2016年12月03日

きゃりこの戀(36) いづれのおほんときにか  雁井理香(かりゐりか)

きゃりこ:
 源氏物語の書き出し、覚えてる人がゐたからびつくりしちやつた。
オスカー:
 優ちやんも憶えてますよ。僕も憶えてるけど。
 いづれの御時にか、女御更衣あまたさぶらひたまひける中にいとやんごとなききはにはあらぬがすぐれてときめきたまふありけり。
きゃりこ:
 やめてよ。日本人に恥掻かせないで。
オスカー:
 きゃりこさん、日本人だつたの?
きゃりこ:
 英語できないから、アメリカ人でないことは確かなんだけどね。
ところで、「いづれの御時にか」の所に、「か」があるから、文末は「ありけり」でなくて、「ありける」でないとをかしいですよね。
オスカー:
 ひやあ。きゃりこさんが係り結びを知つてゐるとは思はなかつた。
きゃりこ:
 それ以上言ふと暴力に訴へるよ。
オスカー:
 文のつながりだけを取り出して、餘計な副詞節とかを省略すると、「いづれの御時にか、すぐれてときめき給ふありけり」と縮まりますよね。
きゃりこ:
 「ときめく」って、何だらう。先生、私に會へる日は胸がときめくでせう。
オスカー:
 「ときめく」は現代語では「胸が躍る」ですが、語源は心臓の鼓動の音を「トキ」と聞き取った音から來てゐるらしい。現代語の「ドキドキ」みたいなもの。その清音の「トキ」は「時」の語源とも言はれます。心臓の鼓動の音が動詞化して、「ときめく」になつたといふのが有力説。
 異説では、漢語の「動悸(どうき)」が訛つて、「トキ」が出て來たとも言はれます。
 もう一つ、異説があつて、「とし(迅・利)」の連体形「とき」から來てゐるといふのです。言ひ換へれば「速い」といふことですね。
きゃりこ:
 なるほど、ドキドキドキって、心臓の鼓動が速くなるんだものね。
オスカー:
 一方、古語の「ときめく」は、「胸が躍る」と同語源とも言はれますが、「時流に乗る・もてはやされる」の意味。「とき(時)」が含まれてゐるから納得できるでせう。そのことから、宮中で女御や更衣が、「時めく」といふのは、帝の寵愛が甚だしいことを言ふやうになりました。
きゃりこ:
 ぢやあ、「どの天皇の御代でしたらうか、御寵愛の深い方がいらつしやいました」。
オスカー:
 でも「いづれの御時にか」と「か」があるんだから、疑問文になると思ひませんか。
きゃりこ:
 ほんとだ。でも、さうしたら、「どの天皇の御代に、御寵愛の深い方がいらしたのですか」といふ意味になりさうね。
オスカー:
 あるいは反語になつて、「そんな方はいらつしやらなかつた」にもなりますね。
 疑問や反語の場合は、係り結びが生じるのです。
きゃりこ:
 んみゃ、んみゃ、んみゃ。「ありけり」で終ると、「いらっしゃいました」といふ平叙文で、「ありける」なら、「いらしたのですか」といふ疑問文になるの?!
オスカー:
 「ありけり」の場合は、「いづれの御時にかあらむ」といふやうに、省略があつて、そこに係り結びが隠れてゐるから、「ありけり」の所までは、係りの助詞の影響力が及ばないのです。
 「なじかは知らねど心詫びて、昔の伝へはそぞろ身にしむ」つて歌、知つてる?
きゃりこ:
 ローレライだね。歌詞、そこまでしか知らないけど。ライン川の歌だつていふことは知つてる。
オスカー:
 ライン川に住む魔物が美しい女の子の姿をしてゐて、それが船でやつて來る人を誘惑して、川に沈めてしまふといふお話。
きゃりこ:
 ははは、男って、昔から馬鹿だつたんだね。優ちやんも、お母さんと同い年ののりピーの色香に迷つてるし。
 それにしても「なじかは」つて何? ライン川の異名を「ナジ川」といふのかな。あるいは蛙の一種かな。
オスカー:
 「蛙」の一種は「かじか」でせう。
 「なじ」は「なぜ」なのです。
きゃりこ:
 「なぜかは知らねど」。あ、さうか、そんな簡単な意味だつたのか。「なぜか分からないけども、心寂しくなって、昔の伝説がなんとなく身にしみる」といふわけね。
 「昔の伝説」って、---------わ、わかつた。「なぜか分からないけど、心が寂しくなつて、ローレライの伝説が心に浮んでくる」なんだね。「昔の伝へ」って、ローレライの伝説のことなんだ。
オスカー:
 見事な推理ですね。これも、簡単に縮めると、「なじかは知らねど、身にしむ」ですよね。
 さらに、現代語でも、「なぜか身にしみる」と言ひます。「なぜか」だけで、「なぜか知らないけれど」の意味になれますから、ローレライの歌詞も「なじかは身にしむ」といふだけでも通じます。
 そこで、「なじかは身にしむ」といふ文語の問題点なんだけど。
きゃりこ:
 うん。うん。「か」があるのに、係り結びしてないんだ。係り結びしたら、「なじかは身にしむる」になるはずだ。
オスカー:
 ところが、「なじかは身にしむる」といふと意味が違つて來る。
きゃりこ:
 「どうして身にしみるんだろう」といふ疑問。あるいは、「どうして身にしみるはずがあらう。身にしみはしない」という反語になつてしまふね。
 わかつた。源氏物語の冒頭と同じで、「身にしむ」は平叙文、「身にしむる」は疑問文なんだ。
オスカー:
 つまり、「なじかは知らねど」と言つてゐるけど、「なじかは斯のごとき」(なぜこんななのかは知らないけれども/なぜ「心詫びる」かは知らないけれども)の意味で、「か」に対応する結びの連体形は「ごとき」なのです。それが省略されて、係り結びが流れてしまったので、「身にしむ」の所はもう係り結びの影響を受けていないといふわけ。
posted by 國語問題協議會 at 21:04| Comment(0) | 雁井理香

2016年11月13日

きゃりこの戀(35) a windowかan windowか   雁井理香(かりゐりか)


オスカー:
 「この部屋には窓が一つある」と英語で言つてみて。
きゃりこ:
 それくらゐ、おばかでもできるよ。There is an window in this room.
オスカー:
 違ひます。an windowではなく、a windowです。
きゃりこ:
 どうして? アイウエオで始まる名詞の前ではaぢやなくてanを使ふのでせう。ウインドウはウで始まつてゐますよ。
オスカー:
 ウインドウではなくて、ウィンドウなのです。(後の「ィ」が小書きであることに注意)
きゃりこ:
 どう違ふの?
オスカー:
 ウイとウィは違ひますよ。ウで始つてゐるのではなく、ウィで始つてゐるのです。
きゃりこ:
 そんなこと、日本人には理解できません。
オスカー:
 ワ行音は「わゐうゑを」と書きますよね。「ゐ」「ゑ」つて、どんな発音だつたのでせう。
きゃりこ:
 「ゐ」はイで、「ゑ」はエでせう。同じ発音なのに、気障で違ふ漢字を使つてゐるだけですね。
オスカー:
 カ行音はka, ki, ku, ke, koでせう。統一が取れてゐますよね。現代日本語ではだいぶ崩れてゐますが、古い日本語では、どの行も統一が取れてゐたのです。
 さうしたら、ワ行音はどういふ発音だつたでせう。
きゃりこ:
 ka, ki, ku, ke, koの場合と同じに考へればいいといふのなら、wa, wi, wu, we, woですよね。ワ・ウィ・ウ・ウェ・ウォつて、発音してゐたのかな。えッ、「ゐ」は、昔は「ウィ」つて発音してゐたの?
オスカー:
 正解です。見事なものだ。ぢやあ、wagon(ワゴン/運搬台)なら、aですか。anですか。
きゃりこ:
 そりやあ、ワの前だからaでせう。
オスカー:
 waの前ならaで、wiの前ならanといふのはをかしくありませんか。
きゃりこ:
 なるほど。日本語で考へるから變に思ふけど、音を考へるなら、a windowつて、当り前ですね。
 ぢやあ、web(蜘蛛の巣)も、ウェブだけど、a webになるんだね。そして、古い日本語では、「ゑ」は「ウェ」と発音してゐたんだ。
オスカー:
 「井戸(ゐど)」はウィド。「繪(ゑ)」はウェといふ発音だつた。ただし、「今(いま)」はイマ。「枝(えだ)」はエダでした。
きゃりこ:
 さうか。歴史的仮名遣といふのは、古い発音に拠つてゐるんだ。
オスカー:
 さうすると、eとyeの違ひも分かりますね。
きゃりこ:
 ア行の「え」はe。ヤ行の「え」はyeですね。でも、どうして同じ假名「え」を使ふのだらう。
オスカー:
 奈良時代の万葉假名では、書き分けてゐます。たとへば、「江」はye の音ですし、「得(え)」や「榎」(え、えのき)は e の音でした。
 ついでに、「得」の終止形は「う」です。連用形が「え」で、終止形が「う」ですから、ア行活用だと分かります。
 それに対して「越え」の「え」はyeでした。これは終止形が「越ゆ」だから、ヤ行活用だと分かります。だから、「越え」の「え」もヤ行の「え(ye)」なのです。
きゃりこ:
 異議あり。「得」は、連用形が「え」で、終止形が「う」なら、実は「え」でなく「ゑ」であつて、ワ行活用だといふ可能性もあるぢやないですか。
オスカー:
 おお、これは僕のミスだつた。見事な推理です。ワ行活用の可能性もありますね。でも、これがア行活用だと分かるのは、万葉假名でア行として扱つてゐるからです。
 さて、平假名・片假名が発明されたのは、平安時代の初めと言はれます。それまでは万葉假名、つまり、「い」に「伊」を宛てるやうに、漢字で日本語の発音を表はしてゐたのです。
 このことから、ア行の「え(e)」とヤ行の「え(ye)」について、何か推理できませんか。
きゃりこ:
 -----------------------。ひよつとして、奈良から平安に移る頃にeとyeの区別がなくなつたのかな。
オスカー:
 そのとほりです。さすがはねねさんの妹だ。
きゃりこ:
 ねねを讃めるな。痛い目に遭ひたいと見えるね。
 でも分かつてるよ。あたし、おばかなんだ。
オスカー:
 さうぢやありません。きゃりこさん、勉強嫌ひなだけで、頭はいいんです。
きゃりこ:
 やめて。その言ひ方、教師のつく嘘の代表なんだよ。さう言はないとあたしが暴れると思つてるんだろ。日本の教師だけの偽善かと思つてゐたら、外人もさういふこと言ふんだ。
オスカー:
 でも、本当に、e とye は、假名が発明されるちよつと前に区別がなくなつたのです。だから、区別するための假名もできなかつたの。
 ところで、earとyearですが、aですかanですか。
きゃりこ:
 だんだん分つて來たよ。今までの話からすると、an ear, a year なんだね。
 あ、また閃いた。ear の頭はア行の「イ(i)」で、yearの頭はヤ行の「イ(yi)」なんだ。現代の日本人には分からないけど、昔の日本人には分かつたんだね。
オスカー:
 さすがは賢くなつたきゃりこさんだ。ただ、yi はもともと存在しなかつたといふ説も強い。y はiと似すぎてゐるから、吸収されてしまふといふのです。
きゃりこ:
 ついでに、edge の頭がア行の「え」で、yesterday の頭がヤ行の「え」なんだ。wet みたいなワ行の「ゑ」はウェで、これはまた別格だね。
オスカー:
 区別するために、ヤ行の「え」を「江」と書くこともあります。
 ぢやあ、womanはaかanか。
きゃりこ:
 ------------------------。先生の理窟どほりに考へると、ワ行のウだから a woman でせうね。
 でも、ア行の「う」も、ワ行の「う」も「う」と書くんだよ。何か變だな。
 あ。別に變ぢやないね。ア行の「う」は u で、ワ行の「う」はwu だつたんだ。古い時代には。
オスカー:
 これもyiと同じで、w はu に吸収されやすいから、ワ行の「う」は始めから存在しなかつたといふ説もある。
きゃりこ:
 整理すると結局かうなるね。
 平安初期までは、「やいゆえよ」は ya, (y)i, yu, ye, yo。「わゐうゑを」はwa, wi, (w)u, we, woだつたといふことだね。
オスカー:
 賢い。賢い。(y)i、(w)u と括弧を使つた所なんぞ、僕の言つたことをよく理解してゐる證據ですよ。
きゃりこ:
 平安初期の人に window を假名にさせたら、「ヰンドウ」と書いたのでせうね。そして、yesterdayは「江スタデイ」だ。
オスカー:
 もう一つ賢い。驚いた。
posted by 國語問題協議會 at 10:36| Comment(0) | 雁井理香

2016年10月30日

きゃりこの戀(34) 「崇」と「祟」   雁井理香(かりゐりか)  


きゃりこ:
 あたし、「すうはい」の「スウ」と「たたる」と同じ字だと思つてた。反対語に近いのに、同じ漢字ってヘンだなあとは思つてゐたんだけど。
オスカー:
 「すうはい」の「スウ」は部首は「山」で、「山」の下に「宗」と書きます。人の名で、この字を「たかし」と読むことがありますが、「高い」「高くする」「あがめる」「たつとぶ」などの意味。「をへる(終)」の意味もあつて、「崇朝」といへば「夜明けから朝食までの間」の時間を指します。「終朝」と言つても同じ。
きゃりこ:
 朝食の時間がもう朝の終りなの?
オスカー:
 昔は夜早く寝るから、起床も早かつたのです。そして、朝食は九時頃。一日二食だつたから、朝食は遅くなります。九時にもなると、もう朝とは思はなかつたのですね。
 一方、「たたる」は部首は「示」で、「出」の下に「示」と書きます。
きゃりこ:
 へええ。「宗」といふパーツがないんだね。「出」の下の山の左右の縱棒を下にずらせば「宗」が出て來るんだけど。
オスカー:
 だからこそ、間違へて「宗」が含まれてゐるやうに誤解されてゐるのでせう。
きゃりこ:
 字音は何ですか。あら、あたし、生意気に字音なんて言つちやつた。音読のこと、字音つて言つて間違ひぢやないですよね。
オスカー:
 その使ひ方は正しいですよ。「祟」の字音は「スイ」です。
きゃりこ:
 「スヰ」ぢやないの?
オスカー:
 おおお。だいぶ意識が高くなつて來ましたね。 
前にも話したことがあるかも知れないけれども、戦前の字音假名遣ひを、平安時代初期の發音に遡つて修正した假名遣があるのです。昔からあつたんだけど、最近研究が進んで來ました。岩波文庫の「日本書紀」はこの假名遣ひを使つてゐます。たとへば「危険な狂犬」は戦前の假名遣ひでは「きけんなきやうけん」ですが、平安初期の假名遣ひでは「くゐけむなくゐやうくゑん」になります。國語問題協議會の高崎一郎先生の「平成疑問假名遣」を讀むとその全貌が分かります。「墜」「水」「唯」などの字音は、戦前は「ツヰ」「スヰ」「ユヰ」だつたのですが、平安初期には「ツイ」「スイ」「ユイ」だつたので、これに戻さうといふのが、國語問題協議會の中の一部の人たちの主張です。そんな馬鹿馬鹿しいことはやめろといふ會員の先生もいらつしやいますが。
きゃりこ:
 いづれにしても、「崇」は「スウ・あがめる」で、「祟」は「スイ・たたる」なんですね。
オスカー:
 前々回から引き続いて、三回連続で、天皇の諡号の話になりますが、「徳」の字と同様に、「崇」の字も不幸な死に方をした天皇に贈る習慣があつたやうです。歴代の天皇の中では御三方しかいらつしやいませんが、崇神天皇と崇峻天皇と崇徳天皇。
きゃりこ:
 崇徳天皇は知つてゐる。保元の乱で負けて、讃岐に流されて亡くなつた方でせう。崇峻天皇つて誰だつたつけ。
オスカー:
 古代の天皇です。日本最初の女帝・推古天皇の弟で、蘇我馬子に暗殺されました。その後、姉の推古天皇が即位したのです。
きゃりこ:
 なるほど、どちらも不幸な死に方の代表みたいですね。「徳」との使ひ分けはないのかしら。
オスカー:
 はつきりした区別はないやうですが、暗殺されたとか、クーデターの直後に亡くなつたとか、不幸が直接に死に結びついてゐる場合は「崇」を使ふやうです。「崇」の字は「祟」に似てゐるので、祟りを抑へる意味もあるといふ説もあります。
きゃりこ:
 崇徳天皇の場合は、「崇」と「徳」と両方を使つてゐますね。
オスカー:
 讃岐に流されて、鬼になつたと言はれますから、とくに祟りが怖かつたのでせう。
きゃりこ:
 崇神天皇つて、聞いたことないけど。
オスカー:
 第十代ですから、神話時代の人。懿徳天皇と同じで、そんなに昔の天皇の場合は、不幸な死に方とか祟りとかには関係なく、「仁」や「崇」を使つたみたいです。
 ところで、崇光(すくわう)天皇といふ方がいらつしやいました。歴代の天皇ではなくて、北朝第三代の天皇なので、右の御三方の中に入れなかつたのですが。この方も、南朝に捉まつて幽閉されて廃位され、崩御の後は弟の系統に皇位を奪はれたりした不幸な方です。もつとも、曾孫が皇位を取り戻して、現在の皇室の直接の祖先に当たります。
 他に、「崇」の字の付く「追尊天皇」が御二方いらつしやいます。
きゃりこ:
 「追尊天皇」? 聞いたことない。
オスカー:
 そりやあ、きゃりこさんは聞いたことないでせうよ。
きゃりこ:
 むかつく。
オスカー:
皇位には即かなかつたのに、亡くなつた後に天皇または皇帝の尊称を与へられた方々です。崇道盡敬(すだうじんきやう)皇帝(「盡」は「尽」の正字)と崇道天皇のこと。
 崇道盡敬皇帝とは、日本書紀を編纂した舎人(とねり)親王のこと。天武天皇の皇子なんだけど、息子の大炊(おほひ)王が淳仁天皇として即位したので、崇道盡敬皇帝と追号されました。「皇帝」とか「天皇」と呼ばれても、歴代の天皇ではない場合も多いのです。
きゃりこ:
 この人も不幸な死に方をしたの?
オスカー:
 この人に「崇」がついてゐる理由は分からない。息子の淳仁天皇は、孝謙・称徳天皇(女帝・重祚)に嫌はれて淡路に流されて崩御してゐますし、子孫もあまり榮えなかつたことが関係があるかも知れませんが、不思議なことに、崇道盡敬皇帝という追号をもらつたのは、淳仁天皇が即位したとき(舎人親王本人は亡くなつてゐた)なので、祟りを怕れる理由はなかつたと思ひます。
 強ひて不幸といへば、天武天皇の有力な皇子だつたのに、即位できなかつたことでせうか。持統天皇が、自分の子孫以外は皇位に即かせないといふ固い決意を持つてゐたからと言はれます。
きゃりこ:
 「崇道盡敬皇帝」の外に「崇道天皇」もいらつしやるのね。聞いたことのない方ですね。
オスカー:
 そりやあ、きゃりこさんは--------------------。
きゃりこ:
 むむむ。
オスカー:
 この人は、光仁天皇の皇子の早良(さはら)親王です。桓武天皇の同母弟。桓武天皇が即位したときに、皇太子に立てられたのですが、桓武が自分の皇子(後の平城天皇)を皇嗣にしたくて、追ひ落しました。
 具体的には、七八五年の藤原種継(たねつぐ)暗殺事件に関与したとして、淡路に流し、親王は食を絶つて死にました。そのあと、さまざまな祟りがあつたために、「崇道天皇」と追号されたのです。
きゃりこ:
 なるほど、天皇になつても不幸になつた人。天皇になりそこなつて不幸になつた人。いろいろゐるんだね。
posted by 國語問題協議會 at 19:05| Comment(0) | 雁井理香