2016年08月29日

きゃりこの戀(29) 疑問と反語   雁井理香(かりゐりか)

オスカー:
 「あなたはパーマンです」つて、英語で言つてみて。
きゃりこ:
 I am a perman. あれッ、ホンネが出ちゃった。You are a perman.
オスカー:
 それを疑問文にして、「あなたはパーマンですか」はどうなりますか。
きゃりこ:
 疑問文って、引っ繰り返せばいいんだよね。Are you a perman?
オスカー:
 日本語と英語とどっちが簡単ですか。
きゃりこ:
 英語の方が、引つ繰り返せばいいだけだから簡単かな。でも、日本語も「か」を付けるだけだから、簡単だね。
オスカー:
 文語で言ふとどうなるだらう。
きゃりこ:
 むむむ。そんな難しいこと、あたしに訊くの?----------------あら、不思議。雁井さんのおかげで分かつた。「汝、パーマンなりや」。
オスカー:
 感心、感心。でも、「汝やパーマンなる」といふ言ひ方も可能です。「や」が前にあるのと後ろにあるのとでは、ちょっとニュアンスが違ふかも知れない。「汝、パーマンなりや」は「あなたはパーマンですか」。それに對して、「汝やパーマンなる」は「あなたがパーマンですか」に近いんぢやないかと僕は思つてゐるんですがね。「は」と「が」の違ひも、そのうちにやるつもりです。
きゃりこ:
 なんで「パーマンなる」なの? 文語だから「パーマンなり」でせう。
オスカー:
 係り結びですよ。前に「や」があるから、連體形で結んだの。
 ところで、「誰が鯨を食べるのですか」と英語で言つてみて。現在形でいいですからね。
きゃりこ:
 Who does eat a whale?
オスカー:
 第一の問題点は、「疑問詞が主語の疑問文は‥‥‥」。……「疑問詞が主語」って、意味分かる?
きゃりこ:
Whoが文の主語になつてゐるといふことでせう。
オスカー:
 「疑問詞が主語の疑問文は、平叙文の語順になる」といふ規則があります。
 「きゃりこは鯨を食べる」と言つて下さい。
きゃりこ:
 きゃりこは鯨を食べる。
オスカー:
 英語で言つて下さいといふつもりだつたんだけど。そんなこと、言はなきゃ分からないかね。
きゃりこ:
 日本人は馬鹿なんだよ。あんまり馬鹿にすると、また真珠湾だよ。
 Kyariko eats a whale. これでいいかね。
オスカー:
 そして、「疑問詞が主語の疑問文は、平叙文の語順になる」といふのは、疑問文になつても語順が変はらないといふことです。つまり、主語を疑問詞に入れ替へるだけ。
きゃりこ:
 ぢやあ、Who eats a whale?となるんだね。
オスカー:
 文の形としてはよくなつて來ました。でも、逆に、Who eats a whale?を日本語に訳すと、「誰が、まるまる一頭鯨を食べるのですか」になつてしまひます。
きゃりこ:
 さうか。a whaleだと「一頭の鯨」だもんね。ぢやあ、whaleを不可算名詞にして、Who eats whale?とすればいいんだ。ひやあ、あたし「不可算名詞」なんて知つてゐたんだ。
オスカー:
 僕も驚きました。
 chickenの場合はそれでいいのです。「庭に雛鳥が一羽ゐます」はThere is a chicken in the garden.ですが、「私は雛鳥を食べたい」はI want to eat chicken.で、不可算名詞のchickenが「雛鳥の肉」になります。でも、鯨の場合は、whale meatと言ひます。
きゃりこ:
 なるほど、「誰が鯨を食べるのですか」はWho eats whale meat?となるわけか。
オスカー:
 今度はそれを文語にして下さい。
きゃりこ:
 真珠湾爆撃の発表は文語文だつたんだよ。あれッ。そのことは、オスカー先生から教はつたんだ。
オスカー:
 大本営海軍部発表、「帝国海軍は本八日未明、布哇(ハワイ)方面の米国艦隊並びに航空兵力に對し、決死的大空襲を敢行せり」。
きゃりこ:
 かっこいい。いつか、イケメン白人に土下座させてやる。
オスカー:
 はい、はい。
きゃりこ:
 文語にすると、「だれ、鯨を食ふか」でいいんですか。
オスカー:
 「誰」は「だれ」でなく、「たれ」と讀んで下さい。「どこ」は「いづこ」、「どっち」は「いづこ」、「どれ」は「いづれ」。古代の日本語は濁音で始まる言葉がなかつたのです。そして、現代語の疑問詞は濁音で始まるのが多いから、疑問詞は古語・文語ではたいてい形が変はります。
 そして、疑問詞の「か」や「や」は、文末から前に出て、疑問の対象になつてゐる重要な單語の直後に移すことができます。ここでは、疑問詞の直後ですね。
きゃりこ:
 「誰か鯨を食ふ」と言へるんですね。
オスカー:
 今度は、中國語で考へてみませう。
 一般疑問文(Yes-No疑問文)の場合は、語尾にma(文字化けするからローマ字にしますが、漢字ではクチヘンに「馬」)を付ければいいのです。
 「きゃりこは鯨を食べる」と言つて下さい。
きゃりこ:
 「きゃりこ」つて、中國語でどう言つたらいい?
オスカー:
 小芭香(シャオバーシアんXiaobaxiang)。読者は深く考へないで下さい。
きゃりこ:
 ええッ?!! 「きゃりこ」つて單語があるの。
オスカー:
 ありますよ。有名人なんだから。
きゃりこ:
 「小芭香」つて、綺麗な字だね。氣に入つた。
 「食べる」は「食」でいいの?
オスカー:
 「食べる」は「喫」。でも、簡体字の「吃」を使ふことが多いですね。「chi(チー)」といふ發音。
きゃりこ:
 ぢやあ、「小芭香吃鯨」だ。
オスカー:
 「鯨」は英語の場合と同じ理窟で「鯨肉」となります。「ジんロウjingrou」といふ發音。
きゃりこ:
 「小芭香吃鯨肉」。
オスカー:
 さう。さう。では、「きゃりこは鯨を食べますか」。
きゃりこ:
 今度はおばかでも分つたよ。「小芭香吃鯨肉ma?」。
オスカー:
 正解です。ただ、このmaは一般疑問文だけで使ひます。
 疑問詞疑問文は何も付けません。だから、「誰が鯨肉を食べますか」はどうなる?
きゃりこ:
 「誰吃鯨肉?」。maは要らないんだね。
オスカー:
 正解です。
 ところで、僕の単独説なのですが、一般疑問文のmaが古代日本語に影響を与へたやうに思へるのです。古代中國語では、maといふ形ではありませんでしたが、やはり文末に、同類の疑問詞を付けました。そこで、日本語も、もともとは、「きゃりこや鯨を食ふ?」の形だつたのに、中國語の真似で文末に飛んで、「きゃりこ、鯨を食ふや」になつたと思ふのです。疑問詞疑問文の場合には、maを使はないので、当てはまりませんが、一般疑問文からの類推で、「誰か鯨を食ふ」でも、「誰鯨を食ふか」のどちらも可能になつたのだと推定されます。(「や」と「か」は交換可能である場合が多いのですが、疑問詞の直後では「か」が普通です)
posted by 國語問題協議會 at 10:25| Comment(0) | 雁井理香
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: