2017年11月26日

おもて〈面〉⇔うら〈心〉の應答               原山建郎

二〇一三年、遺傳子檢査を受けた女優のアンジェリーナ・ジョリーに、乳ガンと卵巣ガンの遺傳的リスクが各々八十七パーセント、五十パーセントであることが判明した。彼女の母親は四十九歳で卵巣ガンと診斷され、五九歳のとき乳ガンで亡くなつた。祖母は乳ガン、叔母も卵巣ガンで亡くなつてゐる。
そこで、彼女は豫防的乳房切除(乳房再建)手術を選擇し、二年後には卵巣と卵管も摘出した。この決斷を「勇気ある選擇だ」と賞讚の聲がある一方で、「乳ガンの遺傳子があつても、必ずガンになるとは限らない」といふ意見も多く寄せられた。
なるほど、遺傳的な要因が強く關與して發症する乳ガンや卵巣ガンは、全體の五〜十パーセント程度、殘り九十パーセントは、遺傳子とは関係なく發症しているといふデータもある。それでも、「ガンの遺傳的リスクが八十七パーセント」と告げられれば、誰でも豫防手術の選擇をめぐつて心がゆらぐ。
多くの醫療機關が、遺傳子檢査などの情報を元に、患者個々人に最適化したオーダーメイド醫療を喧傳(けんでん)した。しかし、人間のからだは、機械のリコール(缺陷部品の交換・修理)と同じに考へられるのだらうか。

昨年末、東方醫療振興財團主催の市民公開講座『鍼1本が医療崩壊を救う!』で、「パソコンを見(み)る醫學、つながりを診(み)る醫療」について講演した。パンフレットに、私はかう記した。
〈患者のからだに觸れることもなく、パソコン画面に映る檢査値の變化を重視する醫師がふえてゐる。からだを部分に分けて見る現代醫學は、すぐ隣とのつながりを見落としやすい。かつて、鍼麻酔で無痛抜齒を體驗した私は、部分と全體のつながりを診る鍼灸治療のアドバンテージを、醫療再生への第一歩に生かすべきだと考へる。〉
メインテーマは、「からだのおもて〈面〉⇔うら〈心〉の應答」である。〈面〉の訓は「おもて(外)」だが、〈心〉の古訓に「うら(内)」がある。そして、からだの外(おもて)と内(うら)の接點は、體表を覆ふ皮膚である。鍼灸(東洋醫學)の診察・治療は、すべて掌(たなごころ)、た(手)+な(の)+こころ(心=うら)でふれる皮膚を介して行はれる。まづ脈診や腹診でうら(内)の様子を窺い、おもて(外)の經(つ)穴(ぼ)(交流ポイント)から鍼や灸の刺戟によつて、うら(内)に語りかける。治療後に感じる心地よさは、うら(内)からの應答だ。近年、皮膚への適切な〈快〉刺激が、腦の疲れをとるオキシトシン(癒しのホルモン)の分泌を促すことが明らかになつた。

統合醫療の創始者、アンドルー・ワイルが、『癒す心、治す力』(上野圭一譯、角川書店、一九九五年)で、【治療と治癒とは同じものではない。治療は外からほどこされ、治癒は内から起こつてくる。】といふやうに、皮膚はからだの物理バリアであり、外部をモニターするセンサーなのだ。
また、『思考のすごい力』(ブルース・リプトン著、西尾香苗譯、PHP研究所、二〇〇九年)の中で、革新的な生物學であるエピジェネティクス(遺傳子を超えたコントロール)に着目したリプトンは、遺傳子檢査やオーダーメイド醫療の「遺傳子がすべてを支配する」といふ遺傳子決定主義の考へ方は、すでに時代遲れ遅れだと指摘してゐる。
【エピジェネティクスがこの十年間に解明したところによれば、遺傳子として受け渡されるDNAの設計圖は、誕生のときにはまだ確定してゐないらしい。遺傳子は運命の女神ではないのだ!環境による影響、たとえば榮養分やストレスなどの感情が、基本的な設計に手を加へることはないにしても、遺傳子を變化させることがある。】
(同書一〇九ページ)
〈面(おもて)〉と〈心(うら)〉の應答が拓く、鍼灸の未來。
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy 2013年))

posted by 國語問題協議會 at 11:05| Comment(0) | 原山建郎

2017年10月23日

ひらがな絵本の音、ことばを語る絵。 原山建郎

来年一月、下里しおん保育園(早川寿美子園長)の子育て講座『「日本昔話」はこんなに面白い』では、日本昔話に日本人の心の在り方(母權的意識)をさぐつた河合隼雄さんの〈見るなの座敷〉〈鬼が笑う〉〈家出願望〉〈子どもと秘密〉など、日本昔話の背景をまじへて話すつもりだが、その準備のために河合さんの著書を讀むうちに、『絵本の力』(河合隼雄・松(まつ)居(い)直(ただし)・柳田邦男著、岩波書店、二〇〇一年)にめぐりあつた。
同書は、二〇〇〇年に小樽市で開催された文化セミナー「絵本の可能性」の講演+討論録だが、河合さんの講演「絵本の中の音と歌」の中で紹介した『よるのようちえん』(谷川俊太郎文、中辻悦子絵・写真、福音館書店、一九九八年)には、不思議な「音」たちが登場する。
物音も聞こえない、何もない夜の幼稚園に、だれかいる!
【そつとさんが かおをだしました そっとさんは きょろきょろりん】のほかに、すっとさん、さっとさん、じっとさん、ぜっとさん、もっとさん、ぱっとさん、ぽっとさん、ぬっとさん、おっとさんも出てきて、みんなで、がやがややつている。
そして、【そらがあかるくなってしまいました あれれ みんなどつかへきえちゃった】あとには、【そっとさんのこえがきこえました さよよんならららーん】のこえを残して……。
(同書三二ページ)
河合さんはこの講演を、繪本の讀み聞かせにも通じる、次のやうなことばで閉ぢてゐます。
【音と歌というのは、心をすましていたら聞こえてくる魂のひびきといっていいのではないかと思います。私の話から皆さんの心の中に音と歌が残つたら、私は終わりといわずに終わろうと思います。】
(同書四三ページ)
同書にブック・イン・ブックの別冊で綴ぢ込まれた「物語絵本の発見」では、米國の作家でイラストレーターのワンダ・ガアグが一九二八年に著した兒童繪本『Millions of Cats』に強く惹かれ、『100まんびきのねこ』(ワンダ・ガアグ著、石井桃子訳、福音館書店、一九六一年)出版に漕ぎつけた松居直さんが、ガアグのみごとな挿絵で飾られた英語版原著と日本語版のページを比較しながら、とても素敵な解説を書いてゐる。
【(ガアグは)目に見えるように口で語られる物語を、耳で聴く歓びを知り尽くしていたのです。だからこそ子どもが讀む本ではなく、子どもに讀んでやる絵本をイメージし、讀んでもらいながら見るさし絵を描いたのでしょう。】
【絵本のさし絵が物語を語るのは、色彩ではなく線と形と構図であること、そして場面の連続性と変化の組み合わせであることに気づきました。】
(同書・別冊二、五ページ)
岡の斜面を埋め盡くす百萬匹の猫たちが喧嘩を始める場面では、ガアグの繪から猫たちの混亂と喧騒、動きと音と鳴き声、驚きと怖れ、猫たちのことばが聞こえる。

ところで、日本昔話の「桃太郎」では、桃の實が〈どんぶらこ、どんぶらこ〉と流れてくる「音(擬態語)」が定番だが、『ももたろう』(松居直文、赤羽末吉繪、福音館書店、一九六五年)では、川上から〈つんぶく、かんぶく〉と流れてくる。
この『ももたろう』は、青森県南部(五戸(ごのへ))地方の桃太郎傳説をもとに、松居さんが「宝物を取り返すのではなく、鬼にさらわれたお姫様を助け出す」物語に再話したものだが、〈つんぶく、かんぶく〉の響きは、南部ことばの「つんぶら、つんぶら」からきてゐるらしい。
なるほど、桃太郎傳説は全國各地にあるが、〈どんぶらこ、どんぶらこ〉だけでなく、〈つんぶく、かんぶく〉や〈つんぶら、つんぶら〉もまた、心地よく響いてゐる。
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy no.60(2016年12月))



posted by 國語問題協議會 at 21:46| Comment(0) | 原山建郎

2017年09月22日

ブックセラピー(その16) いのち愛(め)づる姫君、二人の桂子(けいこ)さん。 原山建郎


「桂子」といふ名前の生命科學者が二人。一人は遺傳學者でJT生命誌研究館館長の中村桂子さん、もう一人は発生學者で歌人の柳澤桂子さんである。
生命科學とは、「生命現象の不思議」をさぐる學問だが、中村桂子さんは『生命科學者ノート』(岩波現代文庫、二〇〇〇年)に、ライフ(サイエンス)といふ言葉で説明してゐる。
【ライフは、日本にはどうしても譯せない意味を持つてゐる。日本語で表現せざるを得ない時には、生命科學といふが、生命ではライフといふ言葉のもつ内容すべてを含むことはできない。(中略)ライフといふ短い言葉のなかには、生命が誕生し、さまざまな生活を營み、その一生を終へるといふ一つのドラマが含まれてゐるのだ。】
(同書二二ページ)
同じ中村さんが編集した『愛づるの話。』(JT生命誌研究館、二〇〇四年)では、哲學者の今道(いまみち)友(とも)信(のぶ)さんとの対談で、大和言葉の「愛でる」ではなく、「愛づる」にこだわつてゐる。
【中村 「蟲愛づる姫君(『堤中納言物語』)の「愛づる」ですが、日本人の生きものへの気持ちをとてもよく表現した言葉だと思ふのです。「愛でる」ではなく「愛づる」。(中略)
今道 「蟲愛づる姫」は虫ゆゑに可愛がるのではなく、虫自身の中に潜んでゐる不思議な力。それを與へた佛様か、自然か、神様か、さういふものに對する賛嘆のやうなものがどこかに潜んでゐるのでせう。】
(同書一七、一八ページ)
いづれも、「めづ(感・愛・賞)」の下二段活用だが、「めづる」には強く心を動かされる自他一體感があり、「めでる」にはそのすぐれたさま(他)を讃嘆する主體(自)がある。
中村さんはその對談で、人間(の生命科學)が人間中心になるのは当然だとしても、その一方では、生きもの全般に對して「本質を客観的に見ることによつて生まれてくる愛」があるのだと思ふ、と述べてゐる。

一九六〇年代、分子生物學の勃興期に立ち會ひ、三菱化成生命科學研究所主任研究員として活躍した柳澤桂子さんは、三十歳代に原因不明の病に襲はれ、一度は死を覺悟した病床から、たくさんの短歌や科學エッセイを發信してゐる。四十歳代半ばの神秘體験を經て、柳澤さんの生命科學は、宇宙と人體の成り立ち、始まりも終はりもない「生死(しょうじ)一如(いちにょ)」へと向かふ。

『いのちと放射能』(ちくま文庫、二〇〇七年)には、「お星さまのかけら」が登場する。
【このやうな星が爆發すると、水素や炭素やヘリウムが星間(せいかん)物質(ぶつしつ)として宇宙に飛び散り、やがてできてくる新しい星の芽となります。(中略)地球上にある、水素、酸素、炭素、窒素などに稻妻や紫外線が働いて、くつついたり、離れたりしてゐるうちに、いのちのもとになる分子が偶然にできあがつたと考へられてゐます。
私たちはお星さまのかけらでできてゐるのです。】
(同書一六ページ)
『生きて死ぬ智慧』(小學館、二〇〇四年)は、柳澤さんによる般若心經の「心譯」である。
【ひとはなぜ苦しむのでせう……/ほんたうは/野の花のやうに/わたしたちも生きられるのです
もし あなたが/目も見えず/耳も聞こえず/味はうこともできず/觸覺もなかつたら/あなたは 自分の存在を/どのやうに感じるでせうか。
これが「空」の感覚です】
(同書一ページ)
『いのちの日記』(柳澤桂子著、小學館、二〇〇五年)の一首に、「生死一如」を觀る。
【生まれかはり死にかはりつつわが内に積む星屑(ほしくず)にいのち華(はな)やぐ】
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy no.59)


posted by 國語問題協議會 at 18:17| Comment(0) | 原山建郎