2020年01月16日

聲に出して讀みたい『萬葉集』、琉歌で詠まれた『歌聲の響き』。 原山建郎

4月1日に新元號「令和」が發表された以降、『萬葉集』關聯書籍の賣れ行きが良好であるといふ。口語譯附きロングセラー『声に出して読みたい日本語』(斎藤孝著、草思社、2001年)に載つてゐる萬葉集秀歌(短歌)から、「石ばしる…(卷八・1418)」と「うらうらに…(卷十九・4292)」を見てみよう。
(いは)ばしる(たる)()の上のさ(わらび)の萌え出づる春になりにけるかも
石激 垂見之上乃 左和良妣乃 毛要出春尓 成來鴨(※←萬葉假名)  (志貴皇子)
口語要約:瀧の上の蕨が萌え出る春になつた。
☆うらうらに照れる(はる)()雲雀(ひばり)あがり(こころ)(かな)しも、(ひと)りし思へば
宇良宇良尓 照流春日尓 比婆理安我里 情悲毛 比登里志於母倍婆(※←萬葉假名)(大伴家持)
口語要約:のんびりした春の日、一人で物を思ふと何か悲しい。

高校時代、私が樂しみにしてゐた古文の授業に、『萬葉集』の諳誦があつた。日本固有の詩歌である和歌(やまとうた)には、短歌(5・7・5・7・7)、長歌(5・7・5・7……7・7)、旋頭歌(5・7・7・5・7・7)などがある。本來、前出の短歌2首には、「石ばしる…」に「()(きの)()()(よろこびの)()(うた)一首」といふ【題詞】(前書き、説明文)がついてゐる。同じやうに「うらうらに…」の【題詞】には「廿五日(天平勝寶5年2月25日)(つくれる)(うた)一首」と書かれてゐる。短歌(長歌)の歌意を考へる上で、その背景や作者の思ひを知るための【題詞】は重要な役目を擔つてゐる。
古文の授業では、【題詞】を含む長歌の諳誦をさせられた。たとへば、『萬葉集』卷一(ひとまきにあたるまき)(くさぐさの)(うた)の第2歌は、「國見の歌」だが、これを丸ごと全部、諳誦するのである。

【題詞】高市崗本宮御宇天皇代[息長足日廣額天皇]/天皇登香具山望國之時御製歌 (たけ)()(をか)(もとの)(みや)天皇(あめのしたしらしめししすめらみこと)(みよ)(おき)(なが)(たらし)()(ひろ)(ぬかの)天皇(すめらみこと)天皇(すめらみこと)()()(やま)(のぼり)まして望國(くにみ)したまへる時 みよませる(おほ)()(うた)
山常庭 村山有等 取與呂布 天乃香具山 騰立 國見乎爲者 國原波 煙立龍 海原波 加萬目立多都 怜國曾 蜻嶋 八間跡能國者
大和(やまと)には (むら)(やま)あれど とりよろふ (あめ)()()(やま) 登り立ち 國見をすれば 國原は (けぶり)立ち立つ 海原は (かまめ)立ち立つ (うま)し國ぞ 蜻蛉島(あきつしま) 大和(やまと)の國は

長歌は5音と7音の句を3囘以上繰り返す形式の和歌で、しだいに5・7音の最後に7音加へて結ぶ形式になつていつた。日本人が大好きな「5・7調」のリズムで、諳誦する樂しみが倍加する。「聲を出して讀む萬葉集」は、勿論「舊假名遣(歴史的假名遣)」による諳誦、または詠唱である。
萬葉集が編まれた時代の大和言葉(やまとことば)の發音と今の時代の發音は異なつてゐる。たとへば、「私は」の「は」を、私たちはwa(ワ)と發音するが、奈良時代にはpa(パ)とfa(ファ)の間だつたのが、江戸時代に成つてwa(ワ)と發音するやうに成つたさうだから、「とりよろふ」を「とりよろう」と發音しても、奈良時代の發音を知らないからできない現代人にとつては、いたし方のない事である。
私が大學で學生たちに、「舊漢字や舊假名遣ひを使つて、文章が書けなくてもよいが、舊漢字舊かな遣ひで書かれた日本の古典(文字や文章)を讀める能力だけは養つてほしい」と訴へたのは此のことで、舊漢字からは文字の成立ちを、舊かな遣ひからは上古代日本人のエートス(心性)を感じとつてほしいものだ。ちなみに、【題詞】にある[(おき)(なが)(たらし)()(ひろ)(ぬかの)天皇(すめらみこと)]は、和風の()(がう)(崩御後のおくり名)で、所謂漢風の()(がう)は「舒明天皇」である。

歴史的假名遣ひといへば、沖繩(琉球)には、「琉歌(琉球方言による定型詩)」がある。『縄文語の発見』(小泉保著、青土社、1998年)によれば、原初の日本語(原繩文語)は、前期九州繩文語を起點に、一つのルートは九州全域に廣まると後期繩文語→九州方言に、もう一つのルートは南下して琉球繩文語→琉球諸方言(沖繩・奄美諸島)になつたと考へられてゐる。
ウチナーグチ(沖繩口)と呼ばれる沖繩方言で詠はれる「琉歌」は、漢字の音韻を借りた萬葉假名(やまとことば)による和歌から表現を借りながらも、沖繩方言の語彙を用ゐ、沖繩の音韻(リズム、抑揚)を生かして、獨特の詩歌として發展してきた。

1975年、今上天皇がまだ皇太子の時代、初めて沖繩のハンセン病療養所「沖繩愛樂園」を訪れたとき、その歸り際に入所者から、船出を祝ふ沖繩民謠「だんじよかれよし」の合唱が起きた。皇太子ご夫妻は眞夏の炎天下に立たれた儘、その歌聲をぢつと聞いてをられた。
そのときの光景を、皇太子殿下は沖繩學の(ほか)()(しゆ)(ぜん)さんに學んだ古謠集で琉歌作りを覺えた二首の琉歌(8・8・8・6の30音の琉球の定型詩)による()(うた)に詠まれ、さらに妃殿下(美智子皇后)は其の琉歌にふさはしい曲を附けた『歌聲の響き』(作詞・天皇陛下、作曲・皇后陛下)は、ことし2月24日、天皇在位30年の式典において、歌手の三浦大知さんの獨唱によつて披露された。

だんじよかれよしの歌声の響 見送る笑顔目にど残る(私たちの旅の安全を願ふだんじよかれよしの歌聲が響き、見送つてくれた人々の笑顏が、いつまでも私の目に殘つてゐます)/だんじよかれよし(ダンジュカリユシ)()歌声(ウタグイ)()(フィビチ)見送る(ミウクル)笑顔(ワレガウ)()()(ドゥ)残る(ヌクル)
だんじよかれよしの 歌や湧上がたん ゆうな咲きゆる島 肝に残て(私たちが立ち去らうとすると だんじよかれよしの歌聲が湧き上がりました。ゆうなの花が、美しく咲いてゐる島の人々のことがいつまでも心に殘つてゐます)/だんじよかれよし(ダンジュカリユシ)()歌や(ウタヤ)湧上がたん(ワチャガタン)ゆうな(ユウナ)咲きゆる(サチュル)(シマ)(チム)()残て(ヌクティ)

この「琉歌」もまた、萬葉假名(歴史的かな遣ひ)で詠まれた『萬葉集』の和歌(やまとうた)と同じやうに、ウチナーグチ(沖繩口)と云ふ歴史的假名遣ひで詠まれたすばらしい詩歌である。
やはり今上天皇が皇太子時代、初の沖繩訪問後に詠はれた2首の「琉歌」と、天皇即位後に歌會始で發表された2首の「御製」を、どちらも聲に出して詠唱してみよう。あと9日で「平成」31年は終はり、「令和」元年がくる。(※1)

ふさかいゆる 木草めぐる戦跡 繰り返し返し 思ひかけて(生ひ茂つてゐる木草の間を巡つたことよ 戰ひの跡にくりかへし思ひを馳せながら)/フサケユル キクサミグルイクサアトゥ クリカイシガイシ ウムイカキテイ
花よおしやげゆん 人知らぬ魂 戦ないらぬ世よ 肝に願て(花を捧げます 人知れず亡くなつていつた魂に對して 戰ひのない世を心から願つて)/ハナユウシヤギユン フィトゥシラヌタマシイ イクサネラヌユユ チムニニガティ
(いくさ)なき世を歩みきて思ひ出づかの(かた)き日を生きし人々
 (平成17年、歌會始、お題は「歩み」)
(まん)()(まう)に昔をしのび巡り行けば()(がた)(おん)()岳さやに立ちたり
 (平成25年、歌會始、お題は「立」)

(※1)本記事の初出:平成31年4月23日 ゴム報知NEXT 連載コラム「つたえること・つたわるもの」(64)
posted by 國語問題協議會 at 00:03| Comment(0) | 原山建郎

2020年01月07日

日本語ウォッチング(27)  織田多宇人

とんでもございません
最近かう言ふ言ひ方をちよくちよく耳にする。「とんでもない」の語原は「途(と)でもない」で「途」は「道筋」「道のり」「方法」「手段」を意味し、「途」+否定を表す「ない」で成り立ち、「思つても見ない」「道理から外れた」といふ意味を表す「途でもない」といふ言葉が誕生し、そこから「とんでもない」と變化したのであらう。「とんでもない」は形容詞であり、一つの單語として使用するのが正しく、「とんでもない」で一つの言葉になるため、「ない」の一部分を變化させて「ない」の叮嚀語「ございません」を持つて來ることは出來ない。 從つて文法的には「とんでもございません」は誤用と言ふことになる。 「とんでもない」は、他の形容詞「だらしない」もつたいない」などと同樣で「ない」迄で一つの言葉である。 「だらしございません」や「もつたいございません」と言はないやうに、「とんでもございません」も誤りとなる。正しく言ふには「とんでもないことでございます」である。
posted by 國語問題協議會 at 06:31| Comment(0) | 織田多宇人

2019年12月25日

數學における言語(52)プロティノス(V)

 「太陽といふ言葉は、なにか特殊な限定をつける形容詞をほとんど伴つてゐない」−これは『わがひとに與ふる哀歌』の「太陽」について、菅野昭正氏が伊東静雄論「曠野の歌」で述べられてゐる言葉です。私はこの論文を1979年に出た「現代詩讀本10伊東静雄」(思潮社)ではじめて讀みましたが、この評論は實は1964年、菅野氏33歳のときに「現代詩手帖」に書かれたものです。ちなみに、「讀本」には大岡信、桶谷秀昭、饗庭孝男、粟津則雄、江藤淳、保田與重郎、桑原武夫、小高根二郎、萩原朔太郎、佐藤春夫、三好達治、三島由紀夫といつた人たちの静雄論が掲載されてゐますが、私に最も勁い印象を與へたのは菅野氏の論文でした。理由は簡單です。菅野氏以外の伊東論は日本浪漫派やドイツ・ロマン主義に關聯させたもの(伊東がリルケやヘルダーリンなどに傾倒してゐたのでこれは當り前のことだが)で、菅野氏ただ一人が「古代ギリシア」の宇宙觀に言及してゐたからです。自費出版詩集『夏至の趾』の伊東論で、私は次のやうに書いてゐます。
     如かない 人氣ない山に上り
     切に希はれた太陽をして
     殆ど死した湖の一面に遍照さするのに
            「わがひとに與ふる哀歌」
  私はこの詩句の「烈しい美しさ」にひどく打たれた。「遍照さ」れた「殆ど死した湖の一面」に十八歳の私は、何ものをも反射させ夢想することができた。「未知の天體の風景」とも、「劫初の烈しい寂寥」とも、「地球最後の正午」とも、或は「無神論者の狂氣に似た祈り」とも。この死にも近い完璧な晴れやかさは、私がずうつと昔に、私の幼年時代以前に確かに置き忘れてきたものに相違ない。伊東静雄のこの詩句は、「私も過去のある日、あの殆ど死した湖を見たことがある」と錯覺せしめたほどである。
 ここには、少年時代から心酔してきた「古代ギリシアの數理哲學」を通して觀ようとしてゐた「世界のプロトタイプ」への私自身の露骨な憧憬が反映されてゐます。伊東と古代ギリシアが直結するのは、私にとつては自然な成り行きであり、静雄の「太陽」とは、私にとつてはまたプロティノスの「太陽」なのです。
 その昔貪るように讀んだ菅野氏の論文には、その至るところに傍線が引いてありますが、この論文はまた、プロティノスの「太陽」論とも讀むことができます。おそらく以下の少々長い引用を讀んで頂ければ、それを納得して頂けるのではないかと思ひます。
 ・詩集『わがひとに與ふる哀歌』の太陽が、詩語として稀有の質量を獲得することが可能になつたのは、おそらく、それがつねに宇宙の根源として捉へられてゐたからである。たしかに、この太陽はいつも同じ位置を保つてゐる。それはある特殊的、偶発的な形態において見つめられることもなければ、一回限りのつかのまに消えてゆく形相を示すものとして眺められることもなく、たえず唯一の源泉に歸つていく同一的な回歸性のなかを循環してゐるのである。
 ・伊東静雄が歌つてゐるのは、ある日ある時に彼が眺めた太陽ではなく、太陽といふものの純粹形態なのだと言つても差しつかへないはずである。
 ・古代ギリシャ人の信じた宇宙の構成要素が貧しいのと同じやうに伊東静雄のそれもすこぶる貧しい。しかし、各々の言葉が貧しさのなかに豊かさを同居させてゐるのと同じやうに、この構成要素の貧しさのなかにも、それと密接に溶けあつた形で、じつに濃密な豊かさが息づいてゐる。
 「伊東静雄」を「プロティノス」に、『わがひとに與ふる哀歌』を『エンネアデス』に置き換へて讀んでゐただきたい。鮮やかなプロティノス像が浮かび上がつてくるはずです。次回も、菅野氏の論文を觸媒にして、伊東とプロティノスを考へてみます。 (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 19:30| Comment(0) | 河田直樹