2019年12月25日

數學における言語(52)プロティノス(V)

 「太陽といふ言葉は、なにか特殊な限定をつける形容詞をほとんど伴つてゐない」−これは『わがひとに與ふる哀歌』の「太陽」について、菅野昭正氏が伊東静雄論「曠野の歌」で述べられてゐる言葉です。私はこの論文を1979年に出た「現代詩讀本10伊東静雄」(思潮社)ではじめて讀みましたが、この評論は實は1964年、菅野氏33歳のときに「現代詩手帖」に書かれたものです。ちなみに、「讀本」には大岡信、桶谷秀昭、饗庭孝男、粟津則雄、江藤淳、保田與重郎、桑原武夫、小高根二郎、萩原朔太郎、佐藤春夫、三好達治、三島由紀夫といつた人たちの静雄論が掲載されてゐますが、私に最も勁い印象を與へたのは菅野氏の論文でした。理由は簡單です。菅野氏以外の伊東論は日本浪漫派やドイツ・ロマン主義に關聯させたもの(伊東がリルケやヘルダーリンなどに傾倒してゐたのでこれは當り前のことだが)で、菅野氏ただ一人が「古代ギリシア」の宇宙觀に言及してゐたからです。自費出版詩集『夏至の趾』の伊東論で、私は次のやうに書いてゐます。
     如かない 人氣ない山に上り
     切に希はれた太陽をして
     殆ど死した湖の一面に遍照さするのに
            「わがひとに與ふる哀歌」
  私はこの詩句の「烈しい美しさ」にひどく打たれた。「遍照さ」れた「殆ど死した湖の一面」に十八歳の私は、何ものをも反射させ夢想することができた。「未知の天體の風景」とも、「劫初の烈しい寂寥」とも、「地球最後の正午」とも、或は「無神論者の狂氣に似た祈り」とも。この死にも近い完璧な晴れやかさは、私がずうつと昔に、私の幼年時代以前に確かに置き忘れてきたものに相違ない。伊東静雄のこの詩句は、「私も過去のある日、あの殆ど死した湖を見たことがある」と錯覺せしめたほどである。
 ここには、少年時代から心酔してきた「古代ギリシアの數理哲學」を通して觀ようとしてゐた「世界のプロトタイプ」への私自身の露骨な憧憬が反映されてゐます。伊東と古代ギリシアが直結するのは、私にとつては自然な成り行きであり、静雄の「太陽」とは、私にとつてはまたプロティノスの「太陽」なのです。
 その昔貪るように讀んだ菅野氏の論文には、その至るところに傍線が引いてありますが、この論文はまた、プロティノスの「太陽」論とも讀むことができます。おそらく以下の少々長い引用を讀んで頂ければ、それを納得して頂けるのではないかと思ひます。
 ・詩集『わがひとに與ふる哀歌』の太陽が、詩語として稀有の質量を獲得することが可能になつたのは、おそらく、それがつねに宇宙の根源として捉へられてゐたからである。たしかに、この太陽はいつも同じ位置を保つてゐる。それはある特殊的、偶発的な形態において見つめられることもなければ、一回限りのつかのまに消えてゆく形相を示すものとして眺められることもなく、たえず唯一の源泉に歸つていく同一的な回歸性のなかを循環してゐるのである。
 ・伊東静雄が歌つてゐるのは、ある日ある時に彼が眺めた太陽ではなく、太陽といふものの純粹形態なのだと言つても差しつかへないはずである。
 ・古代ギリシャ人の信じた宇宙の構成要素が貧しいのと同じやうに伊東静雄のそれもすこぶる貧しい。しかし、各々の言葉が貧しさのなかに豊かさを同居させてゐるのと同じやうに、この構成要素の貧しさのなかにも、それと密接に溶けあつた形で、じつに濃密な豊かさが息づいてゐる。
 「伊東静雄」を「プロティノス」に、『わがひとに與ふる哀歌』を『エンネアデス』に置き換へて讀んでゐただきたい。鮮やかなプロティノス像が浮かび上がつてくるはずです。次回も、菅野氏の論文を觸媒にして、伊東とプロティノスを考へてみます。 (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 19:30| Comment(0) | 河田直樹

2019年12月18日

『萬葉集』卷五序(題詞)←『文選』卷十五(歸田賦)。漢字の言靈(ことだま)。 原山建郎

『萬葉集』卷五序(題詞)←『文選』卷十五(歸田賦)。漢字の言靈(ことだま)。 原山建郎

 新元號「令和」が發表された4月1日、安倍晉三首相は午後の記者會見で、「歴史上初めて國書を典據とする元號を決定した」と滿面の笑顏で大見得を切つた。
 首相談話のポイント部分を再録してみよう。

 『令和』と云ふのは、いままで中國の漢籍を典據としたものと違つてですね、自然のひとつの情景が目に浮かびますね。嚴しい寒さを越えて花を咲かせた梅の花の状況。其れがいままでと違ふ。そして、その花がそれぞれ咲き誇つていくと云ふ印象を受けまして、私としては大變、新鮮で何か明るい時代につながるやうなさういふ印象を受けました。


 その出典とされた『萬葉集』卷五にある題詞(前書き)「梅花歌卅二首并序」は、れつきとした漢文(中國語=漢語)である。
 此れを書き下し文(邦文)にすると「梅花の歌三十二首并(あは)せて序」となる。新元號の典據とされた引用文(漢文)、書き下し文(舊漢字・舊假名遣による邦文)は次の通りである。

于時初春令月 氣淑風和梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香 初春(しよしゆん)の月(れいげつ)にして 氣(き)淑(よ)く風(かぜ)(※やはら)ぎ 梅(うめ)は鏡前(※きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き 蘭(らん)は珮後(はいご)の香(※かう)を薫(※くゆ)らす


 ところが、首相官邸のホームページに掲載された書き下し文は、【和(やわら→やはら)ぎ、鏡前(きょうぜん→きやうぜん)、香(こう→かう)】など、舊假名遣ひではない「現代假名遣い」で書かれてゐる。原文の「氣(舊漢字)」を「気(常用漢字)」と表記している。
 また、「香(かう)を薫(かお)らす」と訓讀してゐるが、香(かをり)は「薫(くゆ)らす」のはうが似つかはしい。
 國書(漢籍・佛典・洋書などに對して、日本で著述された書物。和書)を典據とするといふならば、もつと萬葉集へのリスペクトがあつて然るべきではないか。これはすなはち、高校時代の「古文」の授業で習つた「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎ〜」といふ『枕草子』の冒頭を、「春はあけぼの。ようよう白くなりゆく山ぎ〜」と書くやうなものである。

 萬葉集は七世紀から八世紀にかけて編まれた日本最古の歌集だが、五世紀ごろ朝鮮半島(百濟)を經由して傳へられた「漢字」の音韻(發音)を借り(假借)て、日本語(やまとことば、和語)の語順に「漢字」の音韻をあてた萬葉假名で書かれた、四千五百四首あまりの和歌(短歌、長歌、旋頭歌)が收められてゐる。
 やまとことば(和語)で書かれた和歌の前書き(序)は「詞書(ことばがき)」といふが、漢文で書かれた萬葉集の和歌の前書きは「題詞(だいし)」といふ。狹義の意味で「國書」をとらへるなら、漢文で書かれた題詞は「漢籍(中國人によつて書かれた漢文形態の書物)」、和語(やまとことば)で詠はれた和歌が國書(國文)といふことになる。然し、萬葉集の題詞は「日本人によつて書かれた漢文形態の文章」である事に注目すれば、廣義の意味で漢文である題詞も「國書」と呼べるものだといへるだらう。

 參考までに、「梅花の歌三十二首」から、代表的な和歌二首(上段・萬葉假名、下段・漢字交じりの「やまとことば」)を紹介しよう。萬葉假名の漢字は、やまとことばを表記するための當て字(假借)なので、新元號となる「漢字」二文字を萬葉假名(やまとことば、和語)から選ぶことはできない。


武都紀多知 波流能吉多良婆 可久斯許曾 烏梅乎乎<岐>都々 多努之岐乎倍米 [大貳紀卿]
正月(むつき)立ち 春の來(きた)らば かくしこそ 梅を招(を)きつつ 樂しき終へめ [だいにきのまへつきみ=紀朝臣男人(きのあそみおひと)]
烏梅能波奈 伊麻佐家留期等 知利須義受 和我霸能曾能尓 阿利己世奴加毛 [少貳小野大夫]
梅の花 今咲けるごと 散り過ぎず 我が家(へ)の園に ありこせぬかも [せうにをののだいふ=小野朝臣老(おののあそみおゆ)、※大宰少貳として、小野老の大宰府着任を祝ふ饗宴で、老(おゆ)自らが詠んだ和歌]


 さて、新元號が發表された、ちやうど同じ日、岩波文庫編輯部が次のやうに(括弧内は一部省略)ツイートした。

 新元號「令和」の出典、萬葉集「初春の令月、氣淑しく風和らぐ」ですが、『文選』の句を踏まえてゐる事が、新日本古典文學大系『萬葉集(一)』(岩波書店、1999年)の語注に指摘されてゐます。「「令月」は「仲春令月、時和し氣清ら可也」(張衡「歸田賦・文選卷十五)」とある。」


 『文選(もんぜん)』は六世紀前半に成立した中國古代文學の詩文撰集。日本にも天平(710〜794年)以前に傳へられ、奈良時代から平安時代にかけて廣く讀まれた。「卷十五」に收められた『歸田賦(きでんふ)』は、後漢代の文人、張衡が順帝永和三年(138年)に作つた賦(漢詩)で、その中に「令」と「和」の二字がある。

 於是仲春令月 時和氣C 原隰鬱茂 百草滋榮 おりしも今は 春も半ばのめでたい月よ。時節はなごやか大氣は澄んで、岡も濕地も鬱(うつ)さうと 百草(ひやくさう)は繁り花さく。


 このツイートが引き金になつて、新元號「令和」の由來をたどれば(中國)後漢代の『歸田賦』だから、「歴史上初めての國書典據」ではなく、これまで通り漢籍を典據としたものだといふ聲が上がつた。其の一方で、たとへ漢文であつても、日本人が書いた漢文だから「國書」だといふ反論もあつたが、安倍首相が「歴史上初めて國書を典據とする元號を決定した」と切つた大見得に、暗雲が立ち込めたかに見える。

 しかし、ここで萬葉集が編纂された當時の文人たちが、和歌(やまとうた)の歌人であつただけでなく、『文選』など漢文(漢語)で書かれた漢籍にも通じてゐたことに注目しなければならない。つまり、「令」と「和」の二文字が『歸田賦』にあることを知つてをり、その幅廣い素養をもとに、和歌でいふ本歌取り(古歌から句の一部を借用し、新たな歌を作る技法)を援用して、「仲春令月 時和氣清」を「初春令月 氣淑風和」と、「和風漢文」に詠み替へたに違ひない。ちなみに、萬葉集の「初春」は舊暦一月、歸田賦の「仲春」は舊暦二月をいふ。仲春には「百草」だが、初春は「梅花」が似合つてゐる。

 萬葉集を編んだ時代の日本人は、中國から朝鮮半島經由で傳はつた中國語の漢字といふ種子(コード、記號)を、日本の土壤に蒔いて育てるといふ「和魂漢才」の技(わざ)によつて、漢字かな交じり文といふ日本語(モード、樣式)に變換した。そして、現代の私たち、日本人はいまもなほ、中國語である「漢文」を、高校時代の「漢文」の授業で習つた「書き下し文」と云ふ日本語で讀むことができる。

 紀元前十四〜十一世紀ごろに榮えた古代中國・殷王朝時代に創られた甲骨文字にルーツを持つ漢字(漢民族の文字)は、現代支那では1950年に制定された簡體字(簡略字體)の使用によつて、漢字本來の成立ち(會意・象形・形聲・指示文字)がわからなくなりつつある。
 かつて漢字を日本に傳へた(元漢字文化圈の)朝鮮半島でも、十五世紀半ばに創られたハングル(朝鮮語を表記するための表音文字)を用ゐて、現在では漢字を用ゐず、漢字の發音で表す、감사(カムサ)=感謝、안녕(アンニョン)=安寧など、全てハングル表記である。したがつて、ハングル表記の「漢字熟語」では、大意はわかるが、本來の字義をたどる事は難しい。

 令(レイ)を「よい・みことのり」、和(ワ)を「やはらぐ・なごむ」、音讀(漢語讀み)も訓讀(和語讀み)もできる日本語だからこそ、新元號の「令和」といふ漢字の言魂(ことだま)を味はふことができるのだらう。
(ゴム報知NEXT 連載コラム「つたへること・つたはるもの」63 2019年4月9日)
posted by 國語問題協議會 at 07:03| Comment(0) | 原山建郎

2019年12月08日

日本語ウォッチング(26)  織田多宇人

盜癖が覺める
また『小説宝石』の昔の號だが、「いつたん眠つてゐた盜癖がふたたび覺めたのだ」と言ふ一文があつたが、引つかかる。盜癖がまた始つたと、意味は通ずるが、「覺める」には、正氣に戻るとか、迷が解けると言ふ意味があるので、「覺めたのだ」と言はれると、惡い状態から良い状態になつたやうに、つまり、盜癖が無くなつたやうに思つてしまふ。上に「眠つてゐた」とあるため「覺めた」で受けたくなるところかもしれないが、「盜癖が覺めた」を「盜癖が始つた」の意に用ゐることには無理がある。

posted by 國語問題協議會 at 11:32| Comment(0) | 織田多宇人