2020年08月10日

數學における言語(60) 伊東靜雄と戰後(V)

 「何の異變もおこらないのが信ぜられない」といふ伊東靜雄の言葉に對して、同じ長崎縣生まれで、『日本浪漫派批判序説』の著者橋川文三は、「それは一つの信仰の孤独な絶対さとその挫折の絶対さを同時に表した言葉であろう。その時、すでに詩人は蘇る途を絶たれ、自ら悠遠な記念碑と化する運命に引き渡された」(昭和36年4月「日本読書新聞」)と書いてゐますが、これはひとり詩人伊東靜雄だけの問題ではなく、當時の日本國民の多くが「8月15日」といふ“一瞬”において共有した心情ではなかつたのか、と私は推測します。
 しかし、少々皮肉を言へば「異變」は、“自然”にではなく“社會”において次々と起こり(或いは起こされ)、これについては前囘述べた通りで、政界や財界に異變が起きたのは致し方がないとしても、私が「信ぜられない」のは、「日本語の傳統的な文字づかひの廢止」です。誰とは申しませんが、國語を佛蘭西語にせよとか、すべてローマ字表記にせよとか宣うた小説家や文化人たちには、ただただ呆れるばかりです。
 ここで深入りはしませんが、この「國語問題」は言ふまでもなく、本「國語問題協議會」の核心的テーマであり、福田恆存氏が『私の國語教室』を書かざるをえなかつた根本的理由でした。「國語改良論」者たちとの論爭は、『福田恆存全集第三卷』「U」によつて知ることができますが、福田氏が金田一(京助)、桑原(武夫)兩氏の立論を完全に「論破」されてゐるにもかかはらず、今なほ「新かなづかい」が生き延びてゐるのは、一體どういふ“茶番”によるのでせうか。ちなみに、數學においては、その定理の誤りが指摘され「論破」されれば、その定理は“死ぬ”ほかはありません。數學においては「言葉」は“生きてゐる”のです。
 戰後の伊東靜雄は、「大東亞戰爭敗北」と「昭和24年發病の肺結核」とを拔きに考へることはできませんが、伊東は戰後の「國語改惡」をどのやうに受け止めてゐたのでせうか、これについての直接的な言及は全く見られません。しかし、「大東亞戰爭」については、次のやうなエピソードが殘されてゐます。
 伊東は昭和21年8月に「心友蓮田善明が彼の上官を射殺した後自決した」ことを知り衝撃を受けます。小高根二郎著『蓮田善明とその死』によると、伊東は富士正晴に「ひとりで死にやいいのに」と語つたといひます。さらに、靜雄は富士正晴に「戰鬪帽や軍服をはなはだ不愉快に思つてゐること、戰爭がすんでほつとしたこと」などを話し、富士が「戰爭中ウルタラ右翼だつた連中が忽ち左傾化してゐる」ことを非難すると、伊東は「人民は、世の中が左傾化すれば左傾化し、右傾化すれば右傾化するのが當然で、それで良いのですよ」と応じたといひます。
 私は、伊東のこの言葉のうちに「絶對の信仰とその絶對の挫折を體驗した精神」の、諦念と悲哀とを見る思ひがして、最後の詩集『反響』の「夏の終り」といふ詩を思ひ出します。
太陽の燃えかがやく野の景觀に\それがおほきく落す靜かな翳は\…さよなら…さやうなら…\…さよなら…さやうなら…\
(中略)ずつとこの會釋をつづけながら\やがて優しくわが視野から遠ざかる

 小高根二郎氏は「飛び去るはぐれ雲はまさしく善明の霊魂だ」と述べられてゐますが、靜雄研究家の田中俊廣氏は「この詩の主体の視点は野や街道や水田を見下ろす高い所にある。俯瞰法と言ったらいいのか、パースペクティブな高見から風景と自己の精神の<消失点>(中核)を静観している」(『痛き夢の行方伊東静雄論』)と巧みな解説をされてゐます。
 『反響』における伊東の視線は、猥雜な陋巷の「露骨な生活の間」に向けられてはゐますが、彼の視線が低くなればなるほどその詩は澄明度を増し、プロティノス的な實存的深みに漸近していきます。それゆゑ伊東の心は無限遠點の「かのもの」に收斂し、現世に「さよなら」と最期の挨拶をするのです。そこには、現世を超越した平明なプロティノス的宗教的悟りがあつたやうにも思はれます。 (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 20:47| Comment(0) | 河田直樹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: