2018年03月11日

きゃりこの戀(54)  贈り名  雁井里香

オスカー:
 さて、前回の続き。「後西院」に「天皇」を附けたのだから、「後西院天皇」になる所ですが、さつき言つたやうに、江戸時代には「天皇」と言はずに「院」と言つたから、「後西院院」となるはずです。「院」が二つ続くのもをかしいから、「後西院」になり、明治になつて、天皇の称号が復活してからも、「後西天皇」になつてしまつたといふわけです。このとき、「後西院天皇」にすればよかつたのに、単純に後西院の院を天皇に置き換へてしまつたのがいけなかつたのです。
ねね:
 なるほど。長年の疑問が氷解しました。
オスカー:
 前回から、天皇の贈り名のことを「諡号」と呼んで来ましたが、実は「諡號」と「追號」があるのです。「聖武」とか「天智」とか、天皇の業績を讃えて付ける場合は「諡號」ですが、「醍醐」とか「鳥羽」とか「正親町」とか、地名などを附ける場合には「追號」と言います。
ねね:
 ふううん。それは知らなかつた。ぢやあ、「後鳥羽」のやうに、「後」を附けたのは?
オスカー:
 それは「加後號」(かごがう)。
ねね:
 「號を加へる」か。分かり易いですね。
 ところで、諡号追号つて、音読みばかりですよね。
オスカー:
 そんなことありませんよ。よく考へてごらんなさい。
ねね:
 あ、さうか。今言つたばかりの「鳥羽」「正親町」も《訓讀み》だ。
オスカー:
 霊元天皇の次は誰でしたつけ。
ねね:
 東山天皇。「ひがしやま」つて、訓読みしてゐますね。この人、忠臣蔵のときの天皇だつた。浅野内匠頭が饗応するはずだつた勅使は東山天皇のお使ひだつたんですよね。
オスカー:
 その後は------------?
ねね:
 ああ、ゐます、ゐます。次は中御門(なかみかど)、櫻町(さくらまち)、桃園(ももぞの)、後櫻町、後桃園。このへんに訓読みの天皇が集中してゐますね。
ねね:
 ところで、平安時代の「近衛」天皇は、音読みかしら、訓読みかしら。
オスカー:
 「こんゑ」が訛つて「このゑ」になつたのだから、音読みと考へた方がいいでせう。
ねね:
 「きんゑい」ぢやなくて、「このゑ」なのは、《呉音》ですね。でも、《呉音》なら、「こんゑ」になりさうだけど。
オスカー:
 konweの頭の母音がoだから、それに引かれてnの後にoが入つてしまひました。
ねね:
 古代の母音調和の名残ですね。
オスカー:
 さうも考へられますね。あるいは「こん・の・ゑ」かも知れない。「近衛大将」とか、役職としては前から存在する名前ですからね。
 さて、中御門天皇の子孫はここで絶えて、中御門の弟の孫(閑院宮家皇子)が光格天皇(明治天皇の皇祖考)として即位しました。王朝が変つたから、訓読みの習慣を止めて、もとの音読みに戻したのかも知れませんね。
ねね:
 「皇祖考」つてなんだ。ああ、さうか。一般人でも亡くなつた父親のことを「先考」といふから、「皇考」は「天皇のお父さん」、「皇祖考」は「天皇のおぢいさん」でせうね。
オスカー:
 さすがは見事な推理ですね。
ねね:
 「中御門」は漢字三字ですね。さういへば、「正親町(おおぎまち)」天皇もゐましたね。信長と腹のさぐりあひをした天皇。
 それにしても、「正親町」つて、変な名前。なんで、そんな風に読めるのかしら。
オスカー:
 この字をなんでさう読むかは諸説あつて、納得できる説明はありません。
 ただ、京都市内に「正親町」といふ地名があるから、その名前を取つたことは間違ひないでせう。御所のすぐ西の方です。藤原氏の分かれにも、「正親町」家があります。
 戦前の皇室辞典を見ると、「あふぎまち」ではなく「おほぎまち」となつてゐますから、現代仮名遣も「おうぎまち」でなく「おおぎまち」ですね。まあ、現代仮名遣なんかどうでもいいのですが。
ねね:
 「後」が付かないで、漢字三字の天皇は、「中御門」と「正親町」だけかな。--------------------もう一人ゐました。ずつと前の「土御門」だ。そして、漢字四字は「後土御門」だけ。
 それにしても、私が感心するのは、日本語つて、漢語の、特に二字熟語の場合は、同音になることが多いのに、天皇諡号は、同じ発音になる名前が一組もないんですよね。
オスカー:
 おお、それは僕も気付かなかつた。よほど考へて付けたのでせう。音読みの二字熟語が百もあつて、同じ発音が一組もないといふのは奇蹟に近いですね。
 平成の元号を選ぶときに、アルファベットの頭文字が、明治(M)、大正(T)、昭和(S)とだぶらないやうに気を付けたといふ話もあります。
 平成の次の元号は、「アイウエオ」か、さうでなければ、K, Nで始まる言葉になりさうですね。あるいは、濁音かな。
 嚴寧(げむねい)元年。
ねね:
 恐ろしい寧々?
posted by 國語問題協議會 at 11:23| Comment(0) | 雁井理香
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: