郷を戀しがる(いつか故郷に歸りたい)」の意で、直譯は「どんな高い木々の葉も、いつか落葉して根に歸る」となる。
つまり、春に生まれたはつぱのフレディが、秋に落葉し、冬に土(永遠のいのち)に還つていく「生と死」の物語を描いた『はつぱのフレディ――いのちの旅』(レオ・バスカーリア著、みらいなな譯、童話屋、一九九八年)の世界だが、そこには翌春、再び芽を吹く「再生」のシナリオが用意されてゐる。

グラフィつクデザイナーの松浦康平さんは、近著『文字の靈力』(工作舎、二〇一四年)の中で、「木」といふ文字の成り立ちにふれてゐる。
【木の字画には、幹があり、枝がある。そのためにこの字形は、枝のある木の姿を描くものだと説かれてゐる。
だが多くの人が指摘してゐるやうに、木の字をじつと見つめると、下の部分には、「根」の形が現れてゐることに氣づかされる。(中略)
古代の中國の人びとは、見えない根を引き出して文字の字画を組み立てた。】
(同書一三一〜一三二ページ)

同書には、また【樹木や植物が見せる死と再生の變容は、人びとに「神話的な時間」の存在を告げるものとなつた】とも、【時間といふものが、閉ぢた一つの輪、無限のくり返しをもつ輪になる】とも書かれてゐる。つまり、落葉は根に歸るのではなく、生命循環のシナリオに從つて根に還る。

夕暮どき、人々は「寢に歸る」ために家路をたどる。母なる大地に身をゆだね、目を閉ぢて眠る暗闇の世界は、「根に還る」ひととき、根の國への回路が開かれる、異次元の時刻である。
根の國とは、冥界(光のない闇の世界)、あるいは黄泉(やみ→よみ)の國である。また、死んだと思つた人が生き返ることを「よみがへる(黄泉の國から生還した)」といふ。
毎晩、根の國に還つて、冥界の「死」を體驗し、毎朝、目を覺まし、よみがへりの「生」を確かめる。毎日が、「死と再生」のドラマ。
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy no.42 )
posted by 國語問題協議會 at 12:26| Comment(0) | 市川浩

2017年06月17日

きゃりこの戀(48)  二つの竹田城   雁井理香

オスカー:
 前々回、「天空のお城」と言はれる「竹田城」の話をしました。これは兵庫縣にあるのですが、もう一つ、大分縣にも「竹田城」があります。兵庫の方を「但馬竹田城」、大分のはうを「豊後竹田城」と言ひます。
きゃりこ:
 お城って、昔はたくさんあつたのに、今はほとんど殘つてゐないんですよね。
オスカー:
 みんな破却されてしまつたのです。
きゃりこ:
 維新のときに、明治政府が破却させたのかしら。終戦後に国語改革をしたのと同じやうな馬鹿をしたのね。
オスカー:
 うん。それもあるのですが、實は江戸時代の始め、大坂夏の陣の直後に、幕府の方針で、「一国一城令」が出されたのです。
きゃりこ:
 「国」といふのは、武蔵国とか美作国とかの国ですよね。一つの国に一つのお城しか存在してはいけないといふことでせうね。何でそんな馬鹿なことしたの?
オスカー:
 お城に立て籠つて、幕府に反抗されると困るから。この法令のおかげで、お城の数が一挙に二十分の一に減つてしまつたといふことです。そして、明治になつて、また破却があつて、こんな全滅に近い状態になつたのです。
きゃりこ:
 日本六十六箇國と言ひますから、お城の数が六十六になつてしまつたのかしら。
オスカー:
 江戸時代の大名の中で、肥後国(細川家)のやうに、令制(律令以来)の國一つを持つてゐる大名を「国持大名(太守・國主)」と言ひました。典型的な「本国持」が十ないし十二家。
 それに対して、譬へば、浅野内匠頭は「播州赤穂五万三千石」と言ひますが、播磨國の中の赤穂だけを領有してゐました。さういふ小さな大名の方が多かったのです。その領地を管轄する組織を「藩」と言ひました。「一国一城」とは言つても、一つの藩も一つの城を持つことが可能だつたので、正確な意味では「一藩一城」と言つた方がよいでせう。もつとも、二つ以上の國にまたがる藩には二つ以上のお城が認められてゐました。
きゃりこ:
 そこで、「一国一城令」でお城の数はどうなつてしまつたの。だいたい、それまではお城がいくつあつたの? 二十分の一になつたといふことは、江戸時代の始めには、もの凄くたくさんのお城があつたことになるぢやない。
オスカー:
 それまでは、全国のお城は三千もあつたのです。お城の定義が難しいのですが、小さな砦まで入れると二万以上だつたといふ説もあります。室町末期には、現在の京都市内だけで、何十もあつたとのこと。
きゃりこ:
 それは凄いね。それが、いくつに減つたの? 二十分の一といふことは………。
オスカー:
 百七十に減つてしまつたのです。さらに、明治の始めにも「廢城令」が出て、原則的に、お城は、軍が使用できるものを除いては、全部取り壊すことになりました。それ以外の城で存続したのは、破却するのに金がかかるから放置してゐたに過ぎません。なんと、姫路城も、廢城になる所を、解体費用がなかつたためにそのままに殘つたといふわけ。
きゃりこ:
 姫路城がなくなつてゐたら、重大な文化的損失だつたよね。
オスカー:
 日本人は世界に誇るべき文化遺産を豊富に持つてゐるのに、それを守らうといふ気持がなさすぎますよ。子供たちに文語詩を教へなくなつたのもその一つですね。
 「君がさやけき目の色も………」も、なぜ小学校の国語の教科書に入つてゐないのでせう。
 ところで、「天空の城」の「但馬竹田城」は虎が臥してゐるやうな配置になつてゐたので、「虎臥城」(とらふすじやう/こがじやう)と呼ばれます。これに対して、「豊後竹田城」(別名・岡城)は「臥牛城」(がぎうじやう)と呼ばれます。
きゃりこ:
 牛が臥してゐるやうな配置なんだね。
オスカー:
 面白いことに、豊後竹田城も山の上にあります。高さも但馬が三百五十メートル餘。豊後が三百二十メートル餘。似たやうな境遇なのです。
 但馬竹田城は江戸の「一国一城令」で破却され、豊後竹田城は明治の「廢城令」で破却されましたが、どちらも石垣だけは綺麗に殘つてゐます。
 それにしても、山の上にあつて、何の邪魔にもならないのに、破却したといふ愚かさに腹が立ちますよね。メインテナンスに金がかかるといふことはあつたにしても。
きゃりこ:
 優ちゃんとの新婚旅行は二つの竹田城にしましょ。
オスカー:
 小林旭の「惜別の歌」に但馬竹田城の画像が出てゐたから、何か関係があるのかと思つて調べましたが、どうも無関係なやうでがつかりしました。ただ画像を使つただけみたい。
 それに対して、豊後竹田城は、「荒城の月」と関係があります。土井晩翠作詞、滝廉太郎作曲なのですが、滝廉太郎は幼い頃、この城の近くに住んでゐて、これをイメージして作曲したとのことです。
posted by 國語問題協議會 at 17:37| Comment(0) | 雁井理香

2017年06月07日

數學における言語(その13) 線分の3等分点をめぐつて

前回は、私の數學への關心が、その有用性にではなく、例の圖式の右列に掲げた「人間、精神、身體」との関係にある、と申し上げました。
「人間」を「精神」と「身體」に分けて考へるといふ、いはゆる「心身二元論」は、デカルトをもつて嚆矢とすると言はれてゐますが、「余は思考す、故に余は存在す」といふ「精神が身體を發見する物語」は、名無しの猫ちやんによると「三つ子でも分る樣な眞理」といふことですが、私もこれからその「三つ子でも分る樣な眞理(?)」に則つて話を進めていきたいと思ひます。ただ、ここで注意しておきたいことは、「精神」や「身體」やの定義についてですが、取りあへずは精神=理知、悟性、思考(形而上世界、手で觸れ得ないもの)身體=肉體、運動、具體的個物(形而下世界、手で觸れ得るもの) といふ風に理解しておいて貰つてよいかと思ひます。理知と悟性とはどこが、どのやうに違ふのか、といつた疑問はここではひとまづ措いておきます。

このエッセイのはじめにも申し上げましたが、私は長年「數學」を生業にしてきましたが、小學高學年の頃から、數學ができる友人たちの數學好きと、自分のそれとは少し、いやかう言つてよければ決定的に意味が違ふのではないか、と感じてゐました。これは、實は私が數學教師になつてからも同僚の數學教師たちを見てゐてづつと感じ續けてゐたことでした。それはどういふことか、端的に申し上げると私は、「數學そのものよりも、それを支へてゐる人間精神、あるいは身體と不可分な心の在り方の方に強い関心と興味があつた」といふことです。ここは大切なところで、なかなか理解してもらへないので少し詳しく説明します。

小學5年生のとき、下圖のやうな「長さ1の線分の3等分点を作圖する」といふ問題を宿題として出されたことがあります。これは、圖のように平行線を利用すれば、すぐにその作圖をすることができます。20170607zu.jpg

實際、算數のきる同級生の一人はすらすらとこのやうに答へ、與へられた線分の3等分点を作圖し、先生も「よくできました」と、少しばかりの補足説明をしてそれで終はりでした。しかし、小學生の私は、どうしても納得できなかつたのです。1/3を小數に展開して1/3=0.33333……  ・・・(*)となることは知つてゐましたので、もし、數直線上を、0.3、0.33、0.333、・・・のやうに辿つて、3等分点を定めようとすると、この方法では永久に3等分点に到達できないのではないか、さうであれば等式(*)は何かをかしい、あるいは等式(*)の等号{=}を保證してゐるのは、一體何なのだらう、といふことでした。

これは明らかに「數學」から逸脱した問題ですが、實は同じやうな荒唐無稽な‘妄想’はすでに小學1年生の頃からありました。たとへば午後2時を告げる、居間の柱に掛けてあつた時計の「ボーン、ボーン」といふ音が聞こえる。それを聞いて私は「2時の次は何時だらう」と自問して、それは「2時1分でもなく、2時1秒でもなく、・・・」と考へ、結局、2時のすぐ次の時刻はないのだ、と想ひ至つたときの衝撃は、今でも忘れ難いものです。そして、「2時から2時1分」までの間には、ほとんど氣の遠くなるやうな時刻が詰まつてゐて、突如、「2時1分」には、自分が生きてゐる間には到達できないのではないか、それは遠い未来の彼方なのではないか、と感じられ、どうしてだか分かりませんが、輕い焦り、奇妙な焦燥感のやうなものを覺えたものでした。
 いづれにせよ、等式(*)の等號「=」を、「論理的に正しい」とし、それを保證してゐるのは、何なのか。實は、これは、後年私にとつては大問題になつていくテーマでした。
(河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 20:37| Comment(0) | 河田直樹