2017年07月18日

きゃりこの戀(49)荒城の月 雁井理香

オスカー:
 前回、瀧廉太郎が作曲した「荒城の月」は、豊後竹田城をイメージしたものだといふ話をしました。そこで今日は、「荒城の月」の歌詞を見てみませう。作詞は土井晩翠ですよ。
  []春(はる)高樓(かうらう)の花の宴
   めぐる盞(さかづき)影差して
   千代の松が枝(え)分け出でし
   昔の光今いづこ
きゃりこ:
 春、花を見ながら、高樓(たかどの)で酒宴を開いてゐるんですね。
 みんなで盞を回して酒を呑んでゐる。
 千代って、何?
オスカー:
 まあ、簡単に千年といふことかな。
きゃりこ:
 千年も経つ松の枝の間を分けて、昔の光が……………。何の光だらう。ああ、さうだ。「荒城の月」なんだから、月の光だ。松の間から、月の光が差し込んでゐる。「今いづこ」つて何だ。「今どこへ行つてしまつたのか」だらうけど、何がどこへ行つてしまつたんだ。
オスカー:
 きゃりこさんの間違ひは、「分け出でし」の「し」を譯してないとこですね。
きゃりこ:
 過去の助動詞「き」の連体形だよね。……………あ、あ、あ。ひよつとして、「昔松の枝の間から差し込んでゐた月の光。それが今では見えない。どこへ行つてしまつたんだらう」と言ひたいのかな。
オスカー:
 さうなんですよ。今、月は出てゐるのか出てゐないのかははつきり書いてないけれども、(後まで見ると月は出てゐるんだけど)、いづれにしても古城の酒宴はもう行はれてゐない。昔、酒宴の席に差し込んでゐた月の光はどこへ行つてしまつたんだらう。
 ぢやあ、二番ですよ。
  []秋陣営の霜の色
   鳴き行く雁の數見せて
   植うる劒(つるぎ)に照り添ひし
   昔の光今いづこ
きゃりこ:
 うん、うん。戦争のために軍備を調(ととの)へたお城の情景だ。空には雁が飛んで行く。
 「植うる劒」が分からない。
オスカー:
 戦争のときには、すぐに刀を取り換へられるやうに、地面に何本も、きっさきを突き立てておきます。
きゃりこ:
 なるほど、それが木の枝を地面に植ゑたやうに見えるといふことだね。
 「植ゑる」ぢやなくて「植うる」なのはどうして?
オスカー:
 文語だからですよ。「植ゑズ」「植ゑタリ」「植う」「植うるトキ」「植うれドモ」「植ゑヨ」と變化する「下二段活用」。
きゃりこ:
 歴史的假名遣なら「植ふる」にはならないの?
オスカー:
 古文の授業で「うう・すう・うう」って習ひませんでしたか。
きゃりこ:
 なんぢやそれ。
オスカー:
 「ウエル(植)」「スエル(据)」「ウエル(飢)」だけは、「ワ行活用」なので、文語の終止形は「飢う」、この歌では連体形なので「植うる」となつてゐます。口語の終止形は「植ゑる」であつて、「植える」でも「植へる」でもありません。
 今度は三番。
  []今荒城の夜半(よは)の月
   替(かは)らぬ光たがためぞ
   垣に殘るはただ葛(かづら)
   松に歌ふはただ嵐
きゃりこ:
 やはんのことを「よは」つて言ふんだね。気障(きざ)だ。
オスカー:
 昔の言葉を大事にしてゐるだけですから、氣障なんて言はないで下さい。それに「ヨハ」って發音しないでね。「ヨワ」です。
きゃりこ:
 「替らぬ光」といふのは、「昔のままの光」といふことだらうけど、作者は昔生きてゐたわけぢやないのに、なんで「昔のまま」って分かるのさ。
 「たがためぞ」が全然分からない。
オスカー:
 「誰が爲ぞ」
きゃりこ:
 それぢやあ「だれがためぞ」ぢやないですか。
オスカー:
 古代の日本語には、濁音で始まる言葉がなかつたのです。「だれ」は「たれ」、「どこ」は「いづこ」。「いづこ」の「い」が脱落して、「づ」が「ど」になつたの。同じダ行だから、「づ」なのです。「いずこ」と書いてはいけません。
 「誰」(who, whom)は「たれ」、「誰の」(whose)は「たが」です。
きゃりこ:
 それは分かる。「私」(I, me)が「われ」、「私の」(my)が「わが」になるのと同じだね。
 昔と變はらない月光は誰のために差してゐるのだらう。
オスカー:
 誰もゐない古城で、見てくれる人もゐないのに、月がけなげに差してゐる、と言ひたいのです。
きゃりこ:
 垣根には雑草が生え、……………。「松に歌ふ」は松風の音を言ふのかな。
オスカー:
 さすがはきゃりこさん。
きゃりこ:
 昔は武士たちが歌を歌つてゐたのに、今では、松風が音を立ててゐるだけだ。
オスカー:
 見事、見事。
 では、四番。
きゃりこ:
 えッ。四番もあるの? かういふの、ふつうは三番までぢやない。
オスカー:
  []天上影は替らねど
   榮枯は移る世の姿
   寫さんとてか今もなほ
   嗚呼(ああ)荒城の夜半の月
きゃりこ:
 「天上影は替らねど」は、「月の姿は昔と同じだけれど」だらうね。
 「世の中は、栄枯盛衰定まることがない」
オスカー:
 その譯、ものすごくいいね。見直しましたよ。
きゃりこ:
 へへへ。
 「寫」って字が分からない。
オスカー:
 「写」の正字體。
きゃりこ:
 「うつさんとてか」だね。あああ、「ん」は「む」で意志を表はすんだつた。栄枯盛衰が何を寫さうとするんだ。
オスカー:
 「栄枯盛衰が」ぢやなくて、「栄枯盛衰を」なんですよ。
きゃりこ:
 わ、わ、わかつた。「夜半の月」が「栄枯盛衰」を寫さうとしてゐるんだ。
 「栄枯盛衰定まりなき世の姿を寫し出さうとしてだらうか、今もなほ月が照つてゐる」
オスカー:
 感心、感心。寧々さんでもここまで見事には譯せませんよ。
posted by 國語問題協議會 at 08:44| Comment(0) | 雁井理香
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: