2017年04月15日

三種神器の起源(45) 雁井理香

オスカー:
 今日は三種神器の話をしませう。
きゃりこ:
 ふつう「さんしゅのじんぎ」って言はない? なんで「さんしゅじんぎ」って言ふの?
オスカー:
 「さんしゅのじんぎ」って言ひましたよ。
きゃりこ:
 上に「三種神器」って、書いてあるぢやない。
オスカー:
 「の」がなくても、自然に「の」を入れて読むのが日本語のよく出來た所なの。「隱岐島」で「おきのしま」。「平清盛」で「たひらのきよもり」。これが日本の文化だつて、前に言つたぢやないですか。
きゃりこ:
 さて、三種神器って、「鏡」と「劒」と「勾玉」だといふことは知つてゐるんですが。いつごろどこで出来たのですか。
オスカー:
 天孫降臨の時に持つて降りて來たんだから、それよりも前ですよ。
きゃりこ:
 なに。それ。
オスカー:
 天津彦(あまつひこ)彦火(ひこほの)瓊瓊(にに)杵(ぎの)尊(みこと)が天から降りて來たことです。
きゃりこ:
 わたし、歴史の話を訊いてるつもりなんですが。
オスカー:
 だから、天照大神の孫のニニギノミコトが天から降りて來て、日本の歴史が始まつたんですよ。
きゃりこ:
 外人のくせに右翼なのね。史実と神話を混同しないでね。
 まあいい。その天孫降臨は今から何年前のことなのですか。さうだ! 紀元二六〇〇年とかいふから、そのくらゐの昔かな。
オスカー:
 それは、神武天皇の即位のこと。平成二十八(2017)年は紀元二六七七年なんです。紀元は「日本紀元」とも「皇紀」とも言ひます。下一桁(七)が西暦と同じだからヒントになります。
 因みに、昭和の大横綱・大鵬幸喜(かうき)は、昭和十五(1940)年つまり紀元二千六百年ちやうどの生れなので、「皇紀」と同じ発音の「幸喜」といふ名前を附けられたのです。
 天孫降臨でニニギノミコトが日向の「高千穂の嶺」に降りて來て、三代の間、そこで暮らしました。これを「日向三代」と言ひます。ニニギノミコトの息子が彦(ヒコ)火(ホ)火(ホ)出(デ)見(ミノ)尊(ミコト)。この人は「海彦・山彦」の「山彦」です。
きゃりこ:
 えッ。「海彦・山彦」って、童話ぢやないの?
オスカー:
 皇室の先祖なんですよ。古事記のお話が童話になつたのです。その山彦の息子が、日子(ひこ)波限(なぎさ)建鵜(たけう)葺(が)草葺(やふき)不合(あへずの)命(みこと)。そのまた息子が神武天皇なのです。
きゃりこ:
 ぢやあ、天孫降臨は神武天皇の三代前なんだから、せいぜい今から三千年前の出来事なのね。
オスカー:
 天孫降臨から神武即位まで、約百八十万年。正確に言へば、1792470年。今から何年前かを数へれば、1792470+660+2017=1795147となつて、今から百七十九万五千百四十七年前のことです。
 あ、660といふのは、神武天皇の即位が紀元前六六〇年だからです。660+2017がさっき出て來た2677になります。
きゃりこ:
 そんな端数まで分かつてゐるの?! 百八十万年前つていへば、まだ人類なんかゐなかつたぢやない。
オスカー:
 人類はゐませんでした。だから神だつたの。何の不思議もありません。神武天皇の曽祖父(ニニギ)も、祖父も、父親も神だつたのですから、何十万年も生きたのです。
 神武天皇からは人間なので、「人(にん)皇(わう)」と言ふことがあります。今上天皇は「人皇第百二十五代」です。「にんわう」と書いても、「ニンノウ」と發音してね。
きゃりこ:
 どうして、外人がそんな神がかったこと言ふの?
オスカー:
 「天の岩戸」の話は知つてゐますか?
きゃりこ:
 天照大神が岩に隠れた話でせう。
オスカー:
 弟の素戔嗚(すさのをの)尊(みこと)が暴れたので、怒つて洞窟に石の蓋をして、その中に隠れてしまつたのです。そこで~樣たちが相談して、蓋(扉)の隙間から鏡を差し出して、大神がなんだらうと思つてちょっと首を出した所を、腕を摑んで引きずりだしました。
 その鏡が三種神器の鏡なのです。
きゃりこ:
 馬鹿馬鹿しい。その鏡が今皇居にあるとでも言ひたいの?
オスカー:
 皇居ではありません。伊勢神宮にあるのです。
きゃりこ:
 えッ。三種神器って、皇居にあるんぢやないの?
オスカー:
 二セットあるのです。鏡のオリジナルは伊勢神宮にあるの。
きゃりこ:
 嘘。嘘。嘘。嘘。嘘。そんな話、聞いたこともない。外人が日本の美女騙すのに、そんな子供騙し使ふのやめて。
オスカー:
 聞いたことのないのはきゃりこさんだけですよ。
きゃりこ:
 む、む、む、む。さう言はれるとそんな氣がして來た。
オスカー:
 では、この続きはまたいつか機会があつたらといふことで、これでおしまひ。次回は別の話に行きます。






posted by 國語問題協議會 at 14:51| Comment(0) | 雁井理香
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: