2016年10月18日

変体仮名を読む、和本リテラシー。 原山建郎(はらやま たつらう)

「六十の手習い」を英語でいうと、“Never too old to learn.”(学ぶのに年を取り過ぎているということはない)となる。老年期にもなお学ぶ意欲を失わぬ「晩学」を奨励するものだが、還暦を六つ過ぎて始めた「変体仮名」の手習いはそんな殊勝な動機からではない。

六十歳で非常勤講師となった私は、学生たちに一所懸命、日本語の危機を訴えてきた。
「旧字体(旧漢字)、旧仮名遣いが理解できないと、日本の古典は読めなくなります。『枕草子』の原文に書かれた〈をかし(面白い、美しい)〉や〈あはれ(しみじみとした情趣のある)〉を、現代語の〈おかし(可笑しい)〉や〈あわれ(可哀そう)〉に置き換えて読むような知的劣化≠ェおこったら、日本の古典はその時点で外国語≠ノなってしまいます」
しかし、『武蔵野大学司書課程・司書教諭たより』十五号(平成24年4月30日発行)に載っていた「江戸かな(変体仮名)」研究家・吉田豊さんの論考「江戸の草子を楽しむ」のなかに、この私自身が見落としていた日本語の「ほんとうの」危機が潜んでいたのである。

【英語は読めるが、百年前まで使われていた和本は読めない、これが日本の現実の姿です。恐ろしいことに、国文学者も国史学者も活字化された資料によって活動している状況を、江戸文学者で文化功労者の中野三敏氏は次のように嘆いています。
(変体仮名や草書体漢字)の文字を、少なくとも江戸の一般人と同様のスピードを以て読む能力を備えた読書人というものが、今や絶滅危惧種化している。(中略)「和本のすすめ(岩波新書)」】
(「江戸の草子を楽しむ」)

これまで、私が読んできた教科書(抄録)や単行本の『枕草子』は、旧かな遣い(漢字は新漢字)と現代文の対訳つきで、当然のことながら「旧かな」は活字化された紙の本の印刷文字のみである。さも偉そうに「日本語の危機」を説いていた私には、日本の古典文学を原文で自在に読みこなす能力、和本リテラシーが欠落していた。
もちろん、変体仮名が漢字のくずし字であることは知っていた。そのルーツは、中国から伝来した漢字の音や意味を、それまで文字を用いなかった和語の音節に利用(仮借)した万葉仮名だということも知っていた。しかし、それは私が「知っていた」だけにすぎない。
吉田さんが「江戸かな」と呼ぶ江戸時代の変体仮名は、十八世紀半ばに約八割という識字率を可能にした寺子屋教育で庶民の「読み・書き」能力を高めた最大最高の功労者である。

善は急げ。吉田さんの「江戸かな」入門書を数冊、市川市中央図書館から借りてくる。
「小倉百人一首」の絵札を、巻末の「主要江戸かな一覧」と引き比べながら読む。最初はたどたどしく、やがて少しわかるようになる。
明治33年の「一音一字の平仮名字体」で統一される以前の書物には、「江戸かな」が使われていた。吉田さんの『寺子屋式古文書手習い』(柏書房)には、まだ「江戸かな」で書かれた『學問のすゝめ』の初版本(明治5年)の誌面が載っている。

【天ハ人の上◎人を造ら▲゛人の下◎人を造ら▲゛と以へりさ■バ天より人を生する◎ハ萬人ハ萬人皆同じ位◎して生■ながら貴賤上下の差別なく萬物の靈た▽身と心との働を以て……】
(『學問のすゝめ』)

◎=に(尓)、▲=す(春)、■=れ(連)、▽=る(累)が江戸かな。和文リテラシーは、「江戸かな」に親しむ心の中で呼吸している。
武蔵野大学非常勤講師 原山建郎
『出版ニュース』コラム Book Therapy no.9
posted by 國語問題協議會 at 16:43| Comment(0) | 原山建郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: