2017年08月11日

數學における言語(その15) 無限と絶對 河田直樹(かはたなほき)

 
 長方形をいくら繰り返して2分割しても、正方形を矩形で覆ひ盡くすことは現實的には不可能なこと、そして、その一方でその操作を際限なく續けていけば、いつかは必ず覆ひ盡くすことができるのではないか、といふ‘心理’も私たちの中には存在し、それゆゑ、
          1/2+1/4+1/8+1/16+……=1 
という等式が成り立つのではないかと豫想できることも前回述べました。
ところで、多くの人は、1、2、3、・・・と數へていき、それが非常に大きくなつたもの、あるいは想像を絶するほど限りのなく大きな有限數、そんなものこそ「無限」という認識をお持ちではないか、と思ひます。つまり、「無限」とは、數を順次數へていけば、いづれはそこに到達できる世界であり、有限數の彼方においてそれは無限と曖昧に溶融し、そしてどこかで地續きになつてゐる、と思つてゐるふしがあるのです。
たとへば、平成6年(1994年)に出た井尻千男氏の『劇的なる精神福田恆存』(日本教文社)といふ本のプロローグには「戰後ヒューマニズムといふ人間についての無限肯定論はすでに始まつてゐたのである」といふ言ひ方が見られますが、これは福田恆存が苦々しく思つてゐた「戰後の無條件解放論」の井尻流の表現であり、この場合の「無限」は、「人間の形而下的欲望の際限もない」といふ意味であらうか、と推察されます。
かうした「無限」といふ言葉の遣ひ方には、先ほども述べたやうに「非常に大きな有限」といふ意味合いが込められてゐて、井尻氏の頭の中では「非常に大きな有限」と「無限」といふ言葉がどこかで繋がつてゐると言はざるを得ません。さうでなければ「形而下の有限世界における際限もない欲望肯定」に對して「無限」といふ言葉が使へるはづはありません。少々皮肉を言へば、むしろ言葉の眞の意味における「(形而上的、數学的)無限」を肯定すれば、「ヒューマニズムにおける無條件解放」は自づから停止せざるを得ない、といふのが私の持論です。なぜなら、「無限」は、「形而下世界における無際限の欲望肯定を斷念する」ことによつてはじめて得られるからです。
 すでに、雙子素數の存在について述べたやうに「際限もない形而下的知的欲望」の結果、いくら大きな雙子素數を見つけてもそれは「雙子素數が‘無限’に存在する」といふことを證明したことにはなりません。もし、それが證明されたとすれば、おそらく巨大な雙子素數の存在を具體的に調べるといふことは最早無意味となり、その形而下的探究には終止符が打たれるはづです。數学の形而上的「お終ひの雰圍気」とはそんなものであり、それが數学の絶對的「無限」なのです。
「濱の眞砂は盡きぬとも」と言ひますが、アルキメデス(前287頃〜前212)がゲロン王に捧げた「砂粒を算へるもの」で述べてゐるやうに、その數も所詮は有限に過ぎないわけで、「無限」と連續しているわけではありません。數学における「無限」と「有限」とは決して連續するものではなく、實は截然と區別されてゐるのです。ここに「絶對」の意味があり、このことは、幾ら強調しても強調し過ぎることはない、と私は思つてゐます。無限と有限とは全く別次元の物なのです。
 ここまで、私は何について語つてきたのか、實は、「數学」についてではなく、福田恆存の語る「西歐精神について」なのです。恆存は「私たち日本人には、絶對性といふ觀念がない」と語り、「西歐精神について」の中で次のやうに述べます――「絶對といふのは、その相對の世界にあらざるもの、すべてであり、永遠であるもの、つまり、この世には在りえないものであります」と。「無限」といふものは、絶對に「この世に在りありえないもの」であり、それは經驗科學がそもそも關知しえない原理です。恆存は「理想人間像について」では、また次のやうにも書いてゐます―「ぼくたちは自然的、物質的、肉體的な個體の生活原理とは異る、それと次元を異にする原理といふものを必要としないであらうか」。この「次元を異にする原理」こそ「無限」の原理に他なりません。(河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 22:13| Comment(0) | 河田直樹

2017年08月04日

きゃりこの戀(50) 武田信玄の詫び状  雁井理香(かりゐりか)


きゃりこ:
 優ちゃんて、私のこと、好きかな。江戸博物館とか、いろんなとこ一緒に行つてはくれるんだけど、妹みたい。同い年なんだけど、頭のレベルが全然違ふから、どうしても兄と妹みたいになつちやふんだよね。別に本當の妹がゐるんだから、そつちともライバルになりさう。そして、美少年好きのオスカー先生も優ちゃんを狙つてゐるし。なんか、もう怪しいんぢやないかしら。
オスカー:
 駄目だよ。そんなこと言つちや。僕はクリスチャンだから、ホモはいけないの。
きゃりこ:
 へええ、キリスト教はホモはいけないんですか。でも、外人って、ホモの人多いんでせう。
オスカー:
 いけないと言はれると、却つてそつちに行きたくなるものなのですね。
きゃりこ:
 日本はホモは少ないんですよね。
オスカー:
 それは大變な誤解です。今では地下に隠れてゐるけど、歴史を紐解くと、日本はホモ天国だつたの。
 何よりも代表的なのが戰國時代の武將。戰爭には女は連れていけないから、かはりに美少年を連れて行つて、身の回りの世話をさせるのです。そして、ホモの関係になると、一生裏切られないといふ信頼関係ができるので、軍事的政治的にも殿樣にとつて有利になるのです。
きゃりこ:
 きたないなあ。打算なのか。
オスカー:
 さう言つては身も蓋もありません。打算と本當の愛が混ぜ混ぜになつてゐると言つたらよいでせう。
 戰國時代の武將で、ホモでなかつたのは秀吉だけ。秀吉は農民の生まれなので、武士の文化が解らなかつたと言はれてゐます。
きゃりこ:
 信長も家康もホモだつたのですか。ショック。
 あ、森蘭丸って、美少年だつたといふけど、まさか………。
オスカー:
 そのまさかですよ。森蘭丸は、信長のお稚児さんだつたのです。本名は「乱丸」だつたのですが、信長が女のやうに愛して、「お蘭」と呼んでゐたので、「蘭丸」になりました。
きゃりこ:
 なよなよした女みたいな男だつたのでせうね。
オスカー:
 全然違ひます。戰國時代の美少年は、みんな劒術の達人。そして、いざといふときには殿樣の爲にすぐに腹を切る潔さを持つてゐたのです。
きゃりこ:
 かつこいい!! 見かけは女みたいに綺麗で、気風(きつぷ)は男の中の男なんだね。
オスカー:
 江戸時代になつて、戰爭がなくなると、なよなよした美少年が愛されるやうになりました。「陰間(かげま)茶屋(ぢやや)」なんて、美少年が売春をするラブホテルですからね。
きゃりこ:
 ひやああ。今でも新宿二丁目に行くとさういふ所があると聞いたけど。
オスカー:
 戦国の美少年で有名なのが、不破(ふは)萬作(まんさく)。豊臣秀次に仕へてゐたのですが。
きゃりこ:
 豊臣秀次って、この前知つた。秀吉の甥で、養子にされたのに、秀吉に実子の秀頼が生まれると、謀叛の疑ひを着せられて、切腹させられた人よね。
オスカー:
 秀次が切腹するときに、まづ萬作が先立つて腹を切つたのです。
きゃりこ:
 きゃ。戀をしてしまひさう。
オスカー:
 秀次の家臣に、萬作に戀をしてゐる男がゐました。萬作は男が自分を見る目からそれに気づきました。そして、或る日、男が乘つてゐる駕籠を自分の駕籠で追ひ掛けて、横並びに駕籠をくつつけて、その中で愛し合つたのです。
きゃりこ:
 相手もイケメンだつたのかしら。
オスカー:
 さうぢやなくて、その気持に應へて、情を施したのです。
きゃりこ:
 男同士で愛するって、どうするの。
オスカー:
 それは私の口からは言へません。あ、優ちゃんに聞いちや駄目だよ。嫌はれてしまふかも知れないからね。寧々さんに訊きなさい。訊いても打擲(ちやうちやく)されることはないと思ひますよ。
きゃりこ:
 秀次に見つかつたらどうなるの?
オスカー:
 そりやあ、二人とも生きてはゐられません。でも、かういふ人たちは命なんか惜しまないのです。実際、このことは秀次には發覺しなかつたのですが、相手の男は、愛し合つた後、すぐに切腹しました。
きゃりこ:
 ええええッ?? 愛が成就したのに切腹するの?
オスカー:
 天人が情を下さつたのですから、厚情に報いるためには、命を捧げるしかなかつたのです。
 さて、もう一人御紹介したいのが、高坂(かうさか)弾(だん)正(じやう)昌(まさ)信(のぶ)。武田信玄の家臣で、信玄死後も勝頼に仕へましたが、設楽(しだら)が原の戰ひ(長篠の戰ひ)で戦死した勇猛の武士です。
 若い頃は春日源助といふ名でしたが(春日虎綱ともいふ)………。
きゃりこ:
 ふんふんふん。武田信玄に愛されたのか。
オスカー:
 或る日、源助は、躑躅(つつじ)がアのお館に出仕して來なくなりました。晴信(信玄の若い頃の名)が「どうしたのか」と問ひ合はせると、「殿が浮気なさつたので、もう出仕しません」といふ返事。晴信より六歳下。私の推測では、晴信二十一歳。源助十五歳でせうね。
きゃりこ:
 そんなに若いの?
オスカー:
 美少年の花の命は女より短いのです。元服前の十五くらゐが花の盛り。
 偖(「さて」といふ漢字は「偖」と「扨」を覚えて下さい)、そこで、晴信はどうしたと思ひます。
きゃりこ:
 「出て來ないと手討ちにいたすぞ」
オスカー:
 愛人にそんなこと言へませんよ。逆に、晴信が詫び状を書いたの。
きゃりこ:
 まさか。
オスカー:
 本當ですよ。その内容が殘つてゐます。
  一.彌七郎にしきりに度々申し候へども、蟲気の由申し候間、了簡なく候。全く我が偽りになく候。
  一.彌七郎伽に寢させ候事無之候。……………。
きゃりこ:
 いくら雁井さんのおかげで賢くなつたといつても、これはあたしには難し過ぎるね。だいたい、「蟲」なんて恐ろしい漢字が分からない。
オスカー:
 「虫」は「蝮(まむし)」のかたちで蛇のこと、こちらの方がおそろしい。「蟲」は蛆蟲が集つた象形文字、元はこの二つは別の違ふ字でした。「蟲氣(ちゆうき)」は腹痛ですね。
きゃりこ:
 「彌七郎」は「やしちらう」と讀むのね。これが、ライバルの美少年の名前かな。
オスカー:
 賢い。賢い。「彌七郎に何度もホモの相手をするやうに命じたが、本人が腹が痛くて駄目だと言つて承知しなかつた。嘘ではない。彌七郎に夜伽(よとぎ)をさせたことは一度もない」といふ意味。
きゃりこ:
 すごい露骨な文だね。「寢させ候事無之候」は何と讀むの。
オスカー:
 「ねさせさうろふ(ソウロウ)こと、これなくさうろふ」
 ついでに、「蟲気の由申し候間、了簡なく候」は「ちゆうきのよし、まうしさうらふあひだ(モウシソウロウアイダ)、れうけん(リョウケン)なくさうらふ」。「候間」は「〜なので」の意味。候文では重要な成句です。
 そして、最後に知つてゐる限りの神社仏閣の名前を書いて、「もし俺の言葉に嘘があつたら、神佛からどんな罰を受けてもかまはない」と言つてゐます。
 詫び状といふよりは弁明状ですね。
きゃりこ:
 どんな権力者も美少年には弱かつたのか。
オスカー:
 美女に弱いのと同じですよ。
 因みに、ここまで誓ひながら、晴信、彌七郎とはしっかり浮気をしてゐたとのこと。
posted by 國語問題協議會 at 21:55| Comment(0) | 雁井理香

2017年08月01日

歴史的假名遣事始め (三十二) 市川 浩

クイズで遊ぶ歴史的假名遣(三十二)
先月のクイズ解答
問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。

歴史的仮名遣のなかで生活していた時代のひとたちにとつて、この字音仮名遣ほど厄介なものはなかつた。国語仮名遣のほうは、もちろん紛らわしいものもおおいが、慣れてくれば感覚的に身につくところがある。ところが字音仮名遣はそうはいかない。日本人にとつて漢字は無数にある。その無数の漢字一字につき固有の漢字音があつて、固有の漢字音はさらに呉音・漢音・唐宋音・慣用音と数種類。これらの歴史的仮名遣の仮名のつかい分けをそらで覚えることなど、普通の日本人には不可能である。パターンがあつてパターンさえわかれば簡単というかもしれないが、パターンがわかるまで勉強すれば、とっくに漢字学者になっている。普通の人はそんなに暇人ではない。(「かなづかい入門」113頁)

この主張に對する反論の一例を擧げます。
字音假名遣は兔角評判が惡く、昭和二十年代或る漢學の大先生が御少い頃に字音假名遣の暗記に大變苦勞なさつた思ひ出を御披露されて、新かなづかひに贊意を御述べになつたのを讀んだことがあります。
決つて例に擧げるのが、「コウ」の音に對して「こう」「かう」「かふ」「こふ」「くゎう」と五種類もあつて覺えられる筈がない、といふものです。しかし英語では同じ「コウ」に
call, caught, cause, coat, cold, corporate, course, quart,
と八種類あつても誰も文句を言ひません。しかもその英語を小學校から教へることに贊成が多いのは何故でせう。
しかもここでは重大な自己矛楯を露呈してゐます。即ち
パターンがあつてパターンさえわかれば簡単というかもしれないが
と字音假名遣の學習はパターン認識で對處可能であると著者が認めてゐるのですが、それは例へば、「反」の字形を音符とする坂、飯、叛などでは字音は「ハン」(「ハム」ではない)のパターンとして覺えることが出來るといふことです。しかし同じ「反」を旁に持つ「仮」の字音は「カ」で「ハン」では決してありません。漢字の體系は不規則この上ないと思ふのは自然ですが、何のことはない「仮」は「假」の常用漢字字體なのです。つまり折角のパターンは早々と破壞濟であつたのです。著者は恐らく漢字破壞以前の字體で字音のパターンをマスターしたので、ついうつかりされたのでせう。
ここで重要なことは、正字・正かなといふ詞は單に二つの表記問題を指すのではなく、互に密接な關係があり、兩者揃つて初めて國語の表記として成立つといふことです。

練習問題
下記の所論に問題があるとすれば、その反論を御書き下さい。(問題の性質上、敢て新字・新かなで表記してあります)。
若い新仮名遣世代がふるい仮名遣の文章に違和感をもつことが、そんなに不都合なことなのだろうか。違和感をもつことこそが、自分たちの文化を相対化する第一歩ではないのか。そもそも文化とは違和感をもつことができる感性の持ち主によつて創造され、そして受け継がれてきた。定家は仮名表記の乱れに違和感を覚えた。契冲も万葉集の字面を見詰めているうち、従来の認識に違和感を覚えた。いづれも鈍感な人間のおよぶところではない。これを洒落たことばになおせば、インスピレーションという。古典学を支える思想、それは「現代と古代とは違う、われわれはいにしえ人とは断絶しているのだ」という強烈な発見から始り、またそういった発見におわるものではないだろうか。(「かなづかい入門」166頁)
出題者(注)本文は同書第七章國語審議會が昭和五十八年全委員に行つたアンケートの囘答中、「現代かなづかい」の得失の内失として「一、「現代かなづかい」世代に舊假名遣で書かれた古典や戰前の文章に大きな違和感をもつやうになつた(同書162頁)」に對する著者の反論である。
posted by 國語問題協議會 at 11:02| Comment(0) | 市川浩