2017年07月26日

ブックセラピー(その12) 明治・大正のエートス、正字正假名遣。 原山建郎


先般、「正字正假名遣(せいじせいかなづかひ)を中心とする國語表記の復權と普及」をめざす國語問題協議會の講演會で、大東文化大學学文學部准教授・山口謠司さんの講義を聞く機会があった。
音韻學の専門家である山口さんは、近著『〈ひらがな〉の誕生』(中経の文庫、二〇一六年)で、日本語の發音の歴史的な變遷について書いてゐる。
【現代人の日本語と、明治時代の初めの頃の日本語はまつたく違ふし、ましてや平安時代の言葉、奈良時代の言葉とは、大きく異なる。
おほよそ、同じ言語内での發音の變化は、一〇〇年を一つの世代と考へることができる。言ひ換へれば、一〇〇年の人とは話すことができるが、それを越えてしまふと、お互ひ何を言つてゐるのか、同じ言葉を使つてゐてもわからなくなつてしまふのである。】
(同書一二九ページ)

この日の講演で、奈良時代初期の政治家、藤原不比等の名前を、現代日本語では〈ふじわらのふひと〉と讀むが、奈良時代の發音では〈プディパラノプピティョ〉と呼んでゐたといふ解説があつた。私は高校時代、國語の渡邊弘一郎先生から、現代假名遣ひで〈私は=ha〉を我々は〈私わ=wa〉と発音するが、昔の日本人は〈は=ha〉でもない〈わ=wa〉でもない、〈ぱ=pa、pha〉あるいは〈ふぁ=fa〉と發音したと學んでゐたので、歴史的假名遣では〈ふぢはらのふひと〉と綴る名前を、山口さんによる上代日本語の口演で聞けてうれしかつた。

「母語は道具ではない。精神そのものです」とは、母語としての日本語(和語)を大切にした作家、井上ひさしさんが『日本語教室』(新潮新書、二〇一一年)に書いた言葉である。
【生まれた時の脳は、だいたい三五〇グラムで、成人、二十歳ぐらいでは一四〇〇グラムぐらゐになります。ちやうど四倍ですね。(中略)腦がどんどん育つていくときに、お母さんや愛情をもつて世話をしてくれる人たちから聞いた言葉、それが母語です。】
(同書一八ページ)

母語とは、人生で最初に出逢ふ言葉、幼児の耳元に響くお母さんの言葉、それは〈漢字〉まじりではなく、純粋な〈ひらがな〉だけの會話である。そして、平成の母親たちが語りかける〈ひらがな〉は、「現代假名づかひ」の發音なのである。

國語問題といへば、戰後の現代假名づかひ、當用漢字を思ひ浮かべるが、明治初期に採用された歴史的假名遣についても、表音式の假名遣改定案をめぐる論争が起つた。芥川龍之介は、一九二五年三月発行の『改造』に「文部省の假名遣改定案について」を寄稿してゐる。
【假名遣改定案は――たとへば「ゐ」「ゑ」を廢するは繁を省ける所以なるべし。(中略)「ゐ」「ゑ」を廢して「い」「え」のみを存す、誰か簡なるを認めざらむや。然れども敷島のやまと言葉の亂れむとする危險を顧みざるは斷じて便宜と言ふべからず。】

文教大學の社会人講座では、芥川龍之介の切支丹小説『おぎん』の關聯資料として、新字新かなづかひで書かれた青空文庫をもとに、私が正字正假名遣に再修正したテキストを配布した。
【一度などは浦上の宗徒みげる弥(彌)兵衛(衞)の水車小屋に、姿を現したと伝(傳)え(へ)られてい(ゐ)る。と同時に悪(惡)魔もまた宗徒の精(堰j進を妨げるため、あるいは見慣れぬ黒(K)人となり、】

江戸假名の音韻を残す明治に生まれ、大正という時代を足早に驅け抜け、昭和二年に自死した芥川龍之介の魂、「明治・大正のエートス」を理解するよすがに、芥川の作品を正字正假名遣のテキストで読む。

(武蔵野大學非常勤講師 『出版ニュース』コラム Book Therapy no.55)
 
posted by 國語問題協議會 at 19:16| Comment(0) | 原山建郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: