2019年11月15日

きゃりこの戀(56) 假名遣の論理(1)

きゃりこ: 先生いつも、たとへば「笑う」を「笑ふ」、「いる(居)」を「ゐる」とか書くぢゃありませんか。最初、外人だから間違へるのかな、と思ったんですけど、先生賢いから、間違へるはずないな、と思ふやうになったの。優ちゃんに訊いたら、昔の書き方だって言ふの。昔はそんなふうに書いたんですか。わざわざ面倒なことをしたのね。昔の人って、馬鹿だったのかしら。
オスカー:わざわざ面倒なことをしたわけぢゃありません。自然にできてきた日本語のスペリングなんですよ。
きゃりこ: 發音するとほりに、「わらう」「いる」って書けばいいぢゃありませんか。こんな馬鹿なことやってゐたの、日本だけでせう。
オスカー:日本だけぢゃありませんよ。英語だって、「テイク」と發音するのに、teikではなくて、takeって書きます。おんなじですよ。どこの國のスペリングもさうなの。
きゃりこ: さう言はれればさうですね。英語習ったとき、スペリング見ても發音できませんでしたものね。考へれば、一語一語、發音まで暗記させられたんですね。
 さうだ。knifeは「クナイフ」でなく、「ナイフ」。nifeって書けば濟むことなのにね。
オスカー:knowも「クノウ」でなく、「ノウ」。
きゃりこ: ほんとだ。--------------はッ。もしかして、knで始まる單語はみんなさうなのかな。
オスカー:よく氣が付きました。knee「膝」 knuckle「指關節」 knock「叩く」。みんなkを讀まずに、ノウ、ナックル、ノックですね。實は「knで始まる單語はkを讀まない」といふルールには、例外がないのです。
きゃりこ: すごいね。
オスカー:古い英語では、kを讀んでゐました。knowは「クノウ」だったのです。
きゃりこ: 嘘でせう。馬鹿なこと言って、お馬鹿の私を馬鹿にしてるんだ。怒らせるなよ。あたし、先生に手荒なことはしたくないんだ。それとも、美女に毆られると嬉しいか。
オスカー:本當ですよ。ついでに、takeは「ターケ」と讀んでました。
 よく考へてね。takeを「ターケ」と讀むのは、「思ひます(omohimasu)」を「おもいます(omoimasu)」と發音するのと理窟が似てゐると思ひませんか。
ねね:こんにちは。遲れまして。
きゃりこ: わわわ。今日、鬼姉が來るの忘れてた。
ねね:今、「オニなんとかって言った?」
きゃりこ: 「おにゃあさまがいらしたって言ったんだよ。三河辯でお姉さまのことをおにゃあさまって言ふんだって、家康ドラマで言ってゐたよ」(讀者の皆樣へ。これ嘘です)
オスカー:今、takeを「ターケ」と讀むのは、「思ひます」を「おもいます」と發音するのと同じだって話してゐたのです。
ねね:昔はスペリングどほりに發音してゐた。まあ、發音が先にあったのですから、「發音どほりに書いてゐた」と言った方が理窟に合ふかな。
オスカー:そのうち、だんだんと發音とスペリングが乖離(かいり)してきた。
ねね:あるときから、「eの前の母音はアイウエオでなく、エイ・アイ・ユー・イー・オウと讀む」ことになったんですね。
きゃりこ: 何言ってゐるのか全然分からない。だいたいお姉ちゃん、國際政治學の大學院で、そんなこと教はったの?
ねね:どこでも教はらないよ。そんなこと、中學の時から氣づいてゐたよ。
きゃりこ: チュ、チュー學?! ああん。なんで姉妹なのに、こんなに頭が違ふんだろ。おねえちゃんの英語の實力、中學三年のときには、今の私より上だったんだね。
ねね:馬鹿にするんぢゃないよ。英語始めてから一週間で、あんたの六年分マスターしたからね。
きゃりこ: そこまで言はなくても-------------。しくしく。
ねね:そのかはり、顏はあたしの勝だって、いつも言ってるんだろ。優ちゃん、誘惑してやる。
きゃりこ: いや、いや、いや。言ってないよおお。
オスカー:takeのaはeの前にあるから(kを挾んではゐるが)、アでなくエイと發音するのです。tieやpileはiもeの前にあるからイでなくアイ。tube, Peter, poleのu, e, oもユー、イー、オウですね。アルファベットの表にある讀み方だから、「アルファベット讀み」と言ひます。
ねね:そして、knで始まる單語のkは讀まない。psで始まる單語もpは讀まない。さういふ變化がある時期に一齊に起ったんですね。
きゃりこ: psで始まる單語って?
ねね:psychology(心理學)はなんて發音する?
きゃりこ: プシチョロジーでしょ。當然。
ねね:サイコロジ。
きゃりこ: えええ? それって、賭博のことぢゃないの。
ねね: 一方、日本語では、omohimasuがomoimasuになったのを考へると、「語中のhは發音しない」といふ變化が、これも一齊に起ったのですね。
きゃりこ: よく分からないけど、日本語の昔の假名遣は--------。
オスカー:「歴史的假名遣」って、呼んで下さいね。
きゃりこ: 歴史的假名遣は、英語のスペリングに似てゐるんですね。
オスカー:世界中、どこの國でも、スペリングにはさういふ傳統があるのです。ところが、日本だけ、戰爭に負けたドサクサで、傳統重視の氣持がなくなって、發音記號みたいな「現代仮名遣い」を捏造したのです。
 ところで、ねねさん。さっきの、「語中のhは發音しない」といふのをもう少し正確に言ってもらへますか。
ねね:ううん。ちょっと考へさせて下さいね。----------------「語中のhはaの前ではwになり、i,u,e,oの前ではサイレントになる」
オスカー:おみごと。ううん。これほど見事な定義はないね。
きゃりこ: 説明してよ。
オスカー:「思はず(omohazu)」は「おもわず(omowazu)」と發音しますね。ほら、haがwaになってゐるのは、aの前のhがwの發音に變はってゐるぢゃないですか。
きゃりこ: なるほど。少し分かる。
ねね:そして、omohimasu, omohu (思ふomofu), omohe(思へ)では、hはu, eの前にあるから、サイレント(無音)になって、omoimau, omou, omoeになるといふわけ。
きゃりこ: さうすると、「思はず」は昔は「オモハズ」って發音してゐたわけ?
オスカー:大雜把に假名で書くと、さう言っていいのですが、「オモハズ」と書いても、omohazuではなく、omofazu、もつと昔だとomopazuだったのです。
ねね:ハ行子音がfだったことは知ってゐましたが、もっと前にはpだったのですか。
オスカー:奈良時代にはp。「はひふへほ」は「パピプペポ」といふ發音だった。
 きゃりこさん。「近江」は何と讀みますか。
きゃりこ: チカエ。女の子の名前にしちゃちょっとへんだね。
オスカー:「オウミ」つて讀むんですよ。
きゃりこ: ああ、聞いたことはあるね。名前ぢゃなくて苗字かな。
オスカー:これを奈良時代にはなんと發音してゐたでせう。
きゃりこ: え。え。え。?????
ねね:「アプミ」って讀んでゐたんだよ。
きゃりこ: ほんと? オスカー先生。
ねね:今。私を侮辱したね。今日、家に歸ってからが楽しみだね。
きゃりこ: ごめんよ。ごめんよ。許して。
オスカー:「近江」は歴史的假名遣では、「あふみ」と書きます。「近江」は琵琶湖のこと。語源は「淡水の海」といふことで、「淡海」。「あはうみ」だったのですが、「は」は奈良時代にはpaだったから、apaumi。ところが、古代日本語には「母音連續を嫌ふ」といふ傾向があったので、auが連續するのを嫌って、apumi。それを歴史的假名遣で書くと、「あふみ」になる。後はねねさんに任せよう。ハ行子音がpだったことは知らないと言ったけど、ねねさんなら想像で説明できるでしょ。
きゃりこ: ふん。勝手にしやがれ。
ねね:pがfになり、そのあと、語中ではhまたはサイレントになった。apumiがafumiになり、aumiになり、さらにauが「オー」といふ長音になって、「オーミ(オウミ)」になったといふ次第ですね。
オスカー:そして、「あふみ」を「オーミ(オウミ)」と發音するのはそれほど無理な飛躍ではありません。假名遣と發音の變遷を頭に入れた上で、無理のない範圍に收まるスペリングにしたのが歴史的假名遣なのです。そして、英語のスペリングもそれと同じ、無理のない範圍に收まった綴字法といふことができます。
ねね:つまり、昭和二十一年に、歴史的假名遣を現代假名遣に變へたのは、何の必要もない無駄なことだったといふわけですね。
posted by 國語問題協議會 at 12:22| Comment(0) | 雁井理香

2019年11月04日

日本語ウォッチング(25) 織田多宇人

科學する心
中學生の頃、辯論大會で、同級生が「科學する心」と言ふテーマで話をしたことがある。その時はやゝ抵抗感があつたが新しい言ひ方なのかと思つてゐた。一般に「する」は、動作や行爲や變化を表はす體言に附いて複合動詞を作る。「喧嘩、運動、登山、勉強、貯金、抑壓、消滅、死去、感化」等擧げられる。しかし「優位、二着、評論」などはしつくり來ない。「論評する」とは言へても「評論する」とは言へない氣がする。戰前「科學する心」と言ふ言ひ方が問題にされたことがあつたさうだ。ぎりぎり許容されたのか。もし「科學する」が許容されるなら「文學する」と言へるのだらうか。
posted by 國語問題協議會 at 12:33| Comment(0) | 織田多宇人

2019年10月11日

數學における言語(51)プロティノス(U)

 プロティノスが彼の哲學を「かのもの,太陽,光」と言ふ言葉で繰り返し語つてゐることは前囘少し觸れましたが、たとへば彼は「かのものは、不動のまま(άκίνητον)であつて、氣持ちを動かすことも意志することも、一般に動かされることが全くないのに、その何かが存立するやうになつた」と語ります。勿論「その何か」とは恰も“不動點”のやうな「かのもの」に他なりませんが、さらに彼はその「かのもの」は、「環状放射(περίλαμψις)」を發してゐて、たとへば横溢する「燦然たる」を發する「太陽」がその例であると語ります。また、「かのもの自身は存在ではなく、むしろ存在の産出者なのである」とも指摘し、「かのもの(一者)からいはば流れ出てきた活動を、あたかも太陽から發するかのやうに考へたら、理に適ふことであらう。われわれは、知性的本性(νοητή ψύσις)すべてをも一種のと見ることになる」と述べます。
 プロティノスは、すでに述べたやうに「身體の中で生きてゐることを恥ぢてゐた人(私にはこれは大變重要な點ではないかと思はれる)」で、それゆゑ彼は現實世界を超越した「かのもの(一者)」を渇仰し、その一者から流出した光がまず「知性(ヌース)」を、さらに「靈魂(プシュケー)」を生み出し、その流出の末端には”惡”の分量が最も多い「質料(あるいは身體)」がある、と結論してゐたやうです。そして靈魂と質料の融合物である私たち人間の究極目的は、自己を見失つて「自己の外」に逃げ出すのではなく、人間精神の眞の故郷とも言ふべき「かのもの」への歸郷であると考へてゐました。
 われわれは、かのものの方へ傾くことによつて、それだけ存在の度合ひを高めることになり、われわれのよさ・・(幸福)もまたそこに横たはるのであるが、だが、かのものから遠去かつてゐることは、存在の度合ひを低めることになるのである。(『後期ギリシア哲學者資料集』131頁。)

 ここには「存在の度合ひ」と言ふ奇妙な飜譯語が顏を出してきて、今の私たちはその意味をすんなり了解することが困難ですが、要するにプロティノスは、人間は「環状放射光」の中心(かのもの=一者=太陽)との脱我的合一を希求して生きるべきだ、そしてそれが「幸福(存在?)の度合ひ」の高める生き方だ、と説いてゐるわけです。プロティノスもまた伊東靜雄同樣「太陽が幸福にする\未知の野の彼方を信ぜしめよ」(「冷たい場所で」)と切實に願つてゐたのです。 
 現代人にとつてかうした比喩的言説(あるいはお説教)は、いはゆる”科學的”根據のない繪空事と感じられるかもしれませんが、私如き空想的數學屋には空間における重力・電氣力の分布、氣流速度の分布などを表す「ベクトル場」が想像され、同時に靜雄の「あゝわれら自ら孤(こ)寂(せき)なる發光體なり!\白き外部世界なり」(「八月の石にすがりて」)と言ふ詩句や『反響』の「中心に燃える」と言ふ詩を聯想させてくれます。 
 かうしたプロティノスの「太陽と光」の神祕主義的な發想は、直ちに多くの讀者にプラトンの『國家』第6卷の「太陽の比喩」や第7卷の「洞窟の比喩」などを想起せしめるかもしれません。實際、プロティノスはプラトンから多大の影響を受けた人で、彼が新プラトン主義者(Neo-Platonist)と言はれる所以ですが、プロティノス自身も「自分の思想は皆プラトンの考へであつて何も新しいものはない」と語つてゐたさうです。鹿野治助(1901~1991)は「專門家も彼のプラトンの引用は頗る堂に入つたもので餘程熟讀した者でなければなし得ないとさへ云つてゐる」(筑摩書房『哲學講坐V哲學の歴史』)と記してゐます。しかし、プロティノスの思想はプラトンよりも詩的かつ宗教的で、その純度も高く紫水晶のやうな神祕的な光彩を放つてゐます。彼の思想がキリスト教神學を用意し、17世紀になつてもその影響は衰へずH・モアに代表されるケンブリッジ・プラトン學派を生み出したのも不思議ではありません。ともあれ、私にはプロティノスの「太陽」と伊東靜雄の觀てゐた「太陽」とがほとんど同一のものに思へてくるのです。(河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 07:02| Comment(0) | 河田直樹