2017年09月10日

歴史的假名遣事始め (三十三) 市川 浩

クイズで遊ぶ歴史的假名遣(三十三)

先月のクイズ解答
問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

若い新仮名遣世代がふるい仮名遣の文章に違和感をもつことが、そんなに不都合なことなのだろうか。違和感をもつことこそが、自分たちの文化を相対化する第一歩ではないのか。そもそも文化とは違和感をもつことができる感性の持ち主によつて創造され、そして受け継がれてきた。定家は仮名表記の乱れに違和感を覚えた。契冲も万葉集の字面を見詰めているうち、従来の認識に違和感を覚えた。いづれも鈍感な人間のおよぶところではない。これを洒落たことばになおせば、インスピレーションという。古典学を支える思想、それは「現代と古代とは違う、われわれはいにしえ人とは断絶しているのだ」という強烈な発見から始り、またそういった発見におわるものではないだろうか。(「かなづかい入門」166頁)
出題者(注)本文は同書第七章國語審議會が昭和五十八年全委員に行つたアンケートの囘答中、「現代かなづかい」の得失の内、失として「一、「現代かなづかい」世代に舊假名遣で書かれた古典や戰前の文章に大きな違和感をもつやうになつた(同書162頁)」に對する著者の反論である。

この主張に對する反論の一例を擧げます。

ここでは出題者(注)に書きましたやうに、「現代かなづかい」による「失」を主張する論と、「得」を主張する著者との「違和感」の内容がかみ合つてゐないことが問題です。「失」とする論者は、「現代かなづかい」のみで育つた世代は、馴染のない歴史的假名遣で書いてある古典がまるで外國の書物であるかのやうに感じて、到底先祖の貽した貴重な文化遺産だとは感じられない、その感じを「違和感」と表現してゐるのに對して、後段で著者のいふ「違和感」は、古典研究に通じた定家、契冲が感じたであらう、當時世上一般の文字遣はこれでよいのだらうかといふ批判的な感懷を「違和感」としてゐます。後者の「違和感」で一貫させると、若い人が歴史的假名遣に接して、通行の「現代かなづかい」に疑問を感じたことになり、著者の主張とは正反對になりますが論理的には一貫します。前者の「違和感」とすると、定家、契冲の感じたそれではなくなり、「インスピレーション」論は論理的に破綻します。著者は無意識的に「違和感」の意味を別々のものとしたのでせうか。
なほ、著者は更に進んで
「「現代と古代とは違う、われわれはいにしえ人とは断絶しているのだ」という強烈な発見」こそが必要だと述べてゐます。これは戰後の教育を規定して來た教育基本法の「普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育」を忠實に表現してゐるのですが、此の法文は平成十八年(2006)年の改正により、「伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育」と、文化の世界一極化から文化の多樣性尊重を前提とすることになりました。本書の初版は2008年、即ち既に改正後です。原稿執筆が恐らく改正前であつたのでせう。しかし、現役の主任教科書調査官の著書としては改正を踏へる義務がありませう。

練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

現代仮名遣いでなければ口語文でないとか、歴史的仮名遣でなければ文語文とはいわない、というようなものではない。(中略)おなじ理屈で、文語文が現代仮名遣いで書かれたとしても、どこにも不都合はない。(中略)むしろ、われわれは文語文を現代音で読んでいるのだから、現代仮名遣いで表記する方が裡に理なっているかもしれない。(中略)
そもそも万葉集の歌には,仮名で表記できない音節があつた。仮名の誕生前に消滅した音節である。奈良時代の万葉集を歴史的仮名遣で表記するということは、平安時代初期の「
現代仮名遣い」で書いていることを意味する。ならば、二〇世紀の現代仮名遣をつかって万葉集を書いて、どこが間違っているというのか。(「かなづかい入門」1182〜183頁)
posted by 國語問題協議會 at 14:35| Comment(0) | 市川浩

2017年08月01日

歴史的假名遣事始め (三十二) 市川 浩

クイズで遊ぶ歴史的假名遣(三十二)
先月のクイズ解答
問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

歴史的仮名遣のなかで生活していた時代のひとたちにとつて、この字音仮名遣ほど厄介なものはなかつた。国語仮名遣のほうは、もちろん紛らわしいものもおおいが、慣れてくれば感覚的に身につくところがある。ところが字音仮名遣はそうはいかない。日本人にとつて漢字は無数にある。その無数の漢字一字につき固有の漢字音があつて、固有の漢字音はさらに呉音・漢音・唐宋音・慣用音と数種類。これらの歴史的仮名遣の仮名のつかい分けをそらで覚えることなど、普通の日本人には不可能である。パターンがあつてパターンさえわかれば簡単というかもしれないが、パターンがわかるまで勉強すれば、とっくに漢字学者になっている。普通の人はそんなに暇人ではない。(「かなづかい入門」113頁)

この主張に對する反論の一例を擧げます。
字音假名遣は兔角評判が惡く、昭和二十年代或る漢學の大先生が御少い頃に字音假名遣の暗記に大變苦勞なさつた思ひ出を御披露されて、新かなづかひに贊意を御述べになつたのを讀んだことがあります。
決つて例に擧げるのが、「コウ」の音に對して「こう」「かう」「かふ」「こふ」「くゎう」と五種類もあつて覺えられる筈がない、といふものです。しかし英語では同じ「コウ」に
call, caught, cause, coat, cold, corporate, course, quart,
と八種類あつても誰も文句を言ひません。しかもその英語を小學校から教へることに贊成が多いのは何故でせう。
しかもここでは重大な自己矛楯を露呈してゐます。即ち
パターンがあつてパターンさえわかれば簡単というかもしれないが
と字音假名遣の學習はパターン認識で對處可能であると著者が認めてゐるのですが、それは例へば、「反」の字形を音符とする坂、飯、叛などでは字音は「ハン」(「ハム」ではない)のパターンとして覺えることが出來るといふことです。しかし同じ「反」を旁に持つ「仮」の字音は「カ」で「ハン」では決してありません。漢字の體系は不規則この上ないと思ふのは自然ですが、何のことはない「仮」は「假」の常用漢字字體なのです。つまり折角のパターンは早々と破壞濟であつたのです。著者は恐らく漢字破壞以前の字體で字音のパターンをマスターしたので、ついうつかりされたのでせう。
ここで重要なことは、正字・正かなといふ詞は單に二つの表記問題を指すのではなく、互に密接な關係があり、兩者揃つて初めて國語の表記として成立つといふことです。

練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。
若い新仮名遣世代がふるい仮名遣の文章に違和感をもつことが、そんなに不都合なことなのだろうか。違和感をもつことこそが、自分たちの文化を相対化する第一歩ではないのか。そもそも文化とは違和感をもつことができる感性の持ち主によつて創造され、そして受け継がれてきた。定家は仮名表記の乱れに違和感を覚えた。契冲も万葉集の字面を見詰めているうち、従来の認識に違和感を覚えた。いづれも鈍感な人間のおよぶところではない。これを洒落たことばになおせば、インスピレーションという。古典学を支える思想、それは「現代と古代とは違う、われわれはいにしえ人とは断絶しているのだ」という強烈な発見から始り、またそういった発見におわるものではないだろうか。(「かなづかい入門」166頁)
出題者(注)本文は同書第七章國語審議會が昭和五十八年全委員に行つたアンケートの囘答中、「現代かなづかい」の得失の内失として「一、「現代かなづかい」世代に舊假名遣で書かれた古典や戰前の文章に大きな違和感をもつやうになつた(同書162頁)」に對する著者の反論である。
posted by 國語問題協議會 at 11:02| Comment(0) | 市川浩

2017年07月01日

歴史的假名遣事始め (三十一) 市川 浩

クイズで遊ぶ歴史的假名遣
先月のクイズ解答
問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

契冲仮名遣ははるかいにしえの人間との対話の道具であることに意味があるのであって、そもそも現実のコミュニケーションのためのものではなかつたのだ。
だが、歴史的仮名遣は、そんな現実生活と遊離した仮名遣の原理を受け継いで、現実生活の規範にさせられた。そこに無理があるのは言うまでもない。契冲仮名遣には古学という動機づけがあったが、日本人全員に課せられた歴史的仮名遣にはそれがない。にもかかわらず、契冲仮名遣とおなじ負担を強いられる。いや、それ以上の負担であった。(「かなづかい入門」111頁)

この主張に對する反論の一例を擧げます。

今囘も二つの問題點があります。第一に「契冲仮名遣ははるかいにしえの人間との対話の道具であることに意味があるのであって、」と契冲假名遣の道具としての性格を一方的に局限してしまつてゐる事です。「古の人との對話」が文化の傳承に如何に大切であるかに言及しなければ、「何だそんな道具なら要らない」と思はせてしまひます。第二には「契冲假名遣には古學といふ動機づけがあつたが、日本人全員に課せられた歴史的假名遣にはそれがない」と言ふのですが、さうでせうか。日本人が遙か古の文章に接することで祖先との一體感を培ふことは大きな意義があり、それを可能にしてゐるのが時代を超えて一貫してゐる表記、歴史的假名遣であり、我々がこれをを平生の表記として主張する理由も亦茲にあります。たゞ「契冲假名遣以上の負擔を強ひられる」ですが、實は之が歴史的假名遣批判の最大ポイントであり、これにこそ適切な對應が必要であります。詳細は別に讓るとして、茲で言ふ「契冲假名遣以上の負擔」とは宣長がその著「玉勝間」で弟子達が契冲の假名遣を正しく使用してゐないことを慨いてゐることを取上げ、その習得の困難性を主張してゐますが、文化として歴史的假名遣と言ふ時、社會全體による傳承が前提となり、その前提に立てば習得は容易であること、戰前、殆ど假名遣を系統的に學ぶことがない中で、獨りでに習得してゐた私自身の經驗があります。今思ふにそれは鐵道の驛名の假名表示(とうきやう、いうらくちやう、しながはなど)や書物のルビなどが效果的であつたことを思ひ出します。宣長の時代は未だ契冲假名遣初期のことでこのやうな「文化」としての道具立てが整つてゐなかつたと言へます。
練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

歴史的仮名遣のなかで生活していた時代のひとたちにとつて、この字音仮名遣ほど厄介なものはなかつた。国語仮名遣のほうは、もちろん紛らわしいものもおおいが、慣れてくれば感覚的に身につくところがある。ところが字音仮名遣はそうはいかない。日本人にとつて漢字は無数にある。その無数の漢字一字につき固有の漢字音があつて、固有の漢字音はさらに呉音・漢音・唐宋音・慣用音と数種類。これらの歴史的仮名遣の仮名のつかい分けをそらで覚えることなど、普通の日本人には不可能である。パターンがあつてパターンさえわかれば簡単というかもしれないが、パターンがわかるまで勉強すれば、とっくに漢字学者になっている。普通の人はそんなに暇人ではない。(「かなづかい入門」113頁)
posted by 國語問題協議會 at 20:54| Comment(0) | 市川浩