2020年02月20日

數學における言語(54) プロティノス(W)

 菅野氏は、佛蘭西の女流批評家クローディヌ・ショネ夫人の「ランボーいらいのフランス詩の光榮は、詩が形而上的世界の認識の手段であることを、高らかに宣言したことにある」といふ言葉を取り上げて、「サンボリスムの果たした役割」をこれほどみごとに捉へた適評を他に知らないとお書きになつてゐます。もつとも氏は「ランボーいらい」ではなく「ボードレールいらい」と言ふべきであつたと指摘されてゐますが、いづれにせよ「詩が形而上的世界の認識手段」といふ發想は、生意氣なことを言へば私自身比較的早くから抱いてゐた考へで、その結果として43囘目で紹介した例の下手糞な詩を書いたといふわけです。

・サンボリスムの詩人たちが詩作品のなかになにを捕捉したいと願つてゐたかを彼女は正確に見ぬいてゐた。日常的な生の中核に位置してゐる、しかもそれと連續しつつ同時にまた非連續でもある世界―眼に見えぬものであり、たえずわれわれの認識の網の目を逃れていく世界―内部と外部がひとつに溶けあふ存在の奧底にある世界―(中略)サンボリスムの詩人たちはかうした世界を捕捉することにいつさいの努力を傾注してゐた。

 伊東靜雄の詩もまた、そのやうな世界の補足を目論んで始められた「孤獨な彷徨者の歌」であり、「眼に見えぬ不在の實在、到達不可能な地點にのみ實在する虚點」なのです。『わがひとに與ふる哀歌』が「異樣な屈折の調べを孕まざるを得ない」のも當然なのかもしれません。

太陽は美しく輝き
あるひは 太陽の美しく輝くことを希ひ
(「わがひとに與ふる哀歌」)


とは、一體どういふことか?プロティノスは面白いこと言つてゐます。「自分自身より先なるものの方を注視することによつて、魂は思惟し、自分に視線を向けることによつて、自分自身を保全する」と。伊東もまた、自分の外界にある彼方の太陽を注視することで「太陽は美しく輝き」と詠ひ、しかしその同じ視線を自身の内部に反轉させることで、「あるひは」以下の「希ひ」が生まれたと言ふべきでせう。そして彼はさうすることによつてわづかに自身の精神の均衡を保ち得たのであり、なればこそ、「手をかたくくみあはせ\しづかに私たちは歩いて行」き、靜雄は「私たちの内の\誘はるる清らかさ」を信じ得たのです。そのやうな者、つまり太陽(一者)との脱我的合一を果たした者たちにとつて、日光の中に忍びこんでゐる空虚を歴然と見分ける目の發明」は、もはや無意味なのです。プロティノスも、「一者は思惟しない」(『資料』157頁)と、いささかまはりくどい口調で述べてゐます。
20200220.jpg ここまで、私は伊東靜雄の詩を援用しながら、實はプロティノスの哲學について語つてきました。本意ではありませんが、ここでプロティノスの世界解釋を單純に圖式化してみると、右圖のやうになります。言ふまでもなく、善惡の位階を考へると、上位に位置するものほど善であり、下降するにつれて惡の量が増加していきます。すでに述べたやうに、プロティノスは、人間は「かのもの=一者」を志向して生きるべきだ、と語るわけですが、「わがひとに與ふる哀歌」に代表される伊東靜雄の前期の作品も、最高善である「かのもの=太陽」を渇仰する一種のプラトニスムに裏打ちされた形而上詩でした。ただ、詩人である靜雄は、プロティノスのやうにある高みから「生きるべきだ」などとは語りません。むしろ、その詩は伊東自身が語つたやうに「意識の暗K部との必死の格鬪」から生まれたもので、それはいはば、プロティノスが「惡」の分有量の最も多いと考へた魂と身體から發せられた言葉でした。 (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 07:00| Comment(0) | 河田直樹

2020年01月21日

數學における言語(53) プロティノス(W)

 菅野昭正氏(1930〜)については、ここであらためて詳述する必要はないと思はれますが、若い讀者のために簡單に紹介しておくと、氏は長い間東大で教鞭を執られてきた佛文學者で、ボードレール、マラルメ、ヴァレリーなどの多くの佛蘭西詩人の飜譯を手掛け、また近代日本文學の評論家としても幅廣く活躍されてきた方です。特に、佛蘭西サンボリズムの師表とも言ふべきマラルメ研究では、讀賣文學賞を受賞されてゐますが、以下の引用文も佛蘭西象徴派に多大の關心を持つ人の言葉として讀んで戴けたらと愚考します。

・初期の伊東靜雄の詩の宇宙は、古代ギリシャ人が思索した自然の原型のやうに、あるいはまたヘルダーリンが夢想した宇宙の根源のやうに、單純にしてしかも壯大であるところになによりも著しい特徴があるのだ。
・一種の形而上的自然。形而上的自然として内面に成立した自然宇宙の原型。そして、その原型をたずさへながら無限に彷徨する存在。『わがひとに與ふる哀歌』は、まさしくそのやうな地點を志向しながら構想された詩集なのである。

 プロティノスの「太陽と光」の哲學も、世界の根源の在り樣を志向する一種の形而上學であり、プロティノスは「かのものをわれわれは無限なるものと解すべきではある」が、しかしそれは「大きさとか數とかを盡くすことができないといふことによるのではなく、その能力は把握しきれない、といふことによるのである」(『資料集』161頁)と語ります。「有限數を、どんどん大きくすればそれが無限になる」と考へるのは、誤りだ、と私は繰り返し語つてきましたが、プロティノスも「大きさとか數を盡くすことができない」ことが、すなはち無限なのではないと主張して、彼の視線は「數」を認識する「能力」自體に向けられます。プロティノスは語ります−「生を越えてあるもの、これが生の原因である」。
「有限な生の延長線上に、生を越えてあるもの、すなはち無限」が存在するのではないのです。かうした發想こそが形而上學の形而上學たる所以で、靜雄詩の根底にも紛れもなく「生を越えてあるもの」への烈しい希求がありました−「わが痛き夢よこの時ぞ遂に\休らはむもの!」。

・ハイデッガーがみごとに解明してみせた通り、ヘルダーリンの歸郷とは「根源への近接に歸りゆくことである」(手塚富雄氏譯による)。伊東靜雄の歸郷もまた、まさしく根源への近接、彼みづからの存在の根源として意識した宇宙の原型的なイマージュの近接であることは、すでに繰りかへすまでもないはずである。
・「根源への近接に歸りゆく」苦鬪は、つまり、果敢なる一種のプラトニスムの行爲なのだ。少なくとも『わがひとに與ふる哀歌』の伊東靜雄は、そのやうなプラトニスムの意識を、かなり鋭敏に所有してゐたはずである。
・われわれの日常性の領域を假に球體と想定するならば、このプラトニスムがめざす部分は、球體の核をなす不可視の極微な點なのだと言つてもいいかもしれない。

 菅野氏の語る伊東靜雄のプラトニスムは、またプロティノスのそれであり、球體の核をなす不可視な極微の點とは、いはば太陽のモナド(ライプニッツ)とも言ひ得るのかもしれません。

・ともあれ『わがひとに與ふる哀歌』の伊東靜雄は、その一種のプラトニスム(あるいは深層のレアリスム)によつて、サンボリズムの系譜につながる詩人となつた。

 私は、伊東靜雄をサンボリストとして規定してみせた人を、菅野氏のほかに寡聞にして知らない。菅野氏も「日本の象徴詩人の系譜を論じた窪田般彌氏がなぜ伊東靜雄に論及しようとしなかつたのか、ぼくにはまつたく不可解である」とお書きになつてゐます。正に至言といふべきで、私たちは今なお伊東靜雄を誤讀してゐるのかもしれません。靜雄の詩的認識もまたネオプラト二スムなのです。 (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 07:08| Comment(0) | 河田直樹

2019年12月25日

數學における言語(52)プロティノス(V)

 「太陽といふ言葉は、なにか特殊な限定をつける形容詞をほとんど伴つてゐない」−これは『わがひとに與ふる哀歌』の「太陽」について、菅野昭正氏が伊東静雄論「曠野の歌」で述べられてゐる言葉です。私はこの論文を1979年に出た「現代詩讀本10伊東静雄」(思潮社)ではじめて讀みましたが、この評論は實は1964年、菅野氏33歳のときに「現代詩手帖」に書かれたものです。ちなみに、「讀本」には大岡信、桶谷秀昭、饗庭孝男、粟津則雄、江藤淳、保田與重郎、桑原武夫、小高根二郎、萩原朔太郎、佐藤春夫、三好達治、三島由紀夫といつた人たちの静雄論が掲載されてゐますが、私に最も勁い印象を與へたのは菅野氏の論文でした。理由は簡單です。菅野氏以外の伊東論は日本浪漫派やドイツ・ロマン主義に關聯させたもの(伊東がリルケやヘルダーリンなどに傾倒してゐたのでこれは當り前のことだが)で、菅野氏ただ一人が「古代ギリシア」の宇宙觀に言及してゐたからです。自費出版詩集『夏至の趾』の伊東論で、私は次のやうに書いてゐます。
     如かない 人氣ない山に上り
     切に希はれた太陽をして
     殆ど死した湖の一面に遍照さするのに
            「わがひとに與ふる哀歌」
  私はこの詩句の「烈しい美しさ」にひどく打たれた。「遍照さ」れた「殆ど死した湖の一面」に十八歳の私は、何ものをも反射させ夢想することができた。「未知の天體の風景」とも、「劫初の烈しい寂寥」とも、「地球最後の正午」とも、或は「無神論者の狂氣に似た祈り」とも。この死にも近い完璧な晴れやかさは、私がずうつと昔に、私の幼年時代以前に確かに置き忘れてきたものに相違ない。伊東静雄のこの詩句は、「私も過去のある日、あの殆ど死した湖を見たことがある」と錯覺せしめたほどである。
 ここには、少年時代から心酔してきた「古代ギリシアの數理哲學」を通して觀ようとしてゐた「世界のプロトタイプ」への私自身の露骨な憧憬が反映されてゐます。伊東と古代ギリシアが直結するのは、私にとつては自然な成り行きであり、静雄の「太陽」とは、私にとつてはまたプロティノスの「太陽」なのです。
 その昔貪るように讀んだ菅野氏の論文には、その至るところに傍線が引いてありますが、この論文はまた、プロティノスの「太陽」論とも讀むことができます。おそらく以下の少々長い引用を讀んで頂ければ、それを納得して頂けるのではないかと思ひます。
 ・詩集『わがひとに與ふる哀歌』の太陽が、詩語として稀有の質量を獲得することが可能になつたのは、おそらく、それがつねに宇宙の根源として捉へられてゐたからである。たしかに、この太陽はいつも同じ位置を保つてゐる。それはある特殊的、偶発的な形態において見つめられることもなければ、一回限りのつかのまに消えてゆく形相を示すものとして眺められることもなく、たえず唯一の源泉に歸つていく同一的な回歸性のなかを循環してゐるのである。
 ・伊東静雄が歌つてゐるのは、ある日ある時に彼が眺めた太陽ではなく、太陽といふものの純粹形態なのだと言つても差しつかへないはずである。
 ・古代ギリシャ人の信じた宇宙の構成要素が貧しいのと同じやうに伊東静雄のそれもすこぶる貧しい。しかし、各々の言葉が貧しさのなかに豊かさを同居させてゐるのと同じやうに、この構成要素の貧しさのなかにも、それと密接に溶けあつた形で、じつに濃密な豊かさが息づいてゐる。
 「伊東静雄」を「プロティノス」に、『わがひとに與ふる哀歌』を『エンネアデス』に置き換へて讀んでゐただきたい。鮮やかなプロティノス像が浮かび上がつてくるはずです。次回も、菅野氏の論文を觸媒にして、伊東とプロティノスを考へてみます。 (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 19:30| Comment(0) | 河田直樹