2017年05月25日

ブックセラピー(その10) 母と子のメディア、繪本のちから。 原山 建郎

たとへば、わが子の「晝食弁當」には、前の晩から獻立を考へ、早起きして作る母の心がいつぱい詰まつてゐる。わが子は弁當箱のご飯やおかずを介して、母の心づかひをいただく。
マーシャル・マクルーハンの「メディアはメッセージそのものだ」を、この晝食弁當になぞらえると、弁當箱(容れ物)が「メディア(媒体)」で、ご飯やおかず(コンテンツ)に込めた母の思ひが「メッセージ」となる。母と子は日々の晝食弁當を介して、「召し上がれ」「いただきます」と、母と子のメッセージをやりとりする。
たとへば、幼少期のわが子に讀み聞かせた「繪本」もまた、やさしい母の聲で語られる「ひらがなの弁當箱」として、いまもなお、母と子を結ぶ最強のメディアでありつづけてゐる。
山口雅子さん(學習院女子大學非常勤講師)は、學生の課題レポートを軸にまとめた『絵本の記憶、子どもの気持ち』(福音館書店、二〇一四)の中で、いま幼少期の子ども、十五年ほど前に子どもだつた女子學生たち、二つの「子どもの気持ち」の乖離と回歸にふれてゐる。

「子どもが樂しんで讀みたいと思ふ繪本を選んでくる」といふ授業の課題で、女子學生が持つてきたのは「おとな好みのムードのある繪本」や「教訓やしつけの繪本」だつた。
さらに、子どもたちが大好きな繪本を何冊か讀ませ、グループごとに討議させて「みんながどのやうに思つたか」を發表させると、【「繪がかはいくない」「話の先がよめてしまつて、つまらない」「繰り返しが多く、あきてしまふ」といつた感想が次々と出て】きたといふ。

河合隼雄さんは、『子どもの宇宙』(岩波新書、一九八七)の中で、かつて「子ども」であつた「大人」が忘れつつある「子どもの宇宙」にふれてゐる。
【この宇宙のなかに子どもたちがゐる。これは誰でも知つてゐる。しかし、ひとりひとりの子どものなかに宇宙があることを、誰もが知つてゐるだらうか。(中略)大人たちは、子どもの姿の小ささに惑はされて、ついその廣大な宇宙の存在を忘れてしまふ。(中略)
私はふと、大人になるといふことは、子どもたちのもつこのやうな素晴らしい宇宙の存在を、少しづつ忘れ去つてゆく過程なのかなとさへ思ふ。】
(「はじめに」一ページ)

そこで、山口さんは、かつて存在したはずの「子どもの宇宙」を引き出さうと、「幼いころに好きだつた絵本、あるいは思ひ出に残つてゐる絵本について」といふ課題を出した。
最初、「思ひ出の繪本なんてない!」「小さいときのことなんて、全然覺えてません」と戸惑ひを見せた學生たちだつたが、一カ月後に提出されたレポートでは、全員が思ひ出した。
『繪本の記憶、子どもの氣持ち』に収められたレポートを紹介しよう。
【*私は、この繪本(『しづかなおはなし』)を讀むときの、母の讀み方が大好きでした。聲をひそめて、小さな小さな聲で讀むものですから、兄と私がギャアギャア騒いでゐたのでは、聞こえません。兄と一緒に息を殺して、静かに静かに≠オて聞いてゐました。
*夜寝るときに、ふとんの中で、母はこの繪本(『わたしのワンピース』)を讀んでもらつた。「ミシン カタカタ ミシン カタカタ」と、母が歌ふやうに讀んでくれたのが印象に殘つてゐる。その讀み方が好きで、今でもよく覺えてゐる。「ミシン カタカタ……」が耳に心地よかつた。】
(「聲と讀み方が好きだつた」三四ページ)

學生たちの「子どもの宇宙」は、「ひらがなの弁當箱」といふ最強メディア、絵本のページでよみがへる。
(武藏野大學非常勤講師 『出版ニュース』コラム Book Therapy no.32)


posted by 國語問題協議會 at 23:26| Comment(0) | 原山建郎

2017年04月22日

訓讀 原山健郎

武蔵野大學佛教文化研究所の定例研究会で、『ひらがなが啓(ひら)く「ほとけ」の世界』と題する研究發表を行つた。
この發表は、六世紀半ば、中國から朝鮮半島を經由して、わが國に傳來した佛教の経典にある「佛陀(ぶつだ)(<覺者>を意味するサンスクリット語buddhaの音寫)」を、日本では音讀の「ブつダ(呉音)」だけでなく、なぜ早くから和語で「ほとけ」と訓讀したのかを明らかにし、さらに上代日本(倭國)の多神教的な原始信仰に代表される習俗が外來宗教である佛教を比較的穏やかに受け入れた理由のひとつに、インド發中國経由の<覺者(佛陀)>といふ宗教的概念と「ほとけ」といふ和語の發音体感(習俗としての言語的感性)が時空を超えたシンクロニシティを起こし、わが國に佛教的パラダイムシフト(日本的習俗の佛教化)をもたらした、と主張するものである。

中國における「buddha」の音寫には、「佛陀」以前にも「浮屠(フト)・浮圖(フト)・佛圖(ブト)」などの用例があり、日本で「フト(ブト)」がなまつて「ほとけ」と転用されたといふ説もあるが、それだけでは和語である「ほとけ」の民俗學的なアウトラインがいまひとつスッキリしない。
そこで、それまで話しことば(口承)であつた和語を、漢字を假借した萬葉假名で表記することに成功し、千五百年以上經つた現在も用ゐられてゐる「ひらがな」が、上代日本人のメンタリティーを今に傳へてゐるといふ假説を立てた。

「ほとけ」といふひらがなのイメージには、<とく/とける>、<ほどく/ほどける>、あるいは<ゆるす/ゆるめる>など、さまざまなしばり(呪縛)やこだわり(執着)、こわばり(緊張)から心身を<ときはなつ(解き放つ)>佛教的な救濟思想につながるものがある。
野口三千三さんは、『野口体操 おもさに貞(き)く』(柏樹社、一九七九年)で、和語の「ほ」の身体感覚、なかでもとくに「ほどき」の自動詞形である「ほどけ」に注目してゐる。
【「ほぐし」は「ほどき・ほごし」と同じコトバである。「ほどき」はもともと「ほとき」と同音で、「ほ」の状態になるやうに解くことである。(中略)「ほどき」の自動詞形は「ほどけ」で、もともとは「ほとけ」であつたこの「ほとけ」こそ、実は「佛」の語源なのである。そこで私は「からだをほぐすことを手掛かりとして、佛とは何かを探り求める營みを体操といふ」と本氣で考へ、いろいろの動きを探り検(ため)してゐる。】
(同書八三〜八四ページ)

他動詞の「とく・ほどく」には、靴の紐(ひも)を自分で意識的にほどくといふ努力(自力)のニュアンスがあり、自動詞の「とける・ほどけ(る)」には、紐が自然にほどけたといふ無意識(他力)のイメージがある。
ひらがなの發音体感を分析すると、<ほとけ>の「ほ」音には、漢字の「炎/穂/帆/火/峯/誇(ほこ)る/賞(ほ)める/惚(ほ)れる」、ひらがなの「ほかほか/ほくほく/ほのぼの/ほれぼれ/ほやほや/ほんわか/ほんのり/ほのか/ほのめく」など、天に向かつて展(ひら)き伸び、押し上げられる、気体的な陽(ひ)だまりの暖かさがあり、<ゆるむ>の「ゆ」音には、漢字の「湯/油/愈/悠/湧/豊/夢/悠々/勇気/愉快(ゆくゎい)/寛(ゆる)やか/許(ゆる)す/緩(ゆる)める」、ひらがなの「ゆるゆる/ゆつたり/ゆらゆら/ゆらす/ゆるむ/ゆるす/ゆらぎ」など、内在の生命が浮き出て、豊かに湧き出る、液体的なお湯の温(ぬく)もりがある。

ここで、なぞかけをひとつ。
インド發中國經由の漢字「佛陀」とかけて、ひらがなの「ほとけ」と解く。その心は、わが國(日本)では「ごく(極)らく(楽)」になる。お後(あと)がよろしいやうで。
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy no.31)
posted by 國語問題協議會 at 21:33| Comment(0) | 原山建郎

2017年03月25日

むだと隙間と遊び、奚仲造車の公案。 原山建郎


『松岡正剛の千夜千冊』で見つけたセイゴオ語録がある。
【文化といふものは「むだ」と「隙間」でできてゐます。経済といふものは「むだ」と「隙間」を殺さうとしてゐます。それを埋めてゐるのが本といふもの……】
(『千夜千冊』一四八六夜)
昨今、アベノミクス、株價の亂高下など、主役は經濟問題だが、「部分最適(コスト削減)ばかり求めてゐると、全體最適(ワークフロー)が破綻する」といふ警句も何のその、なるほど「むだ」と「隙間」をきらふ効率第一主義が闊歩してゐる。

まてよ、醫療現場でも同じことが起きてゐる。そこで、文化を「からだ」に、經濟(効率主義)を「標準的西洋醫學(現代醫學)」に、本を「東洋物療(東洋醫學的物理療法)」に讀み替へた醫療バージョンの「セイゴオ語録」を作つて、鍼灸専門學校の授業で配布した。
『からだといふものは「むだ」と「隙間」でできてゐます。標準的西洋医学といふものは「むだ」と「隙間」を殺さうとしてゐます。
それを埋めてゐるのが東洋物療といふもの……』
ちやうど、一年生は解剖學のテスト直前で、身體体各部の骨の名称やその機能を勉強中。最初の『からだというものは「むだ」と「隙間」でできて……』あたりで、おやつという顔をする。
さらに、からだには「むだ」と「隙間」だけでなく、「遊び(ゆとり)」も「ため(溜め)」も「間(間合ひ)」もある、からだの理想形は「しなやかな臨機應變」と話すと、やつとそのニュアンスが通じたやうだ。

女優のアンジェリーナ・ジョリーが、遺伝子診斷で乳がん發症率が八七パーセントの確率と判明し、豫防的乳房切除を選擇した。それでも五パーセントの發症率は殘る。とことん「むだ」を排し、「隙間」を埋める、いかにも現代醫學的な發想だ。
 
『無門關』第八則に「奚仲造車」がある。書き下し文では、【月庵和尚僧ニ問フ、奚仲車ヲ造ルコト一百輻、兩頭ヲ拈却シ、軸ヲ去却シテ、甚麼邊ノ事ヲカ明ラム】となる。これをざつと譯せば、月庵和尚が修行僧に公案を出した。奚仲といふ男が車(一輪荷車)をたくさん造つた。そして完成した車輪の止め具を捻じ切り、車軸を抜き取つて、何かを探してゐる。奚仲はいつたい何をさがしてゐるのか、さあ答へよと、月庵和尚はいふ。
奚仲はいつたん完成させた車を、バラバラの部品に分解して、「車はどこにあるか」とさがしてゐる。止め具の中にも、車輪の中にも、車は見當たらない。さて、本当の車はどこにあるのか、といふ公案(質問)である。
いくつか答へを考へてみる。おそらく、まず車を造らうと考へた奚仲の發意に、さらに心に描かれた一輪車のイメージ(設計圖)に、實は本當(理念)の「車」が存在する、と解釋釈することもできるだらう。

連なつて動くからだを観察しようと、教室中央に運んだ診察臺に學生を一人あほ向けにして、「足指もみ」を行なつた。
足の指を、親指から一本ずつ順番に押し回しもみする。お腹がゆれる、顔の皮膚がゆれる、兩肩もゆれる、兩側に垂れた手先もゆれる。足指からの小さなゆれが、からだ全体に小波のやうに傳はつていく。
「あつ、肩が樂になつた、あごもゆるんだ。からだ全体がぽかぽかしてきた。氣持ちがいい」
足指をもまれてゐる学生の表情がどんどん變はつていく。もんでゐる私の親指にも、氣持ちのよさがやさしく傳はる。

東洋物療のアドバンテージは、患者を診る手、治す手、手當てを施す、生きた手にある。
一本の足指をもむだけで、全身にゆるみが傳はり、眠りから覺めた六十兆の細胞たちの會話が始まる。
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy no.18)
posted by 國語問題協議會 at 18:59| Comment(0) | 原山建郎