2018年04月22日

「つたへること・つたはるもの」(25)   原山建郎

好かれる人物は「陽」、嫌はれる人物は「陰」のオーラを放つ。

和語(やまとことば)では、「心(シン)」を〈うら〉、「面(メン)」を〈おも(て)〉と訓讀する。上古代の日本人は、「心の内〈うら〉にある思ひ(心情)が、外〈おもて〉の顔(面)にあらはれる(表情)」ととらへた。昔から「目は口ほどに物を言ふ」「(心が)顔に出る・顔に書いてある」といふ言ひ方や、「心構へ」「気構へ」「面(つら)構へ」「身構へ」などの言葉もある。前の二つは心〈うら〉の抽象的な姿勢(スタンス)を、後の二つは面〈おも(て)〉の視覺的な姿勢(アピアランス)をあらはす。外見(見た目)から受ける印象をいふ「老舗らしい・店構へ」、「立派な・門構へ(家構へ)」などの常套句もよく使はれる。
また、「眞面目」といふ言葉を〈まじめ〉と讀めば【うそやいいかげんなところがなく、眞劍であること。本氣であること】だが、〈シンメンモク〉と讀む場合は【本來の姿・ありさま。轉じて、眞価】となる。〈シンメンモク〉とは、その人の目や表情(面・おもて)に本來の姿(心・うら)があらはれる、つまり裏〈うら〉表〈おもて〉のない(思ひと表情が一致する)ことであり、佛教用語では「眞面目(シンメンモク)を發揮する」と用ゐる。
「メラビアンの法則」によれば、コミュニケーションの受け手に與へる第一印象はどの要素によつて決まるかを米國人に質問したところ、半數以上の回答者が「見た目(外見)」のインパクトを擧げたといふ。
◎五五%が「見た目・仕草・表情などの視覺的要素」……見た目(ボディランゲージ)
◆三八%が「聲質・聲量・話すテンポなど非言語的要素」……話し方(呼吸・間の取り方)
●七%が「話の内容(言語的要素)」……話の中身(論理的思考)

かつて、私は日本人の「人間觀察」調査を行つたことがある。少し古い資料で恐縮だが、大學の授業や講演會で實施した「好かれる人物・嫌はれる人物のイメージ」アンケート(それぞれ思ひ浮かぶイメージを、三つづつ書いてもらふ)を紹介しよう。Aは年齡別(若者/高齢者)、Bは地域別(東京/沖縄)である。
A 若者/高齡者へのアンケート
◎二〇・二一歳の女子大生(武蔵野女子大學文學部三年生二〇四名、二〇〇三年調査)
★「好かれる人物」ベスト・イレブン(カッコ内は、3つづつ回答の構成比) @明るい人(五六・九%)/A笑顔が素敵な人(四四・六%)/Bやさしい人(四〇・七%)/C話を聞いてくれる人(三六・三%)/D氣配りのある人(二四・〇%)/E思ひやりのある人(二三・五%)/Fユーモアがある人(二二・五%)/G話し上手な人(一三・七%)/H自分の意見が言へる人・H氣が利く人・H誰でも裏表なく接する人(一二・三%)
★「嫌はれる人物」ワースト・テン @自己中心的な人(四四・六%)/A惡口(陰口)を言ふ人(三三・三%)/B暗い(陰險な)人(二四・〇%)/C人の話を聞かない人(一九・六%)/D自分勝手な人(一七・三%)/Eわがままな人(16・2%)/F約束を守らぬ人(一二・七%)/G嘘をつく人(九・三%)/H一方的に話す人(八・八%)/Iマイナス思考の人(八・三%)
◎六〇〜八〇歳代の高齡者(「敬老の日」の講演會參加者二一八名、二〇〇六年調査)
★「好かれる人物」ベスト・テン @明るい人(四〇・三%)/Aやさしい人(二五・七%)/B笑顔が素敵な人(二三・四%)/C話を聞いてくれる人・C思いやりのある人(一七・〇%)/E親切な人(一五・一%)/Fおだやかな人・F朗らか(陽気)な人(一一・〇%)/H嘘をつかない人・H清潔感のある(健康な感じの)人(九・六%)
★「嫌われる人物」ワースト・イレブン @暗い(陰氣な)人(三一・三%)/A惡口(陰口)を言ふ人(二二・九%)/Bわがまま(自分勝手)な人(二二・四%)/C自己中心(利己的)な人(一七・四%)/D意地惡な人(一四・九%)/E自分の話ばかりする人(一四・四%)/F自慢話ばかりする人(一〇・四%)/G怒りつぽい人(九・五%)/H嘘をつく人(七・五%)/I偉そうな(威張る)人・I不潔な(臭い・不健康な)人(七・〇%)
B 東京/沖縄への女性アンケート
◎東京の女性(東京都トラック協會婦人部+荒川區で二カ所の幼稚園教諭・園兒の母親、一九九四年調査、講演の事前アンケート)
★「好かれる人物」ベスト・テン @明るい人/Aやさしい人/B思ひやりのある人/C清潔感のある人/D笑顔が素敵な人/E話し上手、聞き上手な人/F誠實な人/G誰にでも親切な人/H氣配りがある人/I相手の立場で考へられる人
★「嫌はれる人物」ワースト・テン @自分勝手な人/A暗い(陰險な)人/B惡口(陰口)を言ふ人/C和を亂す人/D不潔な(きたない)人/E約束を守らぬ人/Fあたり散らす人/G優柔不斷な人/Hいやみな人/I他人の足を引つ張る人
◎沖縄の女性(沖縄タイムズ「女性倶樂部」での講演・事前アンケート、一九九五年調査)
★「好かれる人物」ベスト・テン @明るい人/A思ひやりのある人/Bやさしい人/C樂しい(愉快な)人/D笑顔が素敵な人/E好感が持てる人/F話しやすい人/G信頼できる人/H言葉を守る人/Iユーモアのある人
★「嫌はれる人物」ワースト・イレブン @意地惡な人/A不潔な(きたない)人/Bせこい(ケチな)人/C自己本位(自己中心)の人/D暗い人/E惡口(陰口)を言ふ人/F嘘つきな人/G短気な人/Hわがままな人/H思ひやりのない人/H一人で(自分だけが)しゃべる人

まず、「好かれる人物」のベスト3は、
若者=@明るい/A笑顔が素敵/Bやさしい、高齢者=@明るい/Aやさしい/B笑顔が素敵、東京の女性=@明るい/Aやさしい/B思ひやり、沖縄の女性=@明るい/A思いやり/Bやさしい、となつた。
ポイントは「明るい・笑顔・やさしい・思ひやり」であり、あたたかい(温かい・暖かい)「陽」のオーラ(氣)を身にまとつた人が、誰からも「好かれる人物」像である。
次に、「嫌われる人物」のワースト3は、若者=@自己中心的/A惡口(陰口)を言ふ/B暗い(陰險)、高齡者=@暗い(陰氣)/A惡口(陰口)を言う/Bわがまま(自分勝手)、東京の女性=@自分勝手/A暗い(陰險)/B惡口(陰口)を言ふ、沖繩の女性=@意地悪/A不潔(きたない)人/Bせこい(ケチ)、となつた。
ポイントは「自分勝手、わがまま、惡口・陰口、暗い・陰険・陰気」であり、つめたい(冷たい・暗い)「陰」のオーラ(氣)を周圍に放つ人が、みんなが敬遠する「嫌はれる人物」のイメージである。

ところで、会社の同僚や上司、仕事の相手先から、あなた自身は「明るい人」と見られてゐるだらうか、あるいは「自分勝手な人」などと思はれてゐないだらうか。次回のコラムでは、「嫌はれる人物」から「好かれる人物」に變身する、最強の「オーラ・チェンジ・マジック(「氣」を變へる魔法)」を紹介しよう。
(武藏野大學非常勤講師『ゴム報知新聞』電子版コラム (2016年10月11日)

posted by 國語問題協議會 at 13:21| Comment(0) | 原山建郎

2018年03月26日

つたへること・つたはるもの(25)〈ことば〉で傳へにくい「つらさ」を聴く、觸れる、診る。 原山建郎

二〇一三年の冬、ファイザー梶Eエーザイ鰍ノよるプレスセミナー「『痛み』をめぐる醫療と言語研究がもたらす新たな可能性」のレジュメと「47都道府縣比較:長く續く痛みに關する實態調査2013」(二〇一三年九月發表)の配布資料を入手した。そこで、當時、東洋鍼灸専門學校で講じてゐた社会學の授業で、『「痛み――ことばでは説明できないつらさ」を聴く・觸れる・診る』をとり上げた。たとへば、整形外科など標準的西洋醫學が苦手とする「痛み(疼痛)の除去」は、鍼灸治療など東洋物療では得意分野なのだが、實際に患者の訴へを「聴く、觸れる、診る」手がかりとして、ことばによる「痛み」表現のとらへ方が重要となる。
また、プレスセミナーで注目されたトピックは、二〇一一年三月一一日に発生した東日本大震災の救援活動に入った醫療チームが、東北地方の方言、とくに被災地(福島・宮城・岩手)の高齢者が訴へる「つらさ」を理解するのに苦労した經驗から、翌二〇一二年三月、岩手縣出身の竹田晃子さん(國立國語研究所非常勤研究員)が作成した『東北方言オノマトペ用例集』(https://www.ninjal.ac.jp/pages/onomatopoeia/)である。用例集の表紙には、おばあちゃんが訴へる「のどぁ ぜらぜら」に耳を傾ける醫師の姿が描かれてゐる。「ぜらぜら」とは「のどに痰がからまって鳴る」様子をあらはす、青森・岩手地域の〈ことば〉ださうだ。

オノマトペとは、自然界の音や聲(擬音語)、物の形状や動き(擬態語)のことで、かつて文字をもたなかった上代日本の話しことば(やまとことば)は、オノマトペの音韻から生まれた〈ことば〉である。
身近なところでは、戸を開ける音(カラカラ、ガラガラ)、花びらが散るさま(ハラハラ、バラバラ、パラパラ)、痛みの訴え(ヒリヒリ、ビリビリ、ピリピリ)などが挙げられるが、日本語を母語として育った私たちには、それぞれ清音・濁音・半濁音で傳はる「からだ感覺」の微妙な違ひを理解することができる。
ウェブサイト「メディカル・オノマトペ」に寄稿したコラムで、竹田さんは「母語としての方言」の重要性を訴へてゐる。
オノマトペには、體調や氣分を表す表現がたくさんあります。共通語では、痛みをシクシク、キリキリ、ズキズキなどと表現することがありますが、各地の方言にも獨特なオノマトペがあります。(中略)方言は、地域で暮らす人の生活を支へる母語です。方言をなくすのではなく、方言を使ふ人と使はない人とが互ひの立場を尊重しながら、必要に應じて意思の疎通を圓滑に行ふことができる社會を目指して 、醫療現場の協力を得ながら、この問題に取り組みたいと考へてゐます。
(『東北方言オノマトペ用例集』の取り組み)
普段は共通語(標準語が母語)で暮らす私たちも、「痛み」を訴へるとき、
【ズキズキ・ズキッ・ズキリ・ズキン・ズキンズキン/チクチク・チクリ・チクン・チクッ/ズンズン・ズーンズーン・ズン・ズーン/ガンガン・ガーンガーン・ガーン/ギシギシ・ギシリ・ギシッ/ゴリゴリ・ゴリッ/ジンジン・ジーン・ジン/ビリビリ・ビリリ・ビリッ/ピリピリ・ピリリ・ピリッ……】
などのオノマトペを使ひ分けてゐる。
「痛みに關する實態調査2013」には、〈お國ことば〉で傳へる「痛み、つらさ、苦しさ」が紹介されてゐる。たとへば、同じ「痛み」であつても、各地特有のオノマトペを通して、からだの悲鳴が聞こえてくる。
【ワクワク:頭痛(中国・四国地方)/ハチハチ:頭痛(中国・四国地方)/ニシニシ:腹痛(香川)/ウラウラ・マクマク:めまい(東日本)/キヤキヤ:胃痛(関東・中部地方)/カヤカヤ:のどの不調(静岡)/エキエキ:暑苦しい(秋田・山形)/ゾミゾミ:悪寒(岐阜)/タクタク:足の疲労(島根)……】
また、「つらい」「苦しい」の訴へ表現にも、〈お國ことば〉ならではの多彩なバリエーションがある。
【あんばいわるい、うい、えらい、おぶない、かなしい、きつい、こわい、しょうない、しろしい・しろしか、しんどい・しんどか、ずつない・ずつなか、せちい・せつない、せんない、たいそな、てきない、なずむ、なんぎする、のさん、ひどい、むずかしい、ものい、よわる……】

竹田さんは、「実態調査」結果から、醫療現場における「痛みのオノマトペ・方言」の積極的活用を訴へてゐる。
@ 痛みは把握が難しいため、症状を醫師・看護師に理解してもらふには、何とかして傳へる必要がある。
A しかし、診療の場では、患者はしばしば自身の痛みをうまく説明できてゐないといふ實態が明らかになり、痛みの症状傳達の難しさが浮き彫りになつてゐる。
B その一方で、「痛みのオノマトペ」を用ゐて表現すると、醫師・看護師の理解獲得に手應へを感じる患者が多い。
C 醫師・看護師が患者と同じ表現(オノマトペ・方言)を使ふことによる効用がみられ、コミュニケーションの活性化を通じて、よりよい診療の実現が期待できる。

「お國なまりは、お國の手形」ともいふ。
改めて〈お國ことば〉による相互理解が、強く求められる時代の到來。
(武藏野大學非常勤講師『ゴム報知新聞』電子版コラム (2017年1月)

posted by 國語問題協議會 at 21:10| Comment(0) | 原山建郎

2018年02月23日

「つたへること・つたはるもの」 きのふ・けふ。yesterday・today。和・英の「とき」感覺。 原山建郎

 
一年の初めに、正月を詠んだ俳句と和歌から、和語(やまとことば)の「とき」感覺をさぐつてみよう。
●去年今年(こぞことし)貫く棒の如きもの   高濱虚子(虚子五句集)
●命繼ぐ深息しては去年今年(こぞことし)   石田波郷(酒中花以後)
詞書(前書き)に「む月一日詠みはべりける」とある、後拾遺和歌集第一「春上」、小大君(こおほきみ)の和歌。
●いかにねておくるあしたに言ふ事ぞきのふをこぞとけふをことしと
詞書に「ふる年に春立ちける日よめる」とある、古今集巻一「春哥上」巻頭、在原元方(ありはらのもとかた)の和歌。
●年のうちに春は來にけり一年(ひととせ)を去年(こぞ)とや言はむ今年(ことし)とや言はむ
たとえば、こぞ(去年)、ことし(今年)、あした(朝・明日)、きのふ(昨日)、けふ(今日)など、「ひらがな」で記した和語のうち、現代に生きる私たちは、正假名遣(舊假名遣、歴史的假名遣)の「きのふ」を「きのう」、「けふ」を「きょう」と發音する。
これは、「私は」における「は」の發音が、奈良時代以前は「ぱ(pa)」、奈良〜平安時代初期までは「ふぁ(fa)」、鎌倉時代ごろ「ハ行轉呼(語中・語尾のハ行音がワ行音へと變化した現象)」を起こして現在の発音「わ(wa)」となつたやうに、「きのふ・けふ」の「ふ(fu)」も「う(u)」と發音するやうになつた。
もちろん、「現代仮名遣い」の「きのう・きょう」でも、おほよその意味は「傳はる」のだが、「ひらがな」の和語(やまとことば)が「傳へやう」とした「とき〔時・期・季〕」の感覺を知るために、『学研古語全訳辞典』(金田一春彦監修、小久保崇明編集、学研教育出版、二〇一四年)、『字訓』(白川静著、平凡社、一九九五年)を參考にしながら、六世紀ごろ中國から傳來した「昨日・今日」といふ漢字の訓讀に、なぜ「きのふ・けふ」といふ和語を當てたのか、さらに「とき」をあらはす「ゆふ」「むかし」「いにしへ」「いま」も參照しながら、これらの和語を正假名遣(やまとことば)で考へてみよう。

こぞ 
(一)去年、(二)昨夜(さくや)。「き(來)ぞ」とも。また、(二)には今夜の意味とする説もある。【『学研古語全訳辞典』】
ことし〔今年・今歳〕
 「このとし」の意。「こ」は「こよひ」「こぞ」の「こ」と同じく、最も近いものを指示する代名詞。「けふ」と同じやうに複合語である。漢字にはこのやうな語の構成をとりえないから「今日」「今年」のやうにしるす。「とし」とは年穀(ねんこく)、年に一回の収穫をいふ。【以下の出典はすべて『字訓』】
あした〔旦・朝〕
 「ゆふべ」に対する語。「ゆふべ」の究極に「あした」がある。「ゆふべ」「よひ」「よなか」「あかとき」「あした」で夜の時間が指示される。「あくるあした」の意より、のちには明日を意味するやうになつた。
きのふ〔昨〕 前日。
今日からいつてその前の日をいう。「き」は「昨夜(きそ)」の「き」、「ふ」は「今日(けふ)」の「ふ」で、時を示す語であろう。昨は乍(さく)声。乍には「たちまち」の意があり、また過ぎゆく意がある。
けふ〔今日〕
 この一日をいふ。「けふ」の「け」は「けさ」の「け」で、「此(こ)」より轉じたもの、「けふ」の「ふ」は「きのふ」の「ふ」のやうに日をいふ。「け」は「來(く)」が語幹で、その活用の形であらうと考へられる。
ゆふ〔夕・夜・暮〕
 日ぐれのときをいふ。「ゆふ」の時間帶を「ゆふべ」といふ。一日の時間帶を「あさ」「ひる」「ゆふ」に區分し、「ゆふ」には「よる」をも含めていふ。「ゆふ」には「あさ」、「ゆふべ」には「あした」がその對稱の語である。
むかし〔昔〕
 長い年月を經た、以前の時。「向(むか)ふ」と方向や時間を示す「し」が複合して、回想の向ふ方向をいふ。對義語は「いま」。今(いま)と對立し、いまとは斷絶した状態にある時をいう。類義語の「古(いにしへ)」は「往(い)にし方(へ)」で、いまの延長上にありながら、すでに消滅している時間をいふ。
いま〔今〕
 ただいま現在。「い」は強意の接頭語。「ま」は間(ま)の意であらう。

つづいて、英語がもつ「とき(time,tide)」感覺を、古・中期英語までさかのぼつて調べてみよう。
たとへば「day」の語源は、晝間(一日)を表す「dæg」(古英語)で、dayに方向を示す前置詞「to」がつくと「to‐day(一日ぢゆう→今日)」となり、古英語のmorgen(朝)からきたmorrow(翌朝)につくと「to‐morrow(翌朝に向つて→翌日・明日)」、night(夜)につくと「to‐nigh(今夜)」となる。
「yesterday(昨日)」の「yester-」(古英語)は「すぐ前の」という意味で、「すぐ前の日→昨日」となる。また、昔を表す形容詞「ago」は、「過ぎ去る・通過する」を意味する中期英語の ago(n) からきてゐる。

和語(やまとことば)も英語(古・中期英語)も、ゆつたりと流れる「とき」、宇宙時間の「とき」を、二十一世紀の今に「傳へて」いる。

(武藏野大學非常勤講師『ゴム報知新聞』電子版コラム (2016年10月11日)

posted by 國語問題協議會 at 11:27| Comment(0) | 原山建郎