2022年10月09日

日本語ウォッチング(54) 織田多宇人

虎視耽々
 四文字熟語に接した時、時々あれつと言ふ間違󠄂ひを見ることがある。「虎視耽々」等も其の一つ。「こしたんたん」は虎が獲物を銳い目でねらうことだから、當然「目偏󠄁」であり「耳偏󠄁」である筈がない。從つて「虎視眈々」でなければならない。「耽」も「眈」も音󠄁は「タン」であるが、訓は「耽」は「ふける」であり、「眈」は「にらむ」である。「眈」の熟語は「眈々(此の例から轉じて、野心を以て機會を狙う樣)」位しかないが、「耽」の熟語としては、「耽美(美にふけり陶醉すること)」、「耽溺(ふけりおぼれる)」、「耽讀(讀書にふける)」等がある。
posted by 國語問題協議會 at 20:00| Comment(0) | 織田多宇人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: