2015年11月24日

【☆はがき一枚の国語】 同音異義語(同音別語) 大喜多俊一


同音異語としてよく擧げられる漢語に「コウコウ」といふのがある。
今、用ゐてゐるワードプロセッサではまづ次の語が現れる。高校・孝行
・航行・口腔・後攻・膏肓である。手元の国語辭書によれば、このほか
に、坑口・後項・港口・硬膏・皓皓・鑛坑・惶惶などが見える。

次に多い同音異語には「ショウカ」「タイショウ」がある。例語は、それぞれ、
唱歌・消化・消火・商家・昇華・商科・上下・消夏・小過、
對象・大正・大將・對照・大勝・大賞などなどで、
このやうな漢語の異語は文字で示せば誤解なく傳はるが、同音であるだけに、口頭ならば前後の文脈を把握しなければならない。
同音異語は使ひ方に注意する必要があるとともに、やはり漢字をよく知つてゐることが基礎となる。

国語辞典で最も多くの語が立項されているのは行の語で、その中でも最も多いのはで始まる語である。
次に多いのが、カ、コ、ハで始まる語で、同音異語も當然これらの音で始まる語に多い。
「ショウニン」「ハイカン」「カンコウ」という音の漢語にはどんなのがあるか。それ
ぞれ競つて提示しあふのも知的ゲームとしておもしろい。
母音で始まる語では、ア、イで始まる語が多く、中でも「アン」「イン」のあとにの續く語が目立つ。漢語が入つたあとの日本語の音體系に關心を寄せてみる。
posted by 國語問題協議會 at 15:01| Comment(0) | 大喜多俊一
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: