2017年01月23日

「米百俵」から「八重の櫻」、「原發供養」まで。 原山建郎


先月末、宇都宮市での講演で「歴史に學ぶ日本人の生き方」といふテーマで話をした。
副題を「米百俵≠ゥら八重の櫻≠ワで」として、幕末から明治初期にかけての戊辰戰爭、なかでも苛烈な戰ひで知られる北越戰爭(長岡藩)、會津戰爭(會津藩)を紹介した。講演の後半では、二年前の福島第一原發事故での政府・東電による犯罪的情報操作と、十分な檢證なしに虚僞情報を流した新聞・テレビなど大マスコミの報道に、若干の私見を披瀝した。

この演題に決まつたのは、招聘元の「米百俵≠ノまつはる歴史の話が聞きたい」というリクエストがきつかけだつた。
おそらく、栃木市出身の作家・山本有三が昭和十八(一九四三)年『主婦之友』新年号、二月号に連載し、のちに新潮文庫に収められた戲曲『米百俵』があるので、郷土つながりといふ面、それがひとつだらう。
また、平成十三(二〇〇一)年、小泉純一郎首相(當時)の「今の痛みに耐へて明日を良くしようといふ米百俵≠フ精神こそ」といふ發言を取り上げた拙著『「米百俵」の精神(こころ)』(主婦の友社、二〇〇一年)があるのだが、その「米百俵」ブームを覚えてゐたらしい。

北越戊辰戰爭では、新政府軍と舊幕府軍の間で長岡城陷落・奪回・再陷落を繰り返すはげしい戰ひがあり、生き殘つた長岡藩士たちは會津藩領内に敗走する。そこから先、ことしのNHK大河ドラマ『八重の桜』では、會津・鶴ヶ城での一カ月あまりの籠城抗戰(東北戊辰戰爭)に、綾瀬はるか演じる山本八重が斷髮して男装し、小銃片手に參戰することになる。

戰いの終息(新政府への歸順)後、長岡藩はお取りつぶしは免れたが七萬四千石から二萬万四千石に減知され、支藩から届いた救援米を藩の大參事・小林虎三郎が學校建設資金とした『米百俵』の故事を生む。
會津藩も二十八萬石から三萬石に減知され、下北半島の斗(と)南(なみ)に流刑同然の國替へとなる。
鳥羽・伏見の戰ひから始まつた戊辰戰爭は、この二つの戰ひいだけでなく、彰義隊が東叡山に立て籠もつた上野戰爭、舊幕臣らによる市川・船橋戰爭、新撰組の土方歳三らによる宇都宮城の戰ひ、そして翌年、箱館・五稜郭の開城で幕を閉ぢる。


「錦の御旗」を押し立てる新政府軍、逆らへば「朝敵」となる舊幕府軍といふ、戊辰戰爭の政略的二極構造は、二〇一一年に起つた福島第一原發事故においても、虚僞を眞實と言ひ張る政府・東電の「官製タッグ」に逆らはず、政府發表を垂れ流した全國紙・テレビ陣營、ゲリラ的取材で「大本營發表」に疑問を投げかけた一部の週刊誌・月刊誌陣営、この報道姿勢の質的な違ひにも重なる。
講演では『呪いの時代』(内田樹著、新潮社、二〇一一年)の「原発供養」を取り上げた。
四十年間、耐用年数を十年過ぎてまで酷使され、あげくに地震と津波で機能不全に陷つた原發に對して、日本中がまるで「原子怪獸」のやうに嫌惡するのではなく、誰かが「四十年間働いてくれて、ありがたう」と言はなければ、原發だつて浮かばれない、といふのである。
いま日本人がなすべきは「原發供養」であるといふ内田さんの提言は、かつて長岡で、會津で、郷土の誇りを守るために戊辰戰爭で花の命を散らした戰没者の「供養」にも通じる。

その後の懇親会では、「米百俵」(長岡・栃倉酒造)、「ならぬことはならぬものです」(會
津喜多方・ほまれ酒造)、「四季櫻 花(か)寶(ほう)」(宇都宮酒造)、小林虎三郎の師・佐久間象山(しょうざん)ゆかりの「松代城」(松代・宮坂酒造)、で、戊辰戰爭の戰没者、東日本大震災の死者・行方不明者、そして福島第一原發に向かつて、獻杯をした。
(武藏野大學非常勤講師 『出版ニュース』誌のコラム Book Therapy no.15)
posted by 國語問題協議會 at 18:54| Comment(0) | 原山建郎

2016年12月11日

辞書の「前書き」が、おもしろい。 原山建郎

いつも手許に置いて愛用する辞書といへば、縦組みの『広辞苑』(新村出編、岩波書店、第三版第八刷、一九八九年、二六六九ページ)と『字通』(白川静著、平凡社、初版第一刷、一九九六年、二〇九六ページ)、横組みの『類語大辞典』(講談社、柴田武・山田進編、第1刷、二〇〇二年、一四九五ページ)の三冊である。いづれも中型の国語辞典だが、使い勝手のよさと信憑性をあわせ持つすばらしい辞書である。しかし、そのコンテンツ以上に魅力的なのが、編者や著者が記した「前書き」である。

『広辞苑』の前書きでは、編者・新村(しんむら)出(いずる)と清刷りのナラティブ(物語)が語られる。明治九年生まれの国語学者である新村は、先達の学恩に感謝しつつ、なによりも「辞典を編む愉しさ」から筆を起こしてゐる。
【いまさら辞典懐古の自叙でもないが、明治の下半期に、国語学言語学を修めた私は、現在もひきつづいて恩沢を被りつつある先進諸家の大辞書を利用し受益したことを忘れぬし、大学に進入したころには、恩師上田万年(※東京帝国大学国語研究室の初代主任教授)先生をはじめ、藤岡勝二・上田敏両先進の、辞書編集法およびその沿革についての論文等を読んで、つとに啓発されたのであつた。柳村上田(※上田敏の雅号)からは新英大辞典の偉業の紹介を「帝国文学」の誌上で示され、海彼にあこがれた。われらもいかにしてか、理想的な大中小はともかくも、あんなに整つた辞典を編んでみたいものだと、たのしい夢を見たのであつた。】
(『広辞苑』「自序[第一版]」1ページ)
昭和一〇年、新村はすでに『辞苑』(博文館)を世に問うてゐたが、【すぐさま改訂の業を起し、或は簡約し、或は増訂し、同時に業を進めて、大戦の末期に入り、改訂版の原稿が災厄(※空襲で数千ページ分の銅版が被災)に帰した】ことから、もはや万事休すかと思はれた。しかし、万が一に備へて分散保管していた清刷りをもとに、戦後間もない昭和二三年、『辞苑』の書名を変へて引き継いだ『広辞苑』(岩波書店)編集室での改訂作業が再開されたといふ。
同書の初版は昭和三〇年五月。その後、およそ十年ごとの改訂を重ねて、現在の『広辞苑』は第六版(平成二〇年)、同時にDVD−ROM版も出てゐる。

『字通』の前書きは、『字統』(漢和辞典)、『字訓』(古語辞典)につづく「字書」三部作の完成、白川ワールド(漢字学の宇宙)への扉を開いた、白川静によるキックオフ宣言である。
【〔字統〕〔字訓〕の二書につづいて、ここに〔字通〕を刊行する運びとなつた。三部作として、かねてその完成を期してゐたが、着手して十三年余にして、やうやく初志を達することができた。この間を通じて、私の関心は、主として国語の将来と、漢字の関係といふ問題にあった。漢字は難解であり、新しい時代の言語生活に適合しないといふ考へかたが、一部に根強くある。しかしわが国の文化は、漢字に支へられてゐるところが多い。ことに知的な営みの世界から漢字を除くことは、ほとんど不可能といつてよい。わが国の文化的集積の大部分が、その上に築かれてゐるからである。
漢字は、わが国では音訓をあはせ用ゐるといふ方法によつて、完全に国語表記の方法となつた。他の民族の、他の語系に属する文字を、このやうに自国の言語、その言語の表記の用ゐるといふ例は、他にないものである。(中略)
この音訓を兼ね用ゐる方法によって、われわれは、中国の文献を、そのまま国語の文脈になほして、読むことができた。すぐれた思想や歴史記述、また多くの詩文なども、自國の文献のやうに読むことができた。そこには、語法的な組織力とあはせて、知的な訓練をも獲得するといふ意味があつた。そのやうな基礎的な体験があつて、わが国の文化は、どのやうな外的刺激にも対応することができた。私はこの〔字通〕において、そのやうな知的教養の世界を回復したいと思う。】
(『字通』「序」3ページ)
前書きにつづく「字通の編集について」には、東洋文化への回帰、古典への教養のみちを開かんとする白川の決意がみなぎつてゐる。

『類語大辞典』の前書きには、禅の公案でいふ「一即多、多即一」にも似たダイナミック(動的)な「ことば」が示されてゐる。
【出発点として選んだ語は、和語で単純語(複合語・派生語ではない語)の動詞・形容詞であつた。これらは、日常の言語活動において普通に用ゐられるものであり、基本的な語とみなせる。(中略)
名詞の多くが動詞・形容詞を元にして作られ、副詞が主に動詞を元にして作られるといふ事情もある。(中略)
 「副詞」の扱いは難しかつた。「がっかりする・どっきりする」の類は動詞の部に、「あたふたする・ひっそりする」の類は副詞の部に置いた。前者ではこの形でしか使はないのに対し、後者は「あたふた(と)・ひっそり(と)」の形で「する」以外の動詞と結び付くといふ違ひがある。この場合、「と/する」などは添へ字とした】
(『類語大辞典』「この辞書の成り立ち」3〜4ページ)
同書で注目したのは、動詞や形容詞ではなく、和語の源流ともいうべきオノマトペ(擬音語、擬態語)そのもの、ひらがな表記の副詞の面白さである。
これは「前書き」ではないが、たとへば、「ぼやく(動詞)」を引くと、副詞の類語がおもしろい。つべこべ、ぐずぐず、ぐじぐじ、ぐちぐち、ぶつぶつ、ぶつくさ、ぶうぶう、がたがたなど、にぎやかな擬音語・擬態語たちのオンパレードだ。
武蔵野大学非常勤講師 原山建郎
『出版ニュース』コラム Book Therapy no.12
posted by 國語問題協議會 at 16:26| Comment(0) | 原山建郎

2016年11月21日

横書きで書き、縦組みで讀む。  原山建郎(はらやま たつらう)


久しぶりに手紙を書かうと便箋を開き、筆を下ろす。ところが、「拜啓 初秋の候……」から先に、縱書きの筆が進まない。横書きの下書きはスラスラ書けたのに、縱書きでは漢字ひと文字書くのもぎこちない。
ふだんオートマチック車のドライバーが、久しぶりのマニュアル車運轉では、半クラッチをつなぐタイミングがつかめず、最初はエンジンを吹かしすぎる、そんな感じの違和感。

かつて、雜誌記者時代には二〇〇字詰めの原稿用紙、モンブランの萬年筆、ブルーブラックのインク、もちろん縱書き、締め切り時間との競爭だつた。毎夕の提出が義務だつたA5判の業務日誌では、罫線の餘白にも數行、縱書きで書いてゐた。
ただひとつの横書きは、取材用ノート。これは學生時代の講義ノートと同じ、心覺えのメモにすぎない。オフィシャルは、どこまでも縱書きの原稿用紙。

縱書き一筋の私が、電子文字(當時はOASYSのワープロ)と出會つたのは、デジタル入稿が始まつた一九八七年だつた。それまで、萬年筆の縱書き原稿は、まず約一〇〇字のひとまとまりを考へて書き、筆を走らせる頭の中で、次の一〇〇字を同時にイメージしながら書いた。
しかし、慣れないワープロの横書きは、單語やフレーズごとの變換となるので、表示された電子文字に目を奪はれ、次の二〇字を考へるだけで精一杯。
そこで、私は原稿用紙に書いた文章をワープロで清書といふ擧に出た。ある先輩記者は、畫面に縱書き原稿用紙の罫線を引き、紙の原稿と同じ感覺で書くといふ苦肉の策を講じた。
いま考へると、見當違ひもいいところだが、縱書きで原稿を書いてゐた世代には、大きなストレスになつてゐたのだ。
今夏、龍谷大學の集中授業では、「縱書きで書くか、横書きで書くか」をとりあげた。

まづ、縱書きの得意技から。
●縱書き(縱組み)思考では、「熟考力」が磨かれる。
@視線(思考)は、右上から斜め左下へ動く。/A一段落(一〇〇字程度)づつ書きながら、同時に次の一段落を考へる。四〇〇字詰め縱書き原稿用紙なら、一〇〇字=二〇字×五行が「ひと思考」の範圍だ。/B日本語(漢字・ひらがな・カタカナ)は、多くの場合、ストロークが左上から右下ないし眞下に抜けていく。これは日本語が縱向きに書かれてゐたころの名殘。/C縱組み(右開き)の册子體では、見開き二ページが同時に視野に入る。人間の目は横位置に二つ竝んでをり、水平方向が得意。/D斜め(飛ばし)讀み(右上から斜め左下へ、文字列のパターン認識)が可能。

横書きの得意技は、かうだ。
●横書き(横組み)思考は、「發信力」が身につく。
@視線(思考)は、左上から斜め右下へ動く。/A一センテンスが短く(四〇字程度)なる。とくにワード文書ではその傾向が強くなる。横書きの場合は、四〇字(一行)が、標準的なひと思考の單位となる。/B日本で横書きが始まつたのは、明治初期、本木昌造が正方形の活字を作るまでは、基本的に日本語は横向きに書かれることはなかつた。日本人は、「日本語が横にも書ける」といふことを、つい最近「發見」したことになる。/C横組み(左開き)の册子體では、まづ右ページ、次いで左ページと、一ページづつが視野に入る。一段落(ひとまとまり)ごとに集中して讀むことができる。

デジタル入稿から二十五年、いまでは、本コラムも縱書きでは書かない。原稿はもつぱら横書きだ。そのせゐか、縱書きの手紙がえらく億劫になつた。
ワード文書作成は「横書き」で書き、印刷された本誌は「縱組み」で讀む。
(武蔵野大学非常勤講師 『出版ニュース』誌のコラム Book Therapy no.7
posted by 國語問題協議會 at 21:12| Comment(0) | 原山建郎