2018年08月24日

つたへる・つたはる(30) 書き・話しながら考へ、考へながら書く・話す技術。 原山 建郎

書き・話しながら考へ、考へながら書く・話す技術。
私たちが文章を「書く」ときは〈書きことば〉の腦で考へ、〈書きことば〉で考へながら文字を書く。文章を「読む」ときも、「書く」ときもやはり〈書きことば〉のパターンで考へる。一般的に、ビジネス文書で用ゐる〈書きことば〉では、意味(情報)の傳達を容易にする漢字熟語(漢語)を重視する傾向がある。
一方、だれかと「話す」ときは〈話しことば〉の腦で考へ、〈話しことば〉で話しながら考へてゐる。だれかの話を「聞く」ときも、やはり〈話しことば〉の腦で「聞く」。正確な情報の共有が求められる交渉や契約などでは、もつぱら〈書きことば〉ふうの〈話しことば〉、つまり漢語の多い會話にならざるを得ない。それでも、交渉が終はつたあとのくつろいだ酒席では、ざつくばらんな〈話しことば〉のやりとりになる。

大學の授業(文章表現)で、「書くよりは、話すはうが得意です」、あるいは「話すのが苦手なので、書く方が樂です」と惱みを訴へる學生に對して、まづ「話す方が得意な人はまづ、話すやうに文章を書いてみる。そのあとで、書きことばを意識して文章を調へる」、「書く方が樂な人はまづ、話したい内容を文章にしてみる。そのあとで、コンパクトな話しことばに變換する」とアドバイスをしたあと、「文字の〈書きことば〉と、會話の〈話しことば〉では、腦の思考回路に微妙なちがひがある」ことを追加した。

たとへば、私が文章を書く場合には、その直前に書いた文章を記憶の片隅に入れながら、そのとき頭に浮かんだ文章(1センテンス=40〜80字程度)を文字に記すのだが、ほとんど同時に、次に書かうとする文章(1センテンス=80〜120字程度)を頭に思ひ浮かべる。つまり、近過去(すでに)・現在(いま)・近未來(これから)といふ、三本の思考回路を同時に並行させながら、私たちは文章を書いてゐる。
このとき、いま(現在)書きつつある、あるいはこれから(近未來)書かうとする〈書きことば〉が、すでに(近過去)書かれた〈書きことば〉の文脈(文章の論理的なつながりぐあひ)と合はなければ、前後の文脈に沿つた〈書きことば〉に書き直す修正作業は、その文章を提出する前であれば何度でも可能である。

ところが、私がだれかと會話する場合には、相手の表情を見ながら頭に浮かんだメッセージ(文字数にして40〜80字程度)を瞬時に變換した〈話しことば〉を口にしながら、ほとんど同時に、次に話さうとするメッセージ(80〜120字程度)を構想しながら、次の〈話しことば〉を口に送り込まうとしてゐる。
ここで、〈書きことば〉の制作プロセスの場合と異なるのは、その直前に口をついて出た〈話しことば〉が相手に届く先から、次々に腦の「記憶」エリアから消えていくことである。
ところが、かつて大學での授業中に面白話で脱線したまではよかつたが、いざ脱線前に戻らうとしてもその「記憶」が飛んでしまひ、「どこまで話したつけ」と學生に尋ねたら、「脱線したままでお願ひします」と言はれてしまつたときの「記憶」だけは、いまも残つてゐる。

さて、〈話しことば〉とは口語(口頭言語)、〈書きことば〉とは文語(文字言語)のことである。文末が「です。」「ます。」「でした。」「ました。」で終はる「です・ます」調の文體は、讀む人がやはらかな丁寧さを感じる。文末が「である。」「だ。」になる「である」調は、堅苦しく改まつた感じを受ける。
また、日本語の文體は、大きく普通體(常體)および丁寧體(敬體)の二種類に分かれる。日本語を母語として育つた私たち日本語話者は、日常生活の中で無意識に、この二つの文體をうまく使ひ分けてゐる。「文體」の意味を廣辞苑で調べると、「文章のスタイル。語彙・語法・修辭など、いかにもその作者らしい文章表現上の特色」とある。「文體」を理解するポイントは、何よりも書き手の「らしさ」にある。

さて、〈話しことば〉と〈書きことば〉とでは、どちらがより書き手(語り手)の「らしさ」が傳はつてくるだらうか。同じ著者による〈話しことば〉と〈書きことば〉を味はいながら、話し手(書き手)から聞き手(読み手)に傳はるものを比較してみよう。
◎演出家・竹内敏晴さんの話しことばも書きことばも、ともに長めのセンテンスだが、とくにお茶の水女子大學教授・宮原修さんとの對談は、語り手の息繼ぎを意識した(句讀點による)息づかひのリズム感が傳はつてくる。
☆話しことば(對談=ですます調)←『教師のためのからだとことば考』(竹内敏晴著、ちくま学芸文庫、一九九九年)
わたしにとつてのことばつていふのは、さういうふうにまず第一に、ほんとうに人が人に働きかけられるかといふ、一つの、なんて言ふのかな、証しであつて、かういふ話をしてしまへば、結論つていうか、はつきりするわけだけれども、わたしにとつては、ことばつていふのは文章ではなくて、まず第一に話しことばなわけです。 
(同書190ページ)
★書きことば(である調)←『「からだ」と「ことば」のレッスン』(竹内敏晴著、講談社学術文庫、一九九〇年)
からだが動かうとしても、これでは「動くな!」と後ろに引つぱられてゐるみたいだと言ふ人がある。意思としては話しかけよう、目當ての人とつながらう、としてゐるのだらうが、からだは行かないで、とひきとめてゐる。これでは聲は前へ行けないな。まづ手を解き放ち、相手の方へ「手を出し」「足を出し」て、からだ全體が動き始めなくては、声が届くはずがない。      
(同書32〜33ページ)
◎西岡常一さんは、祖父も父もそしてご本人も三代續いた法隆寺棟梁(宮大工)。「法隆寺の棟梁がずつと受け繼いできたもんです。文字にして傳へるんではなく、口傳です。文字に書かしませんのや。百人の大工の中から、この人こそ棟梁になれる人、腕前といひ、人柄といひ、この人こそが棟梁の資格があるといふ人にだけ、口を持つて傳へます」といふ「話しことば(聞き書き)」をそのまま起こした「獨特の語り口」と、それを「ですます調」にまとめ直した「標準語(東京辯)」とでは、こんなにも違ふものかと、われとわが目を疑つてしまふ。
☆話しことば(聞き書き、獨特の語り口尊重)←『木のいのち 木のこころ』(西岡常一・小川三夫・塩野米松著、新潮文庫、一九九三年)
昔はおぢいさんが家を建てたらそのとき木を植ゑましたな。この家は二百年は持つやろ、いま木を植えておいたら二百年後に家を建てるときに、ちょうどいいやろといいましてな。二百年、三百年という時間の感覚がありましたのや。今の人にそんな時間の感覚がありますかいな。 
 (同書23ページ)
★書きことば(聞き書き、ですます調まとめ)←『法隆寺を支えた木』(西岡常一・小原二郎著、NHKブつクス、一九七八年)
法隆寺の建物は、ほとんどヒノキ材で、主要なところは、すべて樹齢一千年以上のヒノキが使はれてゐます。そのヒノキが、もう千三百年を生きてビクともしません。建物の柱など、表面は長い間の風化によつて灰色になり、いくらか朽ちて腐蝕したように見えますが、その表面をカンナで二〜三ミリも削つてみると、驚くではありませんか、まだヒノキ特有の芳香がただよつてきます。       (同書53ページ)

◎神戸女子学院大学名誉教授、合気道六段・居合道三段・杖道三段という武道家の顔も持つ、硬派の論客・内田樹さんには、ブログ「内田樹の研究室」に書かれた文章をテーマ別に「切り貼り」したコンピレーション(compilation)本が多い。ブログでは「である調」だつた文體が、『街場のメディア論』(光文社新書)では「ですます調」になつてゐる。
★書きことば(である調)←『内田樹の研究室』(二〇一二年六月一八日發信のブログ)
自然災害であれ、人間が發する邪惡な思念であれ、それが私たちの生物としての存在を脅かすものであれば、私たちはそれを無意識のうちに感知し、無意識のうちに回避する。
たしかにそのやうな力は私たち全員のうちに、萌芽的なかたちで存在する。だが、それを計測機器を用ゐて計量し、外形的・數値的に「エビデンス」として示すことはできない。                    
 (「直感と医療について」)
☆書きことば(ですます調)←『街場のメディア論』(内田樹著、光文社新書、二〇一〇年)
マスメディアの凋落の最大の原因は、僕はインターネつトよりもむしろマスメディア自身の、マスメディアにかかはつてゐる人たちの、端的に言へばジャーナリストの力が落ちたことにあるんぢやないかと思つてゐます。 
 (同書38ページ)
〈話しことば〉には和語(やまとことば)が息づき、〈書きことば〉では漢語(漢字熟語)が呼吸する。
(『ゴム報知新聞』電子版 (2017年4月11日))

posted by 國語問題協議會 at 18:08| Comment(0) | 原山建郎

2018年07月21日

「つたへること・つたはるもの」28 原山建郎

小池都知事のカタカナ語、日本語にしてみました。(2016年10月11日)

豊洲市場の移轉延期・盛り土問題、東京五輪の開催費用檢證・會場施設見直しなど、都政改革本部の調査チームを立ち上げた小池百合子都知事は、毎週末金曜日の定例記者會見、九月二八日の初都議會における所信表明演説などを通じて、豊洲市場の環境汚染懸念、ゼネコンとの官製談合疑惑、JOC(日本オリンピつク委員)の放漫運營體質にチェックを入れてゐる。
――と、ここまでは誰もが拍手喝采なのだが、小池都知事が多用するカタカナ語は「意味がよく分からない」と困惑する人が多くゐて、はなはだ評判が悪いのだ。これらのカタカナ語を日本語にしたらどうなるか。
☆都議會での「所信表明演説」/★毎週末金曜日の「定例記者會見」で用ゐられたカタカナ語を抜き出して、小池都知事が大好きなカタカナ語(英語の綴り:日本語翻訳:同義語・類語などの意譯)を見てみよう。
いづれも拙い日本語私譯なので、萬が一、誤譯・迷譯があつたらごめんなさい。

☆常に目的は、「都民ファースト(first:第一優先)」の都政の構築にあります。/☆「ワイズ・スペンディング(wise spending:賢い支出:賢いお金の使ひ方)」といふ言葉がありますが、豊かな税收を背景に、税金の有効活用の觀點が損なはれることがあつてはなりません。/☆日本の成長のエンジン(engine:原動機:原動力)として世界の中でも輝き續けるサステイナブル(sustainable:存續・持續・成長可能な)、持續可能な首都・東京を創り上げることであります。そのためにも、「セーフシティ(safe city:安全な都市)」「ダイバーシティ(diversity:多樣性:多樣性を受容する社會)」「スマートシティ(smart city:環境に配慮する都市)」の三つのシティ(city:都市 ※ただし、diversityはdi+verse+tyが語源で発音は同じだが、都市の意であるcityではない)を實現し、東京の課題解決と成長創出に取り組んでまゐります。/☆二〇二〇年の大會は單なる一九六四アゲイン(again:再現:夢よもう一度)ではなく、成熟都市であり、世界の最先端都市である「TOKYO」を世界にアピールする大會にしなければなりません。/☆ハード(hardware:設備・施設)面のレガシー(legacy:遺産:物理的な遺産)だけでなく、ソフト(software:規則・運用)面のレガシー(legacy:遺産:技術的・文化的な遺産)を構築いたします。/☆たとへば、フィンテック(fintech:情報通信技術を使つた新たな金融サービス)分野をはじめとする海外の金融系企業を誘致するため/★片仮名ばかり並べて申し訳ないのですが、企業で言ふところのコンプライアンス(compliance:法令順守:法律や倫理に則つた企業活動)です。といふことで、だから内部統制(從業員や會社の資産の管理統制)であるとかガバナンス(governance:統治:経営の管理統制)、誰が管理をして、誰が決定をして、【※これは「企業(corporate)で言ふところ」に續く文脈なので、「内部統制であるとかガバナンス」は、コーポレートガバナンス(經營の管理統制)・内部統制(從業員や會社の資産の管理統制)をいふ】/★手が下がりつつあつて、もうウイズドロウ(withdraw:手を引つ込める)してしまつてゐる/★先ほど私が、ホイッスルブロワー(whistle-blower:警笛を吹く人:不正行爲の内部通報者)の話をさせていただいわけでございまして、匿名、實名を問はず……。

カタカナ語が埋め込まれた「前後の文脈」から難解な經營英語を私譯したのだが、もしかすると、これはカタカナ語を多用して記者の質問を「煙に巻く(to create a smokescreen)」政治的手法なのかもしれない。英語はもとより、アラビア語にも堪能な小池都知事は、「頭がよい」を意味する英語、スマート(smart:頭のよさ・小利口)、クレバー(clever:頭が切れる・聡明)、ワイズ(wise:知的な賢さ・博識)でいへば、スマート&クレバーだが、「都民ファースト」を目指す語彙力はまだワイズの域まで到達してゐない。

まど・みちをの詩、『がいらいごじてん』は當意即妙の「ひらがな語」譯で、ユーモアがある。◆ファッション=はつくしょん/ア ラ モード=あら どうも/ミニ スカート=目に すかつと/ピックルス=びつくり酢/マロン グラッセ=まるう おまつせ/トイレ=はいれ/ボクシング=ぼく しんど。
それでは小池都知事の新造語、ライフ・ワーク・バランス(life-work-balance:生活と人生の調和)を「ひらがな語」にしてみる。◆ライフ・ワーク・バランス=あーした 天気に なあれ
おあとがよろしいようで……。
(武藏野大學非常勤講師『ゴム報知新聞』電子版コラム (2016年10月11日)


posted by 國語問題協議會 at 12:06| Comment(0) | 原山建郎

2018年05月22日

「つたへること・つたはるもの」「陰」の氣を「陽」に着替へる(26) 原山建郎

「陰」の〈氣を變へる〉には、「陽」に〈着替へる〉だけでよい。
前回のコラムで、「好かれる人物」は「明るい・笑顔・やさしい・思ひやり」の持ち主で、あたたかい「陽」の氣(オーラ)を身にまとつてゐる、また「嫌はれる人物」は「自分勝手、わがまま、惡口・陰口、暗い・陰險・陰氣」な傾向があり、つめたい(冷たい・暗い)「陰」の氣を周囲に放つてゐる、と書いたのだが、六〇〜八〇歳代の高齢者のアンケートを讀み返してゐたら、「嫌はれる人物のイメージは、好かれる人物のイメージの正反對である」といふメモを見つけた。たとへば、「好かれる人物」の反對語(對義語)は、明るい→暗い・陰氣、笑顔→怒りつぽい、やさしい→意地惡、思ひやり→自分勝手・わがまま、のやうになる。

つまり、「好かれる人物」は、明るい笑顔、やさしい思ひやり、外に廣がるオレンジ色のオーラで、相手を暖かく包み込むイメージなのに對して、「嫌はれる人物」は、自分勝手でわがまま、意地惡で怒りつぽい、内に引きこもるダークグレー(暗灰色)のオーラが、相手を冷たく拒絶するイメージを漂はせてゐる。
大學の授業(コミュケーション論)のなかで、「好かれる人物≠ノなるこつはいたつて簡單です。明るい・笑顔・やさしい・思ひやりのある人間に變はるだけでいい」と話したところ、學生の一人から「ちつとも簡單ぢやない。相手がよい人なら自分も變はれるかもしれないが、いやな人だつたらとても無理です。そんなの僞善でせう」と抗議を受けた。そこで、二つのたとへ話をすることにした。

一つ目は、「〈自分の顔〉は、何のためについてゐるのか」といふ話である。
最初に、「皆さんは自分の顔を、自分で見たことがありますか?」と質問した。「はい、鏡で見てゐます」と答へたので、「それは〈鏡に映つた自分〉の顔です。自分の眼で直接見えるのは、鼻先と舌の先端、顔全体のほんの一部にすぎない。したがつて、自分では見られない顔は、實は他人に見てもらふためについてゐるのです」と話した。
すると、「そんなの屁理屈です」といふ女子学生がゐたので、「あなたは、なぜ外出前にお化粧をするのですか? 自分の眼では鼻先しか見えないのに……」と聞くと、「〈鏡に映つた自分〉の顔を見て、お化粧や髪型をチェツクします」と答へた。
そこで、「それは、鏡に映つた〈鏡に映つた自分〉の顔を見てゐる〈もう一人の自分〉がOKを出す行爲、つまり他人に見られてもよい及第點といふ判断であり、それは外出時の服装などの〈身だしなみ〉にも及ぶ」こと、また、「人間の心には、〈鏡に映つた自分〉を見てゐる〈もう一人の自分(本物の自己)〉がゐて、潛在意識のさらに奥底では〈嫌はれる人物〉ではなく、もちろん〈好かれる人物〉でありたいと、つねに軌道修正をはかつてゐる」ことについて話した。

もう一つは、「陰」の〈氣を變へる〉には、「陽」の氣に〈着替へる〉だけでいい、といふ話である。
東洋醫學でいふ「陰・陽」は、善惡二元的な概念ではない。温かい水は「陽」、冷たい水は「陰」、流れる水は「陽」、滯つた(凍つた)水は「陰」であるやうに、相手(周圍)に及ぼす〈はたらき&程度〉をいふ。
たとへば、明るく・やさしい「陽」のオーラ(氣)は〈暖かい〉オレンジ色だが、嫉妬の感情が昂じると、相手を焼き尽くす〈熱い〉真つ赤なオーラがメラメラ立ち昇る。
また、良好なコミュニケーションを拒む〈冷たい〉ダークグレー(暗灰色)のオーラは願い下げだが、興奮のあまり頭に血が上つた相手に鎮静(クールダウン)をうながす〈爽やかな〉水色のオーラなら、ときによい効果を発揮する。つまり、そのシーン(状況)に求められる「陰」、または「陽」の〈はたらき&程度〉を身にまとうことが重要なのである。

トイレ掃除(「陰」のシーン)を頼まれたときに、黒いTシャつに藍色のジーパンなら「いいわよ。任しといて」と言へるが、結婚披露宴(「陽」のシーン)に出席するパーティードレスだつたら「いやよ。勘辨して」となる。「陰」の黒いTシャつに藍色のジーパンで、「陽」の結婚披露宴に出席する氣にはなれない。
したがつて、「嫌はれる人物」の周圍囲に漂ふ「陰」の〈氣を變へる〉には、「好かれる人物」が身にまとつてゐる「陽」の氣に〈着替へる〉だけでよいのだ。この日の授業では、學生たちに「性格はなかなか變へられないが、行動はすぐに變へられる」といふひと言を追加した。

私たちは「好かれる人物」キャラを演ずる大物俳優、舞台は「嫌はれる人物」も登場するビジネスシーン、さて今日の舞台では「明るい・笑顔・やさしい・思ひやり」のうち、どのオーラ(氣)に着替へようか!
posted by 國語問題協議會 at 17:27| Comment(0) | 原山建郎