2018年11月10日

日本語ウォッチング(7) 一姫二太郎 織田多宇人 一姫二太郎

「一姫二太郎」は、「子供を持つなら、最初が女の子で二番目が男の子と言ふ順番だと育て易いと」言ふ意味だが、最近の若い人は、「子供を持つなら、女の子一人と男の子二人が良い(子供の合計は三人)」と思つてゐる人が多い。太郎(長男)は一人しかいないのだが。
若い世代の言語感覺の違ひは「住めば都」と言ふ言葉にも現はれてゐる。もともと「どんな所でも住み慣れてしまへば、そこが最も住みよい土地になる」と言ふ意味だが、若い世代の過半數が、「住むのなら都會が良い」と思つてゐる。「住めば都」を文語文と捉へると「住む」の已然形で、「住んでみたところ」と言ふ意味になるが、口語文と捉へると「住む」の未然形で「もし住むらば」と言ふ意味になつてしまふので、誤解するのもうなづける。
「噴飯もの」の意味は@腹立たしくて仕方がない、Aおかしくてたまらない、のどちらか?と言ふ文化廳の調査で、@と誤答した人が49.0%、Aと正答出來た人が19.7%、「分からない」と答へた人が27.4%だつた。これなども若い人の影響が大きいのだらう。「噴飯」の「噴」は「噴火」や「噴射」と言ふ言葉があるやうに、「パーッと出す」と言ふ意味だが、@と答へた人は、「憤慨する」の「憤」だと勘違ひしたのだらうか。

posted by 國語問題協議會 at 10:58| Comment(0) | 織田多宇人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: