2018年08月18日

一口話(一)   雁井理香

1.戦前の日本海軍の「連合艦隊」を「聯合艦隊」と書いてあるのをごらんになつた記憶のある方もいらつしやるでせう。たいていの方は「連」が新漢字(略字)で、「聯」が舊漢字(正字)だと思つていらつしやるやうですが、さうではないのです。
 實は、「連」と「聯」は別字です。「連」は「もしくは縦に、まつすぐ一本につながつてゐる」(一次元的)様子を表し、「聯」は「四方八方とのつながりがある」(二次元的)様子を表してゐます。戦前はちやんと使ひ分けてゐたのに、敗戰後當用漢字を定めた際に、區別をやめて、いはば「聯」を「連」に吸収させてしまつたのです。
 「連続」は「連」、「聯合」は「聯」です。「連續」は「一本につながつている」、「聯合」は「四方八方から呼び寄せて一緒になる」といふニュアンスがお分かりになるでせう。因みに、戰前の「國際レン盟」は當時は「國際聯盟」と書いてゐました。「國際レン合」は一九四五年に結成されたときには、「國際聯合」と書いたのに、その後當用漢字で漢字の使用が制限されたために「国際連合」になりました。
 「国際連合」のことを英語ではthe United Nationsと言ひますが、これは戰時中の「連合國(聯合國)」のことです。連合國がそのまま國際連合になつたので、歐米人の意識としては、「連合國」と「國際連合」は同じものなのです。だからこそ、「敵國條項」といふのがあつて、戰時中に連合國に敵對した日本などは、いまだに差別待遇を受けてゐます。
 中國語では、「連合國」も「國際連合」も「聯合國」と呼ぶのが面白い所です。台湾ではこの漢字(正漢字)のままですが、大陸では簡体字を使ひます。
 ただ、「連」も「聯」も發音は同じ(lianリェン)で、聲調(四聲・アクセント)まで同じですから、もともとは同じ單語だつたのかも知れません。
posted by 國語問題協議會 at 14:41| Comment(0) | 雁井理香

2018年06月21日

きゃりこの戀(55) 連と聯

聯と連

きゃりこ:
 オスカー先生。日本人で誰が好き。歴史上の人物で。
オスカー:
 斷然、山本五十六がいいですね。
きやりこ:
 誰、それ。
オスカー:
 大東亞戰爭のときの聯合艦隊司令長官。
きやりこ:
 またまた、大東亞戰爭だなんて。
オスカー:
 「聯合」つて、何と何が聯合してるの。
きやりこ:
 そんなことあたしでも知ってるよ。太平洋戰爭のときなんだから、日本とドイツとイタリアでしょ。
オスカー:
 ぢやあ、三國同盟の聯合軍のトップに日本人がゐたわけ?
きやりこ:
 さう言はれれば何かへんだね。
オスカー:
 聯合艦隊は帝國海軍の最大の戰鬪單位だったの。まあ、第一艦隊とか第二艦隊とは、小さな艦隊を聯合させたものだと思つて下さい。
きやりこ:
 なんで「連合」でなく「聯合」なの?
オスカー:
 戰前はさう書いたの。
きやりこ:
 さうか。「聯」が正字で、「連」が略字なんだ。
オスカー:
 正字と略字にしちやあ、字形が違ひ過ぎませんか。
 「聯」と「連」は別字なの。ある先生の説によると、「聯」は平面的(二次元的)に四方八方から寄せ集め
ること。「連」は直線的(一次元的)に繋げることだと言ひます。
 「れんぞく」はまっすぐに繫がるから「連續」。「れんがふ艦隊」は日本中の艦隊を四方八方から集めるでしょ。だから、「聯合」なの。
 ぢやあ、「れん體形は?」
きやりこ:
 「體言」につらなる、といふ意味なんだから、「連體形」
オスカー:
 うんうん。流石はきやりこさんだ。
きやりこ:
 ふん。オスカー先生の好きなねねみたいに賢くはないんだよ。お世辭言ふな。
オスカー:
 ぢやあ、「れん想」は?
きやりこ:
 これも四方八方から集めるんだ。だから、「聯想」だ。それって、日本だけなの。それとも中國でもさうなつてゐるの?
オスカー:
 昔の中國でも、今の中國でも、「聯想」を使ひます。
 この前、中國人の女の子を紹介されたから、「看見你、聯想楊貴妃(リェンシアんダオ、ヤんグェフェイ)」と言つたら喜んでくれました。
きやりこ:
 なんとなく分かる。お世辭言つたの。
オスカー:
 漢文訓讀調で讀むと、「你(なんぢ)を見るに聯想して楊貴妃に到る」。
きやりこ:
 はいはい。御馳走さま。
posted by 國語問題協議會 at 22:37| Comment(0) | 雁井理香

2018年03月11日

きゃりこの戀(54)  贈り名  雁井里香

オスカー:
 さて、前回の続き。「後西院」に「天皇」を附けたのだから、「後西院天皇」になる所ですが、さつき言つたやうに、江戸時代には「天皇」と言はずに「院」と言つたから、「後西院院」となるはずです。「院」が二つ続くのもをかしいから、「後西院」になり、明治になつて、天皇の称号が復活してからも、「後西天皇」になつてしまつたといふわけです。このとき、「後西院天皇」にすればよかつたのに、単純に後西院の院を天皇に置き換へてしまつたのがいけなかつたのです。
ねね:
 なるほど。長年の疑問が氷解しました。
オスカー:
 前回から、天皇の贈り名のことを「諡号」と呼んで来ましたが、実は「諡號」と「追號」があるのです。「聖武」とか「天智」とか、天皇の業績を讃えて付ける場合は「諡號」ですが、「醍醐」とか「鳥羽」とか「正親町」とか、地名などを附ける場合には「追號」と言います。
ねね:
 ふううん。それは知らなかつた。ぢやあ、「後鳥羽」のやうに、「後」を附けたのは?
オスカー:
 それは「加後號」(かごがう)。
ねね:
 「號を加へる」か。分かり易いですね。
 ところで、諡号追号つて、音読みばかりですよね。
オスカー:
 そんなことありませんよ。よく考へてごらんなさい。
ねね:
 あ、さうか。今言つたばかりの「鳥羽」「正親町」も《訓讀み》だ。
オスカー:
 霊元天皇の次は誰でしたつけ。
ねね:
 東山天皇。「ひがしやま」つて、訓読みしてゐますね。この人、忠臣蔵のときの天皇だつた。浅野内匠頭が饗応するはずだつた勅使は東山天皇のお使ひだつたんですよね。
オスカー:
 その後は------------?
ねね:
 ああ、ゐます、ゐます。次は中御門(なかみかど)、櫻町(さくらまち)、桃園(ももぞの)、後櫻町、後桃園。このへんに訓読みの天皇が集中してゐますね。
ねね:
 ところで、平安時代の「近衛」天皇は、音読みかしら、訓読みかしら。
オスカー:
 「こんゑ」が訛つて「このゑ」になつたのだから、音読みと考へた方がいいでせう。
ねね:
 「きんゑい」ぢやなくて、「このゑ」なのは、《呉音》ですね。でも、《呉音》なら、「こんゑ」になりさうだけど。
オスカー:
 konweの頭の母音がoだから、それに引かれてnの後にoが入つてしまひました。
ねね:
 古代の母音調和の名残ですね。
オスカー:
 さうも考へられますね。あるいは「こん・の・ゑ」かも知れない。「近衛大将」とか、役職としては前から存在する名前ですからね。
 さて、中御門天皇の子孫はここで絶えて、中御門の弟の孫(閑院宮家皇子)が光格天皇(明治天皇の皇祖考)として即位しました。王朝が変つたから、訓読みの習慣を止めて、もとの音読みに戻したのかも知れませんね。
ねね:
 「皇祖考」つてなんだ。ああ、さうか。一般人でも亡くなつた父親のことを「先考」といふから、「皇考」は「天皇のお父さん」、「皇祖考」は「天皇のおぢいさん」でせうね。
オスカー:
 さすがは見事な推理ですね。
ねね:
 「中御門」は漢字三字ですね。さういへば、「正親町(おおぎまち)」天皇もゐましたね。信長と腹のさぐりあひをした天皇。
 それにしても、「正親町」つて、変な名前。なんで、そんな風に読めるのかしら。
オスカー:
 この字をなんでさう読むかは諸説あつて、納得できる説明はありません。
 ただ、京都市内に「正親町」といふ地名があるから、その名前を取つたことは間違ひないでせう。御所のすぐ西の方です。藤原氏の分かれにも、「正親町」家があります。
 戦前の皇室辞典を見ると、「あふぎまち」ではなく「おほぎまち」となつてゐますから、現代仮名遣も「おうぎまち」でなく「おおぎまち」ですね。まあ、現代仮名遣なんかどうでもいいのですが。
ねね:
 「後」が付かないで、漢字三字の天皇は、「中御門」と「正親町」だけかな。--------------------もう一人ゐました。ずつと前の「土御門」だ。そして、漢字四字は「後土御門」だけ。
 それにしても、私が感心するのは、日本語つて、漢語の、特に二字熟語の場合は、同音になることが多いのに、天皇諡号は、同じ発音になる名前が一組もないんですよね。
オスカー:
 おお、それは僕も気付かなかつた。よほど考へて付けたのでせう。音読みの二字熟語が百もあつて、同じ発音が一組もないといふのは奇蹟に近いですね。
 平成の元号を選ぶときに、アルファベットの頭文字が、明治(M)、大正(T)、昭和(S)とだぶらないやうに気を付けたといふ話もあります。
 平成の次の元号は、「アイウエオ」か、さうでなければ、K, Nで始まる言葉になりさうですね。あるいは、濁音かな。
 嚴寧(げむねい)元年。
ねね:
 恐ろしい寧々?
posted by 國語問題協議會 at 11:23| Comment(0) | 雁井理香