2018年03月01日

歌  早春賦  作詞 吉丸一昌 、作曲 中田章

 一、春は名のみの風の寒さや 谷のうぐひす歌は思へど
    時にあらずと 聲もたてず
    時にあらずと 聲もたてず

二、氷融け去り 葦は角ぐむ さては時ぞと 思ふあやにく
   今日も昨日も 雪の空
   今日も昨日も 雪の空

三、 春と聞かねば 知らでありしを 聞けばせかるる 胸の思ひを
     いかにせよとの この頃か
     いかにせよとの この頃か
posted by 國語問題協議會 at 10:15| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: