2017年02月24日

へぇー、なるほど、さうか!うん。 原山建郎


何でもインターネット情報に答へを求める、いまどきの学生たちに、私が考案した「好奇心完結の法則」を勸めてゐる。
この法則には「へぇー(好奇心のきっかけ)、なるほど(概要の理解)、さうか(さらに調査、新發見)、うん(納得)」といふ4つのフェーズがある。
ふつうの好奇心の場合は、せいぜいが「へぇー、なるほど……」止まり、第一次情報をそのまま受け入れて終はりとなる。
しかし、本物の好奇心の場合には、さらなる調査を進めて、「さうか!」といふ新発見を手に入れる。最後は、好奇心の完結を表す納得の「うん」だが、その「うん」が次の「へぇー」につながるといふ仕組みだ。

たとへば、「鏡・かがみ」の語源」をインターネットで検索すると、次の情報が出てゐる。
漢字の「鏡」には、【「鏡」は<金+竟>。<竟>は「さかひ目」で、「明暗の境目を映し出す銅製(金色)のかがみ」】という説が、和語「かがみ」の語源には、【1、姿・形を映して、モノや面影を見る意味の影見(かげみ)。2、光の赫(かが)やきを見る意味の赫見(かがみ)】などが擧げられてゐる。

ここは、「なるほど」などと安易に妥協せず、念のため、「紙の本」に當たってみよう。
まづ、漢字の「鏡」を漢和辞典『字統』(白川靜著、平凡社、一九九四年)で引いてみる。
「鏡」は【形聲符(※音を表す文字)は竟(きやう)。古くは水鑑を用ゐたので、鑑にもその意がある。(中略)鏡の精妙なるものには破邪の力があるとされ】とある。さらに、「竟」は【會意。音と人に從ふ。(中略)すべてのことの終結、終了することを竟といひ】と、「鑑」は【形聲。聲符は監(かん)。監は盤に水を盛り、顔容を寫す形の字で、鑑の初文】と説明されてゐる。
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy no.21)

posted by 國語問題協議會 at 11:46| Comment(0) | 原山建郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: