2018年01月26日

「つたへること・つたはるもの」(その1)漢語で傳へる「名文」より、ひらがなで傳はる「達意の文」を 原山建郎

かつて雜誌『主婦の友』の取材記者だつた私の文章スタイルは、いまでも『主婦の友社の用字用語』(入社時に貸與され、退社時には返却する、文章作成の手引書)が基本である。
@ 漢字の讀み方が2種類あるときは、原則として「開く」、つまり「ひらがな」表記にする。=○〜するとき(時)、○〜とい(言)ふ、○〜すること(事)、○子ども(供)は、いずれも時(じ)・言(げん)・事(じ)、供(きょう)と読まれるおそれがある。したがつて、讀み違いしやすい漢字表記ではなく、讀み方がひと目でわかる「ひらがな」表記に替へたほうがよい。
A 同じ言葉でも、時と場所と使用目的によつて、漢字、ひらがな、カタカナをうまく使ひ分ける。●桜の花。さくら貝。あいつはサクラだ。●子ども。子供。こどもの日(五月五日)。コドモまんが。/●薔薇の花。バラ科サクラ属。ちりぢりばらばら。●大人料金。おとな(大人)しい。オトナの女性。
B  常用漢字表にある漢字であつても、「ひらがな」表記にした方が讀みやすい。=☆出來る→できる、☆續く→つづく、☆〜餘り→あまり、☆〜程→ほど、☆予め→あらかじめ
C  接頭語的にあるいは、補助動詞として使はれるときは、「ひらがな」表記が妥当である。=◆とり(取り)壊す、とり(取り)亂す、◆ご(御)親切に、◆繪本を讀んでみる(見る)、◆來てほしい(欲しい)、◆買つてくる(來る)、◆Kといふ(云ふ)人、

大學時代、所謂(いはゆる)名文を書くためには、日ごろから教養を磨くだけでなく、就中(なかんづく)難解な漢語を用ゐる心がけが肝要(かんえう)で、それが即ち(すなはち)一流の書き手だと思つてゐた私が配屬された『主婦の友』では、「ひらがな」だらけの文章を書かされた。そんなとき、先輩記者から誘はれる酒場(入社後1年間はタダ)での飲みニケーションは、貴重な實踐的文章教室となつた。
★所謂→よくいはれる、★就中→なかでもとくに、★肝要→たいせつ、★即ち→つまり
なるほど、どれも當たり前の「ひらがな」語ばかり。これではまるで小學校時代の國語の時間に逆戻りである、などと少し酔ひのまはつた頭で考へてゐると、先輩から痛棒の一撃を食らつた。「難しいことを難しく書くのは、誰でもできる。難しいことをわかりやすく書くのが、雑誌記者の腕だ」
後年、『わたしの健康』(現在は『健康』)の編集長を務めるやうになつてから、たとへば醫學・健康分野の記事を書くときに重要なことは、その分野の専門的知識を得るための勉強ではなく、取材先の醫師や榮養士に「わかりやすく言ふと〜ですか?」「たとへば〜のやうなことでせうか?」と粘り強く質問して、一般讀者に傳はるレベルまでトコトン發み碎く「達意の文」だと気づかされた。『主婦の友社の用字用語』に書かれてゐる「料理記事で注意を要する点」は、そのまま「達意の文」の基礎編となつてゐる。
▲料理記事は、材料と作り方、盛り方、食べ方、(調理の)コつ、応用、献立などから成つている。材料に出てゐて、作り方でふれてゐないなどといふことのないやうに。調味料などで、材料の中に書き入れないことはあるが。▲調理過程の説明に不用意はないか。煮る、燒く、もどすなどといふ必要作業の叙述が抜けてはゐないか。▲値段、所要時間およびその表記についての吟味。
難しい専門用語(漢語)で傳へる「名文」よりも、内容を發み碎いたひらがなで傳はる「達意の文」を心がけたい。
(武藏野大學非常勤講師『ゴム報知新聞』電子版コラム (2016年10月11日)

posted by 國語問題協議會 at 11:00| Comment(0) | 原山建郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: