2016年09月26日

書きことば、話しことば、息づかひ  原山建郎(はらやま たつらう)

コミュニケーション論で配布する文献資料のいくつかは、著者の「伝へたい」思ひ、つまり「文の息づかひ」が「伝はる」やうに、その「さはり」を原文のまま引き写す(著作権の教育的利用)。である調・ですます調の「書きことば」、対談・聞き書きの「話しことば」たち、読み手をぐいぐい引き込む力が「伝はつて」くる。
野の花診療所所長の徳永進さんは、岩下看護婦さんと「カルテ」、無言のせりふ「……」で、それぞれの「想ひ」を語る。

☆「書きことば」(せりふ入り)
【「先生、あれはね、昭和二十八年頃でした。そう、確かにそう。……」
岩下看護婦さんは、机の上に並んでゐるカルテを手に取つた。
「すみちゃんていう小学五年生の可愛い子が入院してたんです。……」
岩下看護婦さんは、カルテを抱き締めるやうにして話し続けた。
「あれは、そう、真つ青な空が広がる三月でした。……」
岩下看護婦さんはカルテを強く抱きしめた。
「それからお昼になつて、みんなが部屋に戻つたんです。帰つたそのとき、……。」
カルテを抱いたまま、岩下看護婦さんは、動かなかつた。(『カルテの向こうに』257ぺーじ)

★「書きことば」(せりふ入り)
【「頭、痛い?」「……」「熱、出た?」「……」「けいれんですか?」「ハイ」
抗けいれん薬を打つとすぐにおさまつた、てな具合。
別の日、ナースが「様子が変」と駆けつけた。「寒いですか?」「……」「けいれんですか?」「……」「便ですか?」「ハイ」。摘便でドつサリ、てな具合。】
(『野の花ホスピスだより』27ページ)

硬派の「文明・文化論」で知られる内田樹さんの著書は、ブログを編集したものが多い。「である調」で書かれたブログが、著書の書きことばでは「ですます調」になつている。
☆書きことば(ですます調)
【マスメディアの凋落の最大の原因は、僕はインターネつトよりもむしろマスメディア自身の、マスメディアにかかわつている人たちの、端的に言えばジャーナリストの力が落ちたことにあるんじゃないかと思つています。】(『街場のメディア論』38ページ)

★書きことば(である調)
【自然災害であれ、人間が発する邪悪な思念であれ、それが私たちの生物としての存在を脅かすものであれば、私たちはそれを無意識のうちに感知し、無意識のうちに回避する。】
(「内田樹の研究室」二〇一二/六/一八)

また、「からだとことば」の関係性を平明に説く、演出家の竹内敏晴さんの話しことば(対談)、書きことばは、ともに長めのセンテンスだが、句読点の息づかひ、独特のリズム感が伝はつてくる。

☆話しことば(対談)
【わたしにとつてのことばつていうのは、そういうふうにまず第一に、ほんとうに人が人に働きかけられるかという、一つの、なんて言うのかな、証しであつて、こういう話をしてしまえば、結論っていうか、はっきりするわけだけれども、わたしにとっては、ことばっていうのは文章ではなくて、まず第一に話しことばなわけです。】
(『教師のためのからだとことば考』、190ページ)

★書きことば(である調)
【意思としては話しかけよう、目当ての人とつながろう、としているのだろうが、からだは行かないで、とひきとめている。これでは声は前へ行けないな。まず手を解き放ち、相手の方へ「手を出し」「足を出し」て、からだ全体が動き始めなくては、声が届くはずがない。】
(『「からだ」と「ことば」のレつスン』33ページ)
(武蔵野大学非常勤講師 『出版ニュース』誌のコラム Book Therapy no.7

posted by 國語問題協議會 at 13:52| Comment(0) | 原山建郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: