2017年09月22日

ブックセラピー(その16) いのち愛(め)づる姫君、二人の桂子(けいこ)さん。 原山建郎


「桂子」といふ名前の生命科學者が二人。一人は遺傳學者でJT生命誌研究館館長の中村桂子さん、もう一人は発生學者で歌人の柳澤桂子さんである。
生命科學とは、「生命現象の不思議」をさぐる學問だが、中村桂子さんは『生命科學者ノート』(岩波現代文庫、二〇〇〇年)に、ライフ(サイエンス)といふ言葉で説明してゐる。
【ライフは、日本にはどうしても譯せない意味を持つてゐる。日本語で表現せざるを得ない時には、生命科學といふが、生命ではライフといふ言葉のもつ内容すべてを含むことはできない。(中略)ライフといふ短い言葉のなかには、生命が誕生し、さまざまな生活を營み、その一生を終へるといふ一つのドラマが含まれてゐるのだ。】
(同書二二ページ)
同じ中村さんが編集した『愛づるの話。』(JT生命誌研究館、二〇〇四年)では、哲學者の今道(いまみち)友(とも)信(のぶ)さんとの対談で、大和言葉の「愛でる」ではなく、「愛づる」にこだわつてゐる。
【中村 「蟲愛づる姫君(『堤中納言物語』)の「愛づる」ですが、日本人の生きものへの気持ちをとてもよく表現した言葉だと思ふのです。「愛でる」ではなく「愛づる」。(中略)
今道 「蟲愛づる姫」は虫ゆゑに可愛がるのではなく、虫自身の中に潜んでゐる不思議な力。それを與へた佛様か、自然か、神様か、さういふものに對する賛嘆のやうなものがどこかに潜んでゐるのでせう。】
(同書一七、一八ページ)
いづれも、「めづ(感・愛・賞)」の下二段活用だが、「めづる」には強く心を動かされる自他一體感があり、「めでる」にはそのすぐれたさま(他)を讃嘆する主體(自)がある。
中村さんはその對談で、人間(の生命科學)が人間中心になるのは当然だとしても、その一方では、生きもの全般に對して「本質を客観的に見ることによつて生まれてくる愛」があるのだと思ふ、と述べてゐる。

一九六〇年代、分子生物學の勃興期に立ち會ひ、三菱化成生命科學研究所主任研究員として活躍した柳澤桂子さんは、三十歳代に原因不明の病に襲はれ、一度は死を覺悟した病床から、たくさんの短歌や科學エッセイを發信してゐる。四十歳代半ばの神秘體験を經て、柳澤さんの生命科學は、宇宙と人體の成り立ち、始まりも終はりもない「生死(しょうじ)一如(いちにょ)」へと向かふ。

『いのちと放射能』(ちくま文庫、二〇〇七年)には、「お星さまのかけら」が登場する。
【このやうな星が爆發すると、水素や炭素やヘリウムが星間(せいかん)物質(ぶつしつ)として宇宙に飛び散り、やがてできてくる新しい星の芽となります。(中略)地球上にある、水素、酸素、炭素、窒素などに稻妻や紫外線が働いて、くつついたり、離れたりしてゐるうちに、いのちのもとになる分子が偶然にできあがつたと考へられてゐます。
私たちはお星さまのかけらでできてゐるのです。】
(同書一六ページ)
『生きて死ぬ智慧』(小學館、二〇〇四年)は、柳澤さんによる般若心經の「心譯」である。
【ひとはなぜ苦しむのでせう……/ほんたうは/野の花のやうに/わたしたちも生きられるのです
もし あなたが/目も見えず/耳も聞こえず/味はうこともできず/觸覺もなかつたら/あなたは 自分の存在を/どのやうに感じるでせうか。
これが「空」の感覚です】
(同書一ページ)
『いのちの日記』(柳澤桂子著、小學館、二〇〇五年)の一首に、「生死一如」を觀る。
【生まれかはり死にかはりつつわが内に積む星屑(ほしくず)にいのち華(はな)やぐ】
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy no.59)


posted by 國語問題協議會 at 18:17| Comment(0) | 原山建郎

2017年08月20日

ブックセラピー(その15)「ひらがな(和語)」でとらへる佛教。 原山建郎

☆紀元前六世紀にインドで生れた佛教は、西域、中國、朝鮮半島を經由して、六世紀の日本に傳來した。佛教の經文はすべて漢文(漢民族の文字)で書かれてをり、その讀み方はいまでも呉音(ごおん)(佛教語に多く用ゐられる南方系の漢字音)で行はれてゐる。
☆上古代の日本には固有の文字はなく、四〜五世紀に傳來した漢字の音や意味を借りて萬葉假名が作られた。その後、漢字の草体(そうたい)である變體假名(江戸假名)をへて、明治三十三年に一音一字、現在の「ひらがな」が制定された。
☆平安時代中期から鎌倉時代にかけて、中國語で書かれた經文を、和語(日本の固有語)でわかりやすく説いた「和讃(わさん)(佛の功徳や佛法をたたへ、祖師(そし)・高僧の行跡(ぎょうせき)を述べた叙事歌謡)」が、さかんに作られるやうになつた。
☆萬葉假名の流れを汲む「ひらがな」は、上古代の口承(こうしょう)文化(文字によらない、身振り語を交へた話し言葉)の精髄を二十一世紀の現代に傳へる「からだ言葉(身體表現)」と考へることができる。

そこで、佛教のキーワード(漢字=頭腦知)を經文からとり出し、それに近接する「ひらがな」の意味(和語の成り立ち)を『字訓』(白川静著、平凡社、二〇〇七年)から、「ひらがな」の身體感覚(和語=身體知)を『野口体操 おもさに貞(き)く』(野口三千三著、柏樹社、一九七九年)から、抽(ひ)き出した。
さらに、@「と(解)く/と(融)ける・自力(じりき)作善(さぜん)/本願(ほんがん)他力(たりき)」、A「ゆる(赦)す/ゆる(弛)む:自然法(じねんほう)爾(に)」、B「たす(助)く/すく(掬)ふ:攝取不捨(せつしゅふしや)」、C「つつ(包)む/さら(晒)す:回心(えしん)懺悔(さんげ)」、D「うれ(歡)し/たの(樂)し:不體失(ふたいしつ)往生(おうじょう)」のテーマで、さまざまな角度から光をあてた。

講座資料には『歎異抄(たんにしょう)』『末燈鈔(まつとうしょう)』『淨土和讃(じょうどわさん)』のほかに、「死の受容五段階説」で知られる精神科醫、エリザベス・キューブラー=ロスの『ライフ・レッスン』(上野圭一訳、中公文庫、一九七一年)が登場する。
同書「許しのレッスン」で、もしあなたが變はるのなら(私を傷つけた行爲を心から謝罪するのなら)、私も變はらう(許してやつてもいい)と考へる人に、ロスはかう語りかける。
【許せないといふ氣もちは人を固着させる。(中略)人間關係を修復するよりは相手を責めたはうが樂になる。相手の過ちだけをみてゐるあいだは、自分自身の内面を見つめる必要がないからだ。相手を許したとき、はじめて人生に力がよみがへり、傷を乗りこえて花ひらくことができるやうになる。】
(同書三二二ページ)
人生はいつも不幸なことばかり、幸せな人生をお與へくださいと祈る人には、「その答へはあなた自身にある」といふ。
【たいがいの人は幸福といふものを、あるできごとにたいする反應としてかんがへてゐるが、じつさいの幸福とはこころの状態であり、周圍でおこることとはほとんど關係がない。(中略)自分を幸福にするために必要なものはすべてあたへられてゐる。わたしたちはただ、自分にあたへられてゐるものの使ひかたを知らないだけなのだ。(中略)
幸福になるかどうかは、周圍でおこつてゐることがきめるのではなく、あなたがきめることなのだ。】
(同書三三六〜三三八ページ)
佛教にかぎらず、あらゆる宗教の目標は、「すでに救はれてゐる(幸福な)自分」に気づくことにある。
(武藏野大學非常勤講師 『出版ニュース』コラム Book Therapy 2016年1月)

posted by 國語問題協議會 at 12:09| Comment(0) | 原山建郎

2017年07月26日

ブックセラピー(その12) 明治・大正のエートス、正字正假名遣。 原山建郎


先般、「正字正假名遣(せいじせいかなづかひ)を中心とする國語表記の復權と普及」をめざす國語問題協議會の講演會で、大東文化大學学文學部准教授・山口謠司さんの講義を聞く機会があった。
音韻學の専門家である山口さんは、近著『〈ひらがな〉の誕生』(中経の文庫、二〇一六年)で、日本語の發音の歴史的な變遷について書いてゐる。
【現代人の日本語と、明治時代の初めの頃の日本語はまつたく違ふし、ましてや平安時代の言葉、奈良時代の言葉とは、大きく異なる。
おほよそ、同じ言語内での發音の變化は、一〇〇年を一つの世代と考へることができる。言ひ換へれば、一〇〇年の人とは話すことができるが、それを越えてしまふと、お互ひ何を言つてゐるのか、同じ言葉を使つてゐてもわからなくなつてしまふのである。】
(同書一二九ページ)

この日の講演で、奈良時代初期の政治家、藤原不比等の名前を、現代日本語では〈ふじわらのふひと〉と讀むが、奈良時代の發音では〈プディパラノプピティョ〉と呼んでゐたといふ解説があつた。私は高校時代、國語の渡邊弘一郎先生から、現代假名遣ひで〈私は=ha〉を我々は〈私わ=wa〉と発音するが、昔の日本人は〈は=ha〉でもない〈わ=wa〉でもない、〈ぱ=pa、pha〉あるいは〈ふぁ=fa〉と發音したと學んでゐたので、歴史的假名遣では〈ふぢはらのふひと〉と綴る名前を、山口さんによる上代日本語の口演で聞けてうれしかつた。

「母語は道具ではない。精神そのものです」とは、母語としての日本語(和語)を大切にした作家、井上ひさしさんが『日本語教室』(新潮新書、二〇一一年)に書いた言葉である。
【生まれた時の脳は、だいたい三五〇グラムで、成人、二十歳ぐらいでは一四〇〇グラムぐらゐになります。ちやうど四倍ですね。(中略)腦がどんどん育つていくときに、お母さんや愛情をもつて世話をしてくれる人たちから聞いた言葉、それが母語です。】
(同書一八ページ)

母語とは、人生で最初に出逢ふ言葉、幼児の耳元に響くお母さんの言葉、それは〈漢字〉まじりではなく、純粋な〈ひらがな〉だけの會話である。そして、平成の母親たちが語りかける〈ひらがな〉は、「現代假名づかひ」の發音なのである。

國語問題といへば、戰後の現代假名づかひ、當用漢字を思ひ浮かべるが、明治初期に採用された歴史的假名遣についても、表音式の假名遣改定案をめぐる論争が起つた。芥川龍之介は、一九二五年三月発行の『改造』に「文部省の假名遣改定案について」を寄稿してゐる。
【假名遣改定案は――たとへば「ゐ」「ゑ」を廢するは繁を省ける所以なるべし。(中略)「ゐ」「ゑ」を廢して「い」「え」のみを存す、誰か簡なるを認めざらむや。然れども敷島のやまと言葉の亂れむとする危險を顧みざるは斷じて便宜と言ふべからず。】

文教大學の社会人講座では、芥川龍之介の切支丹小説『おぎん』の關聯資料として、新字新かなづかひで書かれた青空文庫をもとに、私が正字正假名遣に再修正したテキストを配布した。
【一度などは浦上の宗徒みげる弥(彌)兵衛(衞)の水車小屋に、姿を現したと伝(傳)え(へ)られてい(ゐ)る。と同時に悪(惡)魔もまた宗徒の精(堰j進を妨げるため、あるいは見慣れぬ黒(K)人となり、】

江戸假名の音韻を残す明治に生まれ、大正という時代を足早に驅け抜け、昭和二年に自死した芥川龍之介の魂、「明治・大正のエートス」を理解するよすがに、芥川の作品を正字正假名遣のテキストで読む。

(武蔵野大學非常勤講師 『出版ニュース』コラム Book Therapy no.55)
 
posted by 國語問題協議會 at 19:16| Comment(0) | 原山建郎