2022年05月25日

かなづかひ名物百珍(18)「源三位ョ政」/ア一カ

かな百018源三位頼政a.jpg
 武將にして公卿かつ歌人。「鵺(ぬえ)」を退󠄁治した傳說で著名である。上古より、ぬえ(鵺、鵼、恠鳥、夜鳥、奴延鳥)は不吉な鳴き聲の鳥とされ、トラツグミ(虎鶫、Zoothera dauma)を指したと推定されてゐる。漢字傳來以前󠄁の日本語には「う+え」のやうに母音󠄁が連續する言葉は無かったとされる。しかし「奴延」の「エ(延)」はヤ行のエであるため發音󠄁として不自然ではなかったのであらう。
かな百018源三位頼政b.jpg
 平󠄁家物語の時代には「ぬえ」は各種の動物が合體した怪物と看做され、射ぬいたョ政は武名をあげた。藤󠄁原ョ長から譽められた
「ほととぎす名をも雲居にあぐるかな」
に下の句をつけ、
「弓張り月のいるにまかせて」
と返󠄁した。「(弓を)射る」と「(月が)ゐる」では假名遣󠄁が混同してゐる。
かな百018源三位頼政c鵺.jpg
 もう一つ著名な逸話として、晩年に至っても位階が正四位下であったところ、
「のぼるべきたより無き身は木の本にしゐをひろひて世を渡るかな」
の歌を詠んでめでたく從三位に昇進󠄁したと『平󠄁家物語』四卷「鵺」に載ってゐる。この「しゐ」は「四位」と「椎(しひ)を拾ひて」をかけたものだが、ハワ行の假名遣󠄁を混同した具󠄁體的󠄁な用例として國語學上でも有名である。
posted by 國語問題協議會 at 13:00| Comment(0) | 高崎一郎

2022年04月16日

かなづかひ名物百珍(17)「惟任日向守光秀」/ア一カ

[惟任光秀]

 「惟任(これたふ)」は明智光秀へ朝󠄁廷󠄁から下賜された姓。「任」を「トー」と讀むのは訓「たへる」のウ音󠄁便。「藤󠄁原公任(きんたふ)」や「松󠄁任谷(まつたふや)由實」など姓名にある。前󠄁者は百人一首の「大納󠄁言公任」と言った方がわかりやすいかもしれない。iェ縣大任(おほたふ)町には「今任原(いまたふばる)」(〒824-0511)の地名も見られる。

 地名や人名には習󠄁慣として獨特の讀み方があり、そのため「名乘り字典」など多く編󠄁輯されるが、時になぜさうなのかわかりにくい場合がある。「一夫」「和子」など果して「かず」でよいのか、時に不安にかられる。
posted by 國語問題協議會 at 21:20| Comment(0) | 高崎一郎

2022年02月20日

かなづかひ名物百珍(16)「石田治部少輔三成󠄁」/ア一カ

[治部少輔三成]
 戰國大名としてあまりに有名。官位の「治部少輔」は習󠄁慣的󠄁に短く「ジブショー」と發音󠄁し、假名遣󠄁は下字の略とみて「ヂブセウ」、また短縮した「ヂブセフ」の二說ある。「大輔」は「タイフ」。

[治部煮]
 治部煮(ぢぶに)は加賀料理の一。鴨肉や鷄肉の汁椀で、名前󠄁の由來はゥ說あるが、石田三成󠄁に直接かかはる可能性は低いだらう。調󠄁理の音󠄁が「ぢぶぢぶ」なのだといふ說もあり、「おじや」が「じやじや」と煮込󠄁む事からといふ語源說を連想する。
posted by 國語問題協議會 at 21:45| Comment(0) | 高崎一郎