2017年03月02日

きゃりこの戀(その42) 百人秀歌

オスカー:
 今回は前回の続きなので、また寧々さんにも來てもらひました。
寧々:
 前回のお話で、ちょっと疑問を感じました。藤原定家は幕府寄りで、後鳥羽院に對してはあまり忠実ではなかつたと聞いてゐます。そして、後鳥羽院は1221年の「承久の變」で幕府に逆つて、隠岐に流されてしまつたんですよね。「新勅撰集」(1232年)よりも後だから、幕府を憚つてゐたはずなのに、後鳥羽院とその共犯者といへる順徳院の歌をよく入れることができましたね。
オスカー:
 それはいい質問です。
 定家は百人一首とほとんど同じ「百人秀歌」といふものを撰んでゐます。百人一首より前か後かも分からない。内容はほとんど同じ。ただ、全部で百一首。百人一首より一首多いのですが、二人の歌を棄てて、新たに別の三人の歌を入れてゐます。
寧々:
 さうか。その外された二人が後鳥羽院と順徳院なのですね。
オスカー:
 さうなのです。百人一首が先だといふ説では、最初はこの二人を入れたんだけど、後になつて、やつぱり幕府が怖いといふことで外したといふことになります。逆に、百人秀歌が前だといふ説に拠ると、最初は幕府を憚つたんだけど、後で、ほとぼりが冷めた頃になつて二人を入れたといふわけです。
 外に、作者は同じでも、歌が違つてゐるのもあります。
きゃりこ:
 定家つて、テレビドラマに出て來たのを見てたら、ずるい人みたいでしたよ。
オスカー:
 テレビドラマはみんないい加減だから、それを見てそんなこと言つては定家がかはいさうですが、後鳥羽院とはいろんな確執があつたので、あんまり誠実にはなれなかつたやうです。
きゃりこ:
 後鳥羽院が流されたのを見て、「いい気味だ」と思つたのかな。
オスカー:
 ははは。さういふことはあるかも知れない。何しろ、その前に後鳥羽院と衝突して、「今後公(おほやけ)の歌の席に定家を召してはならない」といふお触れを出されてしまつたのですから、後鳥羽院が京都にをられたら、定家の歌人としての生命は終つてゐたかも知れません。
寧々:
 家隆は誠實な人だつたんですね。
きゃりこ:
 それ、誰?
オスカー:
 定家と一緒に「新古今集」を撰んだ撰者の一人、藤原家隆です。家隆は、後鳥羽院をお慰めするために、隱岐まで訪ねて行つたのです。
きゃりこ:
 すごい。京都から隱岐島まで旅行するつて、大変なことだつたでせうね。流されるのなら、仕方がないけど、わざわざ自分から訪ねて行つたのね。
寧々:
 幕府に睨まれるのを覚悟して後鳥羽院を慕つて行つたのよ。
きゃりこ:
 若い家隆が、父親のやうな後鳥羽院を慕ふ麗しい忠義の物語ね。
オスカー:
 ところが、隠岐に流されたとき、後鳥羽院は四十二歳。家驍ヘ六十歳。定家は五十六歳になつてゐたのです。
寧々:
 さういふのが、歴史の「常識とは違ふ意外性」ですね。鎌倉時代に六十歳で旅行するって、大變だつだでせうね
オスカー:
 さて、百人秀歌で附け加へられた三人の歌のうち、僕の好きなのをご紹介しませう。
 一条院皇后宮。
きゃりこ:
 なんだそれ。
寧々:
 「いちじやうゐんくわうごうのみや」と読んでね。
きゃりこ:
 漢字ばつかりなのに、なんでおねえちゃん讀めるの。同じ兩親から生れたとは思へない。あたし、お母さんが不倫して作つた子かな。あ。お母さんに言はないでね。
寧々:
 お父さんが餘所(よそ)で作つた子をお母さんが育ててくれたんだよ。
 ところで、一条院皇后って、定子(ていし)か彰(しやう)子(し)かどつちかですね。さうか、歌のうまいのは定子だ。
オスカー:
 そのとほり。定子は道長の兄道隆の娘。彰子は道長の娘。定子は父が死んだ後、叔父の道長に迫害されるのですが、彰子は定子と仲がよくて、父親に抗議して、定子いぢめをやめさせようとしました。
 さて、百人秀歌の定子の歌は、かうです。
  「よもすがら契りしことを忘れずは戀ひむ涙の色ぞゆかしき」
寧々:
 ひよつとしたら辞世の歌かな。
オスカー:
 さすが。寧々さん。
きゃりこ:
 さすが寧々さん。きゃりことは違ふって言ひたいのね。
オスカー:
 そんなことはありませんよ。賢い姉妹だなって感心したの。
きゃりこ:
 歯の浮くやうなこと言ふと毆るよ。
オスカー:
 ところで、寧々さん、「ていし」と読んだけど、僕は「さだこ」でいいと思ふのです。昔の女性の名前は、読み方が分からないことが多いのです。そこで、学者は、《訓讀み》すると間違つてゐるかも知れない。《音讀み》だとそれなりに間違ひではないだらうといふことで、「ていし」と讀んでゐるのですが、おそらく親兄弟からは、「さだこ」「あきこ」と呼ばれてゐたと思はれるのです。ついでに、式子内親王も「しきし」でも「しょくし」でもなく、「のりこ」。
 でも、この歌は分かりやすいでせう。
きゃりこ:
 全然分かんないよ。
寧々:
 一晩中ささやいて下さつた愛の言葉をお忘れにならなかつたら、きつと私が死んだ後、泣いて下さることでせう。その涙の色が見たいものです。
きゃりこ:
 おねえちゃん、初めて聞いた歌なんでせう。どうしてすぐに意味が分かるの?
オスカー:
 定子は二十四歳で夭折したのです。そこで、一条天皇のために辞世を遺しました。
 定子の辞世の歌は三首あります。もう一つ紹介しませう。
  煙とも雲ともならぬ身なりとも草葉の露をそれと眺めよ
 死ぬときの遺言が、火葬にしないで土葬にしてくれといふこと。土葬だと火で焼かれないから、煙にも雲にもなれない。此の世に殘つてゐますから、草葉の露を見たら、私だと思つて下さいね。
きゃりこ:
 よく分からないけど、涙を誘ふ歌だね。
オスカー:
 一条天皇はその十一年後に亡くなつたのですが、その時の辞世の歌が面白い。
  「露の身の草の宿りに君を置きて塵を出でぬることをこそ思へ」
寧々:
 定子の歌を念頭に置いてますね。定子は死んでも露になつて此の世に殘つてゐる。自分は火葬されるから煙になつて天に昇つてしまふ。あなたを置いて天に昇るのが気がかりだ。
きゃりこ:
 ひゃああああ。またまたショック。たうてい姉妹とは思へないよ。あたしの本當のお母さん、誰なのかな。さうだ。美恵子叔母さんだ。美人だけどパーだから。やけにかはいがつてくれると思つてゐたんだ。
寧々:
 馬鹿だね。美恵子叔母さんはお父さんの妹だよ。
きゃりこ:
 兄妹であやまちを犯してしまつたんだよ。あ、痛ッ。やめてよ。
オスカー:
 あはは。面白いけど、寧々さん、もつと打擲(ちやうちやく)していいと思ひますよ。
 ところで、この歌。天皇が死の床で口述して、彰子に書き取らせたのです。
きゃりこ:
 それってひどくない? ライバル同士の二人の妻なのに、一人のことを詠んだ歌をもう一人に書き取らせるって、そんなことしていいのかしら。
オスカー:
 彰子が定子を慕つてゐるのを天皇も知つてゐたから、信頼して書き取らせたんぢやないですかね。
きゃりこ:
 あたしが彰子だつたら、書き取つた後、ゴミ箱に棄てちやふよ。




posted by 國語問題協議會 at 21:58| Comment(0) | 雁井理香

2017年02月14日

きゃりこの戀(41) 敕撰集  雁井理香(かりゐりか)

オスカー:
 やあ、今日は寧々さんも來て下さつたのですね。
きゃりこ:
 難しいお話だから、あたしが賢いこと言ふと現実感がなくなるの。だから、雁井さんが派遣なさつたの。
 そこで、今日のお話ですが、和歌の「三大集」って、「萬葉集」「古今集」「新古今集」のことですよね。
オスカー:
 それは受験参考書業界が作り出した言ひ方なの。受験の古文の和歌はたいていこの三つから出ますからね。
 「三大集」ではなく、「三代集」といふのがあつて、「古今集」「後撰集」「拾遺集」のことです。
寧々:
 それは知つてゐたけど、「三大集」が受験参考書業界が附けた名前だとは知らなかつた。
きゃりこ:
 おねえちゃんが知らないなら、あたしが知つてるわけないね。それにしても、「三代集」って「萬葉集」も「新古今集」も入つてゐないの?!
オスカー:
 「三代」といふのは、三人の天皇の御代といふ意味ですから、「三代集」は「三代の敕撰集」を指します。「萬葉集」は敕撰集ではないから入つてゐないのです。
きゃりこ:
 あ、漢字が間違つてゐる。「敕」でなくて「勅」でせうが。やつぱり外人ね。
オスカー:
 正漢字は「敕」。「勅」は略字です。略字といふことは、間違つてゐるといつてもいいくらゐです。……………あれ、なんで泣きさうな顔してるの?
きゃりこ:
 「やつぱり外人ね」って言つたのが恥づかしいの。日本人で一番おバカな私が、外人で一番賢い人のこと馬鹿にして、結局あたしが間違つてゐたんだから、寧々に聞かれたら殴られるよ。わッ、聞いてるんだ。
寧々:
 ほほほ、きゃりこ。人聞きの悪いこと言はないのよ。
オスカー:
 きゃりこさんつて、素直な所がいいですよね。
 「効果」の「効」も正字は「效」ですからね。「収」も「收」。
きゃりこ:
 でも一つ言はせてね。この「きゃりこの戀」は、漢字が、正漢字と略字(新漢字)と混ぜ混ぜになつてゐるぢやありませんか。七行上の「殴」は「毆」が正字だと思ひますけど。
オスカー:
 そのとほりです。でもね、全部正漢字にすると、慣れてゐない人は讀みにくくて仕方がないといふことがあるのです。そこで、雁井さんは、わざと混ぜ混ぜにして、少しづつ読者になれていただかうといふ方針なんです。美女なのに謙虚な方なのです。あれッ、またお世辞言はされちやつた。
 そのかはり、假名遣は完全な歴史的假名遣を使つてゐます。これも讀みにくいといふ若者がゐますが、そこまでは妥協できないといふのが雁井さんの立場です。
 うんと売れたら、「現代仮名遣版」を出さうかとおつしやつてゐますが。
寧々:
 うんと売れたら、そんなもん出す必要なくなるんぢやありませんか。
オスカー:
 そこが「美人のジレンマ」なんですよね。
きゃりこ:
 「ジレンマ」は分かる。美人なのとは関係ないやうに思ふけど。グラビア載せるわけぢやあるまいし。まあ、お世辭なんだから、何とでも言ひな。
 でも、一応納得。ところで、「勅撰集」って、たくさんありましたよね。
オスカー:
 全部で二十一。あはせて「二十一代集」と言ひます。そのうち、鎌倉初期までに完成した八つを「八代集」(最後が「新古今集」)と言ひます。その後の「十三代集」は、和歌の時代が終つてしまつた後なので、餘り評価されてゐません。
 平安時代の中頃、まだ勅撰集が三つしかなかつた時代に「三代集」といふ言葉が出来ました。その後、四つ五つと殖えても「四代集」「五代集」とは言はないやうになつたのです。
きゃりこ:
 「山家(さんか)集」「金槐(きんくわい)集」つて、この前習つたよ。
オスカー:
 ああ、それは二つとも「しかしふ」ですから、「勅撰集」には入つてゐません。
きゃりこ:
 なになに、また厄介な言葉が出て來たね。「しかしふ」?「鹿死譜」? 鹿が死んだのを悲しんでる歌かな。それとも、「しかし不思議だな」の頭を取つたのかな。
寧々:
 「しふ」と書いて「しゅう」と讀むの。「私家集」。
オスカー:
 歌人が自分の作つた歌を集めたのが「私家集」。そのうち、西行のものが「山家集」、鎌倉三代將軍源實朝のものが「金槐集」。
きゃりこ:
 「槐」って、「かたまり」? 「金のかまたり」って、インゴットのことかな。あれッ、漢字なら「鎌足」だよね。
オスカー:
 「かたまり」は「塊」ですよ。「槐」は木の名前で「ゑんじゆ」のこと。街路樹によく使はれる木です。
きゃりこ:
 「金の槐」って、何のことだらう。
オスカー:
 「槐」は中國では「大臣」のこと。実朝は右大臣になつたから、この字を使つたの。「金」は「鎌倉」の「鎌」の「カネ偏」。だから、「鎌倉右大臣歌集」とも言ふの。
寧々:
 実朝って、右大臣になつてすぐに暗殺されたんぢやなかつたかしら。
オスカー:
 大臣になる五年前に作つた歌集です。最初から「金槐集」と呼んでゐたかどうか、はつきりしないのです。暗殺された後で、他の人が名付けたのかも知れない。
寧々:
 百人一首は、全部勅撰集から撰んだと言はれますが、定家の時代に存在してゐた勅撰集だから、八代集のことですね。その後の勅撰集からは選ばれてないのね。
オスカー:
 百人一首の成立は、十三世紀の前半と言はれてゐますから、新古今の成立(1205年)より後なのは勿論ですが、百人一首には、「新勅撰集」(1232年)からもかなり採用されてゐます。だから、それよりも後に成立したといふことが分かります。
きゃりこ:
 やあい、おねえちゃん、間違へた。
寧々:
 「新勅撰集」つて、ヘンな名前ですね。
きゃりこ:
 「古今集」があつて、「新古今集」があるんだから、「勅撰集」があつて「新勅撰集」があつても、何もをかしくないぢやない。
オスカー:
 さうぢやなくて、寧々さんの言ひたいことは、「古今集も新古今集も固有名詞。それに対して、『勅撰集』は(いはば)普通名詞なのに、『新勅撰集』は固有名詞なのがをかしい」といふ意味なんですよ。
きゃりこ:
 やつぱり私は馬鹿なんですね。親を怨むよ。
寧々:
 でも、オスカー先生。きゃりこって、かはいいでせう。
きゃりこ:
 オスカー先生。おねえちゃん、ここでは優しい姉を気取つてゐるけど、この前、あたしのこと「ウスバカ」つて言ふんだよ。「うすら馬鹿」のことかな、と思つたら、「ブスバカ」なんだつて。こんな意地悪な人と結婚したら大変だよ。アッ、痛い。
オスカー:
 はいはい。確かに「新勅撰集」つてをかしな名前ですね。でも、新たな勅撰集を作つてやらうといふ意気込みが感じられるぢやないですか。さきほど八代集で和歌の時代は終りだと言ひましたが、實は、そのすぐ後の「新勅撰集」は相当に評価されてゐます。藤原定家が一人で選んだので、定家の特色がよく出てゐて、學者によつては、勅撰集の中で一番いいといふ人もゐます。
 実朝の「世の中は常にもがもな渚漕ぐ海人の小船(をぶね)の綱手(つなで)悲しも」は「新勅撰集」から取つたのです。
寧々:
 「新古今」には実朝の歌は入つてゐないのですか。
オスカー:
 入つてゐません。「新古今」が成立したとき、実朝はまだ十四歳だつたのです。

posted by 國語問題協議會 at 09:58| Comment(0) | 雁井理香

2017年02月04日

きゃりこの戀(40) 「ゑむ」「ゑまふ」  雁井理香(かりゐりか)

きゃりこ:
 女の子の名前で、「咲」と書いて「えみ」と読むのがあるぢやないですか。なんでそんな読み方ができるの?
オスカー:
 「咲」といふ字は、もともとの中国では、「花が咲く」といふ意味には使ひません。花が咲くときは、「開く」と言ひます。だから、「開花」と言ふの。
きゃりこ:
 ぢやあ、どんなときに「咲」の字を使ふの?
オスカー:
 「咲」は「わらふ」なの。「わらふ」を漢和辞典の音訓索引で引くと、七つも八つも漢字があるんだけど、主なものは「笑」「嗤」「咲」の三つですね。
 「笑」は一番よく使はれて、いろんな笑ひ方を包含してゐるやうです。
 「嗤」は嘲つて笑ふ場合に使ひます。
 「咲」は「ほほゑむ」です。
 話は違ひますが、インターネットで、「ローレライ」をドイツ語の歌詞で歌つてゐる動画を検索すると、ドイツ人の落ち着いた美女が顔だけ出して歌つてゐるのがあります。僕、この人が好きで、いつも見てゐるのですが、------------------------。
きゃりこ:
 また始まつた。
オスカー:
 この人、どつちかといふと冷たい感じのする人なのですが、「イヒ、ヴァイス、ニヒト」と歌ひ出す直前に、口元だけでニコッとするの。この笑顔が好きなんですよ。ほんたうの「ほほゑみ」つてこのことだな、と思ひます。
きゃりこ:
 前は、石原洵子の笑窪が好きだと言ひましたよね。何か、性格分析ができさうだね。
オスカー:
 「ほほゑむ」は「微笑む」と書いたりしますが、語源的には「?ゑむ」。古語ではほほゑむことを「ゑむ」と言つたの。それに「ほほ」を付けて「ほほゑむ」が出来ました。
 そして、「咲」の字は「わらふ」の中でも、ほほゑむやうな笑ひ方に使つたので、訓読みでは、「わらふ」とも「ゑむ」とも読みます。その連用形が「ゑみ」で、女の子の名前にも使はれるのです。「笑」と書いて「ゑみ」といふ名もあるやうですね。「笑」はいろんな笑ひ方に使へるのですから、「ゑみ」と読んでも理窟は合ふでせう。
きゃりこ:
 「咲」の字で「さき」と読む女の子もゐますね。
オスカー:
 「咲」を「開花」の意味にしてしまつたのは日本人なのです。だから、「さく(さき)」は「國訓(こくくん)」です。
 萬葉集にこんな歌があります。
   燈火の影に耀ふ現身の妹が咲ひし面影に見ゆ
 (ともしびの/かげにかがよふ/うつしみの/いもがゑまひし/おもかげにみゆ)
きゃりこ:
 なんか、よく分からないけど、綺麗な歌だね。燈火の下で彼女がほほゑんでゐるのがかはいく見えるといふのかな。
オスカー:
 「うつしみ」は「現実の」といふ意味。今、男は一人でゐるんだけど、燈火の下に、現実の彼女がほほゑんでゐるかのやうに幻が見える、といふことなんですよ。
きゃりこ:
 ひやあ、ますます綺麗な歌だね。暗記しよう。
 「ゑまひし」は何? 「ゑむ」があることは分かる。最後の「し」は、過去の助動詞「き」の連体形だね。
オスカー:
 「ゑまふ」の連用形「ゑまひ」に「し」が付いたのです。
 「ゑまふ」は「ゑむ」が時間的に持續してゐる状態を言ひます。
 動詞「ゑむ」の語幹は「ゑ」だといふことになつてゐますが、語源や造語法を考へる場合は、語尾の子音をローマ字で表はした部分まで語幹だと仮定すると面白いのです。
きゃりこ:
 「ゑむ」の語幹がwemといふ意味?
オスカー:
 さうです。その wem に -afu がついて wemafu ができた。この -afuといふ語尾が付くと、時間的持続を表すことになるのです。
きゃりこ:
 外にどんな例があるの?
オスカー:
 偉い。偉い。外に例がなければ一般論は言へませんからね。それが学問的態度といふものです。
 「くふ(食)」に同じ作業をするとどうなりますか?
きゃりこ:
 kufu の語幹 kuf に -afu をつけると kufafu。「くはふ」かな。なんだ、こりゃ。
オスカー:
 平安時代の初めまでは、ハ行音はfa, fi, fu, fe, foだつたのですから、kufafuが「くはふ」なのです。口語ならどうなりますか。
 「おとづる(訪)」が、口語なら「おとづれる」になるのですから、-----------。
きゃりこ:
 otuduru の u を消してeruを付けると口語になるんだ。
オスカー:
 上下の二段活用の場合だけですよ。「ゑまふ」のやうな四段活用の場合は、文語も口語も同じ形です。
きゃりこ:
でも、二段活用だと仮定すると、kufahu の uを消して eru を付ける。---------------------------わ、わかつた! 「くはへる」だ。
オスカー:
 「くふ」はもともとは「食ひ付く」の意味だつたのです。
きゃりこ:
 さうか。食ひ付いて、その状態を維持すると「くはへる」になるものね。
オスカー:
 「つく(付)」にこの作業をすると?
きゃりこ:
 「つかふ」。口語なら「つかへる」。「仕へる」かな?
オスカー:
 人のお供をするのは、くっついて行くのだから、「付く」でせう。偉い人にくっついて、そのままにしてゐれば、「仕へる」ことになるでせう。
きゃりこ:
 ちよつとこぢつけみたいな気もするけど、納得できなくもないね。
オスカー:
 「とる(取)」だとどうでせう。
きゃりこ:
 toru の u を消して afu をつけると、torafu。口語なら toraferu。「とらへる」だね。
 人を捕まへるのを「取る」と言つてもをかしくはないね。その状態を維持すると「とらへる」か。
オスカー:
 「つかむ(?)」だと?
きゃりこ:
 「つかまふ」。口語だと「つかまへる」。なるほど、「つかむ」と「とる」とはそんなに違はない意味だものね。
オスカー:
 もう一つ。今度は三音節語で行かうか。「たたく(叩)」だとどうなりますか。
きゃりこ:
 「たたかふ」。あッ。今度はこのままでいいんだ。
オスカー:
 四段活用の場合は、uを消して eru を付ける手間が要らないのです。
きゃりこ:
なるほど。「たたく」を持続すると「たたかふ(戦)」になるのか。古い日本語つて、神秘的だね。
オスカー:
 始めに戻ると、ローレライの彼女みたいにちよつとニコッとするのが「ゑむ」。石原洵子さんみたいに、歌ひ終つた後に、しばらく笑顔を見せてゐるのが「ゑまふ」。
きゃりこ:
 感心した。
オスカー:
 古代には「もみづ」といふ動詞がありました。染色して色を出すこと。染色液に漬けて揉んで色を出すから、「揉み出づ」。これが「もみぢ(紅葉)」の語源です。
 萬葉集に、こんな歌があります。
   百船の泊つる対馬の浅茅山時雨の雨にもみたひにけり
  (ももふねの/はつるつしまの/あさぢやま/しぐれのあめに/もみたひにけり)
 朝鮮に渡る船は、対馬に寄航してから改めて北に向ふこといなつてゐたのです。
きゃりこ:
 「もみたひにけり」がポイントみたいだね。
オスカー:
 さうです。「もみづ」は momidu。-afu を付けると、momidafu。どういふわけか知らないが、dが清音化してtになつて、momitafu。
 「もみぢにけり」だつたら、船が入つて行つたそのときに、パーッと赤くなつたといふをかしなことになります。時雨に濡れて、ずつと赤くなつた状態を維持してゐたから、「もみたふ」を使つたのです。
posted by 國語問題協議會 at 22:40| Comment(0) | 雁井理香