2017年01月23日

「米百俵」から「八重の櫻」、「原發供養」まで。 原山建郎


先月末、宇都宮市での講演で「歴史に學ぶ日本人の生き方」といふテーマで話をした。
副題を「米百俵≠ゥら八重の櫻≠ワで」として、幕末から明治初期にかけての戊辰戰爭、なかでも苛烈な戰ひで知られる北越戰爭(長岡藩)、會津戰爭(會津藩)を紹介した。講演の後半では、二年前の福島第一原發事故での政府・東電による犯罪的情報操作と、十分な檢證なしに虚僞情報を流した新聞・テレビなど大マスコミの報道に、若干の私見を披瀝した。

この演題に決まつたのは、招聘元の「米百俵≠ノまつはる歴史の話が聞きたい」というリクエストがきつかけだつた。
おそらく、栃木市出身の作家・山本有三が昭和十八(一九四三)年『主婦之友』新年号、二月号に連載し、のちに新潮文庫に収められた戲曲『米百俵』があるので、郷土つながりといふ面、それがひとつだらう。
また、平成十三(二〇〇一)年、小泉純一郎首相(當時)の「今の痛みに耐へて明日を良くしようといふ米百俵≠フ精神こそ」といふ發言を取り上げた拙著『「米百俵」の精神(こころ)』(主婦の友社、二〇〇一年)があるのだが、その「米百俵」ブームを覚えてゐたらしい。

北越戊辰戰爭では、新政府軍と舊幕府軍の間で長岡城陷落・奪回・再陷落を繰り返すはげしい戰ひがあり、生き殘つた長岡藩士たちは會津藩領内に敗走する。そこから先、ことしのNHK大河ドラマ『八重の桜』では、會津・鶴ヶ城での一カ月あまりの籠城抗戰(東北戊辰戰爭)に、綾瀬はるか演じる山本八重が斷髮して男装し、小銃片手に參戰することになる。

戰いの終息(新政府への歸順)後、長岡藩はお取りつぶしは免れたが七萬四千石から二萬万四千石に減知され、支藩から届いた救援米を藩の大參事・小林虎三郎が學校建設資金とした『米百俵』の故事を生む。
會津藩も二十八萬石から三萬石に減知され、下北半島の斗(と)南(なみ)に流刑同然の國替へとなる。
鳥羽・伏見の戰ひから始まつた戊辰戰爭は、この二つの戰ひいだけでなく、彰義隊が東叡山に立て籠もつた上野戰爭、舊幕臣らによる市川・船橋戰爭、新撰組の土方歳三らによる宇都宮城の戰ひ、そして翌年、箱館・五稜郭の開城で幕を閉ぢる。


「錦の御旗」を押し立てる新政府軍、逆らへば「朝敵」となる舊幕府軍といふ、戊辰戰爭の政略的二極構造は、二〇一一年に起つた福島第一原發事故においても、虚僞を眞實と言ひ張る政府・東電の「官製タッグ」に逆らはず、政府發表を垂れ流した全國紙・テレビ陣營、ゲリラ的取材で「大本營發表」に疑問を投げかけた一部の週刊誌・月刊誌陣営、この報道姿勢の質的な違ひにも重なる。
講演では『呪いの時代』(内田樹著、新潮社、二〇一一年)の「原発供養」を取り上げた。
四十年間、耐用年数を十年過ぎてまで酷使され、あげくに地震と津波で機能不全に陷つた原發に對して、日本中がまるで「原子怪獸」のやうに嫌惡するのではなく、誰かが「四十年間働いてくれて、ありがたう」と言はなければ、原發だつて浮かばれない、といふのである。
いま日本人がなすべきは「原發供養」であるといふ内田さんの提言は、かつて長岡で、會津で、郷土の誇りを守るために戊辰戰爭で花の命を散らした戰没者の「供養」にも通じる。

その後の懇親会では、「米百俵」(長岡・栃倉酒造)、「ならぬことはならぬものです」(會
津喜多方・ほまれ酒造)、「四季櫻 花(か)寶(ほう)」(宇都宮酒造)、小林虎三郎の師・佐久間象山(しょうざん)ゆかりの「松代城」(松代・宮坂酒造)、で、戊辰戰爭の戰没者、東日本大震災の死者・行方不明者、そして福島第一原發に向かつて、獻杯をした。
(武藏野大學非常勤講師 『出版ニュース』誌のコラム Book Therapy no.15)
posted by 國語問題協議會 at 18:54| Comment(0) | 原山建郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: