2017年04月22日

訓讀 原山健郎

武蔵野大學佛教文化研究所の定例研究会で、『ひらがなが啓(ひら)く「ほとけ」の世界』と題する研究發表を行つた。
この發表は、六世紀半ば、中國から朝鮮半島を經由して、わが國に傳來した佛教の経典にある「佛陀(ぶつだ)(<覺者>を意味するサンスクリット語buddhaの音寫)」を、日本では音讀の「ブつダ(呉音)」だけでなく、なぜ早くから和語で「ほとけ」と訓讀したのかを明らかにし、さらに上代日本(倭國)の多神教的な原始信仰に代表される習俗が外來宗教である佛教を比較的穏やかに受け入れた理由のひとつに、インド發中國経由の<覺者(佛陀)>といふ宗教的概念と「ほとけ」といふ和語の發音体感(習俗としての言語的感性)が時空を超えたシンクロニシティを起こし、わが國に佛教的パラダイムシフト(日本的習俗の佛教化)をもたらした、と主張するものである。

中國における「buddha」の音寫には、「佛陀」以前にも「浮屠(フト)・浮圖(フト)・佛圖(ブト)」などの用例があり、日本で「フト(ブト)」がなまつて「ほとけ」と転用されたといふ説もあるが、それだけでは和語である「ほとけ」の民俗學的なアウトラインがいまひとつスッキリしない。
そこで、それまで話しことば(口承)であつた和語を、漢字を假借した萬葉假名で表記することに成功し、千五百年以上經つた現在も用ゐられてゐる「ひらがな」が、上代日本人のメンタリティーを今に傳へてゐるといふ假説を立てた。

「ほとけ」といふひらがなのイメージには、<とく/とける>、<ほどく/ほどける>、あるいは<ゆるす/ゆるめる>など、さまざまなしばり(呪縛)やこだわり(執着)、こわばり(緊張)から心身を<ときはなつ(解き放つ)>佛教的な救濟思想につながるものがある。
野口三千三さんは、『野口体操 おもさに貞(き)く』(柏樹社、一九七九年)で、和語の「ほ」の身体感覚、なかでもとくに「ほどき」の自動詞形である「ほどけ」に注目してゐる。
【「ほぐし」は「ほどき・ほごし」と同じコトバである。「ほどき」はもともと「ほとき」と同音で、「ほ」の状態になるやうに解くことである。(中略)「ほどき」の自動詞形は「ほどけ」で、もともとは「ほとけ」であつたこの「ほとけ」こそ、実は「佛」の語源なのである。そこで私は「からだをほぐすことを手掛かりとして、佛とは何かを探り求める營みを体操といふ」と本氣で考へ、いろいろの動きを探り検(ため)してゐる。】
(同書八三〜八四ページ)

他動詞の「とく・ほどく」には、靴の紐(ひも)を自分で意識的にほどくといふ努力(自力)のニュアンスがあり、自動詞の「とける・ほどけ(る)」には、紐が自然にほどけたといふ無意識(他力)のイメージがある。
ひらがなの發音体感を分析すると、<ほとけ>の「ほ」音には、漢字の「炎/穂/帆/火/峯/誇(ほこ)る/賞(ほ)める/惚(ほ)れる」、ひらがなの「ほかほか/ほくほく/ほのぼの/ほれぼれ/ほやほや/ほんわか/ほんのり/ほのか/ほのめく」など、天に向かつて展(ひら)き伸び、押し上げられる、気体的な陽(ひ)だまりの暖かさがあり、<ゆるむ>の「ゆ」音には、漢字の「湯/油/愈/悠/湧/豊/夢/悠々/勇気/愉快(ゆくゎい)/寛(ゆる)やか/許(ゆる)す/緩(ゆる)める」、ひらがなの「ゆるゆる/ゆつたり/ゆらゆら/ゆらす/ゆるむ/ゆるす/ゆらぎ」など、内在の生命が浮き出て、豊かに湧き出る、液体的なお湯の温(ぬく)もりがある。

ここで、なぞかけをひとつ。
インド發中國經由の漢字「佛陀」とかけて、ひらがなの「ほとけ」と解く。その心は、わが國(日本)では「ごく(極)らく(楽)」になる。お後(あと)がよろしいやうで。
(武藏野大學非常勤講師『出版ニュース』コラム Book Therapy no.31)
posted by 國語問題協議會 at 21:33| Comment(0) | 原山建郎

2017年04月15日

三種神器の起源(45) 雁井理香

オスカー:
 今日は三種神器の話をしませう。
きゃりこ:
 ふつう「さんしゅのじんぎ」って言はない? なんで「さんしゅじんぎ」って言ふの?
オスカー:
 「さんしゅのじんぎ」って言ひましたよ。
きゃりこ:
 上に「三種神器」って、書いてあるぢやない。
オスカー:
 「の」がなくても、自然に「の」を入れて読むのが日本語のよく出來た所なの。「隱岐島」で「おきのしま」。「平清盛」で「たひらのきよもり」。これが日本の文化だつて、前に言つたぢやないですか。
きゃりこ:
 さて、三種神器って、「鏡」と「劒」と「勾玉」だといふことは知つてゐるんですが。いつごろどこで出来たのですか。
オスカー:
 天孫降臨の時に持つて降りて來たんだから、それよりも前ですよ。
きゃりこ:
 なに。それ。
オスカー:
 天津彦(あまつひこ)彦火(ひこほの)瓊瓊(にに)杵(ぎの)尊(みこと)が天から降りて來たことです。
きゃりこ:
 わたし、歴史の話を訊いてるつもりなんですが。
オスカー:
 だから、天照大神の孫のニニギノミコトが天から降りて來て、日本の歴史が始まつたんですよ。
きゃりこ:
 外人のくせに右翼なのね。史実と神話を混同しないでね。
 まあいい。その天孫降臨は今から何年前のことなのですか。さうだ! 紀元二六〇〇年とかいふから、そのくらゐの昔かな。
オスカー:
 それは、神武天皇の即位のこと。平成二十八(2017)年は紀元二六七七年なんです。紀元は「日本紀元」とも「皇紀」とも言ひます。下一桁(七)が西暦と同じだからヒントになります。
 因みに、昭和の大横綱・大鵬幸喜(かうき)は、昭和十五(1940)年つまり紀元二千六百年ちやうどの生れなので、「皇紀」と同じ発音の「幸喜」といふ名前を附けられたのです。
 天孫降臨でニニギノミコトが日向の「高千穂の嶺」に降りて來て、三代の間、そこで暮らしました。これを「日向三代」と言ひます。ニニギノミコトの息子が彦(ヒコ)火(ホ)火(ホ)出(デ)見(ミノ)尊(ミコト)。この人は「海彦・山彦」の「山彦」です。
きゃりこ:
 えッ。「海彦・山彦」って、童話ぢやないの?
オスカー:
 皇室の先祖なんですよ。古事記のお話が童話になつたのです。その山彦の息子が、日子(ひこ)波限(なぎさ)建鵜(たけう)葺(が)草葺(やふき)不合(あへずの)命(みこと)。そのまた息子が神武天皇なのです。
きゃりこ:
 ぢやあ、天孫降臨は神武天皇の三代前なんだから、せいぜい今から三千年前の出来事なのね。
オスカー:
 天孫降臨から神武即位まで、約百八十万年。正確に言へば、1792470年。今から何年前かを数へれば、1792470+660+2017=1795147となつて、今から百七十九万五千百四十七年前のことです。
 あ、660といふのは、神武天皇の即位が紀元前六六〇年だからです。660+2017がさっき出て來た2677になります。
きゃりこ:
 そんな端数まで分かつてゐるの?! 百八十万年前つていへば、まだ人類なんかゐなかつたぢやない。
オスカー:
 人類はゐませんでした。だから神だつたの。何の不思議もありません。神武天皇の曽祖父(ニニギ)も、祖父も、父親も神だつたのですから、何十万年も生きたのです。
 神武天皇からは人間なので、「人(にん)皇(わう)」と言ふことがあります。今上天皇は「人皇第百二十五代」です。「にんわう」と書いても、「ニンノウ」と發音してね。
きゃりこ:
 どうして、外人がそんな神がかったこと言ふの?
オスカー:
 「天の岩戸」の話は知つてゐますか?
きゃりこ:
 天照大神が岩に隠れた話でせう。
オスカー:
 弟の素戔嗚(すさのをの)尊(みこと)が暴れたので、怒つて洞窟に石の蓋をして、その中に隠れてしまつたのです。そこで~樣たちが相談して、蓋(扉)の隙間から鏡を差し出して、大神がなんだらうと思つてちょっと首を出した所を、腕を摑んで引きずりだしました。
 その鏡が三種神器の鏡なのです。
きゃりこ:
 馬鹿馬鹿しい。その鏡が今皇居にあるとでも言ひたいの?
オスカー:
 皇居ではありません。伊勢神宮にあるのです。
きゃりこ:
 えッ。三種神器って、皇居にあるんぢやないの?
オスカー:
 二セットあるのです。鏡のオリジナルは伊勢神宮にあるの。
きゃりこ:
 嘘。嘘。嘘。嘘。嘘。そんな話、聞いたこともない。外人が日本の美女騙すのに、そんな子供騙し使ふのやめて。
オスカー:
 聞いたことのないのはきゃりこさんだけですよ。
きゃりこ:
 む、む、む、む。さう言はれるとそんな氣がして來た。
オスカー:
 では、この続きはまたいつか機会があつたらといふことで、これでおしまひ。次回は別の話に行きます。






posted by 國語問題協議會 at 14:51| Comment(0) | 雁井理香

2017年04月09日

數學における言語(その11) 數學を取り巻く外觀圖 河田直樹

 昨年(2016年)11月に、「日本ライプニッツ協會第8回大會」が東大の本郷キャンパスで行はれ、實は私も「ライプニッツの普遍數學と私の數學觀−言葉・無限・連續」といふう演題で講演を行ひました。
2010年に私は少年時代から強い關心を持つてゐたライプニッツについて『ライプニッツ普遍數學の旅』(現代數學社)といふ本を上梓しました。そのお陰で、私はライプニッツ協会の名ばかりの会員になつてしまひ、「數學の話ならば何でもよい」といふことで、これまで講演を幾度か依頼されてゐたのですが、今回は逃げ果すことができなくて、およそアカデミズムの缺片もない與太話(本人にとつては結構深刻なテーマなのですが)を、哲學の専門家を前に披瀝することになつた次第なのです。
 それはともかく、これから數回に亘つて、そのときの滑稽な與太話にお付き合ひ願ひたいと思ひますが、結論を先に申し上げれば「私にとつて、數學を學ぶのは數學それ自體のためではなく、人間精神研究のため」であり、そして「もし人間の精神(?)が絶對的、超越的『無限』を認めなければ、全解析學(微分積分方面の數學)は崩壊し、すべて失はてしまう」といふものです。結論は實に簡單なことですが、この私の主張の眞意を理解してもらふためには、やはり少し準備が必要です。
おそらく、世の中のほとんどの人の數學への關心は「役に立つ」といふ一點にあり、多くの數學教師や數學者も含めて、「數學?そりゃ、この高度に進んだ科學技術の時代だもの、いろんなところで日々役に立つてゐるに決まつてゐるさ」といつた認識をお持ちではないかと思ひます。もちろん、中には「數學至上主義者」と言はれる人もゐて、純粹數學をそれ自身のために研究し、その中に「美とか詩とか」と言はれる、そんな藝術的側面を発見して、密やかな悦びを見出してゐる數學者もゐます。
私もこのやうな考へを認めるのに吝かではありませんが、私自身の數學への関心は「實用」でもなければ「藝術」でもありません。このあたりの事情に薄々氣付いてゆくのは、高校生の頃ですが、話を急ぐのはやめて、まず下の図式を眺めて下さい。

mateshi0409.jpg
 
上図は、「數學あるいは普遍數學(これについての解説は今は措く)」と私たちの世界の樣々な事物との關はりを示した概觀圖で、左上に「自然」と書かれてゐますが、その内容は言ふまでもなく「自然科學」と言はてゐる「物理學、化學、生物學、地學、天文學、・・・」などを包括する學問群を指し、一方その下に書かれてゐる「社會」は「法學、政治學、經濟學、歴史學、・・・」などの「社會科學」を指してゐます。また、「自然・社會・人間」と書かれてあるところには、「統計、工學、人工知能、宗教、倫理學、醫學、文學、言語學、藝術、建築・・・」など、自然・社会と人間とが鬩ぎ合ふところに生まれた學問領域を指してゐます。
 ともあれ、私は上の圖式を提示して、開口一番話したことは「私は、實は數學と自然科學、社会科學、あるいは工學や人工知能との關はりにはほとんど興味がない」といふことでした。では、なぜ數學を學ぶのか?それは「人間精神を研究するため」と、來聽者のほとんどの人たちを裏切る、中世の‘非科學的’な神學者のやうなことを口にしたものだから、實はそれで大いに笑ひを取ることができました。おまけに、私は數學の核心は「非合理だ」などとも言つてしまひました。
                   (河田直樹・かはたなほき)
posted by 國語問題協議會 at 11:34| Comment(0) | 河田直樹