2016年10月30日

きゃりこの戀(34) 「崇」と「祟」   雁井理香(かりゐりか)  


きゃりこ:
 あたし、「すうはい」の「スウ」と「たたる」と同じ字だと思つてた。反対語に近いのに、同じ漢字ってヘンだなあとは思つてゐたんだけど。
オスカー:
 「すうはい」の「スウ」は部首は「山」で、「山」の下に「宗」と書きます。人の名で、この字を「たかし」と読むことがありますが、「高い」「高くする」「あがめる」「たつとぶ」などの意味。「をへる(終)」の意味もあつて、「崇朝」といへば「夜明けから朝食までの間」の時間を指します。「終朝」と言つても同じ。
きゃりこ:
 朝食の時間がもう朝の終りなの?
オスカー:
 昔は夜早く寝るから、起床も早かつたのです。そして、朝食は九時頃。一日二食だつたから、朝食は遅くなります。九時にもなると、もう朝とは思はなかつたのですね。
 一方、「たたる」は部首は「示」で、「出」の下に「示」と書きます。
きゃりこ:
 へええ。「宗」といふパーツがないんだね。「出」の下の山の左右の縱棒を下にずらせば「宗」が出て來るんだけど。
オスカー:
 だからこそ、間違へて「宗」が含まれてゐるやうに誤解されてゐるのでせう。
きゃりこ:
 字音は何ですか。あら、あたし、生意気に字音なんて言つちやつた。音読のこと、字音つて言つて間違ひぢやないですよね。
オスカー:
 その使ひ方は正しいですよ。「祟」の字音は「スイ」です。
きゃりこ:
 「スヰ」ぢやないの?
オスカー:
 おおお。だいぶ意識が高くなつて來ましたね。 
前にも話したことがあるかも知れないけれども、戦前の字音假名遣ひを、平安時代初期の發音に遡つて修正した假名遣があるのです。昔からあつたんだけど、最近研究が進んで來ました。岩波文庫の「日本書紀」はこの假名遣ひを使つてゐます。たとへば「危険な狂犬」は戦前の假名遣ひでは「きけんなきやうけん」ですが、平安初期の假名遣ひでは「くゐけむなくゐやうくゑん」になります。國語問題協議會の高崎一郎先生の「平成疑問假名遣」を讀むとその全貌が分かります。「墜」「水」「唯」などの字音は、戦前は「ツヰ」「スヰ」「ユヰ」だつたのですが、平安初期には「ツイ」「スイ」「ユイ」だつたので、これに戻さうといふのが、國語問題協議會の中の一部の人たちの主張です。そんな馬鹿馬鹿しいことはやめろといふ會員の先生もいらつしやいますが。
きゃりこ:
 いづれにしても、「崇」は「スウ・あがめる」で、「祟」は「スイ・たたる」なんですね。
オスカー:
 前々回から引き続いて、三回連続で、天皇の諡号の話になりますが、「徳」の字と同様に、「崇」の字も不幸な死に方をした天皇に贈る習慣があつたやうです。歴代の天皇の中では御三方しかいらつしやいませんが、崇神天皇と崇峻天皇と崇徳天皇。
きゃりこ:
 崇徳天皇は知つてゐる。保元の乱で負けて、讃岐に流されて亡くなつた方でせう。崇峻天皇つて誰だつたつけ。
オスカー:
 古代の天皇です。日本最初の女帝・推古天皇の弟で、蘇我馬子に暗殺されました。その後、姉の推古天皇が即位したのです。
きゃりこ:
 なるほど、どちらも不幸な死に方の代表みたいですね。「徳」との使ひ分けはないのかしら。
オスカー:
 はつきりした区別はないやうですが、暗殺されたとか、クーデターの直後に亡くなつたとか、不幸が直接に死に結びついてゐる場合は「崇」を使ふやうです。「崇」の字は「祟」に似てゐるので、祟りを抑へる意味もあるといふ説もあります。
きゃりこ:
 崇徳天皇の場合は、「崇」と「徳」と両方を使つてゐますね。
オスカー:
 讃岐に流されて、鬼になつたと言はれますから、とくに祟りが怖かつたのでせう。
きゃりこ:
 崇神天皇つて、聞いたことないけど。
オスカー:
 第十代ですから、神話時代の人。懿徳天皇と同じで、そんなに昔の天皇の場合は、不幸な死に方とか祟りとかには関係なく、「仁」や「崇」を使つたみたいです。
 ところで、崇光(すくわう)天皇といふ方がいらつしやいました。歴代の天皇ではなくて、北朝第三代の天皇なので、右の御三方の中に入れなかつたのですが。この方も、南朝に捉まつて幽閉されて廃位され、崩御の後は弟の系統に皇位を奪はれたりした不幸な方です。もつとも、曾孫が皇位を取り戻して、現在の皇室の直接の祖先に当たります。
 他に、「崇」の字の付く「追尊天皇」が御二方いらつしやいます。
きゃりこ:
 「追尊天皇」? 聞いたことない。
オスカー:
 そりやあ、きゃりこさんは聞いたことないでせうよ。
きゃりこ:
 むかつく。
オスカー:
皇位には即かなかつたのに、亡くなつた後に天皇または皇帝の尊称を与へられた方々です。崇道盡敬(すだうじんきやう)皇帝(「盡」は「尽」の正字)と崇道天皇のこと。
 崇道盡敬皇帝とは、日本書紀を編纂した舎人(とねり)親王のこと。天武天皇の皇子なんだけど、息子の大炊(おほひ)王が淳仁天皇として即位したので、崇道盡敬皇帝と追号されました。「皇帝」とか「天皇」と呼ばれても、歴代の天皇ではない場合も多いのです。
きゃりこ:
 この人も不幸な死に方をしたの?
オスカー:
 この人に「崇」がついてゐる理由は分からない。息子の淳仁天皇は、孝謙・称徳天皇(女帝・重祚)に嫌はれて淡路に流されて崩御してゐますし、子孫もあまり榮えなかつたことが関係があるかも知れませんが、不思議なことに、崇道盡敬皇帝という追号をもらつたのは、淳仁天皇が即位したとき(舎人親王本人は亡くなつてゐた)なので、祟りを怕れる理由はなかつたと思ひます。
 強ひて不幸といへば、天武天皇の有力な皇子だつたのに、即位できなかつたことでせうか。持統天皇が、自分の子孫以外は皇位に即かせないといふ固い決意を持つてゐたからと言はれます。
きゃりこ:
 「崇道盡敬皇帝」の外に「崇道天皇」もいらつしやるのね。聞いたことのない方ですね。
オスカー:
 そりやあ、きゃりこさんは--------------------。
きゃりこ:
 むむむ。
オスカー:
 この人は、光仁天皇の皇子の早良(さはら)親王です。桓武天皇の同母弟。桓武天皇が即位したときに、皇太子に立てられたのですが、桓武が自分の皇子(後の平城天皇)を皇嗣にしたくて、追ひ落しました。
 具体的には、七八五年の藤原種継(たねつぐ)暗殺事件に関与したとして、淡路に流し、親王は食を絶つて死にました。そのあと、さまざまな祟りがあつたために、「崇道天皇」と追号されたのです。
きゃりこ:
 なるほど、天皇になつても不幸になつた人。天皇になりそこなつて不幸になつた人。いろいろゐるんだね。
posted by 國語問題協議會 at 19:05| Comment(0) | 雁井理香
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: