2020年01月27日

日本語ウォッチング(28)  織田多宇人

花がよんぶ咲き
「花が四分咲き」とか「七分咲き」等と言ふ場合、ラジオ・テレビで「よんぶ」「ななぶ」と發音してゐる場合が多い。しかしこれは「しぶ」、「しちぶ」と言ふことに決まつてゐる。例へば「四十七士」「四萬六千日」をまさか「よんじゅうななし」「よんまんろくせんにち」とは言はないだらう。金錢や數字の聞き誤りを避ける場合は無理も無いが、いはば成語となつてゐるものは、ラジオ・テレビも正しい發音に從つてもらひたい。年齡等でも「よん」「なな」を使ふのは耳障りである。「四歳」は「しさい」と言ひにくいので、昔から「よっつ」と言ひ、「十四歳」は單に「十四」と言つた。「男女七歳にして」は成語なので「しちさい」である。「七歳」が發音しにくければ、「ななつ」と言ふ言ひ方が用意されてゐた。戰後、年齡に一々「歳」をつけて言ふやうになつて「四歳」、「七歳」のやうに發音がぎこちなくない言葉が生れて來た。柔道等の「段」も「七段」は「しちだん」だ。但し「四段」は「しだん」とは發音しにくいので、「よだん」と發音してゐるのが一般的のやうだ。
posted by 國語問題協議會 at 20:04| Comment(0) | 織田多宇人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: