2020年05月23日

日本語ウォッチング(30)  織田多宇人

晴れあがる
「朝から晴れあがつた良い天氣」と言ふ表現は餘り違和感が無いやうだが良く考へると何かをかしい。「ハレあがる」と言ふと、腫物がでも出來たかと勘違ひしてしまふ。多分「雨が霽(は)れる」「雨が上る」と言ふ二つの言葉がくつついて出來たのではないだらうか。良く晴れた日、澄んだ青空のことは、「晴れ渡る」「澄み渡る」と言ふのが本來の言ひ方だらう。明治天皇の御製にも「あさみどり澄みわたりたる大空の廣きをおのが心ともがな」と言ふのがある。
posted by 國語問題協議會 at 16:01| Comment(0) | 織田多宇人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: