2022年11月12日

數學における言語(81) 中世~學論爭と數學−前󠄁期ヘ父哲學(W)

 基督ヘが、その傳道󠄁の初期にはローマ帝󠄁國によつて迫󠄁害󠄂されたことはよく知られてゐますが、そのヘへがローマ世界に廣まるにつれ、その“眞理性”を異邦人にも納󠄁得させ、また異端の發生を押さへるためにも、そのヘ義を確立する必要󠄁があつたことは想像に難くありません。そして、そのやうな時代の要󠄁請󠄁から“ヘ父”と言はれる人々も生まれてきますが、“広辞苑”によれば“教父”とは「初期基督教会の神学的著作家・精神的指導者」と定義されてゐます。それはともかく、私が面白いと思ふのは、ヘ父たちがソクラテスやプラトン、アリストテレスなどの古代希臘の“論證哲學”から多大の影響を受󠄁けてゐるといふ點です。ここで第3回目のブログで紹介した、ブライアン・マギーの“古代希臘哲學”についての次󠄁の言葉を思ひ出して頂きたいと思ひます。
 最初に登場した哲學者たちは、ふたつの點で過󠄁去と訣別しました。まづひとつは、宗ヘや權威や傳統とは關係のない、自らの論理で現實を理解しようとしたこと、これは人類の拐~史においては劃期的󠄁な試みでした。そしてもう一つは、他の人々にも自分の力で考へるやうに說いたことです。たとへ弟子の立場にあつても、師のヘへをそのまま受󠄁け入れる必要󠄁はないといふのです。

 考へてみればこれ自體、洵に恐󠄁るべきヘへで、これが希臘哲學の蛾窒セとすると、この拐~に貫かれた“~學”とは、一體如何なるものになるのでせうか。一般に宗ヘには、偉大な師(ヘ祖)のヘへを絶對として、弟子(信徒)たちはそのヘへを無條件に受󠄁け入れていく、といふ惡く言へば“鵜呑みすべきヘへ”といふイメージがありますが、では希臘哲學の洗禮を受󠄁けてゐたヘ父たちのヘ義はどのやうなものになるのか? これは私の獨斷と偏󠄁見ですが、この點が“基督ヘ~學”と“他の宗ヘヘ義”とを決定的󠄁に分つ點であり、したがつて、“基督ヘ~學”には、その當初から今で言ふ所󠄁謂“眞理性を探究する科學”が胚胎し內包󠄁されてゐたと思はれます。でなければ、すでに述󠄁べたやうに、あのガリレオ・ガリレイの宗ヘ裁判󠄁など理解できません。この裁判󠄁は、單に基督ヘヘ義の暗󠄁愚が、近󠄁代知の開明を斷罪したものではないのです。
 前󠄁期ヘ父哲學の「アレクサンドリア派」で忘󠄁れてはならないのは、オリゲネス(185?〜254?)でせう。彼は新プラトン派やグノーシス派の思想を取り込󠄁みながらヘ義を體系化󠄁していつたやうで、「基督ヘ~學の創設者」と目されてゐます。後に彼の~學體系は、東方ヘ會に大きな影響を與へ、そのヘ義をめぐつては數世紀にわたつて論爭が繰り廣げられたやうです。その論爭とは、ひと言で言へば「キリストの“~性”と“人性”」についてのもので、元來基督ヘ信仰は、「~の子が肉體をとつて人になつた(受󠄁肉:Incarnation)」といふところに端を發してゐますので、これが問題にされるのはある意󠄁味當然のことなのかもしれません。因みに、「受󠄁肉」とは「三位一體である~の子(ロゴス・ことば)が人間イエス(肉)として生まれたこと」で。“三位一體(the Trinity)”の”三位”とは、「世界の創造󠄁主󠄁としての父、贖罪者キリストとしてこの世に現れた子イエス、そして信仰で顯現される聖󠄁靈」を指すのは周󠄀知の通󠄁りです。しかし實のところ、私自身はかういふ議論自體には餘り興味はありません。私の關心は、このやうに“理論化󠄁(科學化󠄁)されたキリストヘ”的󠄁良心(僞裝化󠄁されてはゐますが)が生み出した、尋󠄁常からは逸脫した社會理論や人權思想の行き着く先の方にあります。アレクサンドリア派のヘ父として擧げられる人には、オリゲネスの他にクレメンス(150?〜254?)やアタナシウス(295〜373)といつた人たちもゐますが、私は彼等の個々の言說にもさほど興味はありません。
 繰り返󠄁しになりますが、私のもつぱらの興味關心は、“古代希臘哲學との(こう)()(きん)(アマルガム)としての~學”なのであつて、その~學論爭こそが、ニコラス・クザーヌスやスピノザ、あるいはボルツァノなどを生み出し、その一方で奇怪な共產主󠄁義や奇天烈な人權槪念を創出してきた、といふ歷史的󠄁事實にあるのです。  (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 20:30| Comment(0) | 河田直樹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: