2017年01月12日

きゃりこの戀(39) 侍従長  雁井理香(かりゐりか) 

きゃりこ:
 この前、昭和天皇と本庄侍従武官長の話を伺ひました。「侍従武官」つて、天皇の側に隨ふ軍人のことですよね。さうすると、ふつうの「侍従」は文官なのですね。戦後は「侍従長」がゐるけど、戦前も「侍従武官長」の外に文官の「侍従長」もゐたのですか。
オスカー:
 ゐましたよ。ただし、昭和に入つてからは、「侍従武官長」だけでなく、「侍従長」も軍人であることが多くなりました。有名なのが、昭和の初めの鈴木貫太郎侍従長。
きゃりこ:
 終戦の時の総理大臣ですね。
オスカー:
 読者の皆様に、雁井さんからお報せです。おばかキャラのきゃりこさんが、終戦のときの総理大臣を知つてゐるはずがないといふ苦情が來さうですが、知つてゐないと話が続かないので、仕方ないと思つて下さい。納得の行かない方は、本当はねねさんが話してゐるのだとお思ひ下さい、とのことです。
きゃりこ:
 むかつく。
オスカー:
 鈴木貫太郎は昭和四年から昭和十一年まで侍従長を務めたのですが、この人は海軍大将。その前は軍令部総長(海軍の作戦面のトップ)だつたのですが、昭和天皇の信任に應じて、ずつと格下の侍従長になることを承諾しました。二二六事件で負傷して、辞任しますが、この期間は、侍従長は海軍の軍人、侍従武官長は陸軍の軍人でした。
 「満洲某重大事件」が起つたのもこの時期。陸軍の陰謀で、満洲の匪賊である張作霖を爆殺してしまつたのですが、時の田中義一首相は、天皇に責任者の処罰を約束しておきながら、履行しませんでした。(この爆殺事件は、蘇聯(ソ連)崩壊後に流出した極秘書類を検討した結果、蘇聯の仕業だつたといふ有力説が出されてゐます)
 拝謁したとき、天皇は激怒なさつて、「この前の話と違ふではないか。もうおまへの話は聞きたくない」とまでおつしやいました。
 恐縮して退出した田中は、翌日また参内して、鈴木貫太郎侍従長に、拝謁を願ひ出ました。
 そのときの鈴木の返事が、「たつてのこととあれば、お取次ぎは致しますが、おかみは會ふとはおほせられますまい」
きゃりこ:
 なるほど、侍従長つて、さういふ仕事をしてゐたのか。
オスカー:
 田中は断念して帰り、翌日辞表を出しました。そして、翌年、蟄居したまま病死したのですが、自殺説もあります。
きゃりこ:
 戦前の軍人や政治家が天皇に嫌はれたら、どうしやうもなかつたでせうね。
オスカー:
 この鈴木貫太郎は、昭和十一年の二二六事件で陸軍の叛乱部隊に襲撃されました。拳銃を三発打ち込まれて倒れました。指揮官が軍刀を抜いてとどめを刺さうとすると、鈴木の夫人が、それまで、部屋の隅で、軍人たちに抑へ付けられてゐたのですが、「どうせ死ぬのですから、とどめは刺さないで下さい。必要ならば、私に刺させて下さい」と氣丈なことを言つたので、指揮官の安藤輝三(この人はクーデター参加者の中で一番の人格者だと言はれてゐたのですが)は断念してそれ以上の危害は加へませんでした。
 鈴木は甦つて、昭和二十年に総理大臣に任ぜられ、終戦に漕ぎ付けたのです。
きゃりこ:
 ふうん。偉い奥さんだね。貫太郎は、その後一生、浮気はできなかつたでせうね。
オスカー:
 この奥さんは若い頃に歴史に登場するのです。
きゃりこ:
 へええ。若い女が歴史に出て来るといふのは、よほど美人か、さうでなければ親が偉い人だつたんだね。
オスカー:
 美人でもあり、親もある程度偉い人でしたが、さういふことではないのです。
 昭和天皇が子供の頃の保母だつたのです。
きゃりこ:
 保母? 乳母ぢやなくて。
オスカー:
 未婚だから乳母にはなれませんよ。養育係りですね。東京女子師範学校(現お茶の水女子大学)附属幼稚園の保母だつたのを皇室が引き抜いたのです。結婚前の名前は「足立たか」。鈴木貫太郎の後妻として結婚したのですが、昭和天皇はこの人を慕つてゐて、鈴木の侍従長時代も首相時代も、ことあるたびに、「たかはどうしてをる」「たかのことは母のやうに思つてゐる」とおつしやつてゐたさうです。戦後も、記者会見で、昔の思ひ出を語つて、「たかは私にとつて母親のやうなものだつた」とおつしやつたことがあります。
 二二六事件で、天皇が烈火の如くにお怒りになつたのは、母のやうに思つてゐた女性の夫が重傷を負はされたことに逆上なさつたのではないかとも言はれてゐます。
きゃりこ:
 天皇の憧れの女性なんだ。ロマンティックなお話ですね。
オスカー:
 今回は日本語の話ぢやなくて、歴史だけの話になつてしまひました。
きゃりこ:
 でも、言葉と歴史は密接につながつてゐるんだから、一回くらゐは、「日本語のあやとり」を管理してゐる怖い先生も許して下さるでせう。


posted by 國語問題協議會 at 10:53| Comment(0) | 雁井理香
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: