2016年07月25日

きゃりこの戀(27) 邪馬台国と台風   雁井理香(かりゐりか)

きゃりこ:
 ヤマタイ國つて、ヤマイ國と呼ぶことがあるんですね。
オスカー:
 一時はその説が有力でしたが、今ではやつぱりヤマタイ國だつたらうといふことになりました。それが、そのまま「ヤマト」になつたのかどうかはまだ異論がありますが。
 ヤマタイの「タイ」とヤマイの「イ」が漢字が似てゐることから、厄介なことになつて來たのです。
きゃりこ:
 「ヤマタイ」つて、どんな漢字でしたつけ。
オスカー:
 「邪馬台」。
きゃりこ:
 「ヤマイ」は?
オスカー:
 「邪馬壱」。
きゃりこ:
 「台」と「壱」と似てないぢやない。
オスカー:
 ところが、正漢字で書くと、「台」は「臺」、「壱」は「壹」になるのです。
きゃりこ:
 なるほど、「臺」と「壹」なら似てますね。本當は「ヤマイ國」で、「邪馬壹國」と書いたのに、その「壹」を「臺」と間違へたために、「ヤマタイ國」といふ國があつたと誤解されるやうになつたといふわけか。
オスカー:
 さういふ説があつたといふだけのことですよ。今ではやつぱり「ヤマタイ國(邪馬台国)」が正しいといふのが通説になつてゐますからね。
きゃりこ:
 そもそも、「壹」(壱)つて、どういふ意味の漢字なの?
オスカー:
 数字の「一」のこと。
きゃりこ:
「一」 つて書けばいいぢやない。
オスカー:
 金額を書いたりするときに、間違ひを防ぐために、画数の多い「壹」を使ひました。
きゃりこ: 
 さうか。「一」だと、線を付け加へて「二」に改竄してしまふことができますものね。その「壹」の略字體(新漢字)が「壱」なのか。
オスカー:
 壹(壱)、貳(弐)、參(参)、肆、伍、陸、漆、捌、玖、拾。
きゃりこ:
 んみゃんみゃんみゃんみゃ。
 ちやんと、一から十まで揃つてゐるのね。
オスカー:
 昔、共産党書記長で、「野坂參三(さんざう)」といふ人がゐました。
きゃりこ:
 なるほど。「參」と「三」を竝べたのか。
オスカー:
 ところが、この人の本名は、「參●」といふのです。
きゃりこ:
 「さんくろまる」とでも讀むのかしら。「參九郎丸」かしら。あら、おばか言つちやつた。
オスカー:
 讀みはやつぱり「さんざう」です。
きゃりこ:
 クロマルを「ざう」と讀むんですか。
オスカー:
 馬鹿言はないで下さい。難しい漢字で、パソコンで打ち出しても文字化けするから、クロマルにしただけです。「弐」の「二」の部分を「三」にした漢字です。
きゃりこ:
 すごい字があるんだね。さすが、漢字つて、面白い。
オスカー:
 ところで、「臺」の方ですが、‥‥‥‥‥。
きゃりこ:
 これが「台」の正漢字なんですね。「台湾」も本當は「臺湾」と書くんだ。
オスカー:
 うん。ところが、台湾でも、「臺」の字があんまり面倒なので、「台」を使ふのがふつうになつてしまひました。その逆に、「湾」は正字の「灣」を使つて、「台灣」と書きます。
きゃりこ:
 「たいふう」も本當は「臺風」だけど、「台風」つて、書くのね。
オスカー:
 「たいふう」の語源はいろんな説があるのですが、「大風」(たいふう/現代北京語ではdafengですが、推定古代中国音はtaipong)をヨーロッパ人がtyphoonといふスペリングで受け取つたことから始まつたといふ説が分かりやすい。
 それを、中国では「颱風」といふ漢字で受けた。つまり、「大風」が輸出されてtyphoonになり、中国に戻つて來たときに、「颱風」になつたのです。
 そして、日本でも、中国でも、戦後は略字の「台風」を使ふやうになつたといふ次第です。
 でも、台灣を通つてやつて來るから「颱風」にしたといふ説もあります。
posted by 國語問題協議會 at 10:22| Comment(0) | 雁井理香
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: