2020年07月31日

あやとり(19) 中谷信男

「横板に雨垂れ」
横に張つた板に、ぽつぽつと雨粒が落ち、それがさらにゆつくり流れ落ちる樣を表す諺です。なんのことかといふと(つか)へつつかへものを言ふことの譬へで、(とつ)(べん)のことです。
その逆が「立板に水」の能辯になります。立板に水の喋りに人は感心しますが、とかく内容に嘘がまじつてゐることに氣づかないものです。
posted by 國語問題協議會 at 21:52| Comment(0) | 中谷信男