2021年07月16日

かなづかひ名物百珍(10)「談山~社(たんざんじんじゃ)」/ア一カ

[談山神社]
 奈良縣の多武峰(たうのみね)にある~社。天武天皇七(678)年の創建で、藤󠄁原鎌󠄁足を祀り、その墓所󠄁もある。
[談山神社 神宮徴古館]
 この地で鎌󠄁足と中大兄皇子が蘇我入鹿討伐をかたらひ、遂󠄂に大化󠄁改新を成󠄁就したのだとされる。そのため「談ひ山(かたらひやま)」「談所󠄁ヶ森」と呼ばれたといふが、どうも典型的󠄁な後世の附會による地名說話ではないか。

 吉田東吾『大日本地名辭書』265ページ「多武峰」には
古はタムと呼びしを中世以降タウと云ひ、又談武に作るにより、修して談峰談山を爲したり、

とあり、穩當なところだらう。

 この說明が感覺的󠄁にわかりにくいのは、「多武ともいふのだから、談は談武の省略だな」と讀めてしまふところだらう。漢字傳來の當初、「タン」と「タム」は全󠄁く別の音󠄁であった。「タム」に「談武」の漢字を宛てたのではなく、「談」一字で「タム」なのである。ちなみに吳音󠄁の「ダムザン」ではない。「山」が「ザン」なのは連濁の結果であらう。

 「三位一體」が「サンミイッタイ」、「散位寮」は「サンニレウ」となるのは、もともと「三」が「sam」、「散」は「san」だから、後へ續く音󠄁との連聲で「サンミ」「サンニ」の別があり、つまりは「昔は實際に發音󠄁し分けてゐた」のである。現代の廣東語・臺灣語・朝󠄁鮮語などではこの區別がまだ生きてゐる。だから「ヤムチャ(飮茶)」「キム(金)さん」であり、また「ミマナ(任那)」なのである。平󠄁安京の「談天門」は「玉手(たまて)」の變化󠄁したものである。

 じつは現代日本人も自らは氣づいてゐないが「アム」の發音󠄁はしてゐる。ヘボン式ローマ字で例へば「新橋」を「Shimbashi」と綴るのは、それを反映させようとする理論的󠄁な努力である。
posted by 國語問題協議會 at 20:50| Comment(0) | 高崎一郎

2021年06月20日

かなづかひ名物百珍(9)「をちこち」/ア一カ

[遠近]
[遠近]
[遠近]

 名古屋の老舖、兩口屋是C製造󠄁の銘菓。

 「をちこち」とは「あちらこちら」「將來と現在」などの意󠄁味の古語で、漢字は「遠󠄁近󠄁・彼方此方」を宛てる。「遠󠄁」は漢音󠄁ヱン吳音󠄁ヲンであり、「近󠄁」は漢音󠄁キン吳音󠄁コンであるから、如何にも「遠󠄁近󠄁」の音󠄁讀みであるやうな印象だが、どうやら純然たる和語のやうだ。「-ン」と「-チ」は漢字音󠄁としてじつは近󠄁く、たとへば「斡・乾幹翰」「逸・免挽晩勉」「辣・懶」「蝨・訊迅󠄁」「咽・因恩」「割󠄀・憲󠄁」「訐・干刊」「薩・產彦」「撒・散」「閼」「妲・但旦」「榲膃・温」のやうに結構󠄁交替するのである。

 蕪村の「遠󠄁近󠄁(をちこち)ををちこちと打つ砧(きぬた)かな」は擬音󠄁語をうまく使った句として知られる。漢字音󠄁としての「遠󠄁近󠄁(ヱンキン)」も、偶然とは思へないほどよく似たリズム感を感じる。
posted by 國語問題協議會 at 11:35| Comment(0) | 高崎一郎

2021年05月18日

かなづかひ名物百珍(8)「子w餅」/ア一カ

子福利餅
 奈良の菓子。享和二年(1802)の歲時記『俳諧新季寄』に
「粉ふぐり、大和餠搗きの用意󠄁に米粉・豆粉などを調󠄁しおくに、その粕をにあはし蒸して、鷄卵の如く丸め、したしき所󠄁、相互に贈るなり。粉󠄁ふくりと唱ふるは男子を賀する意󠄁とぞ」
とあるものを、近󠄁年復元したと聞く。

子福利餅b

 殘念ながら『俳諧新季寄』の原文を讀む機會を得てゐないが、典據はしっかりしてゐるやうだ。假名遣󠄁は「こふごりもち」でよいかと思はれる。漢字の「子w倬U」は新しい宛字で、なかなか上手にできてゐる。製品としても手間暇かけてゐるらしい。ぜひ味はってみたいものだ。
posted by 國語問題協議會 at 12:10| Comment(0) | 高崎一郎